PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
昨日はコピーライター
昨日の宇部店前の雪はウソの様に溶けて現在はこんな感じで・・
P1020589.jpg
そして今日の宇部上空は曇り空となっています。
P1020590.jpg

さて本題に入りますが、昨日は途中から大雪で外を出歩く事が出来なかったので社内でコピーライターをしていました。

現在ホームページの左上の方に『音へのこだわり』という所があるのですが、ここの部分が現在の音楽業界と係わりのある状態になる前のコピーなのでいまいちインパクトが無くて、更に抽象的な表現でこれでは他の専門店とどこが違うの?という内容なので昨日新しい内容を考えました。

まず現在掲載されている内容は次の通りです。


『OUR SPIRTS  音へのこだわり』
◆目指す音
サウンドピュアディオの目指す音とは?
PURE SOUND~
あなたのオーディオの音はアーティストの温もりが伝わりますか?
本当に意図した音で鳴っていますか?
楽器本来の音色ボーカルの息遣いオーケストラの臨場感までしっかりとされていますか?それどころか、クルマの中の音はこんなものかなと諦めていませんか?
アーティストは無数に存在する音の組合せの中から、自らの音楽性を表現するのに最適なバランスでレコーディングを行い、CDという形にします。
これを最も自然に表現する、いわばうまれたてのPURE(純粋)な音の表現を私たちは目指します。
何故ならアーティストが表現したいと願いそれをカタチにした音は一つしかないからです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とこれが今までの文面でした。

今度考えた文面が↓これです!



最新版 ◆音へのこだわり

『オーディオの音は音楽ジャンルによって音を変えないといけない』そんな言葉を聞いた事はありませんか?
ジャズにはジャズ向きの、ロックにはロック向きを、そして女性ボーカルにはそれ用のセッティングが有る・・ と思っていませんでしたか?

サウンドピュアディオは、本当にいいセッティングはすべてのジャンルを正確に鳴らせると考えています。

その根拠は、レコーディングスタジオや放送局で使われているアンプやスピーカーはすべての音楽ジャンルを網羅しています。
それは、ジャンルを変えてセッティングする民生用オーディオに比べてはるかに素晴らしい音を再生しています。

私たちは約20年前からスタジオ用モニタースピーカーでCDを再生した音を聴き、その音を基準にして車室内の音をセッティングしてきました。

そして2006年からはメジャーレーベルのアーティストの生の音を追いかけ、更にはアーティスト本人にデモカーで自身の楽曲を聴いて音を評価頂くというおそらくカーオーディオ業界では初であろう事にチャレンジしました。

サウンドピュアディオの音へのこだわりは、アーティストが目指しCDに刻んだ音にもっとも近い音を車室内で再現する事です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


という新旧の文面の違いで、旧文章がいかに音楽業界を中途半端にしか知らずに思い入れだけで書いているというのが分かってしまいます。

月曜日にホームページの音へのこだわりを何とかしたいという話が出て来て、良く見てみたら・・・ 確かにイケてないです!



最後におまけの映像です。
P1020588.jpg
宇部店に大型のデジタル時計を置いてみました。

マークレビンソンのCDプレイヤーとプリアンプが置いてあるラックの上の乗っています。

このプリアンプは買った当時で320万円というプライスが付いていた様な・・

今思えば微々たる音の違いを表現する為にかなり思い切った買い物をしていました。


でもアーティストさんの声や演奏をPA通しでない本当の生の状態で聞く事には勝てません。
【2010/03/11 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
プロテインウォーターのCM
中村獅童さんと松田翔太さんが出演しているサントリーの『プロテインウォーター』のCMで使われている曲が変わりました。

今まではバン・マッコイの『ザ・ハッスル』という1970年代のディスコヒットの名曲から、1980年代のディスコヒットというか元祖ユーロビートのマイケル・フォーチュナティーの『ハレルヤ』に代わっていました。

このハレルヤに代わったCMを見て「もしかしてマイケル・フォーチュナティーの曲がTVCMで使われるのは初めて?」と思いました。

確か今までにテレビで聴いた事は無い様な気がするのですが・・


そのマイケル・フォーチュナティーの初ヒット曲は日本では女の子二人組のベイブも歌った『ギブ・ミー・アップ』で、セカンドシングルが『イン・トゥー・ザ・ナイト』でした。

そしてサードシングルが『ハレルヤ』だったような気がします。


実は自分が過去に民放FMでDJをしていた時はちょうどハイエナジーブームが終焉を迎えてユーロビートブームに突入する時でした。

何と当時の番組のタイトル曲がマイケル・フォーティナティーの『ギブ・ミー・アップ』を使っていて、マイケル・フォーチュナティーが有名になる前から使っていたので相当な先取り人間と自分で思っていました。

