PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
オデッセイ ベーシックパッケージ
今日は午前中は宇部店にいたのですが、12時に出発して福岡店に向かいました。

福岡店にはホンダ・オデッセイのべーシックパッケージを取り付けた車が出来あがっていたので音の確認に行きました。
P1020428.jpg
ベーシックパッケージにはマニュアル本があって、そのマニュアル通りに組み合わせていけばピークポイントを出す事が出来るのですが、同じ形をした車でも年式によってはスピーカーの特性が微妙に変わっていたり、デッキの内蔵アンプの特性が違っていたりする事もあるので、今まで作業した車とマイナーなどで年式があっていない場合は確認を行っています。
P1020427.jpg
そして福岡に着いたら今装着しているパーツがピークポイントになっているか耳で確認して、後はデッキのバス・トレブル・フェダーの調整を行いました。

当然調整に使うCDは自分が直接お会いして目の前の空気を震わせて自分の鼓膜に直接届いたアーティストさんの音が入ったものです。
P1020430.jpg
意外と知られていないのですが、ベーシックパッケージを取り付けた後にはバス・トレブル・フェダーの適正値を設定して納車しています。

この適正値は一番生の音に近く聞こえるポイントです。

そしてベストな値が見つかったら次に同じ年式が入った時のためにマニュアルに記入して全店に情報を送り、各店はそれをファイルしてそれを見ながら作業します。

純正スピーカーにツイーターとネットワークをプラスしただけのパッケージと思われがちですが、かなりチューニングには力が入っています。


今回取り付けられた方は喜んでおられたそうですが、完成してお客さんが車を取りに来られる前に自分は宇部店に向けて出発しました。

お客さんが来られるのを待ってご挨拶して福岡店を後にするというのが普通ですが、宇部店には夕方納車の車が待っているので、調整が終わったらすぐに出発しないといけませんでした。

先ほど宇部店のお預かりの車は全て出庫したのですが、ばたばたしていて写真撮影を忘れていました。


結局今日はETC1000円で流れの悪い高速道路を使って宇部~福岡間を往復しました。


最後に今日の帰りのBGMです。
P1020431.jpg
ばたばたしていていつものCDを積み忘れてしまったので、車内を探していたらジェイク島袋さんの2008年のアルバム『YEAH.』がありました。

ウクレレの演奏なので「あまりウーハーを鳴らすような低音は無いのでは?」と思っていたら7曲目と8曲目にけっこうベースが効いている曲が入っていてビックリしました。

ウクレレの音を爽やかに聴いていたら、いきなりズシンと来ます!
【2010/01/31 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今日はスバル・ステラ
昨日の午後に福岡店から宇部店に移動して、今日は宇部店からの書き込みです。


このブログではEKスポーツがよく取り上げられていますが、今日はスバル・ステラのご紹介です。
P1020413.jpg
こちらの青いステラは広島県からのお客さんで、今回はナビゲーションとベーシックパッケージの取り付けを行いました。

そして駐車場にはうちの代車のステラが止まっています。
P1020420.jpg
という事は、ステラの代車がステラという訳ではなかったのですね・・


その代車の方のステラはアウターバッフルを作ってあります。
P1020426.jpg
ツーイーターはダッシュボードの上にJBL製の物を特製スタンドで付けています。
P1020425.jpg
P1020424.jpg
そして2枚目はお客さんのベーシックパッケージを装着したステラの写真です。

上と下で同じツイータースタンドを使いながらも取り付け位置が数センチ違うのがお分かり頂けますでしょうか。

実はピュアディオのツイータースタンドは簡単に取り付けられて手抜きっぽく見られがちですが、ドアの装着状態やネットワーク回路の簡素か複雑かなどに合わせてベストな位置に変更が出来るのです。

ベーシックはベーシックでベストな位置に取り付けて、もしその後でアウターに変更になったら取付位置をずらしてアウターでベストな位置を選びます。

しかもピラー加工した時と違って実際に音を鳴らしながらベストな位置を選べるので、超ハイクオリティーな音質を実現出来ます。

そこがピラー取り付けを普通やらない理由ですが、数センチ動かしながら距離や角度を調整する時は実際に生の声を聴いた事のあるアーティストさんのCDを聴きながら合わせていますからそれなりの根拠はあります。


一般的な店ではピラーに取り付けて「角度はバッチリです!」と言っている所があるみたいですが、「そのバッチリの根拠は何?」と一度つっこみを入れてみたいです。

【2010/01/30 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
グルーブって何?
今日は矢野沙織さんのCDを聴いていて目まいがしました。

沙織さんのCDのジャケット写真は毎回イメージが変わっていて、前回とは同じ人物と思えないぐらいのイメージチェンジです。
P1020416.jpg
その美しさゆえの目まい・・ と言いたいところですが、少し違います。
P1020418.jpg
こちらは左がジャケットの裏の写真と、右が初回特典のコースターです。


そろそろ本題に入りますが、目まいの理由はグルーブについて真剣に考えながらこのCDを聴いていたら目まいがして来たのです。

今回の『BeBop at the SAVOY』は最新録音のCDながら50年代のモダンジャズの原点・ビバップの雰意気が味わえるアルバムです。

このアルバムは独特のグルーブ感が良く出ているのですが、矢野沙織さんの録音はメンバー全員が同じ部屋に集まって「せーのー!」でスタートして録音する場合と、楽器1つ1つを際立たせるためにそれぞれの個室に入ってマイクに他の音が混じらない様にして、インターホンみたいなものでスタートを指示して録音する方法の2つがあるそうです。

つまり楽器1つ1つの音を重視するのか、それとも全体のグルーブ感を重視するかで今までのCDだとその違いが聞き分けが出来ていました。

というか、実際には「今回のアルバムの録音はこんな感じで・・」と前もって情報が入った上で答えを知って聴くと「だからそうなのか。」と納得出来るのですが、今回は自分の耳だけでどちらか聞き分けようと頑張ってみました。

でもどちらか判断出来ないんです。

1曲目の『ザ・キッカー』を聞いた時は「せーのー!」で同じ部屋で録音したのかな?と思ったものの、曲が進むにつれて「個室で録ったのかな?」とも思えてきました。

本当の所はいつか本人にお会いした時か、事務所の社長さんにお会いした時に聞いてみたいと思っています。

そのぐらいグルーブ感と楽器の際立ち感のバランスが良いという事で、最新録音と昔ながらの録音のいい所を合わせ持ったアルバムです。



もう一枚グルーブ感を感じるディスクをご紹介します。
P1020419.jpg
こちらは皆さんご存知のマイケル・ジャクソンの『THISI IS IT』のDVDです。

このDVDは元々マイケルが亡くなるとは思っていなくて、ツアーの裏舞台を紹介するための音と映像だったために普通のライブDVDに比べたら少し迫力に欠けます。

しかしボリュームを2~3割上げめにして聴けば中高音の押し出し感は少し無いものの独特のグルーブ感を感じます。

『THIS IS IT』のCDの中にもジャクソン5時代の古い音源が録音されていて、新しい録音の曲に比べたら押し出し感はありませんが、逆に後の曲に無いグルーブ感があります。

グルーブ感とは曲を聴いている時に自然とうねりみたいなものを心と体で感じる事ではないかな?とふと思いました。


そしてこのDVDの中でマイケルの「もっとビートを効かして!」とか「怒ってるんじゃないんだ。これは愛なんだ!」という言葉が印象に残っています。

やはり完璧なものを求めるとスタッフに言葉が厳しくなりますが、自分も完璧なものを目指して社員にきつく言う事がありますが、「怒ってるんじゃないんだ。これは愛なんだ。とこれから社員に言おう。」と専務に言ったら、「あなたが言ったらどう見ても怒ってる様にしか見えないでしょう。」と言い返されてしまいました。

あの言葉はマイケルが言うから絵になるのでしょう。


追伸  ここまでCDやDVDを真剣に聴いているという事は新製品の開発も大詰めになってきているという事か?
【2010/01/29 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今朝はオリアンティー
今朝テレビを付けたらフジ系の『めざましテレビ』に女性ギタリストのオリアンティーが出演していました。

映画館でマイケルジャクソンの『THIS IS IT』を見たときに、ちらっと映っていて「何だか気になる。」と思っていたのですが、今朝アップでしっかりと見てみたら意外と鼻が高かったんですね!


