PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
戦隊物か? ブルー ブラック シルバー
このブログでは度々登場しているベーシックパッケージですが、店頭の展示ボードを見てみたら「これで本当に音がいいの?」と自分でも疑ってしまう見た目です。
画像 122
スピーカーもネットワーク部分もスピーカーコードも使っている時は全て見えないので、音さえ良ければ問題ありません。

具体的に「トレードインスピーカーとどこが違うの?」という質問が沢山あるのですが、一番違うのはツイーターとドアスピーカーの音のつながりです。

一台一台じっくり聞きながらコイルなどを交換して音を合わせているので音のフォーカスが全く違います。

1つの回路で色々な車種に適合させるとどうしてもフォーカスがあまくなるんです。


しかし一方で「ベーシックパッケージは音がいいのは分かるんだけど、ツイターのブルーの色がちょっと自分の好みでは・・ あれが変えられたら欲しいんだけど。」という声も沢山ありました。
画像 121
そこでそんな声に応えて登場したのがベーシックパッケージ・ブラックで、JBL社のP560用のツイーターにスタンドをプラスして、価格は通常のベーシックパッケージ(ブルー)と同じに設定しています。
画像 123
ブラックを設定した事で成約率は今までの1・5倍になりました。

あっ!当然ピュアコンのブラックボックスの中身も専用チューンに変えてありますから音質的にはほぼ同等です。


しかし「先のステップアップを考えたらもう少しグレードの高いツイーターにして欲しい。」という要望もかなり多かったので、JBL社の508GTIのツイーターを持ってきたパッケージも用意して、こちらはベーシック価格に14700円のプラスになっています。
画像 124
おおやけには発表していませんが、お客さんの要望に合わせてベーシックパッケージはブルー・ブラック・シルバーの3タイプがあります。

まるでテレビ朝日系の戦隊物みたいです!



追伸  今日はこれから宇部空港から東京に向かいます。

今夜恵比寿で上妻宏光さんのコンサートに行って、明日の午前に札幌に向けて出発します。
【2009/07/31 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
時代に逆行して
世の中インターネット時代で本が売れなくなっていると言われていますが、自分は時代に逆行してやたら本を買っています。

ちょっとした情報を入手するにはインターネットは便利ですが、深い情報を知ろうと思うと本を買って読むとか現地に足を運ぶとかいう昔ながらの手法が有効だと思います。

そういうここもインターネットの情報の一つですが、いろいろと体感する事を勧めているブログでもあります。


先ほど車の中を片付けていたらこんな本が出てきました。
画像 120
社員に説明する時に自分が図解して説明すると上手く書けないので「何かいい物はないか?」と探していて見つけた本です。

そしてこちらはタイトルを見ていわゆるジャケ買いみたいな感じで買いました。
画像 119
時間が空いた時に車内でちょこちょこ読んでいて、まだ最後まで読んでいません。

そしてこちらの2冊は昨日の夜本屋さんで買ったばかりで、本当はカンブリア宮殿の村上龍さん著の本を探していたのですが、本屋さんに入ってしばらくしたらBGMが『蛍の光』に変ったので慌てて二冊選んでレジに行きました。(山口の本屋さんは福岡よりも1時間早く閉まるので・・)
画像 118
左の本はタイトルで選んで、右の本は村上龍と書いてあったので「これだ!」と手にしたのですが、帰ってよく見たらカンブリア宮殿とは全く関係ない本でした。

そしてこの最近買った本で一番重宝したのは松下幸之助さんの本で、なんとCD付です。
画像 117
これは本の中の文章と同じ言葉が車で移動中に聴けるので便利で、もう3回も聞きました。

今では次のセリフが言えるぐらいまで覚えました。


そういえば昨日自動車雑誌『ベストカー』の出版社の方とある特集記事の事でメールでやりとりをしていたのですが、『ブログでベストカーの事を取り上げて下さってありがとうございます。』という文字がありました。

ベストカーの関係者の方もこのブログを読んでおられたんですね。(ビックリ!)
【2009/07/30 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
お盆休みのお知らせ
福岡店・宇部店・札幌店の3店舗は8月は毎週火曜日の定休日に加えてまことに勝手ながら14日・15日をお盆休みとさせて頂きます。



8月のお休みは

4日(火) 11日(火) 14日(金) 15日(土) 18日(火) 25日(火) となっております。
【2009/07/30 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
明日は札幌CITY・JAZZ
明日30日は札幌市の大通り公園のあたりで『SAPPORO CITY JAZZ』のイベントが行われます。

