PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
50系エスティマのベーシックパッケージ
うちのグループでは入庫数の多い50系エスティマですが、この車は天井にエキサイターというスピーカーが仕込んであって、「この車に後からスピーカーを取り付けるとどうなるのですか?」という質問を発売当時は沢山頂いていました。

そこでサウンドピュアディオでは発売数ヵ月後には50系エスティマを購入してベーシックパッケージなどの開発を行いました。

そんなエスティマもマイナーチェンジを行って、ベーシックパッケージもほんのわずか特性を変えてマイナーに対応しています。
画像 296
更にエスティマとエスティマ・ハイブリットのベーシックパッケージはコイルの巻き数が2分の1周ほど変えて、わずかな特性違いですがハイブリット専用のパッケージが出来ています。
画像 275
なぜガソリン車とハイブリットで2分の1周の差が出るかというと、上の写真の様にハイブリットの方は大型のセンターコンソールというかバッテリーが納まっている部分があって、ここが有るか無いかで中音域の音の感じが変わるためにコイルの巻き数を変えてハイブリット車に最適なパッケージを作っています。


ここでラインナップを整理すると50系エスティマのマイナー前ガソリン車とハイブリット車、マイナー後のガソリン車とハイブリット車と標準オーディオだけでベーシックパッケージは4種類も設定があります。

その上5・1チャンネル車が別にあって、こちらはマイナー前とマイナー後で共通の特性だったため運良く同じ物が使えて、しかも中音域を出すスコーカー部がドアの上部に付いているためにセンターコンソールの影響を受けないためにガソリン車とハイブリット車で共通のパッケージを使う事が出来ました。

それでも50系エスティマだけで合計5種類のパッケージが存在している訳ですから『車種別専用設計』と謳っていても並みの専用設計とは訳が違います。


またベーシックパッケージは1台1台お客さんの車にピッタリとマッチングしているかどうか確かめながら販売しているために簡単に売上が上がると分かっていても通信販売を行っていないのです。


これだけ不景気で物が売れないと言われている時代にベーシックパッケージがヒット商品になっているのは、開発から販売までにきちんとしたストーリーがあるからでしょう。
スポンサーサイト

【2010/03/12 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。