PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
マツダ・アクセラ スピーカー交換 
昨日から入庫している東京からのお客さんのマツダ・アクセラですが、今日出庫します。
画像 251

純正スピーカーは低音ばかりで高音が聞こえないのとボーカル音域が非常に聴きづらい状態でした。

文章では分かりにくいのでモノラルで周波数特性を測定したらこうなりました。
画像 250
左側が低音で右側が高音で真ん中辺りが中音でボーカルの中心周波数です。

70デジベル前後が聴きやすいレベルなので低音ばかりが目立っているというのがお分かり頂けると思います。


そしてこちらは純正スピーカーにプラスしてベーシックパッケージを装着した後のマツダ・アクセラの周波数特性です。
画像 252
かなりの部分で70デジベル前後に音が整えられてボーカルの声もしっかり聴く事が出来ます。

サンヨーのナビゲーションオーディオにテスト信号の入ったCDで再生してスピーカーから出た音を拾っているのでデッキのクセがバス・トレブルの操作で取れなかったので完全なフラットにはなりませんでしたが、最初に比べたら夢の様ないい音になりました。

特に一番上の周波数の20キロヘルツまでしっかり出ている所に注目して下さい。


しかしこれだけでは飽き足らず、せっかく東京から来られたんだからと某国産メーカーの6万円台のトレードインスピーカーも取り付けて試聴&測定を行いました。

高音もしっかり出ていて低音も純正ミッドに比べたらタイトに鳴っています。

パッと一瞬聞いてみたらいい音みたいですが、しかしよく聞いてみるとツイーターとミッドが別々に鳴っているような・・ それでいてタイトで解像度の高いミッドもどこか足らない音があるような・・
画像 253
そこで測定してみたら中音域に明らかにスポイルされている周波数があります。

これがツイーターとミッドがバラバラになる原因でしょう。

それに低い音の50ヘルツあたりも薄くなっていてこれがどこか足らない原因だったのでしょう。

さらに一番高い周波数の20キロヘルツもあまり出ていません。

普通ここまでする事は無いのですが、『東京に帰って他店で取り付けたトレードインスピーカーの方が音が良かった。』なんて事にならないためにしっかりと実験してから納車しました・・ と言いたいところですが、一度ミッドを交換したタイトな音を聴いてしまったのでお客さんもちょっと後には戻りづらく、かといってトレードインというのも役不足なので前ドアのスピーカーを国産ではなくもっとローエンドの伸びるJBLに交換する事になりました。

ちょっと納車時間がいっぱいいっぱいなので聴感上の調整のみで、今回は測定データーは取れないと思います。


それと基本的に開発の時以外はモノラルでプリントアウトの音測定するという事はありません。

それは大きな測定器を車内に持ち込むと時間がかかるのと、あくまでモノラルの測定だとステレオ感の判定が必要なハイエンドのシステムでは人間の耳の判定の方が優れているからです。


それと以前お客さんが助手席に同乗してイコライザーの調整をしていた時の事ですが、調整用CDをじっと聴いてあれこれ周波数を動かしていたら横にいたお客さんから「社長は頭の中にグラフが浮かんでいるんじゃないですか?」と聞かれました。

確かに頭の中にグラフがイメージ出来ています。
スポンサーサイト

【2009/10/04 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。