PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
毎年この時期は
もう恒例になった今日の宇部店上空はこんな感じです。
P1020838.jpg
雲ひとつ無いと言いたいところですが、写真の左下の方に少し雲が見えます。


恒例といえばゴールデンウイークの前になると毎年同じ様な相談があるんです。

それはカー用品店やガソリンスタンドで「無料でバッテリーチェックをします。」というサービスをやっていて診断してもらったら『早めの交換を』という器械の診断結果を見せられてバッテリーの購入を勧められたというものです。

ここまでなら「サウンドピュアディオでもやっているだろう。」と皆さん思われますが、これがサウンドピュアディオで買って1年しか経っていないバッテリーで早めの交換の表示が出たという事で相談に来られます。


サウンドピュアディオではテスターでの電圧測定と充電器によるチャージ電流と電流計による暗電流の測定に加えて負荷をかけて大電流を流して電圧ドロップを起してバッテリーの寿命を判断するという4つの器械を使って判定を行っています。
P1020843.jpg
最後の負荷をかけて電圧ドロップをタイプの物を使うと後で補充電をかけないとそれなりの電気を消費しているので、測定する前よりもバッテリーが弱ってしまいます。


ここまで説明して何が言いたいかというと、どうも悪くもないバッテリーに無理な負荷をかけて『早めの交換を』という判定を出している店があって、悪くないのに買い替えさせようとしたがための相談が多く寄せられているのです。

ゴールデンウイークは渋滞していてのろのろ運転でバッテリーに負担がかかる事が多いので、たしかに早めの交換が必要ですが「1年前にピュアディオさんで高いバッテリーを交換したのにもう交換しないといけないという判定が出ていて・・」と不安になって相談に来られます。

調べてみると交換の必要は無いのですが、充電すればどんどん電気を吸い込んで行きます。


「やはり無理な大電流を流して交換の表示を出させたのか!」と毎回思うのですが、この最近ではお客さんに「よそでバッテリーチェックを極力かけないで下さい。」と言っています。

それは目先のノルマをこなす為に無理な電流(おそらく規定の倍かそれ以上)を流して測定されると良いバッテリーを痛めかねないからです。


中には適正値で測定されているガソリンスタンドもあると思いますが、買って1年前後のボッシュのバッテリーがものの見事に悪い判定を出されています。

ピュアディオではただバッテリーチェックをするだけでなく「何ボルトありました。」とか「チャージャーをかけたら何アンペア流れました。」とか根拠がはっきり分かる説明をするように話しています。


もし「バッテリーチェックをしましょうか?」と言われたら自分のバッテリーサイズと同じ数字の電流を本当に流しているかチェックした方がいいでしょう。



【2010/04/29 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。