ただその前のハイエナジブームの終わりぐらいはフリーズの『アイ・オー・ユー』という曲を使っていました。

他に候補に挙がっていたいた曲はデュラン・デュランの『プラネット・アース』という曲でしたが、この曲をダンスフロアーで聴いた時は「ノリのいい曲だ!」と思っていたのですが、ディスコのストロボ照明がピカピカ光っている所と普通に音楽だけ聴いた時には全く別なおとなしい曲に聞こえました。

マイケル・ジャクソンやEW&Fやマドンナなどのメジャーなアーティストは別にして、ほとんどのディスコミュージックが一部のマニアにしか支持されなかったのはそんな聴いているシュチュエイションが違うから感じ方が違うという理由があったのかも知れません。

でもマイケル・フォーチュナティーの曲はとてもキャッチーでディスコには行かない人からも支持されていたなー、とプロテインウォーターのCMを見て思い出しました。


そういえば自分はカーオーディオの店を経営しながらラジオのDJをしていたのですが、スタジオで聴く大型のモニタースピーカーの音がいいのは当たり前ですが、テーブル型のオープンリールデッキに内蔵されていた10センチぐらいのスピーカーの音がストレートで中音域に芯があって、どうしてもカーオーディオでは表現出来なくて悔しい思いをしていました。

「何であの音が車で出ないんだ!」と常に思っていましたが、後で普通に市販されているパーツを使っても音のツボが違うから無理だという事が分かりました。

だから今のサウンドピュアディオはオリジナル商品が多いんです。
【2010/03/10 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今日の宇部店は雪
今朝宇部店に出たら駐車場に雪がパラパラ降っていました。
P1020581.jpg
そのうち横降りになってステラのリアガラスに雪がたたきつけられてこんな感じに・・
P1020583.jpg
そして山口宇部空港に用事があって行ったら雪で東京からの飛行機が着陸出来ずに福岡空港に降りるという事で折り返し東京に行く12時30分発の飛行機は欠航に。
P1020585.jpg
16時25分の便に振り替える人とキャンセルして新幹線に乗る人とでカウンターはごった返していました。

そして空港から帰ってしばらくすると店の前の駐車場はこんな感じです。
P1020587.jpg
これではまるで札幌店です。

もう雪は降らないだろうと先週スタットレスタイヤをのノーマルに替えたばかりなのですが・・

しかも元々スタッドレスは2台分しかないので、こんな雪になるとほとんどの車が動かせなくなります。

なぜ2台分しかスタットレスを持っていないのか? それは山間部意外だと福岡県・山口県はほぼスタットレスが要らないので。
【2010/03/10 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
札幌と名古屋のお客様へ
先日『3月27日と28日の2daysで札幌店でセミナーを行います。』とこのブログに書き込みましたが、諸事情により開催を1週間延期させて頂く事になりました。

変更後の日程は4月3日(土)と4月4日(日)の二日間となります。

すでに予定されていたお客様には予定変更でご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びいたします。


また当初は予定に入っていませんでした名古屋セミナーを名古屋店のユーザー様のご要望にお応えして4月9日(金)の夜に行う事が決定いたしました。

こちらの時間などは全て名古屋店の園田君に任せていますので、直接名古屋店にお問い合わせ下さい。



ここでセミナーの日程をもう一度整理してお伝えします。

福岡セミナー  3月21日(日) 13時より


札幌セミナー  4月3日(土)  4月4日(日) 両日とも開始は13時より


名古屋セミナー 4月9日(金) 時間は閉店後


全てのセミナーは会場の都合で参加出来る人数に限りがございます。

事前にお問い合わせの上ご予約していただくようお願いします。
【2010/03/10 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
『AGA-SHIO』大野城市コンサート
P1020491.jpg

ちょっと報告が1日遅れましたが、3月7日の大野城市まどかピアのコンサートホールで行われた三味線・上妻宏光さんとピアノ・塩谷哲(しおのやさとると読みます)さんのユニット『AGA-SHIO』(アガシオ)のコンサートの話をしたいと思います。

今回のコンサートは三味線とピアノというシンプルな構成で、ホールのPAもかなり控えめなセッティングで、生音で足らない所をプラスするといった鳴り方でとても好感が持てました。

そして会場には上妻宏光さんの三味線目当ての少し年配の方もおられたので「もっと上妻さんの三味線が聴きたい。あのピアノさえ無ければと思っておられる方も多いんじゃないかと思います。」という塩谷さんのMCでの自虐ネタもありました。

コンサートの本編ではAGA-SHIOのアルバムの中に上妻さんと塩谷さんが全く別な曲を演奏されて、途中で交わったりまた離れたりして最後にはバシッと二人の息がピッタリ合って終わるという曲が1曲あって、目の前で演奏を見ながら聴くのとCDで音だけ聴いた時とはかなり印象が違いました。

