PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
純正カーオーディオのクセと格闘
札幌に行っている間にアコードのプレミアムサウンドが装着されている車が宇部店に入っていたのですが、作業が完了しても納車出来ない状態で置いてありました。

車に最初から付いている純正デッキと純正アンプ、そして純正ウーハーを使ってフロントスピーカーのみを交換という極めてシンプルなシステムなのに、専務が「社長が帰って来るまで納車出来ない。」と言っていたそうです。

そのアコードを今朝聴いてみたら物凄い音のクセが付いていました!

どのぐらい強いクセかというと、トレブルとバスを2クリックずつ下げてもまだドンシャリ状態(ドンシャリとは高音と低音を極端に強くした音の総称)で、当然その反動でボーカルの音域は非常に薄い状態で、とてもピュアディオで取り付けした車とは言えない状態なので、お客さんに理由を話して自分が帰って来るまで納車を伸ばしてもらったそうです。

今朝からちょこちょこ調整していたのですがどうにもなりません!

そこで登場したのがホンダプレミアムシステム専用ピュアコンで、元々そんな物があったわけではなくて、何日か前に書き込んだ『多品種少量生産』の精神で、そのシステム専用で回路を起こすという作業を行いました。

その回路を起こすという作業は自分しか出来ないので、完成から5日もお客さんをお待たせしてそこそこの商品なんて物は出せません。

自分でも途中で「これが限界か!」と諦めかけていましたが、ある事がきっかけで本当に良い物が出来ました。

それは自分がピュアコンの部品の数値をを決める時に車内で頭をぐるぐる動かしていて、運転席から頭をセンターコンソールの方に動かすとミッドのハイエンドの音が良く耳に入ってきて、回路的には触っていなくても仮想的にハイエンドが伸びた回路を入れた状態と同じになります。

すると車の中で頭をセンターに寄せて、そして運転席に戻してと繰り返すとちょっと変なおじさんに見えます。

自分がいつも使っているCDで調整しながらも、お客さんの車にCDが積んである場合はそのCDもかけて音の調整をします。

たまたまお客さんの車のプレイヤーがチェンジャーだったので、CDを換えながら頭を動かしていたらエグザエルの『チューチュートレイン』がかかってきました・・

ここまで書けば何人かはピーンと来ていると思いますが、調整をしているというよりは車の中で曲に合わせて踊っているという感じです!

そこで自分で車内で大笑いしたら、何故かそれが気分転換になって一気に回路は完成形にに向かいました。

あそこで笑いが出なかったら、今の時間も行き詰ったままの状態だったかも知れません。

現在は最初と全く違って、はっきりとボーカル音を聴く事が出来ます。

長期間お預かりしているお客さんは楽しみにしていて下さい。
スポンサーサイト

【2008/07/16 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。