そんな事を思いながら朝の支度をしていたらあっという間に『とくダネ』の時間になって、そういえば以前小倉さんがやたらヒル・クライムの事を褒めていて、その影響でアルバム『リサイタル』を買いました。

このリサイタルは開演前の女性のアナウンスが最初に入っているのですが、その声が普通コンサートホールで聞くよりもかなりリアルに聞こえます。

実際に会場で聞くともっと残響があって、さらに周りのざわざわ音が混じってあんなクリアーな音ではありません。


ちなみに開演前のあのアナウンスは『影アナ』と呼ばれているそうです。


タイトルはオリアンティーですが、こちらのジャケットはHilcrhymeの『リサイタル』です。
ヒル
影アナ含めて全13曲で、小倉さんも推薦するぐらいクオリティーの高い仕上がりになっています。
【2010/01/29 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
お客さんからの質問や希望に答えて
不定期にお客さんの質問に答えるコーナーを行っていましたが、久し振りのQ&Aは以前から多く頂いていた『何故ピュアディオ製品ははずれが無いのですか?』というご質問にお答えします。

実はピュアディオ製品にもはずれ商品はありました。

しかし店頭に並ぶ前の開発段階で企画そのものがぽしゃって表に出ていないだけです。

このぽしゃった製品の中で一番の名作がユニコーンMIDという前側のセンターコーンの部分が角になっているスピーカーで、角が固定型とコーンにくっついて動くタイプの2通りをZSP-MIDの後継として試作しましたが日の目を見ませんでした。

更にセンターコーンに角があるユニコーンウーハーも同時進行していて、同じく企画がぽしゃりました。

画像はお見せ出来ませんがデザインは素晴らしい出来で、ユニコーンシリーズで3WAYという予定でした。

失敗の要因はたまに店頭で自分が話していて、この話を聞かれた方も多いと思います。


以前はユーザーミーティングとかを行っていて、20~30人のお客さんに会場に集まってもらって、試作品の最終段階の物とかを公開してユーザーさんに装着テストなどを行っていました。

ユーザーミーティングでは「こんな商品が欲しいというのがありましたらご要望を出してください。 採算が合って発売可能な物があれば発売します!」と言っていました。

今はミーティングはやっていませんが、店頭でお客さんの希望があればお声を聞いて開発可能でなおかつ採算が合う見込みの物であれば発売します。


この最近お客さんからの要望で多かったのが、「ベーシック用にアメリカで508TWを専用ロットで生産したのなら508が数があるはずだからそれをピュアディオ705の頭に付けられないのですか?」という事です。
705 003
現在のピュアディオ705のトップはブルーのドームのベーシックツイーターですが、それを508TWに替えたら・・
705 001
サイズが小さかったので加工して入れましたが、でもネットワークの値が違うので・・ 何だか無理かな・・


しかし本日ネットワークのチューンも完成してピュアディオ705バージョンⅡの出来上がりです。

この前の足つぼマッサージの話ではありませんが、高音域を変えた事によってローエンドの感じも変わっています。

「じゃー早く705を買ったら損だったの?」と思われそうですが、なんと今までの705を買われた方用のバージョアップの設定も用意いたします。

結局ピュアディオ製品はこちらからの押し付けではなくて、お客さんからの「普通の店に売っていないこんな商品が欲しい!」という要望を製品化しているからはずれが無いのです。



他に昨年お客さんからのお話で多かったのが、「ビーウイズさんはビアンコ・フジという特別なバージョンを出されているのですが、ピュアディオのZSP-MIDにはそのようなバージョンは作らないのですか? あったら是非買いたいです!」というご要望です。

この件については・・ 今ブログではお答え出来ない状態です。


まるっきり音の目途が立っていないのか? それとも最終調整段階なのか? どちらでしょう?
【2010/01/28 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ホンダ・レジェンド BOSE仕様
今日は取付が完成したホンダ・レジェンドのイコライザー調整をしました。
P1020406.jpg
この車のドアスピーカーは元々2Ωで、サブウーハーは1Ωで設計されているので普通にオーディオを取り換えるとインピーダンス違いで音がよじれてしまうのですが、サウンドピュアディオは独自のインピーダンス変換技術でそこを見事にクリアーします。(通常のカースピーカーは4Ωの設定です)

ホンダさんはこの純正の音で最高と言われていますが、ピュアディオの手にかかれば擬似的な耳の錯覚を利用した音もアーティスト本来のストレートな音に変える事が出来ます。

P1020408.jpg
今回のレジェンドにはダッシュ上にJBL製508ツイーターとドアにはアウターバッフルをスラントで製作してZSP-MIDが装着して大幅に音質アップしました。(純正ツイーター位置は裏から蓋がしてあって使っていません)

デッキは特殊サイズで交換が出来ないのでそのまま使用して、ロックフォードの3SIXTYを装着してイコライジングしています。
P1020407.jpg
3SIXTYにはハイローコンバーターが内蔵されていて、純正のスピーカー出力を入力したら外部アンプが接続出来るのですが、今回は1ランク上の音を目指してオーディオテクニカ製ハイローコンバーターのピュアディオチューンの物を手前に取付かました。
P1020412.jpg
こちらは元々4チャンネル入出力のケースを2チャンネル分としか使っていないので、余ったチャンネルのスペースを使って大胆なチューニングをしています。

どうしてもコンパクトな中で納められていると一定以上の音質が望めないので2チャン化したのですが、ノーマルバージョンに比べてプラス10500円の価格設定なので2万円を切ってとても買いやすい価格になっています。


すでに3SIXTYなどをハイレベルインプットされておられる方も手前に入れれば回路の余裕分ほど音の広がりが出ますよ!
【2010/01/27 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今日は山口市に
今日は山口市の駅前通りにある『お食事処ちとせ』に食事兼仕事に行って来ました。

もうこのブログでは何度も登場しているお店なのでご存じの方も多いと思いますが、この前「お店の場所は分かったけど、どこに車を止めたらいいですか?」という質問を頂きました。

こちらのお店は駐車場がありませんので、どこかコインパーキングに止めて行かないといけません。

しかしオーナーの山下さんが言われるには「お昼の定食が500円からだから十分に駐車料金の100円を払っても元が取れます。」との事です。
P1020404.jpg
店の前にはお昼の定食500円ののぼりが立っています。

P1020400.jpg
こちらが昼のメニューの黒板です。

日曜がお休みで土曜日は営業していますが、500円ランチは月~金曜のメニューです。(土曜日は700円の土曜ランチがあるそうです)


そしてお店の紹介はこのぐらいにして、今日のお仕事はちとせさんで現在あるテレビ(札幌店にあるのと全く同じサイズ)を今週40インチに替えられるので、今のオーディオラックではテレビとピュアディオ705のスピーカーの両方が乗らないために別な天板を作って設置しました。
P1020399.jpg
これで40インチのテレビが乗っても大丈夫です!

ただ40インチのテレビはうちでは扱っていないので家電量販店から配達に来て、その後はテレビのラインアウトをチューナープリのTP-1200からパワーアンプのPA-50CEを通して最終的にピュアディオ705で鳴らしますので今日はテレビの音は705から出ませんでした。


現在は営業中はFM山口がBGMとして流れていて、お客さんからは「何だかこれ音がいいですね。」としょっちゅう言われるそうです。

これからはテレビがついている時もいい音で聴こえます。


そして山口市に海外から留学生で来ておられる学生さんからは『安くて・美味しくて・音の良いお店』というのがじわじわ口コミで広まって来ているという話です。

ちなみにオーナーの山下さんは過去に一流旅館の板前さんをされていた方なので、一流の味がリーズナブルな価格で楽しめるという感じで、車にはZSP-MIDなどのピュアディオ製品一式を付けられている本物志向の方です。


このブログをご覧の方で山口市周辺の方は是非この隠れた名店に足を運んでみて下さい。
【2010/01/26 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
カローラ・フィルダーのCMで
木村拓哉さん出演の「砂漠の商人はラクダを見ると出かけたくなる。」というカローラ・フィルダーのCMがありますが、自分もこれに似たような体験をしたのでお話します。


このブログでは何度も話題に上がっているDEENさんですが、2008年の武道館公演は自分は東京まで行ったのですが、昨年5月に日本武道館で行われた『DEEN at 武道館 2009』は仕事の都合で行けませんでした。

行けなかった分自宅でDVDで観たのですが・・
P1020392.jpg
なんと2008年の武道館公演とオープニングから全然違うじゃないですか!

