PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
日産ラフェスタのベーシックを
昨日の昼過ぎに東京から帰って来て、それから更に夕方宇部店を出て福岡店に行きました。

目的は日産のラフェスタのベーシックパッケージのデーターを出すためで、もう一台大きなシステムの車が完成していたので、合わせて2台の調整をして、今朝宇部店に帰って来ました。

自分が移動して調整する車は大きいシステムか、まだデーターの無い車種か、取り付け実績の少ない商品の取り付けなどの時です。

それでも1日3・4台の調整で25日稼動だと月75台から100台ペースで、年間だと少なくみても1000台以上の車の音を確認している事になります。


その中でもベーシックの開発だと単純にいいクロスポントが出たから終わりではなくて、同じ車でも何ヶ所かいいポイントが出て来て、最終的に3パターンぐらいに絞り込んで比較して、総合的に聞いて一番いい所を選びます。

実際にはこのポイントは使えないという所も割り出して、色々調べたけれど最終的にここがベストという所まで追い込みます。


また自分がいない店舗では電話で遠隔操作で「ああして、こうして・・」と指示をしています。

この最近多い相談が、他店で防振をされている車で『音がうまい事合わない!』とい事で、現在では時間がかかっても極力はがす事を勧めています。

今話題の『パンチングマット』も基本的にピュアディオの推奨防振のグレードを上げるための物で、何台か他店の防振の車で実験してみましたが、結果的に満足な効果は得られませんでした。

結果的にははがしてやり直しという事になりますが、『パンチングマット』の登場で普通のピュアディオ防振の良さをあらためて確認出来ました。

「じゃあどこが違うの?」と聞かれそうですが、ピュアディオ防振の考え方は単純にスピーカーの音圧を上げるのではなくて『自然な解像度のアップ』を目的としています。

この『自然な』という部分がミソです。

そのためにはドアの中の形状に合わせて微妙な材質の組み合わせが必要になります。

ここ一ヶ月はパンチングマットとPマットの組み合わせというか鳴き合わせで随分時間を割きました。

今は最初ほど施工や調整に時間はかからないと思います。


話は変わって、明日は朝早く山口宇部空港を出て、一度羽田空港で乗り継いでから札幌に向かいます。

最終的に1時半から2時ぐらいには札幌店に着くと思います。(もうセスナ機が原因の遅れも無いと思うので・・)
スポンサーサイト

【2008/09/26 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。