PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
昨日は渋滞で
昨日は福岡店でセミナーを行いました。

渋滞の中遠くから来店して頂いた方、本当にありがとうございました。

高速道路が一部事故渋滞という事もあって30分遅れでスタートして、その分休憩時間を短くしてほぼ定刻に終る事が出来ました。

話す内容は事前にこれだけは話しておかないといけないという項目だけをメモ書きして後は完全なフリートークで1時間喋って、その後2部ではフリートークでスタートして途中からお客さんからの質問に答えるという形式で50分喋りました。

本当に2年ぶりぐらいのセミナーだったので内容が良かったのか悪かったのか分かりませんが、サウンドピュアディオのユーザーで良かったと来場したお客さんに感じて頂けたらしあわせます。


仕事の都合や渋滞などでセミナー終了後に到着されたお客さんもありましたが、その時にお客さんとお話していてふと思った事があります。

それはあるお客さんから「デッキの銅メッキを剥がす加工をすると音が良くなるのに、なぜ他の店は真似をしないのですかね?」という質問を頂いた事です。

これだけサウンドピュアディオのブログで『銅メッキ剥し』が話題になっているのにインターネットで情報を探しても他ではやっている例が無いというのを不思議に思われたそうです。

「何でですかね?」というお客さんの質問に「それはお店の見ている方向が違うからじゃないですかね。」と自分は答えました。

オーディオ業界である決まり事があってそれに逆らう事をするとメーカーや評論家の機嫌を損ねて評価が下がってしまえばコンテストなどの順位にも影響するであろうから『触らぬ神に祟り無し』みたいにタブー的な事には誰もチャレンジしないでしょう。

これはオーディオ業界を中心に物事を考えたら当然の安全策でしょう。


しかし自分の物の見方は音楽を作っている人の側から見ていて、「これちょっとおかしいんじゃないの?」というオーディオ業界の常識とかが見えてきます。

銅メッキを剥して音を良くしたり、お店が独自のスピーカーを開発したり絶対にやってはいけないタブーに挑戦していて、そこがサウンドピュアディオの面白さになっています。

よくカラオケの採点の時に『もっと作った人の気持ちになって歌って下さい。』みたいな表示が出る事がありますが、「作った人の気持ちはどうやったら分かるんだろうか?」と表示を見て思った事があるのですが、やはりコンサート会場に足を運んで直に歌を聴いてMCの内容をしっかり聞いたら分かると思いました。

しかし人気のあるアーティストの人のチケットはいい席がなかなか取れなかったり、運が悪いと即日売り切れで全く手に入らなかったりします。

そこでサウンドピュアディオはアーティストさんの音楽番組のスポンサーになって、アーティストさんの『どんな気持ちでこの音楽を作ったのか』をラジオを通じてお届けしています。

そしてその人の音楽をもっと知りたいと思った方はCDを購入して繰り返して聴いて頂き、更にその音楽のもっと深い所まで知りたいと思われた時にサウンドピュアディオの商品やセッティング技術がお役に立てばと考えています。


この考えはミシュランのガイドブックの考えと似ていて、タイヤメーカーのミシュランはまだ自動車で遠くに旅行するという習慣が無い時代に「美味しいレストランを紹介したガイドブックを作ったら自動車で移動する人が増えて、将来的にはミシュランのタイヤの売上も上がるだろう。」というちょっと気の長い発想で作られた物ですが、サウンドピュアディオプレゼンツのラジオ番組も全く同じ発想で、基本的にアーティストさんのCDが1枚でも多く売れる事が第一です。


また昨日のお客さんとの会話の中で「サウンドピュアディオの音作りは暗くなるという部分を除けば皆既日食みたいなものです。」というお話もしました。

それは太陽と月と地球が一直線に並ぶからで、アーティストさん→ピュアディオ→お客さんという音楽を作った人のイメージと音を作るお店と音楽を聴くお客さんのイメージがピタッと一直線に並ぶという惑星直列みたいな状態に音楽で表現するという事です。

あっ!あまり書いてしまうと4月に札幌や名古屋で話すネタが減るのでこのぐらいにしますが、サウンドピュアディオはオーディオ業界で変わり者と言われても音楽を作っている人の気持ちになって車内の音を作っているという事を分かって頂ければというお話でした。
【2010/03/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。