あれよあれよという間に最後まで見てしまい、「東京公演行きたい!」と思って12月は『LIVE JOY』の東京公演に2回も行きました。

まさに「砂漠の商人はラクダを見ると出かけたくなる。」的な感じです。


その『LIVE JOY』の東京公演の武蔵村山市で行われたものに関してはファンの多くから「今までのLIVE・JOYの中で最高!」と言われるぐらいホールの響きと照明の映え、そしてファンとの一体感は素晴らしいものでした。

都心からかなり離れた場所で移動にかなり時間がかかったのですが、「無理してでも行って良かった!」と思うコンサートでした。

ただLIVE・JOYよりも武道館の方が大じかけなので、今年の武道館はかなり前から仕事の調整をしてぜひ行ってみたいです。



他に昨年12月の話と言えば12月13日に東京のスタジオでMISIAさんに初めてお会いする事が出来ました。

ちょうどアルバム『JUST BALLADE』が発売の3日前であちこちのFM局のプロモーションの収録をされていて、その時にサウンドピュアディオ・プレゼンツの番組も収録して頂きました。
P1020395.jpg
そして年が明けて1月8・9日には福岡市のサンパレスで『星空のライブ JUST BALLADE』の公演が行われて、自分は8日の初日に行きました。

こちらは福岡で育ったMISIAさんが初めて『星空のライブ』の公演を行うとあってかなり力の入ったステージでした。

あまりの歌唱力というか声量で、一瞬自分の席と向きと仰角がピタッと合った時はPAの音よりも本人の声の方がはっきりと聴こえる時もありました。

その時に『約束の翼』を聴いて突然「僕の彼女はサイボーグのDVDが見たい。」と思いました。
P1020393.jpg
『約束の翼』は映画のCMでテレビやラジオで放送されていて、自分は2008年にシングルを買って車の中で何度も聴いていました。

しかしなぜか映画館には行っていなくて『僕の彼女はサイボーグ』は見ていませんでした。

結局『星空のライブ』がきっかけでDVDを買って見たのですが、「砂漠の商人は・・」的な感じで、DVDを見て公演に行きたくなったバージョンと、公演に行ってDVDを見たくなった逆のバージョンでした。


それと『僕の彼女はサイボーグ』は「こうじゃないかな?」と思っていた終わり方から二転三転して、「そんな訳ないだろう!」と突っ込みを入れたくなる様なストーリーです。

まだ見ておられない方はぜひ一度ご覧下さい。


ちなみにこちらは自分がベッドサイドに置いて寝る前にDVDを見ている時に使っているピュアディオ705型スピーカーです。
P1020396.jpg
オンキョーのDVDが再生出来るミニコンポと組み合わせています。

メインではなくてサブ機として使っていますが、94500円という価格ながらネットワークを手作業で組み替えているために某メーカーの13万8千円~17万円のスピーカーをターゲットにしていて、その17万円のスピーカーを分解してみたらピュアディオ705のネットワークの方が倍以上複雑な回路だったのでビックリしました。

そのぐらいピュアディオ705は優れたスピーカーだとご想像下さい。

あっ!そういえばこのスピーカーは最初は販売するつもりではなくて、自分の子供の部屋のミニコンポの音が悪いからワンオフで作ったのが始まりでした。

出来が良かったので「これいいでしょ。」とお客さんに見せびらかしていたら、「自分にも作って下さいよ。」という話になっていつの間にかレギュラーの人気商品になっていました。

売る気が無くて子供の為に無心に作ったというのがヒットの理由でしょうか?
【2010/01/25 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
まゆつばの意味
よく怪しい情報の事を『まゆつば』と言いますが、この言葉の語源は眉に唾を付けて狐や狸にだまされない様にするという所から来ているそうです。

オーディオとは全く関係ない話題ですが、この最近まゆつば的な面白い噂話が2つあったのでご紹介します。


1つ目は今マスコミを騒がせている小沢さん問題ですが、この事で『20世紀少年・第二章 ともだち説』というのがあるんです。

それは小沢さんは今ピンチで追い込まれているけど、実はわざとピンチに追い込まれるように自分で仕組んで、それで後で大逆転があって20世紀少年の『ともだち』みたいに神化して絶対権力を握るという噂話です。

この情報はかなりまゆつばものです。

まー、もう少しで結論は出そうですけど。



そして2つ目はブリジストンのF1からのタイヤ供給撤退についてですが、トヨタもF1から撤退するぐらい世界的に景気が後退しているからと言われていますが、自分が聞いたまゆつば情報によると鳩山総理のお母さんがブリジストンの創業家の石橋家の出身で、数億円という例の政治資金というかお小遣いがブリジストン創業家一族から出ているのではないかという事だそうです。

ここまでは普通の噂話ですが、ここからがまゆつば情報で、ブリジストンタイヤの販売店から「そんなに政治家に金が渡るぐらい余っているのならもっと販売奨励金を出せ!」とあちこちで話が出て揉めて、仕方なくF1から撤退したという話があります。

この噂はF1撤退表明の時期と鳩山問題の時期が・・ ちょっとどうかな?と自分も思っています。

本当に世の中変な情報が流れています。


するとピュアディオの『デッキの銅メッキを剥がしたら音が良くなった!』という情報は普通に評論家の先生の話を信じている人からしたら完全にまゆつば的な情報なのでしょうか?
【2010/01/24 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
なぞなぞではありませんが
突然ですがこの写真をご覧下さい!

昨年末に上妻宏光さんのファンクラブの会員にプレゼントされた10周年記念ペントレーです。

自分は仕事で上妻さんとお付き合い出来る前からのファンで、ファンクラブにも入っていますから普通に会員として頂きました。
P1020388.jpg
2001年にアルバム『AGATSUMA』でデビューされてもう10年になるんですね。

その記念ペントレーですが、自分はペン置きとしてではなくて製作室で阪口君とパーツの受け渡しに使っています。(ものすごく使いやすいので)

でもペントレーをよく見ると上妻さんがゴールドの音を振りまいている様に見えます。

実は正体はこれです!
P1020389.jpg
ギボシ端子のコードを挟む部分をニッパーでカットして間に隙間が出来ない様にフィットさせるために出来た金属片の集まりでした。

時間が余分にかかりますが、端子の金属とコードの金属の間にわずかな隙間も作らない様にして少しでも音質をアップさせる努力をしています。

こういう小さい事を積み重ねると最終的に大きな音の差になるんです。



まるでなぞなぞみたいですが、調子に乗ってもう一つ画像を掲載します。

以前にもう見られた方があるかも知れませんが、手前はきれいに並べてみました。
P1020387.jpg
ハイローコンバーターをチューンする時に中から取り出すトランスの大軍です。

かなりの数をチューンしているのですぐにトランスがたまってしまいます。
P1020390.jpg
写真右上がオーディオテクニカ製のハイローコンバーターですが、左側の某メーカーのハイローコンバーター内蔵のプロセッサーと聴き比べをしています。

価格差は数倍高い物との聴き比べですが、価格が安いにも関わらずピュアディオチューンのハイローコンバータの方が回りくどくないストレートないい音がしています。

プロセッサー付きの方が優れているはずなのですが、ハイロー変換している部分がピュアディオ製の方が圧倒的に有利です。

という事はピュアディオチューンのコンバーターを使った後に別なプロセッサーを使うというのが一番音が良くなるのではないでしょうか。
【2010/01/24 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
怪しいコイル
今朝携帯を見てみたらニュースの所で「エンタの神様打ち切り!」というタイトルが載っていました。

けっこう好きで見ていたので、ブログを書き込んだ後で確認します。


そのエンタの神様の中でデッカちゃんという『気づいちゃった、気づいちゃった、わーい!わい!』という決まり文句で太鼓をたたきながら登場する芸人がいました。

そのデッカちゃんではありませんが、お客さんで普通では気づかない所に気づいた方がおられます。

それはサウンドピュアディオのコイルが怪しいという事なんです。(外見が怪しいという意味ではありません)
P1020380.jpg
上の写真の様にピュアディオではコイルの巻き数を二分の一周とか三分の一周まで細かく巻き替えてストックしていると何度もブログで書いていますが、その巻き方が怪しいと言われるのです。

それは写真で見るとどう見ても全て横にコイル電線が出ていて・・
P1020381.jpg
普通は二分の一周とか三分の一周でほどいて行くと上の写真の様になるのではないかという事です。

確かに不思議です? 本当はどこか手を抜いているのでしょうか?

