PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
真のMJとは?
皆さんはMJというと何を想像されますか?

自分が初めてMJを知ったのは小学校6年生の時で、本屋さんで『無線と実験』(通称MJ)を手にした時でした。

この本は名前と違ってホームオーディオのアンプなどを自作する情報などが載っている本で、アマチュア無線の情報が欲しかったので買った後に「これではオーディオと実験だ!」と後悔しました。

他に通称MJと呼ばれている本はミュージック・ジャーナルという本があったような気がします。


ここまで世間話で引っ張りましたが、今MJといえば間違いなくマイケル・ジャクソンでしょう!

今朝NHKのBS・hiを見ていたら『日曜日夜9時からマイケル・ジャクソン特集を放送』とPRをしていたので、気になる方はぜひ見てみて下さい。


そういえば自分と同じ年代(40代)の人と話していると、「マイケル・ジャクソンの作品はオフ・ザ・ウォールが最高だった!」という結論に達します。

その理由として、売れ線を狙った計算された感が全く無くて、素のマイケル・ジャクソンが表われているからです。

ナンバーワンの曲を集めたアルバムでイントロの頭がカットしてある『今夜はドントストップ』しか聴いた事の無い人は『オフ・ザ・ウォール』のフルバージョンを聴いた時にどう思うのでしょうか?

また邦題『ディスコで燃えて!』や『ゲット・オン・ザ・フロアー』では40代後半から50代前半の方は本当にこの曲でディスコで燃えていたのではないでしょうか?

スリラーやBADに比べたらかったるく聴こえるかも知れませんが、真のMJはアルバム『オフ・ザ・ウォール』の中にあります。


追伸  プレスリーの名曲の同名の別な曲で『ハート・ブレイク・ホテル』というスリラーの予告編的な曲もありましたが、こちらは兄弟でやっていたジャクソンズのアルバムに入っていたような?

また『セイ・セイ・セイ』という曲も名曲ですが、こちらはポール・マッカートニーの曲にマイケル・ジャクソンがデュエット参加したという形なのでポール・マッカートニーのアルバムに入っているはずです。
【2009/07/18 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
クレトムといえばサウンドピュアディオ?
井川ブログ&スタッフブログではおなじみのクレトムの日よけグッズですが、別にうちとクレトムが協力しているわけではなくて、便利だから勝手にブログで取り上げているだけです。

今朝ヤフーで『クレトム サンシェード』で検索したら野田くんのブログが6番目に来ていました。

そこで機嫌を良くしてさらに『クレトム 日よけグッズ』で検索したら・・・ なんと自分のブログが1位・2位を独占状態!

しかし1位のブログにはクレトム製品にハサミを入れてカスタマイズしている写真付きで・・

クレトムにとって井川ブログはありがたい存在なのか? それとも迷惑な存在なのか? 微妙です。


でも野田くんのブログは説明書どおりにサンシェードを使っているのでありがたい存在でしょう。


昨日までは福岡・山口地方は曇り時々雨の状態で、日よけグッズもいらない状態したが、今日からは晴れて暑くなりそうです。

こんな日の駐車はクレトムさんの商品に頼るしかありません。


それと夏の暑~い日が続くとカーオーディオの製品に不調が出る事も予測されます。

日よけグッズで車内の温度が上がらない様にするのと、バッテリーのチェックやチャージでこの夏を無事に乗り切りましょう。

ここ数年この手の話をしつこくしているせいか、平均気温が上がっている割りには夏の機器のトラブルの件数は減ってきています。

以前は夏の時期にカーエアコンのコンプレッサーが動作した瞬間に電圧が下がってディスクつまりが起こるというのが多発していましたが、事前に防止策を取っているとかなり防げます。

あっ!トラブル以前にバッテリーのコンディションがいいと音がいいというメリットもありました!(本来そこが一番メインですが)


サウンドピュアディオでバッテリーをお買い上げのお客さんには店頭に車を持ってきていただけるかぎり他店では出来ないレベルのメンテナンスをさせて頂いております。

価格はメンテナンス代込みで設定しているので他店よりやや高いのですが、2年間で5回から10回のメンテナンスに持ち込んでいただければ十分に安いと言っていただける価格設定になっているのと、大量に買い付けずに必要な量だけをまめに補充しているので長期間寝かせていない新鮮なバッテリーをお届けしています。

もう1ヶ月以内にお盆休みになり、1年で最もバッテリー上がりが起こる時期になります。

事前のメンテナンスと交換時期の近い方は盆前の交換をお勧めします。


書き忘れていましたが、取り付け作業で入庫している車については何も言われなくても作業の合い間にバッテリーのメンテナンスをさせて頂いています。


【2009/07/18 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。