こちらにはサウンドピュアディオのホームページのトップに載っているサックスプレイヤー矢野沙織さんが出演されます。

明日札幌に自分が行くのではないかと思われた方もあるかも知れませんが、31日に東京で同じモンドラナミュージックの三味線プレイヤー上妻宏光さんのコンサートがあるのでそちらに行きます。

こちらのコンサートはモンドラナミュージックのピアニスト村松崇継さんもゲストで参加されるので聴き逃せません。

東京の後は先月みたいな事が無い限り札幌に向けて移動します。


札幌の帰りは一度東京で下りて埼玉に向かって、そこでは自分の弟が病気で入院しているのでお見舞いに行きます。

現在NHKの朝の連続テレビ小説は埼玉が舞台なので気持ちだけはすでに毎朝埼玉に行っています。

特に長瀞(ながとろと読む)という場所がとても気になっています。

でも遠そうなので行けないと思いますが・・


そして埼玉に一泊してから次の日は東京でDEENのボーカル・池森秀一さんとお会いします。

2ヶ月前に東京に行った時にCDプレイヤーをCD500からCD500PPに交換したのですが、その感想についてあれから電話でも話していない状態なのでとても気になっています。

池森さんにお会いした後はそのまま飛行機で宇部に帰る予定なので、今回は宇部~東京~札幌~東京~埼玉~東京~宇部という全部で5泊の長旅になります。


話は矢野沙織さんの話題に戻りますが、9月22日の火曜日に福岡市中州のGates7で矢野沙織さんのライブがあります。

1stステージが17時から演奏で、2ndステージが20時からの演奏です。

火曜日で定休日なので絶対に行きますが、福岡のスタッフも連れて行きたいです。

なんといっても福岡のスタッフは今年の2月に矢野沙織さんとレストランで一緒に食事をした事があるのに演奏の方はまだ聴いた事が無いんです!(ある意味ビックリ!)

その時は東区香椎のレストランを貸し切ってDEENの池森さんと矢野さんと福岡・宇部の両店のスタッフとで食事会を行いました。


そういえば矢野沙織さんは福岡・山口によく来られていますが、同じ事務所の上妻宏光さんは今年はまだ一度も来られていません。

あっ!そういえばNHKの番組の収録で福岡県小郡市に来られるんでした!

明日往復ハガキを買ってNHKに観覧希望と送らないと会場に入れない!


それと10月24日に北海道の函館市に上妻さんがコンサートで来られます。

これも行かないと!
【2009/07/29 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ツイターを埋め込まない理由
お客さんからの質問で、「ピュアディオさんは何故他の専門店みたいにピラーにツイーターを埋め込まないのですか?」という事を聞かれます。

↓下の写真みたいな取り付けがサウンドピュアディオは多いので、カーオーディオ雑誌に出てる取り付けの方がかっこよく見えます。
画像 110
しかしピラーをばらしたら鉄板はあるし車両配線もあるので磁気的に考えて「ここに取り付けて本当に音がいいの?」という感じです。
画像 109
↑(これが普通はだれも写さないピラー内部の写真!)
ユニットの最高のパフォーマンスを引き出そうと思うとここは選べません。

しかしどうしてもピラーしか取り付け位置の選択肢が無い車の場合はスペーサーなどを使って影響を受けない様にします。

↓こちらはピラーにエアバックが入っている車種です。
画像 112
ここは安全性を考えると取り付け出来ません。


画像 111
そして↑この取り付けだと音が出てから微妙に角度を調整出来るので絶妙なセッティングが可能です。


磁気的・安全性・指向性などを総合的に考えれば今のピュアディオの取り付けがベストだと思います。

【2009/07/29 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
SWRはジグソーパズル
サウンドピュアディオの人気商品でピュアコンのバージョンアップパーツのSWRは発売当時はユニットのバリエーションが6種類でした。
画像 105
ところが6種類では刻みが足りないと1・5倍の9種類に増えて・・
画像 106
それが今では発売当時の3倍の18種類まで増えました。
画像 107
増えたと言っても中の部品は海外で注文生産で作っているのでそれなりに会社としてリスクがあります。

最初の頃は、「お客さんの車に合うユニットの設定がありません。」とお客さんが欲しいと言われても取り付け出来ない事もあったのですが、これだけバリエーションが増えたら適合する車種も大幅に増えました。

お客さんがガッカリされる事が無い様にとのバリエーションアップです!