他にはかなり前の上妻さんのアルバム『ビヨンド』の中の一曲に塩谷さんが参加されている曲も最後の方で演奏されて、ビヨンドのCDの時はまだ上妻さんの生演奏を聴く前に何度もCDプレイヤーでモニターを通して聴いていて、「あの曲を生で聴くとこんな感じだったんだ!」とモニタースピーカーに頼って積極的に生演奏を聴きに行かなかった自分にちょっと反省しました。


それと今回のコンサートは演奏時間が1時間あって途中休憩が15分あって、さらにその後で1時間の演奏という感じだったのですが、まず開場が始まってホールに入ったら調律師の方が調律をされていて、途中の15分の休憩の間にも調律師の方が調律されていました。

それだけ激しくピアノを弾くから途中で調律をしないとずれてしまうのでしょう。


塩谷さんは飛び上がる様な感じでパワフルにピアノを弾かれていて、ステージではかなり背の高い方かなと思っていたのですが、実際に目の前でお会いしたら思ったよりも小柄な方で驚きました。

また塩谷さんのソロコンサートが福岡で行われるので、その時は是非聴きに行きます。
P1020577.jpg
写真はコンサート終了後に楽屋に案内して頂いた時に撮影しました。

左からピアニスト・塩谷哲さん、自分、三味線プレイヤー・上妻宏光さんで、上妻さんは以前よりも髪を伸ばされていますね。

それではもう少しアップで上妻さんとの2ショット写真を!
P1020576.jpg


最後にちょっとした音楽知識を書き加えます。

ピアノという楽器の正式名称はピアノフォルテと言って、「ピアノ」小さい音から「フォルテ」大きな音まで表現出来る楽器という意味ですが、いつの間にかフォルテが読まれなくなって略してピアノと呼ばれる様になったそうです。

7日のコンサートのMCの中でも紹介されましたが、自分がこの事を初めて知ったのは昨年の秋川雅史さんのリサイタルのMCの中で知りました。

今年も3月19日に福岡で秋川雅史さんのリサイタルが行われて、今年は去年よりもいい席が取れたので今から楽しみです。



追伸  今日は朝福岡を出て宇部に戻ってブログを書き込んでいます。

帰りの道では山には薄ら雪化粧が・・
P1020579.jpg
車の温度計は1・5度を示していて・・
P1020580.jpg
117キロの道のりを平均速度88キロで走って燃費計はリッターあたり10・1キロという表示なので、ちょっと燃費を考えながらアクセルを踏まなかったせいか、こんな感じです。
【2010/03/09 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
月曜日は福岡に
昨日は三味線プレイヤー・上妻宏光さんとピアニスト・塩谷哲さんのユニット『AGA-SHIO」のコンサートに行ってきました。

上妻さんのコンサートは今まで何度も行っていますが、塩谷さんのコンサートは今回が初めてで、テレビで佐藤竹善さんとの演奏を観たり、CDで楽曲を聴いた事があるぐらいでした。

コンサートについての詳しい事はまた明日写真入りで掲載いたします。


話は今日のタイトル『月曜日は福岡に』に関してですが、どうもここ3週間ぐらいは月曜日の書き込みは福岡店から書き込んでいます。

月曜日に福岡に行っているのではなくて、日曜の夕方に行っていてそのまま福岡に泊まっているから月曜日に福岡店に居るという感じです。


その福岡店では3月21日の午後にセミナーを行います。

以前札幌店でやっていたセミナーと同じ形式で午後1時から2時までがセミナーの時間で、2時から3時までが井川の調整タイムで、再び3時からが当日の来場者からの質問に答える時間で後は流れ解散という形を取ります。

ただ福岡店の大きさを考えると10~12名ぐらいがマックスと思われますので事前の予約をお願いします。

また既にサウンドピュアディオの新スピーカーを事前販売で購入されている方は店頭で自分が事前販売の前に話している内容とほぼ重複しますので、もしそれでもいいと思われる方はご参加下さい。


そして福岡のセミナーの翌週は札幌で2daysのセミナーを行います。

札幌店は福岡店に比べたら店舗が狭いので、1日当たり5・6名様限定で3月27日(土)と3月28日の二日間に分けて行いたいと思います。

札幌では新スピーカーの事前販売で既に購入されているお客様か、新スピーカーに興味があるお客様に限定して行われますので、こちらも事前の予約が必要となります。


札幌店では久し振りのセミナーになりますが、以前に行われていた抽選会やジャンケン大会等は行われませんのであらかじめご了承下さい。

遊びの要素を省いた分ほど皆様の技術的なご質問へ答える時間や音調整の時間を増やさせて頂きます。



追伸  サウンドピュアディオの新スピーカーは追加モデルです。

今までの製品はそのまま継続されます。
【2010/03/08 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
卒業シーズン
3月は卒業式のシーズンで、この時期になると気になる曲が2曲あります。


