PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
続 ハリアー JBL仕様
昨日入庫したハリアーのJBL仕様車へのベーシックパッケージの取り付けは閉店前に音が出る状態になりました。

もう開発してから数年が経つのですが、昨日あらためてじっくりと聞いてみると純正との差がはっきりと確認出来ました。
RIMG0064.jpg

ピュアコラムではどこがどの様にいいというのは具体的に示されていなかったので、ここで補足説明をします。


メリット1  『ツイーターの取り付け位置の問題の改善』

純正のツイーターはピラーの中に入っていて音の拡散性が悪く、前席に対しては指向性も中心からかなりそれた位置になっている。
また近くに鉄板があるためにスピーカーのマグネットの磁力線がゆがんでしまいます。
ピュアディオのツイータースタンドは鉄板の近くを避けて取り付け出来て、さらに細かな角度調整が可能で最適なリスニングポジションを確保します。

RIMG0073.jpg


メリット2  『ツイーターとスコーカーの音のつながりの改善』

純正のツイーターとスコーカーのクロスポイントのスロープはツイーター6デジベルのスコーカーはフルレンジの合わせて6デジベルのために同じ音域が広範囲にダブっていて、音の解像度を悪くしています。
ベーシックパッケージでは合わせて18デジベルの純正のなんと3倍のスロープでズバッとクロスして『ここからツイーター、ここからスコーカー』という具合に適正なセパレート化しているために、音楽的な表現が全く違います。

RIMG0075.jpg


メリット3  『ツイーターを高性能の物に交換する』

音の細かい解像度を上げて、純正とは方式が違うドームツイーターに交換することで自然な音の拡散でリラックスしたゆとりのある音になります。
そのため長時間のドライブでも聴き疲れしません。
RIMG0077.jpg


あらためてお客さんの車を聴いて音を確認したらこれだけのメリットを感じました。

やはりベストセラーになるにはそれなりの理由があるんです。
スポンサーサイト

【2008/09/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。