そして車種とシステムで適合する値が異なるのですが、どういうパターンの時に右に何番・左に何番を入れるというのを探して全店のスタッフに情報を出すのが自分の仕事です。

昨日のコイルといい、今日のSWRといいあれこれピースをはめ変えてピッタリ合う物を探すというのはまるでジグソーパズルを組み立てているみたいです。

調整していてアーティストの本物っぽい音色にピタッとなった時は目薬のCMではありませんが『来たーっ!』という感じになります。

だからパーツのストックの数が多いのと、ちょうどいい値を選ぶ感性が大事なんです。





ここで話題は変って、最近買った本で面白いタイルの物があったのでご紹介します。
画像 108
この前は普通と逆の事をしたら成功するという本でしたが、今回は自分が色々な本を読んで作った戦略に社員に乗っかって効率を上げて欲しいという気持ちを込めてこの本を紹介しました。

短時間で、しかも限られたコストで最高の音が出ればそれはお客さんの幸せにつながります。

お客さんが幸せになれば社員も幸せになります。

組織を成功に導くには型にはめる事は悪い事ばかりではないと思うのですが・・ と業界の型にはまらない自分が言っているので、矛盾している様な気もしますが・・
【2009/07/27 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
ゼスト・スパーク
スタッフブログにすでに掲載されましたが、宇部店にゼスト・スパークの新車が納車されました。

豪華装備のWで、オートエアコンにアルミ+165タイヤにエアロパーツと何でもありみたいですが・・ ターボじゃなくてNA車です。

現在ゼストはNA車のみ減税&補助金対象なのでNAにしましたが、補助金が出る前に下のグレードを買うよりも数万円安くつきました。

でもお客さんからはターボがいいという声もありました・・

シンプルなグレードでターボ車がいいのか? それとも豪華グレードのNA車がいいのか? 代車で使っていたらそのうちユーザーさんが答えを出してくれる事でしょう。
画像 103
そのゼスト・スパークはナンバーが福岡ナンバーになっています。

福岡ナンバーだと宇部でも福岡でもどちらの店舗でも使えるので福岡ナンバーです。

それと色は夏暑いからという理由でホワイトパールにしましたが、専務は浜崎あゆみさんのCMの時の黒が良かったと言っています。

NAだから白でエアコンの負担を減らさないとパワーが・・
画像 102
そして後ろから斜め上を見上げると幅の広いルーフスポいラーが!

暑い日は少しだけ日よけに役立ちそうです。


ハンドルや操作パネルが豪華装備の車内ですがオーディオレス車のためにインパネに穴が?
画像 101
以前のオーディオレス車は黒いプラスチックのふたがあったのですが、こんな所までコストダウンの波が!

画像 100
現在はナカミチのデッキとJBLのツイーターを使ったベーシックパッケージを装着していつでも代車に出せるようになっています。(今のインパネは2DINナビ前提で作ってあるのでデッキは下に付けました)


それと今回のゼストス・パーク用のベーシックパッケージは以前のゼストとは別に設計しました。

初期型のゼストとスピーカーの特性が少し変っていて、自分の聴感でコイルの値に8μHほどの差を付けたら最もつながりのいい状態になりました。

マイナーチェンジのわずかな特性の違いにもしっかり対応して、最高のパフォーマンスを引き出すのがサウンドピュアディオの仕事です。


(解説)
 8μH(マイクロヘンリー)は200μH程度のコイルでは誤差範囲とされていて、上下にずれていても問題ないとされている値です。

サウンドピュアディオではベーシックパッケージなどでは1μHごとにコイルをストックしていて、ZSP-MID用に関しては0・5μHごとにコイルをストックしていて聴感で少しずつ値を変えながら音を追い込んでいます。

そのため多くのコイルの中から一番合うものをセレクトしているために通信販売が出来ないのです。
画像 104
何故そこまでコイルの細かい刻みにこだわるのか?  それはシンプルなシステムなのに細かい音の描写が出来てコストパフォーマンスに優れているからです。
【2009/07/26 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
ハンダの温度が?
何日か前のブログでハンダの温度のデジタル表示を掲載したところ、仕事でハンダ付けをしておられる方から「あれは温度が高すぎるのではないですか?」という質問を頂きました。

確かに一般的な基盤に使うとすれば高すぎます。

あの写真は特殊な工程で使っていて、普通のプリント基盤部分ではこんな感じです。
画像 099
こちらのデジタル温度計は280度を目標にしていて、隣には室内の温度と湿度を量るデジタルメーターがあります。

さらに後ろを見たら昔懐かしいアルコール温度計もあります。(いったい製作室には何台温度計があるのでしょうか?)