まず1曲目は斉藤由貴さんの「あーあー卒業式でーなかないとー♪冷たい人に見られそーおー♪」という曲で、自分は中学・高校と卒業式で泣かなかったのでこの曲が妙に気になります。


もう1曲は今は亡き尾崎豊さんの卒業で、「教室の窓ガラス、壊して歩いた。」という曲の影響で全国で学校の窓ガラスを割った人が多いのではないかと思います。

もしこの曲のおかげで売上の上がったガラス屋さんもあるでしょう。

その反対にガラスを割られた学校の多くが公立だとするとかなりの税金が無駄に使われた事でしょう。


そんな事はいいとして、『卒業』と言うとカーオーディオ業界では20代から30代の前半までお金をかけてカーオーディオをいじって、ある時期になったら「カーオーディオは卒業したから。」とか「もう純正でいいや。」いう人が増える傾向にあります。

しかしそれは一般的な他店の話で、サウンドピュアディオの基本的に「卒業する人を作らない。」という考えを持っています。


『卒業=極めた』という考えもあるかも知れませんが、自分は『卒業=飽きた』という風に思っています。

自分も今から15年ぐらい前はお客さんの車をコンテストに出してトロフィーを取る事を考えていた事もあるのですが、このコンテストはある意味業界を盛り上げて、別な意味ではお客さん離れの原因にもなっています。

その約15年前のあるコンテストで2台のお客さんの車を出展して、一人のお客さんの車は801型モニタースピーカーの音と鳴らし比べを行って、当時のレベルとしては「これが限界!」というセッティングで望みました。

もう一人のお客さんは自分でイコライザーをいじってメリハリのある音を作ってコンテストに望みました。

その結果プロ用モニタースピーカーとの鳴らし比べで音を追い込んだ車は最下位意で、自分でイコライザーをいじって参加したお客さんがクラス優勝という結果になりました。


自分は「これが現実か。」と思って2度とコンテストに参加する事はありませんでしたが、2人のお客さんのクラス優勝したお客さんは「もうカーオーディオは極めたから。」と卒業されて、もう一人のお客さんは「お金をかけたのに最下位だったから。」とカーオーディオを卒業されました。

審査員がショップの人間で、しかも家に高級オーディオも持っていないとするとその審査そのものがあてにならなくて、結局ステージングだ躍動感だと言っても実際の演奏と違うであろう派手な音なので、自分達の目指す所とは離れた音が評価されるのでしょう。

この経験から自分は、第三者に価値観を決められるコンテストで勝ち負けを決められるのではなくて、だれも卒業する人間を作らない『サウンドピュアディオで取付けた全ての人が勝者!』という方針を打ち出しました。


その頃からはモニタースピーカーやアンプに更なる設備投資をして原音を追求しましたが、2006年に佐賀で上妻宏光さんのコンサートを運良く最前列で聴く事が出来て、その音の素晴らしさに「これだ!」と思い、その年は上妻さんだけで10会場のコンサートに足を運びました。

そのぐらいの追っかけをした甲斐もあって上妻さんと一ファンを越えてお付き合い出来るようになって何度もデモカーを聴いて頂き、アーティスさんの意見というのも聞く事が出来て、そこで高級ホームオーディオの音を参考にから『生演奏の音を参考に』と基準が変りました。

またお客さんをコンサートに誘って生演奏を聴くという機会も増やしましたが、もしお客さんが「生演奏に比べたらカーオーディオは面白くない。」と思われたらそれこそカーオーディオを卒業する人を作ってしまいます。

コンテストの盛り上げるつもりがお客さんが卒業したという例とは少し違いますが、お客さんをコンサートに誘うという事はかなり勇気のいる事です。

運がいいのか、それとも音の的が合っていたのか、今のところ「もっと生に近い音で聴きたい!」プラスの方向に行っている方ばかりなのですが、それに甘んじることなく「本来の音色にいかに近い音にするか。」をテーマに今日もコンサート会場に向かいます。


当然コンサート会場での音量や空間の広さと車の車内では大きな差がありますから「どの部分のエッセンスを車の中に持ち込んで・・」と1メートル数十センチにの車内の幅に押し込むのでそれなりの変換作業も必要になります。

だからと言って狭いから大げさな表現というのも楽曲の価値を下げるようで出来ません。


長々と書き込みましたが、これからコンサートに行って真剣に聴いてきて、その体験を日々のお客さんの車の音造りに反映させたいと思います。

【2010/03/07 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
3月13日は矢野沙織さん
昨夜サックスプレイヤー・矢野沙織さんのホームページを見たら『3月13日の福岡のクロスFMのエアークルージングにゲスト出演』という事が載っていました。