ベストハウス123ではありませんが、答えはこれです!
P1020382.jpg
外周と内周では1周ほどいた時の銅線の距離が違いますから、内周と外周を少しづつほどいて行ってすべての値がピットで作業しやすい様にそれなりの時間をかけて180度横を向かせているんです。

ただし内周は1周以内しかほどけませんから微妙な恋の駆け引きみたいな事をコイルを相手にしています。

この事に気づかれたお客さんの観察力には頭が下がります。

また気付かれたお客さんは内外周の駆け引きをして細かく設定している事に驚かれていました。


ちなみに一般的なボビンに巻いて行くタイプのコイルだと外周からちょっきり一周しかほどけないので微調整が効きません。
P1020383.jpg
ピュアディオみたいに内外周をほどいて銅線の距離を調整していると型崩れしてはいけないので外からインシュロックで固めて行きます。
P1020384.jpg
インシュロックの材質の固さや締め付けトルクでも音の解像度が変わるから音の世界は不思議なものです。

これを手作業でむらなく仕上げて巻き数に応じて数字で管理してストックして、必要な時に必要な値がすぐ使える様にしています。


ここで何のためにこんなに細かく巻き数を調整するかを御説明をします。

よくこのブログでも登場するムーブ・カスタムのドアですが、スピーカの位置がタントと数センチ違います。
P1020386.jpg
その数センチの下のタントはベーシックのコイルの巻き数が三分の一周ほど少なくしてあります。

わずか三分の一周ですが、音の一番いいピークが微妙に違いがあり、そのピークの一番真ん中で設計しているのがベーシックパッケージです。

上の写真のドリンクホルダーの位置にミラ・カスタムやミラ・ココアのドアスピーカーが付いていますが、ドア下スピーカーはクロスポイントの発想が全く違うためにムーブ&タントが約150周巻いているとすればミラシリーズは50周ぐらいの巻き数になります。

つまり適正なクロスポイントの周波数や深さが変ってきて、グループが全く違うのです。

だからドア下用に設計されている一般的なトレードインスピーカーをマウントが合うからとムーブやタントに取り付けると音はとりあえず出ているのですが、同じ周波数が重なって打ち消しあって『薄い音』になってしまい、たとえイコライザーで補正しても本当の演奏の音から外れてしまうのです。


このコイルの巻き数を変えてクロスポイントの適正化という『車種別専用設計』がサウンドピュアディオの強みです!



追伸  ちなみにZSP-MID専用のZMTLは6分の1周まで細かく刻んでストックしています。
【2010/01/23 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日は宇部~福岡間を
今は昼の2時半ですが、すでに宇部店を出て福岡店に行って、再び宇部店に帰ってから書き込んでいます。

朝宇部店を出る時にこんな車が止まっていました。 
P1020362.jpg
うちのガンメタのEKスポーツを代車に出して入庫しているガンメタのEKスポーツです??

あれ?この前もガンメタのEKスポーツが入っていましたが、この車は前とは全く別の車です。

このガンメタの色は普通のEKワゴンには設定が無い『EKスポーツ専用色』だから人気があるのでしょう。

何となくいつも代車が店から出ていない様に見えますが、実は見えない所で2回車が入れ替わっています。


前置きはこのぐらいにして、今日福岡店に向かうために関門海峡を渡っていたら・・
P1020374.jpg
ブリジストンのトラックが横を走っていました。

1台の大型トラックにタイヤを1本積みで、どれだけ重いのでしょうか?

以前この手のタイヤは1本数百万円するという話を聞いた様な・・

あっ!ナンバーが写ってしまったけど、会社の車だから個人情報にならないから消さなくてもいいですよね。


そんな関門海峡から約50分走ったら福岡店に着きました。

福岡店では某高級車のプレミアムサウンド付きの車が作業に入ります。
P1020377.jpg
ツイーターの取付位置がミラーの後ろにかっこよく付いているのですが、どうも指向性の一番美味しい所からそれて聴いているので音がいま一つです。

これからダッシュ上にスタンドを作ってツイーターを取り付けます。


福岡店からは代車のラクティスを宇部店に持って帰ったのですが、やはりスタンドを使って指向性の一番美味しい所で聴いているので、純正ミッド+ツイータ+ピュアコンのベーシックパッケージでも回りくどくないストレートなボーカルが楽しめます。
P1020376.jpg
何だかんだと前置きが長くなりましたが、結局はまた宇部店の代車が足りなくなったので福岡店に取りに行ったのでした。
【2010/01/22 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
足つぼマッサージ
この最近自分は足つぼマッサージなるものにはまっています。

不思議な事に足の裏のつぼを刺激すると胃もたれや肩こりが治ります。

自分の足の裏を押さえている人が、「お客さん、○○が疲れていますね?」と聞かれると、「えっ!何で分かるんですか?」と驚いてしまいます。

しかしこれと似たようなやり取りを実は自分もお客さんとしていました。

それはお客さんから、「ベーシックパッケージって、何故ドアスピーカーはそのままでツイーターをプラスするだけで低音まで変わるのですか?」という質問を頂いているからです。
P1020364.jpg
確かにドアスピーカーは何もせず・・
P1020363.jpg
ダッシュボードにツイータープラスだとこんな感じです。


見た目には高音が増えたとしか思えないのにドアから出てくる低音のレスポンスが上がるので、自分が足つぼマッサージで「不思議だな?」と思った感覚と同じなのでしょう。

「本当にドアスピーカーは変えていないんですよね?」と何人もの方に聞かれました。


そこで種明かしをすると2つの理由があって、まず一つ目の理由は高音域がきれいに伸びる事によって低音の一番下から高音の一番上までの高低差が広がり、結果としてその高低差によって低音の聞こえ方が変わるという原理があります。

二番目の理由はインピーダンスと呼ばれるスピーカーの抵抗値が見えない所に隠れているピュアコンでコントロールされている、という理由です。
P1020368.jpg
実はピュアコンは「後から付けたツイーターの音しかコントロールしていないのでは?」と思っておられる方が多いのですが、実はそうではないんです。

純正の状態だとデッキと直結されているドアのミッドスピーカーもピュアコンを経由するとインピーダンス特性と周波数特性が変わります。

たとえばスピーカーのインピーダンスは普通4Ωと言われています。
P1020370.jpg
ある純正スピーカーのインピーダンスを計ってみたら800Hzで3・99Ωだからほぼ4Ωです。(真ん中の数字は無視して両端をご覧下さい)

P1020371.jpg
次に同じスピーカーを80Hzの信号を入れたら4・09Ωを指しているので、これもほぼ4Ωです。

P1020372.jpg
ところが80Hzの少し上の100Hzの信号を入れたら・・

なんと驚きの9・21Ωを示しています!


ピュアコンを使わずに普通にデッキからの音をスピーカーに直結すると4Ω前後の理想的に再生している周波数と、適正値の倍以上のそうでない周波数が混在して音を悪くしているのです。



これがベーシックパッケージを純正システムに加えるとツイーターから上質な音が出るのにプラスされて、純正スピーカーに行く音楽信号も一度ピュアコンを通ってコントロールされ、今までこもっていた純正ドアスピーカの音がはっきりと聞こえる様になるわけです!

