PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
6月9日はロックの日
今日6月9日は『ろく』と『く』の語呂合わせで『ロックの日』だそうです。

一般的にロックというとクイーンの『ウイ・ウィル・ロック・ユー』がメジャーなのでしょうか?

自分はちょっとずれてハ―ビー・ハンコックの『ロック・イット』が頭に浮かびますが、これはロックと言ってもスクラッチとかブレイクダンスとかの要素満載のディスコミュージックで、一般的なロックのグループからは完全に外れています。

当時はジャズ畑のハービーがディスコミュージックを作ったという事で話題になっていました。


他にロックで頭に浮かぶのがロック・ウェルという人の『ウォッチング・ミー』という曲で、タイトルにロックが付いているのではなくて名前にロックが付いているというこれまた的外れですが、このウォッチング・ミーの凄い所は昨年亡くなったキング・オブ・ポップ『マイケル・ジャクソン』さんがバックコーラスで歌っているという事です。

そのバックコーラスがZOOの『チューチュー・トレイン』の中西啓三さんのコーラスレベルで(今知っている人も少ないかな?)、「明らかにマイケルが歌っている!」というのが分かってしまう作品ですが、当時はそれを完全に狙ってのコーラスレベルだったのでしょう。


そのマイケル・ジャクソンさんの作品で『ロック・ウィズ・ユー』という曲があって、ロックとタイトルに付いていてもポップで軽いさわやかな感じの曲で、1979年に発売されたマイケル・ジャクソンさんのファーストアルバム『オフ・ザ・ウォール』の2曲目に入っています。

機会があったら皆さんもぜひ聴いてみて下さい。


ここで話題の中心はロックからマイケル・ジャクソンさんに移りますが、実は自分は昭和の時代にマイケル・ジャクソンさんが乗ったと言われる車の座席に乗った事があります。

2枚目のアルバム『スリラー』がヒットした後の大人気の時に来日されて、その時にファンの目を欺くためにわざわざ地味なハイエースのワゴンで移動していたという話でした。

そのハイエースの後部座席には今は日本国内ではカーオーディオを発売していない某オーディオメーカーの人から「このハイエースはマイケルが来日した時に実際に移動した車で、この座席に座ってうちのメーカーがセッティングしたオーディオを聴きながら移動されました。」という説明を聞いて、自分もマイケルさんが座ったといわれる座席に座ってオーディオの音を聴きました。

当時は今ほど高音は伸びていませんでしたが、今の一般的な製品に比べたら中音域に厚みがあって一言で言うと『グルーブがある!』という感じです。

自分は当時からのグルーブ感を大事にしながらも、それを損なう事なく高音域の伸びをプラスした音造りを今は心がけています。


そのマイケルさんが乗って移動したハイエースについてですが、疑い深い自分は「もし違っていたらいけない。」とマイケルさんが座った座席と同じ所に座ったとは言っていませんでした。

ところが昨年マイケルさんが亡くなった後に日本テレビで『マイケルの秘蔵映像』というのが朝の『スッキリ!』という番組で放送されて、なんとそのハイエースで移動しているシーンが映ったではありませんか!

しかもハイエースの窓から手を振ったり握手したりでファンは大興奮で「これならわざわざハイエースにする必要があったのかな?」と一瞬思いました。


本当はそのシーンを録画していて「この車のこの席に自分は座った!」と言いたかったのですが、その秘蔵映像を自分が見たのはその日の1回限りでした。
スポンサーサイト

【2010/06/09 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。