サウンドピュアディオはエアークルージングのスポンサーなので事前に分かっていましたが矢野沙織さんのホームページに情報が掲載されるまで知っていても情報が出せませんでした。


そもそも今回の矢野さんの出演交渉は自分が所属事務所と行っていて、どちらかというと仕掛け人になっています。

矢野沙織さんはDEENさんの楽曲『白い記憶』にサックスで参加されていて、その時に一度エアークルージングにゲストで出演されていて、今回は久し振りの出演となります。


放送日時は3月13日(土曜日)の18時から19時までで、ほぼ全編にわたって出演されるそうです。

本当は東京のスタジオまで行って収録に立ち会えれば良かったのですが、今回はスケジュール的に行く事が出来なくて、収録内容をまた聞きしたところによると、矢野沙織さんが福岡に来られた時に当社のベンツCLSで移動した時の話題が出ているそうです。(どの位触れているかは分かりませんが・・)


昨年の上妻宏光さんのエアークルージングの出演に続きピュアディオつながり的なアーティストさんの交流の第二段になります。
コピー ~ 画像.1
東京に行っていたらスタジオで3ショットの写真が撮影出来たのですが、写真が無いといまひとつ雰意気が出ないので過去に撮影した写真を2枚引っ張っり出して来ました。
2008.5.15 001

自分が矢野沙織さんと親しくさせて頂いているのは、三味線プレイヤーの上妻宏光さんと同じ事務所だからで、2007年に矢野さんはモンドラナミュージックに移籍されて来られました。

その事務所の先輩の上妻宏光さんのコンサートというか、ピアノの塩谷哲さんとのユニット『AGA-SHIO』のコンサートが午後から福岡県大野城市のまどかぴあで行われます。

自分は仕事を途中で抜けて聴きに行きます。

【2010/03/06 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日はハイローコンバーター
井川ブログやスタッフブログでご紹介しているテクニカ製ハイローコンバーターをチューンドしている物が非常に人気が高くなっています。
P1020573.jpg
店頭ではチューンドイコライザーと並べて展示していますが、ピュアディオチューンの商品はどれも好評です。

しかしその反面人気が有ると手放しで喜んでいる訳にも行きません。

それは社内で分解してチューンしてからでないと販売出来ないので、売れたら売れた本数だけ追加で製作しないといけません。
P1020566.jpg
今日はこれからハイローコンバーターのチューニングに入りますが、現在4台分解していて夕方までにチューンして、ここ数日で1ダース(12台)のチューニングを行い販売出来る状態にします。

ノーマルで販売すればパッケージのまま売ればいいのですが、それではカー用品の量販店と同じ状態で売る事になるので専門店としての差が出しにくくなります。


内容は4・5万円台の専門店向けのハイローコンバータにぶつけるつもりでチューンしていて、実際の販売価格は2万円を切っていて、買いやすい価格に抑えています。

「なぜ1からピュアディオでオリジナルで作らなかったのですか?」というご意見もありましたが、ケースの穴あけやプリント基板を1から起こす事を考えたら大量生産の物をチューンドする事によって1万円ぐらいのコストを抑えています。

このハイローコンバーターは音楽業界の方や放送業界の方も個人の車で使われているという高性能なので、テクニカさんとしてはベースモデルとして選ばれているという事でいいのか悪いのか微妙な位置づけなのでしょう。


テクニカの営業の方は他の販売店の人から「あれはテクニカさんとの共同の製品ですか?」と聞かれる事があるそうですが、テクニカ公認の商品ではなくてオーディオテクニカは1度出荷した後は全く関与しないという黙認的な商品です。

それでもかなりの数が売れているので本当にテクニカさんとは微妙な関係です。


最後にハイローコンバーターとは純正デッキや楽ナビやストラーダなどのRCAのラインアウトを持たない機種にパーワーアンプを付けたり、AUX入力させたりする場合に使用する物です。

またクラリオンや富士通テンなどのRCAアウトの弱いナビデッキの出力アップや音質改善にも効果があります。
【2010/03/05 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
元祖 肉肉うどん
この最近福岡市の博多区の冷泉公園から博多大通りに出る途中に『元祖 肉肉うどん』という店を見つけたので早速行って来ました。
P1020559.jpg
自分の予想では中国道の王司サービスエリア下りにある『どか肉うどん』みたいな「普通の肉うどんに比べて肉が3倍入っています。」といううどんを想像していたのですが、少し違っていました。

どんな肉だったかここで書いてしまうのこれから行く人の楽しみが無くなるのであえて書きませんが、自分は「なるほど、この手があったか!」と思いました。

値段は一杯580円で、自分はトッピングで玉子と丸天を追加して1品あたり100円で合計780円を払いました。

次に行く時は同じ580円でそばもたのめるのでそばにして、プラス150円のとろろのトッピングをしたいと思っています。


そして博多区住吉のTVQの裏の通りで魚箱の側の板を張り付けた外装の『海鮮食道 まかない屋』というのを見つけました。
P1020558.jpg
こちらはまだ行ってはいないのですが、いつか行こうと思っています。

