PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
工具に対するこだわり
今朝は札幌とテレビ会議システムをつないで話をしていたのですが、その中で工具の話が出ました。

自分が20代の時の工具での失敗の話をしていたのですが、自分はかなり工具にはうるさいです。

高い工具を持つのが一流の職人と勘違いしやすいのですが、自分は極端に高い工具を使う事は無いのですが、逆に安物も使っていません。

ちょうどいい価格の物を傷んだら早めに替えるという考えで、自分ぐらいの仕事量をこなすと工具が傷んだまま使うと直ぐに肩が凝ってしまいます。

またピットの工具の配置の仕方にもうるさくて、必要な時に適度なサイズの工具が直ぐに手に取る事が出来ないとガミガミ言います。


実は工具を探す時間を短くする事はけっこうコストダウンにつながって、1年間に15分の無駄な時間が100回あったとすれば25時間が無駄になります。

それが10人いたら250時間の無駄な時間が生まれてしまいます。

もし1年に250時間の余分な時間があったら後何台の取り付けが出来るでしょうか?

それと、ある文具メーカーがビジネスマンの物を探す時間を調べたら年間150時間ぐらいといいますから、工具と材料を探す時間をあわせて普通にやっていたら余分に100時間ぐらいはかかっているかも知れません。


また傷んだ工具をまだ使えるからと、そのまま使って効率が下がったらどちらが得か分からなくなります。


そういう意味からサウンドピュアディオではそこそこのグレードの工具を数多く用意していて、ピットのあちこちに配備して、更にローテーションで使う事で1つの工具の負担を減らして寿命も長くして、最終的には節約となっています。


ただピットスタッフはもったいなくて工具を捨てるという判断が出来ないみたいなので、自分がまめに工具を見て傷んだ工具は下げて新しい工具に入れ替えています。


ベーシックパッケージみたいに単価が安くて手がかかる商品の取り付けでは、工具の適正な配置が要になります。


PS  小野田市の旧店舗ではピットに1台しか車が入らなかったので、右ドア・左ドア・ボンネット・トランクと4ヶ所にそこで使う専用の工具が配置されていました。

今考えてみれば1台しか入らなかった割りには物凄く効率が良かったと思います。
スポンサーサイト

【2009/03/27 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。