PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
NHKの放送は受信料で成り立っています
昨日は午後から福岡県小郡市でNHK・FMで金曜の午前11時から放送されている『邦楽ジョッキー』の公開録音に行きました。(再放送は土曜日の朝5時からです)

当然NHKの関係ですからハガキで応募して入場料は無料です。

しかしそこは受信料で成り立っているNHKですから、公開録音の前に受信料のお願いやら、銀行振り替えへの変更のお願いなどありました。

あらためてNHKは国営放送で、国民の受信料で成り立っている事を知りました。


ちなみに自分の家はBS契約もしているので年間約25000円の受信料を払っている事を知って、銀行振り替えを使っているのでいくら払っているかも知りませんでした。

入場する前は「無料でなんて良心的なんだ。しかも地元じゃないのに5列目の中央にいて。」と思っていましたが、やはり25000円も払っているとと思うと堂々と座っても問題ないだろうと思いました。


話が受信料のネタばかりになってしまいましたが、肝心の公開録音の方は録音して後で放送するとあって客席へのPAの音量はかなり控えめでした。

その控えめな音量なので後ろからの反射音も無くてとてもいい状態で楽器の音を聴く事が出来ました。

司会は歌舞伎俳優の尾上松也さんで、当日のアシスタントは三味線漫談の内海英華さんで、札幌に移動している時はANAの飛行機を使っているので内海英華さんの声は機内放送で毎回聞いている聞きなれた声でした。

番組は2週分の収録で、1週目は『琴はスゴイ!』というタイトルで琴・琵琶そして三味線の上妻宏光さんも出演されました。

2週目は『三味線はスゴイ!』というタイトルでメインの演奏者は上妻宏光さんに代わって、「待っていました!」という感じでした。


琴・琵琶・三味線は日本に古くから伝わる楽器ですが、弦のはじき方や弦を押さえる指の強さの強弱で喜怒哀楽を表現します。

そして感情だけではなく『風が吹く』とか『雨が降る』とか『花びらが舞う』などの表現を指の使い方でこんな風に表現しますみたいな話もありました。

おそらく『こういう風な指の使い方で。』と名人の人が簡単にされても自分が真似しても同じ様には行かず、感情や自然の状態を表現出来ないと思います。


自分たちの仕事はコイルを巻き変えたり、半田付けをしたり、車のドアの中の材質を選びながら貼ったりと音の表現を変えていますが、やはり演奏者の方の技術の方が優れていると思います。

なぜ優れていると思ったかというと、自分達の仕事は納車前に「ちょっとイメージをもう少し・・」と思えば手直しが効きます。

しかし演奏者の方はステージに立てば1回限りの全く手直しが効かない状態です。

出来れば1回で何の手直しも無く納車出来るだけの技術を社員全員が身に付けたらもっと会社の効率も上がるのでしょうが、全ての社員が名人級とはなかなかならないでしょう。


昨日の番組収録は客席で素晴らしい音で聴く事が出来たのですが、実際のオンエアーでは普通の人は家でミニコンポか車で純正オーディオで聴かれる事でしょう。

すると会場での感動が削れてしまったりニュアンスが変った音になったりしているはずで、自分がスポンサードしている民放FMの番組もアーティストが伝えたいものが100%伝わっているとは思っていません。

どうしたら伝わるのか?

自分は一人でも多くの人に本来の音に近いものを聴いて頂くために今日もコイル巻き、ヤスリ掛け、カシメ、半田付け、そして音調整に励み限界に挑戦します。
【2009/09/03 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。