PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
成功は失敗のもと
今から数ヶ月前にこんな本を読みました。
P1020487.jpg
山口県宇部市が発祥の地のユニクロについての本ですが、書いたのは柳井さんではなくて外部から見たユニクロについて書いてありました。

そして2日間の休みの間に会長兼社長の柳井さんが書かれた『成功は一日で捨て去れ』というタイトルの本を読みました。
2010.5.5 003
中を読んでみると『成功は失敗のもと』という普通とは逆の言葉が何度も出てきました。

成功体験が逆に失敗を生んでしまうという言葉の例えです。


この本を読んだ時に「カーオーディオ業界って本当に絵に描いた様な成功は失敗のもとだな。」と思いました。

たまに同じ業界の人と話をしていると「音圧ブームの時は黙っていても売れた。」とか「マッキントッシュのフルシステムが何の努力をしなくても売れた時期がある。」という言葉が良く出てきます。

じゃあもう一回そういう事が起きるかというともう起こらないでしょう。

でも何か集まりがあると「あの時は売れた。」という人が必ずいます。


結局ピークトレンドの時にこの状態が続くと錯覚してしまうと、ダウントレンドが始まった時に何の手も打っていないから売上が落ちてしまうという当たり前の事ですが、この本の中で柳井さんはフリースがブームの時にユニクロは大企業病にかかってしまったという事を書いておられます。


自分は20代前半の時にカーオーディオ業界以外の業種で仕事をしていた時があって、その時にその業種がピークトレンドからダウントレンドに突入する時期で、「ピークトレンドの時に何も考えていないからダウントレンドが起きるんだな。」と学習して『ピークトレンドは怖い事だ!』と体にしみこんでいました。

良く考えてみたらうちの会社はフルシステムがどんどん売れている時期からベーシックパッケージの準備をしていて、「このブームはいつまでも続かない。」と常に思っていたからこそ今のピュアディオがあるのでしょう。


『勝って兜の緒を締めよ!』ということわざがありますが、『成功は失敗のもと』とはそういう事なんだなとこの本を読みながら思いました。
スポンサーサイト

【2010/05/05 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。