しかもすべての車種に専用でチューンしたピュアコンを入れているわけですから、今までに無い新しいカテゴリーの製品です。


やはり売れている商品にはそれなりの理由があります。
【2010/01/21 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
20日13時からはKBCラジオ
19日の夕方はKBCラジオの方がピュアディオ福岡店に出張で番組の収録に来られました。
2010.1.19 001
録音機材もオープンリールから始まって、それからDAT(デジタル・オーディオ・テープ)の時代があって、現在ではプロ用の大型のメモリー録音機材になっていました。
2010.1.19 002

そして番組の収録後は店内デモカーのゴルフを試聴して頂きました。
2010.1.19 003
「立体的に音が浮かんで聞こえる。」と言われていましたが、ピュアディオでは一般的なタイムアライメントを使った方法ではなくて、自然な形で音を浮かび上がらせています。

デジタルで強制的に定位させるのではなく、録音した音色に近づける努力をしていると自然と音が浮かび上がって来るのです。


機材はデジタル化が進んでいますが、人の声や楽器の音は発せられた時はアナログですから、デジタルとアナログの絶妙な融合というのがいい音を作るコツです。


放送された内容は20日の13時15分ぐらいの放送ですから、聴ける地域におられる方は是非お聴き頂いて、リスナープレゼントにご応募下さい。

放送前なのでプレゼントの内容は言えませんが、かなりいい物です!
【2010/01/19 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
明日のKBCラジオは
今日は火曜日で定休日です。

昨日からずっと福岡にいますが、これからKBC九州朝日放送のラジオ番組の収録があります。

今日収録されたものは水曜日に放送する装なのですが、1週間先の水曜日かと思ったらどうも明日の放送みたいです。


自分が出演するのは12時から16時まで放送の『パオーン』という番組で、13時15分ぐらいからの『社長の椅子』というコーナーです。

どうやらこのコーナーでは出演する社長さんが何かプレゼントを用意して、それをリスナーに抽選でプレゼントという話も聞いているので、ぜひこのコーナーを聞いて応募すれば自分がセレクトした素晴らしい景品が当たるかもしれません。


KBCラジオはAM放送で、福岡県とその隣接した地域は受信出来ますので、聴ける地域におられる方は是非お聴き下さい。

【2010/01/19 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
東京事変 『能動的三分間』と格闘
昨年の12月2日に発売された椎名林檎さんがボーカルをされている東京事変の『能動的三分間』という曲がありますが、この最近この曲と格闘していました。
2010.1.16 002
というのもこのシングルCDは普通のシングルには入っているカラオケというかボーカルオフバージョンが入っていないんです。

この曲をうちの娘がある所で歌いたいらしく、その日までにカラオケを用意して欲しいと言うのです。

そこでカラオケのCDの無い所からカラオケの音源を入手するには、スナックに行ってお店のオーナーに頼んで通信カラオケの音源をラインから割って取ってポータブル機に録音する方法と、ボーカルの入っているCDをイコライジングと位相操作を繰り返してオフボーカルにしてしまうという2つの方法があります。

結局スナックに頼むと後で高く付きそうなので後者のイコライジングと位相操作を繰り返すという方法で椎名林檎さんのボーカルがほぼわからない様な音源を作りました。


何だか日曜日の14時から放送のサンデーソングブックの山下達郎さんにでもなった気分です。

製作室で坂口君に「これ普通のCDからボーカルを抜いたんよ。凄いじゃろー。」と披露しました。


昨日の夜娘にMDに録音して渡したら「男性コーラスの音は消えんと。」と薄情な一言に「椎名林檎の声を抜くので精一杯だからコーラスまでは無理。」と自分は答えました。

ただ演奏が妙に元気が無いのでそこはこれからあの手この手でステージで聴けるレベルにして行きます。

これも日曜日の山下達郎さんのサンデーソングブックを耳をダンボの様にして聴いているから出来る技です。

それでも達郎さんの自宅スタジオみたいないい機材は無いので放送に乗せられるレベルではありませんが・・



追伸  昨日の夕方から福岡店に来ていますが、福岡店のお客さん用のお菓子の盛かたを変えました。
2010.1.16 001
夏場とは全く違う内容で、お子さんから年配の方までオールラウンドな年齢層に合わせた内容になっています。
【2010/01/18 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
1月20日 矢野沙織ニューアルバム発売
1月20日の水曜日はサウンドピュアディオが応援しているモンドラナミュージック所属のサックスプレイヤー・矢野沙織さんのニューアルバムが発売されます。

タイトルは『Bebop At The Savoy』で、今回で9枚目となります。

16歳でデビューして23歳で9枚目というと・・ デビューして7年ですから1年で2枚発売している年がありますね。


そんな矢野沙織さんのホームページはサウンドピュアディオのHPのトップ画面から入れますので、詳しい情報が知りたい方は是非御覧下さい。
【2010/01/18 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
代車の足りないピークも過ぎて
今年の新年は4日に開いて5日に定休日でと、開いて閉てを繰り返したために成人の日の3連休に仕事が集中しました。

そのため代車がギリギリで、先週は福岡から1台借りました。

そんな中先週の事ピットを見たら・・ 「なーんだ、代車がここに1台あるじゃないか。」と思ったらなんか少し様子が違います。
P1020352.jpg
下の写真のうちの代車のEKスポーツと違ってリアがスライドドアになっています。
P1020361.jpg
しかもお客さんのガンメタのEKスポーツの代車がうちのガンメタのEKスポーツが出ているわけですから、良く見ていないと同じ様な車が出て入ってとしていて、まるで代車が出ていない様に見えてしまいます。


そんなこんなでバタバタの宇部店でしたが金曜・土曜と先週末に出ていた代車が帰って来ています。

その宇部店の向いの美容室は先週建物を崩して、今度は重機が入って基礎工事をしています。
P1020353.jpg
これだけの重機を入れるという事は平屋ではなくてビルになるんでしょうね。
【2010/01/17 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今日はハイローコンバーター
昨日はDEH-P01の銅メッキレスの加工の写真を掲載しましたが、完成品の写真を掲載していなかったで今日載せます。
P1020357.jpg
以前福岡店が加工途中の写真を載せてしまいましたが、防錆処理と塗装処理したら完成品はこんな感じです。

アルパインのF1のデッキの蓋みたいな感じです。


さて本題に入りますが、今朝は代車が雪が融けた泥水で汚れていたので自分が裏で洗車していました。

他の人は作業が忙しいので「自分がやらないと!」と張り切っていたのですが、1台目が終わる頃に呼び出しがかかりました。

なんとピュアディオチューンのハイローコンバーターが売り切れたので大至急作って欲しいという事でした。

そこでノーマルのハイローコンバーターを箱から出してチューニングです。
P1020360.jpg

箱の中に入っているとあまり数がある様に見えませんが、箱から出して並べると・・
P1020359.jpg
けっこうな量です。

これを今から1台ずつチューンして行きますが、またすぐに売り切れてしまうのでしょうか?
【2010/01/16 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
2台のDEH-P01
今日は宇部店にいてカロッツェリアのDEH-P01の銅メッキレスの加工をしています。
P1020354.jpg
1台は上蓋を外して加工して、もう一台は比較試聴のためにノーマルのままにしています。

今のところ視聴した人は全てレス加工した方が音がいいと言われていて、成約率は100%です。


下の写真は途中まで自分がレス加工をしていて疲れたので阪口君に代わってもらい、それを横から写真撮影しています。
P1020355.jpg
これでは自分は水戸黄門みたいですね。

それは最初は「この年寄りに任せなさい。」と言っておきながら、いざとなると「助さん、格さん、やっておしまい!」の一言で人に任せてしまうので・・


あっ!そういえばなぜレス加工をすると音が良くなる(広がりが出る)のかというと、一般的に銅メッキ加工によって外部からの電磁波などのノイズ成分がデッキ部に飛び込まないから音質が上がると言われていますが、今の車はナビゲーションなどの電子機器を装着する事が当たり前で車が作られていますから昭和の終わりから平成の初期みたいな電磁波が出ている車はもうありません。

外部からの電磁波を跳ね返す銅メッキが逆に自分の中で発生した電磁波を閉じ込めてしまい、その影響で音が抑圧されて広がりが無くなるというのが自分の持論です。

ただ銅メッキ処理した方がゴールドで高級に見えるために『高級機=銅メッキ』というのが当たり前になってしまいました。


現行のDEH-P01に限らず、アンプレスのDEX-P01やP01�も音質アップします。

最初は「元々が銅メッキで設計されているから剥がすと音が悪くなるのでは・・」とも思っていたのですが、レス加工した方が本来のボーカルや楽器の音になっています。

自分が思うには最初にCDのメカを開発した時にメカ単体で設計して、その後で銅メッキシャーシーに入れ込んだからレス加工した方が音が良くなるのではないかと思っています。


今年はP01シリーズのレス加工は大ヒットするでしょう!

