PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
引き出しの中のラブレター
昨日10月10日は常盤貴子さん主演の映画『引き出しの中のラブレター』の封切り日でした。
画像 260
21時から始まるレイトショーに行きたかったのですが、次の日の仕事を考えるとちょっと行けませんでした。

自分は火曜日が休なので月曜の夜か火曜日の昼間に行きます。

この映画はFMラジオのパーソナリティーの話でJFL系のJ-WAVEと北海道が舞台という事で興味深々です。

観に行ったら感想をブログで書きますが、興味のある方はこの祝日を利用して観に行かれたらいかがでしょうか。


そういえばこのブログはFMラジオに関する話題が多いのですが、その中でクイーンの『RADIO GA・GA』についての話を何度もしました。

『テレビ中心の今の時代も、もっとラジオを大切にしよう!』という様な意味だと散々書いてきましたが、それは1980年代に聴いたラジオのパーソナリティーが話していた言葉で、それがずっと頭の中に残っていました。

しかしひょっとしたらそれはその時のパーソナリティーの個人的な気持ちが入っていて、実際に歌詞を和訳すると本当は微妙に意味が違うのではないかとクイーンの『RADIO GA・GA』が収録されているCDを買って日本語の詩を見てみました。

すると・・・ やはり違っていました!

ラジオを大切にしようという意味ではなくて『ラジオはくだらない放送しないでもっとしっかりしろ!』という意味でした。

しかしラジオのパーソナリティーはいい風に解釈して番組で喋って、それを聴いた自分がその言葉をずっと信じて疑わずにブログで書いていました。

これは完全に『伝言ゲーム』みたいなものです。

確かに1980年代のラジオ放送はテレビのMTVにリスナーを奪われて売れる曲ばかりかけたりプレゼントで人を引き付けようという安直なものも多くあったと思います。

さらに今の時代はテレビの多チャンネル化にインターネットなど若者の興味はどんどんラジオから離れていっているのかもしれません。


この映画『引き出しの中のラブレター』や少し前のNHKの朝の連続テレビ小説『つばさ』などでラジオ放送が取り上げられているという事は、人と人をつなぐメディアとしてラジオは映像が無い分想像力が働く身近なメディアとして見直す時期に来ているのではないかと自分は思います。


サウンドピュアディオはそんなラジオを面白くするためにスポンサー活動を続けてアーティストの『どんな気持ちでこの音楽を作ったのか』という本音の部分を聞き出して皆さんに伝えたいと思います。
画像 261

追伸  先ほどJFN系で『日産 あっ!安部礼二』を聴いていたら『ラジオは脳に効く』という本が発売されているという話をしていました。

想像力を発揮させる今一番いけてるメディアだそうです。
【2009/10/11 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。