この写真は信号待ちでパチッと撮影したのですが、手がブレて写すつもりが無かった隣の『スナックぶす』まで写ってしまいました。

自分からぶすと書いているという事は本当はそれに反して綺麗な女性がいるのか、それとも本当にぶすの人がいるのか謎です。
【2010/03/05 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
訳あり商品の逆の商品
この最近高級なお菓子などで『訳あり商品』というのが人気だそうです。

訳あり商品とはロールケーキの端だけを集めていたり、クッキーの形の悪いもしくは一部が欠けている物などを集めて『味は良いけれど訳ありでお安く買えます』というジャンルの商品です。

お菓子以外での人気はカニの足が欠けていて味には全く問題無く、見た目さえ気にしなければ美味しい高級品が安くたっぷり食べられるという『規格外商品』が好評だそうです。

自分はこういったビジネスの情報を月刊誌などで読んで「何とか自分のビジネスで役に立たないか!」といつも考えています。

そして考えた結果、「うちのベーシックパッケージってひょっとして訳あり商品の逆?」とふと思いつきました。
P1020563.jpg
ベーシックパッケージは見える所にツイーターと見えない所にピュアコンと呼んでいるパッシブネットワークが隠れています。(見た目が良くないのに音がいいのがすでに訳ありみたいな・・)

コイルの精度などの情報は今まで何度も登場しているのでここではふれませんが、今日はコンデンサーという部分の選別レベルの高さの御説明します。
P1020560.jpg
例えば青いドームのベーシックツイーターを取り付けた場合に2・5μという値のコンデンサーを使ってツイーターのレンジを決めていますが、実は±5%の誤差が許されていますから下は2・37μから上は2・62μまでは普通OKという事になります。(運が悪いと右と左で10%近く差が出る事もあります)

ところがサウンドピュアディオでは青いドームのツイーターの音が最も綺麗に聞こえる2・46~2・49μのコンデンサーだけという極狭い範囲の値の物を選別して使っています。(徐々に選別レベルを上げて2008年9月に今のレベルに到達)
P1020561.jpg
これだけのコンデンサーがあってもベーシックパッケージに使う事が出来る部品は数えるしかありません。

そして本の一握りのコンデンサーの中から更に右と左で同じ値になる様にペアリングして行きます。
P1020562.jpg
純正スピーカーにツイーターとネットワークをプラスするだけでとんでもなく音が良くなるという常識はずれの製品は、こういった『美味しい所をほんの一つまみ』しているからこそ実現出来るのです!


それと残ったコンデンサーで訳あり商品を作れば安く販売出来るかもしれませんが、そこが食べ物とオーディオの違いで、スピーカーを本当に気持ち良く鳴らしてくれる部品はほんの一握りです。

それでは選別ではじかれたコンデンサーはどうなるのでしょうか?

それは皆さんのご想像にお任せします。


今は不景気で規格外の安い訳あり商品がブームという時代ですが、入門者用のモデルでここまでやっている事は是非『逆の訳あり商品』として皆さんに知って頂きたかったので、あえてかなり核心に触れる様な所まで見せてしまいました。

【2010/03/04 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
スターウォーズみたいな
昨日の午後から福岡店に来ている井川です。

この最近は宇部・福岡間を週に2往復はしている様な気がしますが、福岡店のお客さんからは「来る度にどこか微妙にレイアウトが変っている。」と言われています。

そんな福岡店の入口をガイド本で見たお洒落なお店風なエッセンスをプラスしました。
2010.3.4 002
あー、残念ながら実際に目で見るより写真に写すとあまり映えません。

近くに寄って撮影するとこんな感じです。
2010.3.4 001
現物を見られたお客さんからは「まるでスターウォーズのライトセイバーみたいですね。」と言われています。


基本的にサウンドピュアディオのお店はカー用の装飾LEDを展示して販売する事はありませんが、これはカー用の展示ではなくてれっきとした店舗用のLEDを使用しています。


そういえば札幌店には井川作の通称『カラービーム』なるものが夜は外に向かって光っていますが、電球のワット数が高くしすぎて店内まで光が入り『目に差す!』と不評です。(特に光物が嫌いな専務から)

野田君に店内側から見えない様に対策を頼んでいるのですが、今はどうなっているのでしょうか?
【2010/03/04 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
BMW3シリーズ
今まで紹介していなかったのですが、BMWの3シリーズや1シリーズにお乗りの方から「そちらのベーシックパッケージを購入するかイースさんのBMW用キットを付けるか迷っているんです。」という問い合わせを多く頂いています。
P1020553.jpg
ところが「実はイースさんのキットとベーシックパッケージはドッキング出来て、それぞれのセットで重なっている部分は省いたセット価格になるので意外と美味しいとこ取りになるんですよ。」と答えるとほぼイースキット+ベーシックのセット内容でお買い上げ頂いています。