【2010/01/15 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
カーオーディオ専門店は敷居が高い??
今日のブログのサブタイトルは『ここが変だよ、日本のカーオーディオ専門店』です。


最初の話題は皆さんも良くご存じだと思いますが、カーオーディオ専門店の広告やホームページに『カーオーディオ専門店は敷居が高いと思っていませんか? ○○○はそんな事はありません。』みたいなキャッチコピーをよく見かけます。

実はこの『カーオーディオ専門店は敷居が高い』という言葉には大きな間違いが2つあります。


まず一つ目の間違いは敷居が高いという事は『マニア向けで自分の様な初心者が入ってもいいのだろうか?』という一般の人が思っているという『上に見られている』という思い違いというか勘違いで、本音は『寿司屋の時価みたいでいくら取られるか分からないから入る気になれない』というのが実際のところでしょう。

お客さんから「最初は専門店だから敷居が高くて・・」と言われたら、「本当は入りにくかったんでしょ。」と聞くと、「そうなんです。」とたいてい答えられます。

つまり本根は『入りにくかった』のが社交辞令で『敷居が高かった』と言葉を変えて言われているのをまともに受けとめて店のキャッチコピーにしてしまっているのです。


ここまではある程度の方は『本音と建前』という事で薄々気づいているとは思いますが、ここからが本題で『専門店が敷居が高い』というのは日本語として明らかにおかしな使い方なのです!

なぜなら本来の意味の『敷居が高い』は『不義理をしてその家に入りにくく、敷居を高く感じる』という言葉を略したのが語源と言われているので、敷居が高いのは高級だから入りにくいという使い方そのものが間違っているのです。

まだその店に入った事の無い人は不義理もしていないわけですから、明らかに変な日本語になっています。(笑い!)



他におかしなキャッチコピーと言えば昨年の秋ぐらいから新規のお客さんから「○○ー○×○は調整費永久無料と言っていますが、ピュアディオさんは永久無料にはしてくれないのですか?」という問い合わせが出てきました。

基本的にピュアディオはシステム購入から1年間のエージング期間は何回か定期点検をお客さんに呼びかけて音調整を行って、1年を過ぎても追加パーツを購入して頂いたらその都度調整をしています。

それでも自分なりに親切だと思っているのですが、調整費が一度買えば永久無料とは・・

新規のお客さんからは「ピュアディオさんは不親切ですね。」と言われたのですが、本当にきちんとした調整をしようと思ったら永久無料とは言えません。

あまりしつこく聞かれたので、「これって不当表示になるんじゃないですか? 不当表示を基準にされてそれに合わせろと言われても合わせる事は出来ません。」と答えました。

永久って期間は20年か50年か、それとも100年か? うーん、ちょっと分かりません。

つまり永久無料といううたい文句が永久に会社が続くという資源が確保されている保障が無くて、目先の売上のための『何でもあり』のキャッチコピーになっているのか、基本的に不当表示が何か分からずに商売をされているのでは?と自分は思います。


ちなみにホームページ等の不当表示に関する担当部署は今週公正取引委員会から消費者庁に移管されたそうです。

何でそんな事を知っているのか?

それはあまりにこの手の問い合わせが多いから不当表示かどうか実際に聞きに行きましたから。
【2010/01/14 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
秋川雅史 第4楽章
連日の様に福岡と宇部を行ったり来たりしていますが、月曜日の祝日は福岡にいてそのまま泊まる予定だったのですが、宇部店の代車が足りないというので夕方に福岡から宇部に車を運びました。

月曜日はそのまま宇部に泊って、火曜日の朝にブログを書いてから再び福岡に向かいました。

福岡には行きつけの整体屋さんがあってそこで体のメンテナンスをするのですが、それが終わったらすぐに福岡県の総合庁舎という役所に仕事の用事で行きました。

総合庁舎の建物を出た時はぱらぱら雪が降ってきて、それから都市高速から大宰府で九州道に乗ったらかなりの雪の降り方になっていました。


12日の火曜日の夕方は熊本市で秋川雅史さんの今年最初のコンサートが行われるので、ファンとしては行かないわけにはいかないのですが、ちょっと雪が多いと帰りの事を考えると「途中で引き返そうかな?」とも思いました。

でも久留米市を過ぎたあたりで雪が減ったので、そのまま熊本市に向かいました
P1020346.jpg
会場に着いてコンサートが始まったら途中で引き返そうかと思った事を忘れるぐらいの素晴らしい歌とMCで、秋川さんは9月にセットリストを変えられるので昨年の9月以降のコンサートには行けていなかったので初めて聴く曲の多く、MCに関してはほぼ新しい内容になっていました。

写真のポスターにも書いてある通り今回で第4楽章という事で、自分は2年前からコンサートに通う様になりましたから第2楽章から聴いている事になります。

曲に関しては6~7割は前回とはかぶらないようにしてあって、毎年新しい秋川雅史を発見する事が出来ます。

曲以上にMCに関しては音楽に対する情熱と、自分の知らない音楽の世界が知れてとても勉強になります。

2ヶ月後には福岡にも来られるので、その時は間違いなく聴きに行きます。


とは言ってもコンサートで楽しんで来たと手放しで喜んでいる訳ではなくて、コンサート会場では生の声を頭に焼き付けて帰らないといけないという仕事の面も持ち合わせています。

昨日はセンターよりも左に寄っている席だったので、こちら側を向かれた一瞬に一番いい音の時があるのでその時に意識を集中していました。

しかしよりによって一番大事な『千の風になって』の所で自分の後ろのおばあちゃんが歌詞をくちずさみ始めたのです!

「うわぁ~!」と心の中で思ったのですが、すぐに手を耳の横に付けて、まるでマギー審司の『こんなに耳が大きくなって。』を両手でやっている状態で後ろのささやきが聞こえないようにしました。

するとどうでしょう? やや残響の多いホールも前からの直接音だけを聴く事が出来て、まるで車の中で聴いている様な状態になりました。

『千の風になって』が終わった時点で後ろのおばあちゃんは満足して帰られたのですが、一緒に付いて来ていたお嫁さんか娘さんみたいな人に「なんであの人はあんな聴き方をするのかね?」と言っていました。

自分が耳元で手を広げると後ろの人が見にくくなりますが、この一瞬にかけている所で後ろから声がするととっさに手が動きました。

不幸中の幸いで日ごろは聴けない方法で聴く事が出来ましたが、次からはもっと良い席を早めに取って完全に直接音で聴ける様にします。


そしてコンサートが終わってからは雪が気になって直ぐに会場を後にして熊本インターから高速に乗りましたが、『大分道・日田から雪で通行止め』という表示が出ていました。

自分の帰路には全く問題無いのですが、秋川さんはコンサート終了後にすぐに次の日のコンサートがある大分に向かうと言っておられました。

車か列車かは分からないのですが、車だとどうやって移動されたのだろうと気になっていました。


自分が帰っている時間はそんなに雪は降っていなかったのですが、朝福岡のマンションで目を覚ましたら窓からの景色はこんな感じでした。
P1020348.jpg
ビルや民家の屋根にうっすらと雪が乗っていますが、おそらくこの写真の景色の中に何人かのお客さんの家があるのではないかな?と思います。



追伸  熊本までの往復に秋川雅史さんの『威風堂々』と、MISIAさんの『JUST BALLADE』と、DEENさんの『LOVE CONCERTO』の3枚をとっかえひっかえ聴いていました。

全てこの最近生の声で聴いた事のある方のアルバムですが、どのCDもバランス良くきちんと再生出来ました。

本当にいいセッティングはどの音楽ジャンルに合うとかというものでなく、全てのジャンルにおいてきちんと再生出来るものだと思います。

サントリーのウイスキーのCMではありませんが、『何も足さない。何も引かない。』という事でしょうか。
【2010/01/13 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
寝言
よく「寝言は寝て言え。」といわれる様に寝言というと現実から離れた実現出来ないうわ言という悪い例えがある様にあまりいいイメージはありません。

しかし今日の話は寝言のいい例です。

今から十数年前のまだカーオーディオメーカーが元気だった頃に愛知県で某メーカーの新製品の発表会をするから講師で来てくれという話があったので新幹線に乗って行きました。


その前の発表会の時に愛知県の某電装屋の社長から「今度うちの息子に会ったらよろしくお願いします。」と言われていて、会場に着いてからメーカーの人から「こちらが○○電装の息子さんです。」と紹介されたのですが、その息子が人の話を聞いて参考にしたいという気がない人で、「いくら親から頼まれたとはいえ、聞く気の無い人間には話す事は無い。」と思ってそれから深い話をする事もありませんでした。

そこではメーカの新製品の発表の後に実際にインストールして今までの製品とどう違うかという話を自分がして、その後懇親会があったのですが、発表会の会場から懇親会の会場に移動するのにどうもいつも斜め後ろに同じ顔がついて来ている様な気がするのです。

そして何かやはり斜め後ろぐらいにいつも人の気配を感じていて、後ろを見ると一人の若者が何だか自分と話したそうにもじもじしているではありませんか!

