PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ユニットの美味しいとこ取り
意外と知られていないのですが、サウンドピュアディオで販売しているJBLのスピーカーユニットは他で販売している物とちょっと違います。
P1020272.jpg
まず今日入庫しているスカイライン・クーペを例に取って御説明します。

現在日本で発売されているJBLのカー用ユニットはトレードインを除いて下からPシリーズ・GTIシリーズ・GTI-60thシリーズの3シリーズがラインナップされています。

スカイラインのダッシュボードの上には中間グレードのGTIシリーズのツイーターが装着してあります。
P1020273.jpg

そしてドアにはインナー取付でPシリーズのP560のミッドが装着してあります。
P1020274.jpg
普通はGTIシリーズのツイーターもPシリーズのミッドも単品売りはしていません。

そこをピュアディオ独自の単品販売をするとPシリーズをインナー取付した時のミッドの高音域のレンジ不足を1クラス上でレンジの広いGTIシリーズのツイーター使って補ってトータルバランスで価格と音質を考えるとかなりお買い得なセットになっています。

つまり美味しいとこ取りのお客さんのニーズに合ったユニットの選び方が出来るのです。


そんな美味しいJBLの単品ユニットの販売がなぜ他の店では出来ないのでしょうか?

それは単品販売で起こるリスクを販売店が負えないからで、サウンドピュアディオでは販売数が多く見込めるユニットに関しては大量に発注してアメリカで専用のロットでユニットを生産してもらっています。

またそれほど数が出ない商品についてはセット物を分解して対応しており、それで全体の売れる数量のバランスを取っています。


ただいくらユニットがバラ売り出来てもシリーズが違えばネットワークが合わなくて音のマッチングが取れません!

しかしそこの部分もサウンドピュアディオはピュアコンというパーツの組み換えで自由に周波数特性をチェンジ出来るネットワークがあるので何の問題もありません。

またベーシックパッケージはツイーターとピュアコンがセットになっているので、後でドアスピーカを単品で買って純正から交換するという事が可能です。

安いセパレートスピーカを買って「純正とあまり変わらなかった・・」と後悔しないようにツイーターは最初にいい物を選んでおこうというのがベーシックの考えです。(意外とツイーターは音楽の細かい所を表現してくれます)


あまり知られていないのですが、サウンドピュアディオのユニットの単品販売はけっこう便利です。


ちなみにこの最近はベーシックパッケージに追加料金を出されてJBLの508GTIのツイーターに交換される方が増えてきています。
スポンサーサイト

【2009/12/06 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。