そして製作室の温度・湿度、さらに小手先温度を厳しく管理して現在作っているのはこれです!
画像 098
人気商品、イコライザーのMEQ-30P(90090円 税込み)です。

ベースモデルを一度分解して・・
画像 097
表に裏にとひっくり返しながらあれやこれやのチューニングです。
画像 096
チャンディバに比べると元々のハンダ付けの箇所が多いので大変です。

でも車に取り付けて、きちんとダイヤルをセットして音の調整をしてからお客さんに聴いて頂いた時の笑顔が忘れられないから今日も頑張ります!


ピュアディオのチューンは派手に大げさな音の描写にするのではなくて、滑らかにというかスムーズに本来の音に近づけるというのをモットーにしています。

デジタル制御が全盛の今の時代にこんなアナログなイコライザーが売れるのでしょうか?

そういえば『サウンドピュアディオ・プレゼンツ CHAGEのメニー・ハッピー・リターンズ』の番組の中でCHAGEさんが「今の時代だからこそアコースティックなアナログなサウンドにこだわる。」というような内容の話をされています。

音楽は元々アナログなのです。

特に中音域(男性ボーカルの下の方)の芯のある深い音はアナログでないとなかなか表現出来ないのです。


あっ!そういえば先ほどCHAGE&ASKAのオフィシャルホームページを見たらサウンドピュアディオプレゼンツの番組の告知が掲載されていました。(トップページから入れます)

その番組の放送は来週の土曜日(8月1日)18時からFM山口で、日曜日(8月2日)19時からFM福岡で放送です。

聴ける地域におられる方は是非お聴き下さい!
【2009/07/25 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
業界の常識の逆をすると繁盛する?
仕事が終わってから週に1・2回本屋に行ってビジネス書籍を買っているのですが、最近非常に気になったタイトルの本があったので買って読みました。

画像 095

一億積んでも学びたいと書いてありますが、「こういうのって目を引くための引っ掛けなんだよね。」と思いながらも引っかかって本を手にしてレジに行っていました。

一億は積めませんが1300円は積めました。

そして帰ってから読んでみると・・・ そこには日頃から自分が実践している事が書いてありました。

以前に読んだ島田伸介さんが書かれた本にも同じ様な事が書いてあったのですが、業界がどこも同じ様な事をしていて、『どこもそこそこの業績しか上がっていなければ思い切って業界の常識と逆方向の事をすればいい。』という事が書いてありました。(ただし逆にすれば全て成功するわけではないとのただし書きが付いていますが・・)


そこで自分の実践している事が業界の常識の逆をいくつしているか数えてみました。

常識その1  『多くのアイテムを揃えてお客さんの好みや音楽ジャンルよって音を変える店が親切なお店。』
これに関してはアイテムを絞ってある一点を目指す音造りというピュアディオの方針は完全に業界とは逆を向いています。
結局どちらが親切かという事は買って頂いたお客さんの評価で決まると思います。


常識その2  『メーカーからデモカーを借りてイベントを開いてお客さんに聴いて頂く。』
これもピュアディオではやっていません。
誰がどんな材料を使って見えない所でどういう加工をしているか分からないデモカーをお客さんに聞かせて受注する事は出来ません。
それだけ材料や加工方法で音色は変るという事です。


常識その3  『期間限定のボーナスセールを行う。』
これは1年間を通じて価格の上下をしない事によってお客さんに信用していただくという考えで、良い作業をしようと思えば特定の期間に仕事が集中しすぎるというのは決してプラスにはならないという考えで、サービスの内容と工賃などを考えるとEDLP的な考えです。


常識その4  『モニターを沢山付けて売り上げアップ!』
普通だったら一台の車にモニターテレビは1台か2台あれば十分に用は足りるのですが、見る必要の無い数を取り付ける事によって車がかっこよく見えて店の売り上げにプラスになりますが、ピュアディオではやりません。
他店で取り付けたモニターを外した時にお客さんが「外したらこんなに音が良くなるんだ!」と感動されました。
目先の売り上げを上げるために仕事をしているのではなくて、アーティスト本来の音を目指して仕事をしています。


常識その5  『右のスピーカーの音を遅らせたら音像が目の前に定位した。』
いわゆるタイムアライメントというやつですが、右ハンドルの車で右のスピーカーの音を遅らせると左右の時間がピッタリ合って目の前にボーカルが!というけど左に乗った人はどうなるの?
しかもボーカルの音色は少しよじれていませんか?
アーティスト本来の音を目指すとどうしても左右の時間はいじれません。