結局それが今の名古屋店の園田君だったのですが、そこで名刺交換してそれからあれよあれよという間に提携話になりました。

当然「うちの息子に会ったらよろしくお願いします。」という電装屋さんとは疎遠になりました。


うちの会社と園田君が提携した時はまだ彼は20歳か21歳ぐらいで、世間をよく知らない勢いだけの若者という感じでしたが、提携した後にあるメーカーのイベントに行った時に同じ部屋に泊まる事になりました。

その時に寝るまでの時間を惜しんで図解をしてピュアコンやTAユニットなどの動作原理の説明をしていたのですが、それが12時半ぐらいに終わって寝ていた時の事ですが、何か隣で声が聞こえるんです。

それは園田君が隣で「これを付けたら絶対に音が良くなりますから!」と寝言で言っていて、「何か自分はやる気があるとアピールしているのかな?」とも思ったのですが、完全に寝ていて寝言でした。

翌朝「昨日寝言を言っていたね。」と聞いても本人は全く覚えていない様でした。


無心になるという言葉がありますが、セミナー会場で無心で自分の後をついて来て、寝る前に勉強した事が夢に出て来て夢の中でお客さんを説得していた園田君ももう30代半ばです。

よく園田君と「あの時に○○電装の息子がやる気があったら君とこうして付き合っていないよね。」と話しています。
【2010/01/12 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
JBL PJ62C
今日は福岡店の店内デモカーでJBLのPJ62Cというスピーカーの装着テストを行っていました。
2010.1.11 002
今まで付いていたミッドとツイーターを交換して、最初は前のモデルのPS62C用のピュアコンを取付けて音出しを行いました。

カタログ上では分かりませんが、ツイーターが正面を向く様なツイータースタンドが今回のモデルには付いていて、いわゆるピュアディオ式の取り付けが付属パーツだけで可能になりました。
2010.1.11 003 2010.1.11 001
2010.1.11 004

前のモデルと微妙な素材の違いはあるものの基本的に同じ様な構造をしていますから前のモデル用のピュアコン(ネットワーク)でもそこそこ鳴りますが、そこは専用設計を謳っているサウンドピュアディオですから一から設計し直しました。
2010.1.11 005
外見は現行モデルが白いコーンで、前のモデルが青いコーンです。(ツイーターのドームはシルバーからゴールドに変っています)

JBLは国産メーカーと違ってこれという新しい素材を使ったり、今までに無い様な新しい構造とかはありませんが、地道にオーソドックスな素材を吟味しながらマイナーチェンジを繰り返しています。


今回のPJ62Cのテストは名古屋店でベーシックパッケージの設定の無い輸入車用で要望があったので、こちらでテストの上専用設計のピュアコンを製作して送る事になりました。

ピュアコンはそのスピーカーの特性に合わせて1個1個手作りで作っているので、指示書通りに取り付ければ最高のパフォーマンスを引き出す事が出来ます。(5枚も写真を撮っていながら肝心なピュアコン部分の写真を撮り忘れています)
【2010/01/11 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
今日は成人の日
昨夜は福岡市の中心部に食事に行ったのですが、コインパーキングに1時間弱に車を止めていてお金を払おうと機械を操作したら・・ あれ!1000円と表示されているではありませんか?

機械の上の方に『12月28日から1月12日まで30分500円』と書いてあります。

普通が30分200円の所ですから通常価格の2・5倍です。


どうりでいつも満車の駐車場が空いているはずです。

となりに止まっているミラは自分より前からいたので1500円ぐらいはかかって車に戻ったらビックリしたのではないでしょうか。

1月12日まで値上げ期間というのは11日が成人式でその翌日ぐらいまで2次会とかするからでしょうか?


その成人式が今日なのですが、今朝福岡のマンションの部屋を出てエレベーターで下がろうとしたら開いたドアから振袖を着た女性が降りて来られました。

予測していなかったので一瞬はっとしましたが、エレベーターに乗った後に「うちの階にも成人式の女性がいたんだ。」と思いました。


自分はもう成人の2回分以上の年齢ですが、自分が成人式の日の事を思い出すと、19歳の時に小売業界に入って自分の売場という物を持っていました。

競争が激しい業種だったので祝日に他の人に売場を兼任してもらって手薄になって売り損ねになるのが嫌だったので仕事を休まずに店頭にいました。

自分の年齢を知っているお客さんからは「今日成人式じゃなかったの?」と聞かれて「他の人に売場を兼任してもらっても自分の売場ではないからキチンとやってもらえないだろうから成人式には行きません。」と言ったらその意気込みを買って商品を買ってもらった覚えがあります。

別に長い人生の中で1日の休みぐらいどうってことはないかもしれませんが、とにかくその時は他の店に負けるのが嫌だったんでしょうね。
【2010/01/11 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
連休中日で
今日は朝から宇部店にいましたが、とても忙しくて夕方5時の時点で代車が6台フルに出てしまいました。

5時半に宇部店を出て福岡店に向かったのですが、福岡店着いた時には代車が3台フルに出ていました。

結局2店合わせて9台の代車がフル稼働しています。


実は今日は代車を使って新しいトレードインスピーカーのテストするつもりだったのですが、昨日までは車に余裕があったのに今日は1台も無し・・

本当に世の中不景気なのでしょうか?

サウンドピュアディオを御ひいきにして頂いているお客様に感謝の気持ちでいっぱいです。


そんなわけで明日福岡店の店内デモカーを使ってスピーカーのテストをします。

さすがにこれはナンバーが無いので代車に出せないのと、もう何年も動かしてないのでエンジンも動かないでしょう。
2010.1.10 001

【2010/01/10 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
昨夜は星空のライブに
昨日は福岡のサンパレスにMISIAさんの『星空のライブⅤ JUST BALLADE』に行って来ました。

星空のライブも今回で5回目で、今回のツアーは今までにない45会場というハードスケジュールです。

そして意外にも星空のライブは福岡では初めて行われるという事で、MISIAさんの力の入り方も会場の観客も超盛り上がりでした。

いままで何度もMISIAさんのライブをDVDで観ていたのですが、ここまで力が入っていたのは初めてでは?と思いました。

小柄な体からどうしてあんなパワフルな歌声が?と思う素晴らしい歌唱力で、ごくまれに左右の角度と上下の仰角がちょうど自分の方を向いた時はPA通しではなくて生の声が一瞬聞こえるという事が何度もありました。

ビックリするほどの声量です。

自分は「今からこっちを向く!」という瞬間はかなり構えて集中力を使って、生声が聞こえる時は目薬のCMではありませんが『来たー!』という感じでした。


そのMISIAさんは長崎生まれで途中で福岡に引っ越して来られて、青春期のほとんどを福岡市内で過ごされたそうです。

いま自分が福岡で住んでいる所の近くの高校に通われていたそうで、東京のスタジオで一度お会いした時に「自分は香椎のあたりに住んでいるんです。」とお話しました。


昨日はサンパレスには専務と二人で行ったのですが、宇部を出発する前に「花を贈りたい。」と専務が急に言い始めましたので、「そうは言っても先方の許可がいると思うので・・」と自分がレコード会社の方に電話しました。

レコード会社の方からは「イベンターの許可が要ります。」と言われて、結局レコード会社の方を通じてイベンターの方にに許可を頂きました。

そんな訳でサンパレスの会場入り口にはサウンドピュアディオからのお花のスタンドが飾られました。
P1020345.jpg
自分と一緒に写っているのはアリオラ・ジャパンの熊原さんです。

熊原さんはレコード会社のプロモーション担当の方でMISIAさんとDEENさんなどの担当です。

以前はファンハウスレーベルで小田和正さんや岡村孝子さんの担当をされていたそうです。

クロスFMの土曜日の午後の放送にプロモーターとして何度も出演されているので、福岡の方だと熊原さんの声を聞かれた方もあるのではないでしょうか。


あっ!書き忘れていましたが、MISIAさんの楽屋にも花束を贈らせて頂きました。

そんなこんなのあっという間の1日でしたが、『星空のライブⅤ JUST BALLAED』の会場では「今日聴いた曲をもう一度帰って聴いて下さい。」みたいな事をMISIAさんが言われていました。