イースコーポレーションさんのキットにはフロントドア用スピーカーの交換と・・
P1020556.jpg
シート下の床に埋め込まれているウーハーの合計4個のスピーカーがセットになっています。
P1020555.jpg
それで2way構造になっている所にベーシックパッケージのツイーター+ピュアコンのセットを追加して3wayとなり音の調整も専用にきめ細かく行っており、皆さんがビックリする様なクリアーなサウンドになります。

最初は「イースさんのも良さそうだし、ピュアディオさんのベーシックも魅力的だし・・」と悩んでいるお客さんがおられたので、「それなら2つを合体したセットを作ります!」とオーダーメード的に作ったのが始まりで『鬼に金棒』的な商品が実現しました。

それがインターネットで口コミ的に広がりって、今でもピュアディオの価格表には載せていませんが隠れた人気商品になっています。


すでにイースさんのキットを取り付けられておられる方にもベーシックパッケージ部分の追加が可能です。


サウンドピュアディオの人気商品はお店側から提案した物よりもお客さんの方から「こんなの出来ませんか?」という要望に応えた物の方が多い様な気がします。
【2010/03/03 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
火曜日のピュアディオは定休日ですが
この最近の火曜日は宇部店からブログを書き込んでいる事が多い様な気がします。

そんな火曜日の宇部店の上空はこんな感じです。
P1020544.jpg
曇りなのですが、少し分かりにくいのでもう一枚別な角度からパチリと。
P1020545.jpg
はっきりと曇りだと分かる雲が浮かんでいます。

目の前の田んぼが写っていますが、1999年にここに引っ越して来た時は今写っているカタヤマタイヤ・エネオス・デオデオ新社屋・タマホームなど全て建っておらず、電話で場所の問い合わせがあったら、「宇部のゆめタウンの前まで来たら黄色い建物が見えます。」と答えていたのが今ではあれこれ出来すぎてエネオスのガソリンスタンドの角を曲がらないと見えない状態です。


そんな事を書き込んでいる宇部店の中をあちこち探して何かネタは無いものか?と探していたらこんな物が目に入りました。
P1020546.jpg
普通のドライバーですが、工具を探す時間を短縮するためにゲイン調整の時にピタッと合う機種がドライバーに記入してあります。
これで合わないから他のドライバーを探すという無駄を防いでいます。

他に探していたらもうこのブログをご覧の皆さんにはおなじみのオーディオテクニカ製のハイローコンバーターをチューニングした物が目に入りました。
P1020539.jpg
こちらは4ch用のボディーを使って2chにして、余ったスペースを有効に使って音質を上げているために4つあるゲイン調整の部分の2つを塞いでいます。

こちらはホームページのピュアディオブランドの所に掲載していませんが、17500円プラス税で販売していて、かなりの人気商品です。

そしてその横を見たら某メーカーのハイローコンバーター内蔵プロセッサーがあります。
P1020543.jpg
元々お客さんが他店で購入されていた物をピュアディオチューンのハイローコンバーターと聴き比べのデモをした結果下取りになって、現在は比較試聴のサンプルとして使われています。

セブンイレブンのCEOの鈴木敏文さんの著書『本当のようなウソを見抜く』ではありませんが、意外と大手のメーカーさんが見逃している盲点があって、そこを見抜けばコストを抑えていい結果を出す事が出来ます。

本当は業界の常識というのが足かせになっていて、「見方をちょっと変えればもっと演奏者本来の音に近づくのでは?」と自分はいつも思っています。


ここで最近あった一般のお客さんは知らない裏話をご紹介します。

他店ではパッシブネットワークをドアの中に入れて作業時間を短縮して工賃を安くしているみたいですが、それにはこんな弊害があります。
P1020549.jpg
測定器上に179・0μと表示されているコイルがあります。

それを鉄のラックに近づけたら・・
P1020550.jpg
なんと190・5μに数字が跳ね上がりました!