常識その6  『自動車ディーラーの下請け仕事でピットの稼働率を上げる。』
一般的に専門店といわれるお店でもディーラーの下請け仕事でナビなどの取り付けをしている所がほとんどです。
ピュアディオは一般ユーザーの方からの受注の仕事しかしていません。
その理由は以前下請け仕事をしていた事があるのですが、ディーラーの仕事のピークと一般ユーザーさんからの仕事のピークが同時期にやってくるためにディーラー仕事をやめないと本当に納得行く仕事が出来ないからです。
つまり『何かを得ようと思うと何かを失う』という言葉があるように、ディーラー仕事の利益を失ってもお客さんの車にベストを尽くすという考えで、サウンドピュアディオはお客さんからの受注の専門店です。


常識その7  『マルチアンプ方式で高音質。』
これの説明は長くなりますから簡単に説明しますと電気を余分に使うからと、周波数のつなぎが細かく調整出来ないからと、インピーダンスのコントロールが効かないからです。


常識その8  『電源キャパシタやヘッドキャパシタでキレのいい音に。』
過去にこのブログで書いているので説明を省略します。


常識その9  『銅メッキシャーシーを使用して高音質。』
これも説明を省略します。


常識その10  『コンテストで優勝してメーカーや評論家の高い評価を得る。』
実際に何度も優勝しているお店がディーラー仕事をしたり、しょっちゅう安売りセールをやっているという事はあまり役に立っていないという事でしょうか?


他には通信販売をしていないとか、店頭にナビを展示していないとか、LEDを展示していないとか例を挙げて行けば限がないのでこれでやめますが、もしサウンドピュアディオが繁盛店と仮定すれば間違いなく業界の常識の逆をやっているからで、その逆をやる事でピュアディオのユーザーさんは喜んでいると思います!


なんといってもサウンドピュアディオの一番の魅力は業界で誰もやらなかった音楽を作っているアーティストさんに直接会って生の声を聞いて音を造っているというところでしょうか?
【2009/07/24 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今日はスピーカーの実験
今日はこんな実験をしています。
2009.7.22 011
何種類かのスピーカーをとっかえひっかえ交換して音色を比べています。

そしてテストに使用するCDは自分が実際にお会いして生の声を聴く事が出来たアーティストさんのCDを数枚とっかえひっかえと聴き比べます。

そしてそれぞれのスピーカーのネットワークのパーツも交換して一番生の声に近いベストな値を選びます。

またどの価格帯ではどの機種がベストバリューかという妥当性確認も行っています。

その実験で得られた結果をグループ店に伝えるのが自分の仕事です。


あくまでも実験の基準はアーティスト本来の音にどうやって近づけるかです!

良く耳を澄ましてスピーカーを聞いてみると口先で歌っているように聞こえるスピーカーとおなかのそこから声を出しているというのが分かるスピーカーがあります。

レスポンスがいいとか、音離れがいいとか、定位がいいとか音の表現は色々ありますが、音色がズレていない深みがあるスピーカーが一番いいと自分は考えています。
【2009/07/23 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
これなんだ?
2009.7.22 002
さて上のデジタル表示はいったい何でしょう?



答えはデジタル制御のハンダの温度のコントロールの数字で、オレンジの表示が目標の温度で、グリーンの表示が現在の温度です。

目標温度に達してから作業を始めます。

ある工程では375度というのが一番理想の温度というのがこれを見て分かりますが、サウンドピュアディオはこんなに正確に制御してからチューンドの作業をしています。



そして下の写真は何でしょう?
2009.7.22 001

実は制作室で安いハンダを溶かして抜いて床に叩きつけていたらこんなになってしまいました。

安いハンダを抜いた後は高い半田を差し込むのですが、数秒でハンダを差し替えないといけないので使わない安いハンダは下に叩き付けています。

まさか知らないうちにこんなになるとは驚きです!

