PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
フィット・シビック・アコード
自分が運転免許を取って最初に買った車はスバルのレオーネで、今で言うところのレガシィに当たりますが、厳密に言うと今のレガシィはサイズアップしているからインプレッサに当たると思います。

そんな事を考えていたら自分の友人はホンダのシビックに乗っていたのですが、昔のシビックは1200ccぐらいで、明らかに今のフィットのクラスに位置していました。

そういえば高校の時の先生はアコードに乗っていたのですが、今のシビックがちょうど以前のアコードのクラスになっています。

という事は 今のフィット=昔のシビック 今のシビック=昔のアコード となり、今のアコードは昔のレジェンドぐらいの位置になるのでしょう。

なんでこんな事をふと思ったかというと、土曜日に福岡店にシビックのハイブリットが入庫していて、それを近くでまじまじと見ていたら「これって昔のアコードの大きさでは・・」と感じたからです。


ちなみに自分は初期型のレジェンドに乗っていた事があって、その時は2000ccのグレードだったので、なんとギリギリで5ナンバーサイズでした。

今考えたら無理やり5ナンバーの枠に押し込んだという感じでしょうか。

車ってよほどの事が無い限り段々排気量やサイズが上がって来るんですね。


更に古い話ですが、昔のカローラクラスは確か重さが900キロ前後だったので今の軽自動車と変らないぐらいです。

何でそんなに重くなったのでしょうか?

一つにはエアコンが昔は標準装備ではなくて後付けがあたりまえだったからからというのもありますし、オーディオはAMラジオで1スピーカーというのがあたりまえでした。

一番重たくなった要因は横からの衝突安全基準を満たすためのドアの中のインパクトビームでしょう。


その重たくなりすぎた車が今再び軽くなってきています。

この最近多くのお客さんから言われるのが「同じ車種で車を乗り換えたら前の車の方がドアの響きが良かった。」という事です。

確かにドアの内張りを開けてみたら以前に比べたら防振材が減っています。

おそらく燃費を上げるための軽量化とコストダウンのためでしょう。

しかしそれは一見悪い事の様ですが、「ここに高性能の防振材を貼りたいのに純正の防振材が貼ってあって、それがはがれない!」という事もあったので、後から防振する人にとっては自由に響きがコントロール出来てラッキーかも知れません。

またドアの構造も自動車メーカーによって様々で、ドアの種類によっては今まで鉄を使っていた所がアルミやプラスチックに変っていたりして防振材の組み合わせも個々に変えていかないといけないので、量販店で売っている様なパッケージの防振セットという物が役に立たなくなってきているのではないかと思われます。(特に最近の輸入車にはほぼ使えません)


自分はこの頃朝礼で社員に言っているのが「5年前にこのやり方でやれたという話は通用しない!」という事です。

自動車自体が段々変ってきているのに自分達が変らないで昔のやり方を通そうとすると無理が来ます。

そのためにも毎年新型車を何台も購入して分解して解析してデーターを集めて快適な車環境を作っています。(今年はすでにグループ内で新車を5台購入しました)


明日は名古屋店に納車されたミラ・ココアのデーター取りに行きます。



最後にお知らせです。

明日は姫路店と名古屋店に行き、木曜日は東京のスタジオに行くために井川ブログは金曜の午後まで書き込みが出来ません。

あらかじめご了承下さい。
スポンサーサイト

【2009/10/20 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。