なんとプラス11・5μになっていて、ドア内の鉄の柱にネットワークを取り付けるとこれ以上に上昇する可能性があります。

ちなみにピュアディオではベーシックパッケージでは1μ刻みでコイルの値を調整していて、ZSP-MIDでは0・5μ刻みでコイルをはめ変えて音を調整しています。

昨日福岡店でお客さんの前で0・5μコイルの値を変えて調整して「これでコイル6分の1周の差の0・5μ上げました。」と説明したら「たったそれだけの差でも随分音のイメージが変わるんですね!」と驚いておられました。

その話からすればパッシブネットワークをドアの中の鉄板に取り付けるという事がいかに物事の原理・原則を無視した取付という事が分かるでしょう。


そういえば少し前にワタミのCEOの渡邊美樹さんが「安いが全てだとカルチャーが無くなる。」とテレビで話されていました。

確かに手間やコストを抑えてお客さんにリーズナブルに商品を提供するのが親切なお店で、上に書いてあるドライバーの印などは時間短縮で無駄なコストをカットするという例です。

しかしちょっと物事を見誤ると本末転倒な結果を招きお客さんのデメリットにもなります。

その渡邊さんの話を聞いて「どうにかうちの良さというかピュアディオはここが違うというのを表現出来ないものか!」と思っていたのですが、他店のドア内のネットワークを見た時に「これだ!」と思い測定器を当てて鉄を近づけたらこのような結果が出ました。

そんな取り付けでも高音や低音の量は増えて音が良くなった様に感じる人もいるかも知れません。

確かに安い事も大事ですが、細かい音の表現が無くなりアーティストが意図した音が表現出来ないという事になると「安いが全てだとカルチャーが無くなる。」という渡邊さんの言葉どおりになってしまうのではないでしょうか。
【2010/03/02 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
ダイハツ・コルティオ
今日は昼前に福岡店を出てJR福工大前駅から電車に乗って、一度JR千早駅で降りました。

降りてすぐに「この駅ってこんなに利用客が多かったっけ?」という様な人の多さでした。
P1020538.jpg
それもそのはず、現在ダイハツ・コルティオをやっているのでした。

1月の末の時点で空き地に建築資材が置いてある状態だったので「本当に間に合うのかな?」と思っていたのですが、大きなテントで中が空洞だからでしょう、あっという間に立ちました。


コルティオをやっている千早は自分が福岡で住んでいる香椎の隣なので歩いても行けるぐらいの距離です。

そんな香椎の景色をちょっとご紹介します。

下の写真は国道から香椎宮に向かって走って線路の向こうの鳥居の写真です。
P1020537.jpg
鳥居の間を道路が走っていますが、この距離で見ると初めて見る人はすぐにビックリするでしょう。
P1020536.jpg
こんなに鳥居の足が道路にはみ出しています。

軽自動車同士ならまだしも、横幅3ナンバーの車同士なら交互に行かないとミラーがぶつかるか、それとも鳥居にぶつかるかのどちらかになります。

よそから来た人には名所(迷所?)です。


次には香椎で見つけた名車(迷車?)をご紹介します。

最初見た時はどこかの会社の営業車かな?と思ったのですが、会社名にしては少し変です。
P1020535.jpg
ウルトラセブンの中に出て来ていた『ポインター号』のボディーにのんな文字が入っていませんでしたっけ?

今書いている途中で調べたらポインター号はPO1でした。

えっ!それって事はカロッツェリアのP01はポインター号を知っている世代にサブリミナル効果みたいなものを狙って付けたのでしょうか?(それは考えすぎか・・)


今日は雨の中とりとめのない事をだらだら書いていますが、最初に書くのを忘れていましたが、現在は宇部店から書き込んでいます。
【2010/03/01 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
今日の福岡は雨
今朝の福岡店の前はこんな感じで、雨が降っています。
2010.3.1 001
9時ぐらいには雷が鳴っていましたが、今は小降りになってもうじき止みそうな気配です。


昨夜は香椎駅とか香椎宮の辺りを散歩していたのですが、香椎宮の近くのCD屋さんで買い物をしました。
2010.3.1 002
ポイントが2000円分貯まっていたので、1000円ちょっと出してMISIAさんの『JUST BALLADE』を買いました。

現在調整用CDとして活躍しているのでそれなりの枚数が必要なので昨夜買い増ししました。


そして「せっかく来たのだからもう一枚何か・・」と探していたら、CD屋さんなのに明治のチェルシーみたいな柄が目に入りました。
2010.3.1 003
ELTこと『エブリ・リトル・シング』の4枚組みコンプリートベストで、「これは買うしかない!」と衝動買いしました。

4枚組みで4300円とはお買い得ですが、値段以上に自分の聴きたかった曲が全て入っているという所が魅力で、何だか徳をした気分です。


話は変って今朝は福岡店で約束しているお客さんの来店を待って、その後に某未発表の製品のデモをした後に車を置いて新幹線に乗って厚狭駅まで帰ります。

新幹線厚狭駅の周りは本当に何も無いという感じで、駅から見える所に山陽小野田文化会館というホールがあります。

2007年のここでサウンドピュアディオのユーザーさんを集めた上妻宏光さんのコンサートを行ったのですが、昨年は何のコンサートらしき事を行っていません。

厚狭駅で新幹線を降りる度に「またコンサートをやりたいな。」と思っています。

【2010/03/01 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。