そのもう一度聴く時にオーディオの音色がきちんと本人の音色にピタッと合っていたら感動は別格です。

昨日の帰りは専務と二人でCLSで『JUST BALLADE』を聴きながら帰ったのですが、「本当に音色がピタッと合っている。」と専務は言っていました。

だって御本人にお会いして生の声を聞いた上でセッティングしていますから。



追伸  本文とは全く関係ありませんが、宇部店の斜め前の美容院を昨日取り壊していました。
P1020344.jpg
新しく建て替えるそうです。


追伸2  夕方専務にサンパレスの2日目に行かれたお客さんから電話がかかってきたそうです。

コンサート会場の入口に置いてある花の中にサウンドピュアディオと書いたものが有ったとの事でしたが、このブログを読まれていないお客さんだったみたいで驚かれていたそうです。

先ほどMISIAさんのオフィシャルホームページを見たらまだメディアインフォメーションに『SOUND PUREDIO』の文字が載っていました。

どうもこの事もご存じなかったみたいです。

ああ、このブログをまめにチェックして頂いていたら・・


でもZSPやユニコーンのピュアディオのフルシステムの車で行かれているので、コンサートの帰りにCDを聴いてみると!! あまりに正確に音色を整えているという事に驚かれる事でしょう。
【2010/01/09 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
コーラショック
この最近コンビニで『コーラショック』なるお酒を見つけました。

ウォッカをコーラで割った飲み物なのですが、炭酸飲料とお酒の中間的な存在で、アルコール分5%でちょっと飲みたい時に手頃な飲み物です。

しかし昨夜飲んでみたらいつもと味が違う?

よく見たら『コーラショックZERO』と書いてあるではありませんか!

つまりウォッカをゼロカロリーコーラで割ってあって、あまり好きでないというか後味の悪い(あくまで自分個人の意見ですが)ゼロカロリーコーラとウォッカが混じってとても普通のコーラショックとは別な飲み物になっています。

まさにコーラショックです!

でもコンビニのショーケースには4列並んでいて、確かにZEROと書いてある2列は避けたつもりなのですが・・(ひょっとして普通のが売り切れで4列ともゼロカロリー?)


他にコーラでショックといえば、ファーストフードで普通にコーラを注文したらメニューには何もゼロカロリーと書いていないのに普通のコーラではなくてゼロカロリーが出て来た時にはショックでした。

最初からゼロカロリーと書いてあったらあっさり甘いものは諦めてウーロン茶でも頼むのですが、ただコーラと書いてあれば2・3年前ぐらいのスピードワゴンではありませんが『あまーい』コーラを想像するし期待するじゃないですか!


想像とか期待と言えば年末に洗車用品を買いにカー用品店に行った時の話ですが、ふと見るとショーケースの中にトレードインスピーカーと純正のミッドスピーカーが裏返しになっていて『こんなにマグネットの大きさが違います!』みたいなディスプレイがしてありました。

どう見てもマグネットの外形は3倍ぐらいありますからトレードインスピーカーの方が立派に見えます。

自分が素人の客だったらマグネット差ぐらいの音の差があると想像するでしょう。

しかし大きく見えるマグネットも実は良く見ると周りが銀色の粉が混じったケースで出来ていて、それでハリボテで大きく見えているのでは??

ああこんな風に見えてしまうのは自分は人間がひねくれているからでしょうか?

素直に『これだけ大きさが違いますから。』と言っていればもう少しというか、かなり大手メーカーさんから可愛がられるのに・・

本当に自分は商売が下手です。


でも、一生懸命に働かれて買われた車のミッドスピーカーを頭から駄目だと否定されたらお客さんもいい気持ちはしないでしょうから、今付いている純正ミッドを一度しっかり鳴らしてみるというのも顧客心理に合っている様な気がするのですが・・

これって間違った考えでしょうか?
【2010/01/08 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
MISIA 星空のライブ
明日明後日は福岡でMISIAさんの星空のライブが行われます。

自分は明日の公演のみチケットを持っているので行きますが、明後日土曜日のチケットは早くから売り切れでした。

そんなMISIAさんのお正月の特別番組のCDRが昨日届いていました。
P1020339.jpg
トークの内容は収録に立ち会っていて事前に知っていたのですが、BGMを差し込んで完成した番組はテンポが良くてなかなかおもしろかったです。


ここで番組を聴けなかった方のために少し内容を話しますと、香月千鶴アナウンサーの「お正月のお年玉はどうしていましたか?」という問いかけに対してMISIAさんは、「歌手になろうと思っていたので、将来のボイストレーニングなどの費用のために全部貯金していました。」という答えが返ってきました。

やはり多くの人を感動させる事が出来る人は違うな、と思いました。

うちの歌手になりたいと言っている娘に聞かせたいです。


他には「コンサート会場で3次元の音を聴いて、その後CDでもう一度聴いてみると新たな感動があります。」みたいな事を話されていて、「それそれ!それが自分も言いたかった!」と思いました。

コンサートホールの大きな空間の音をそのまま表現する事は出来ませんが、本人と少しでも同じ様な音色に音を近づけて、車というパーソナルな空間で表現出来ればそれは至福の時間です。

これからもMISIAさんをはじめいろんなアーティストさんの音楽活動を応援していきたいと思った一言でした。


わずか30分の番組でしたが、スポンサーの自分が言うのも手前味噌ですがとてもいい番組でした。


そんなMISIAさんの最新アルバム『JUST BALLADE』ですが、全14曲中テレビや映画のタイアップ曲が10曲も入っています。
P1020341.jpg
ちなみに現在の調整用CDの中の1枚に『JUST BALLADE』が入っていますが、『逢いたくていま』『Call mi Love mi』『約束の翼』の3曲を主に使っています。

またこの中で4曲目の『地平線の向こう側へ』はテレビ東京系のワールドビジネスサテライト(略してWBS)のエンディングテーマになっていますが、自分はあれだけWBSを観ていながら最後は眠くてエンディングの手前でテレビのリモコンのスイッチを切っていました。

食い入る様に内容を観ていたので疲れていたのでしょう。

この裏表紙を見た時に「早めにスイッチを切りすぎた。」と少し後悔しました。


あっ!それと『約束の翼』が挿入曲の映画『僕の彼女はサイボーグ』は映画館に観に行っていなかったのでDVDを買うか借りるかして観ないとと思いました。
【2010/01/07 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ベーシックパッケージが3台
昨日は定休日で昼間は宇部にいたのですが、夕方から福岡に移動していました。

朝福岡店に出てからは代車のトヨタ・ラクティスで福岡市内を移動していて、この車のスピーカーはベーシックパッケージしか付いていないのですがなかなかツボを押さえた音がしています。
2010.1.6 001 2010.1.6 002
このデモカーの音を聞いて「ベーシックパッケージを下さい。」と言われる方も多いです。


そして福岡店を15時に今度は代車のNAの方のホンダ・ライフに乗って宇部移店に向けて出かけました。(もう一台代車でターボのライフがあります)

こちらはベーシックパッケージにプラスしてアウターバッフルにJBLのP560のミッドが付いています。


普通だと福岡店~宇部店間はノンストップで帰る事が多いのですが、今日は途中のサービスエリアで2回休憩して帰りました。

宇部店に着くと今日はベーシックパッケージ日和で、ホンダ・フリードとトヨタ・エスティマと日産のスズキ・パレットのOEM車のルークスの合わせて3台が入庫していました。

ホンダ・フリードは秋に福岡店に入庫していたのでその時のデーターそのままのパーツを装着したらきちんと鳴っていました。

トヨタ・エスティマは50系のマイナーチェンジ後のモデルですが、なんとこの車種はマイナー前とマイナー後でベーシックパッケージの値が違います。

ほとんどの車がマイナー前後で値が一緒ですが、ごくまれに特性が微妙に違っている物があります。

微妙に特性が違えばそれに合わせてパッケージのコイルの巻き数を変えます。


ルークスはベーシックかと思ったらアウターバッフルの仕様だったのでもう数日後の完成予定です。


そして今この書き込みをしている最中に名古屋店から電話がかかってきました。

去年ダイハツのミラ・ココアを買ったばかりなのですが、今年はすでにダイハツのタント・エグぜ注文しているそうです。

名古屋に納車されたら新幹線に乗ってベーシックのデータを取りに行きます!
【2010/01/06 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。