PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ブリジストン レグノGR9000
もう1ヶ月以上前の話ですが、車のタイヤをブリジストンのレグノGR9000に替えてからレポートをしていなかったので、いまさらながらレポートします。

まず履き替えて最初に感じたのが『静か』という事で、ダンロップのビューロVE302と比べてどうかというと、同じ車でないので完全なレポートではありませんが、ノイズレベルが下がっている周波数が微妙に違うのでほぼ同等ではないかと思います。

どのぐらい静かかというとピュアコラムのデーターを参考にして欲しいのですが、体感上はベンツEワゴンのディーゼル車で今まで高速道路で自分がディーゼル車かガソリン車に乗っているか分からない(タイヤのノイズでエンジン音が目立たないから)が、明らかにディーゼル車に乗っているというのが分かる様になりました。

そしてグリップ力については、おろしてすぐは「高い割にはこんな物か?」と思ったのですが、500キロぐらい走っていたら「おっ!」という感じになってきました。

ただ新品よりもグリップ力が上がっただけで、ベンツの標準装着のヨーロッパ製の物とほぼ同じぐらいです。

しかしレグノに替えて良かったと感じるのは晴れの日よりも雨の日で、「あれっ!こんなに雨の日に走りやすかったかな?」と思いました。


しかしそのレグノの欠点といえば『値段が高い』という事でしょうか?

同じタイヤサイズで価格を比較した事が無いのですが、もしダンロップのビューロの方が価格が安ければ、おそらく自分だとビューロを選ぶでしょう。(タイヤ交換時にビューロでサイズが発売されていなかったから)


タイヤはいずれはちびて無くなる物ですから、なるべく安くて、音が静かで、グリップ力がほどほどある物がベストでしょう。


タイヤを替える時に『オーディオを聴くのでなるべく静かな物を』とはっきりと意思表示をしないとタイヤ屋さんは普通『グリップ力が強くて早くちびるタイヤ』を勧められます。

これはタイヤ屋さんが悪いと言っているのでは無くて、タイヤ屋さんも生活がかかっていますから高くて早くちびるタイヤを売りたいという気持ちも分かりますので、はっきりと『こういう用途のタイヤが欲しい』と意思表示をして下さい。

「別にグリップ力が有り過ぎても困らないだろう。」と思って買った後に後悔したという方が沢山おられます。

極端にグリップ力の強いスポーツタイヤは標準装着のタイヤよりもパターンノイズが強いので、「あれっ!」という事になります。

車体をデッドニングすればノイズレベルは下がりますが、最初からノイズがタイヤから出ない方が快適なのは間違いありません。

デッドニングを勧めればその分店の売り上げも上がりますが、自分の経験としてデッドニングよりもパターンノイズが発生していない方が快適だと思います。


特に高いプレミアムタイヤを勧める訳ではありませんが、目安として『標準タイヤよりやや静かなタイヤ』を選んでいれば間違いないはずです。

標準タイヤよりやや静かなタイヤの価格は『標準タイヤよりやや高い』ぐらいですから、これがおそらくベストバリューでしょう。


PS  上の文章の中で『グリップ力』という言葉が出てきましたが、力といえば『RIKIと書いてリキ』という竹内力さんの双子の弟?という人が歌番組に出ていましたが、あれは竹内力本人でしょう。(そんな事はみんな周知の事実?)

ある歌番組の中で竹内力主演のVシネマのシーンが流れていて、その中で竹内力さんは黒いベンツのSLのAMGエアロの赤い内装の車に乗っていました。

なんとVシネマの中に出てくるベンツは専務が乗っているのと全く同じです!

スポンサーサイト

【2008/10/15 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。