この写真の捨てたハンダの量を見てサウンドピュアディオのチューンド商品がいかに売れているかお分かり頂けるでしょう。


そしてこの書き込みは現在福岡店からしていますが、朝からずっと福岡店にいるわけではなくて、一度宇部店に帰ってからまた福岡に引き返してきています。

ちょっとあれこれ忙しいもので・・


あっ!そういえば今日から8月10日まで福岡のTVQでサウンドピュアディオのCMが流れます。

確か今夜は深夜のアニメの時間帯の放送だったと思います。(たまにワールドビジネスサテライト辺りにも流れます)

基本的にこの時間は寝ていますが、たまに夜に目が覚めた時にちらっと見てから再び寝ます。

もしこの時間起きて見ておられる方がありましたらちょっと気にして見てみて下さい。

【2009/07/22 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今日は皆既日食で
山口県の大雨では遠くの業者さんから心配して電話がかかってきましたが、自分はまだ福岡にいて何も分からない状態です。

でも宇部店からは何も報告が無いので無事という事でしょう。

今朝テレビを付けたら山口県にフジテレビのナカミーこと中野美奈子アナウンサーが来ていて、「今日の夕方ぐらいに宇部空港にいたら会えないかな?」と不謹慎な事を考えていました。


大雨の次に報道していたのは皆既日食の話題で、福岡はそろそろ日が欠ける時間ではないかと思います。

朝グーグルの検索画面を見たらOの所が日食状態になっていました。

現在の福岡は完全な曇りの状態なので全体的に暗くなるという感じになるのでしょうか?

本当は鹿児島の端まで行ってみたかったのですが、日食がもう一日早くて火曜日だったら良かったのですが・・

そんな事を考えながらも曇りで日食なら今日は涼しく快適に過せる事でしょう。
【2009/07/22 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ピュアディオ名物 『単品ユニット』
サウンドピュアディオにはオリジナルパーツが沢山ありますが、意外と知られていないけれども他店にはない『JBLの単品ユニット販売』という人気商品があります。
画像 090
写真はP560のミッドのみの単品で販売価格26250円(税込み)です。 
画像 091
裏から見たらこんなに奥が深いのに意外に低価格です。

このシリーズはP52・P550と続いていて、今回ですでに3シリーズ目の人気定番商品です。

画像 093
そして単品販売ならではの組み合わせで、上級ユニット508GTIのツイーターとP560のミッドの組み合わせがピュアディオで一番売れているスピーカーです。(写真は専用スラント角度付きスタンドを使用して磁気・反射・指向性を最大限に考慮した取り付け)

なぜ他店が出来ない単品販売が可能なのか?

それはセット物で日本に入ってきた商品をばらして単品販売する方法と、アメリカにユニットのみを大量に発注して仕入れる方法との二つの方法を組み合わせて通常では出来ない組み合わせで販売しているからです。

隠れた人気はGTIシリーズのツイーターのみの販売で、純正スピーカーにツイーターとピュアコンをセットするベーシックパッケージを取り付ける時に追加で14700円(ツイータースタンドと税も含む)を払うと508GTIのツイーターを選ぶ事が出来ます。

508GTIのツイーターはきめが細かく高性能なので後でシステムアップをした時にどんなミッドを持って来てもしっかりつながります。(ただしピュアディオ推奨ユニットの話ですが)

そして現在は508GTIのツイーターのみをアメリカの工場でピュアディオ向けの専用ロットで作っている最中です。

画像 094
それとシリーズ違いでもしっかりいい音で再生出来るのはピュアコンと呼んでいるユニットの交換で周波数特性をどんどん変えられるネットワークがあるからです。

システムアップしてもパーツの番号を変えたり、追加ユニットを挿入すればピュアコンはどんどん進化していくパッシブネットワークなのです。

でも見た目には普通の透明のアクリルのネットワークの方が良く見えてしまうところが難点かも知れません・・(取り付けたら見えないから別にいいかな?)


お客さんからは「単品売りとか追加パーツが付けられたりするとボーナスのたびにちょこちょこ買いが出来るから嬉しい!」と好評を頂いています。
【2009/07/20 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
次に欲しいアイテム
最近変な気候というか、晴れたり突然雨が降ったりと日本もジャングルみたいな気候になってきていますよね。
画像 089
そのせいかたまにこんな夕暮れがあります。
ジャングルの木々の代わりにビルです。(福岡市東区香椎浜にて撮影)


さて話は本題に入って、お客さんからよく『次に欲しいアイテム』としてこのブログでもおなじみの『ZSP-MID』があります。

しかしこれを手に入れてしまえば、その次に欲しくなるのが『PUREZ801』です。

効果の割りに見た目に高級感が無いのであまり本体の映像はお見せしていませんが、その代わりによく掲載されているのが『メーターパネルの映像』です。

車の電源環境を整える事によってオーディオの音質をアップさせるのが目的なのですが、音質は目でお見せ出来ないので燃費アップをメーターパネルの数字で説明しています。

スペアナ測定のデーターで「音質がアップしました。」と言っているメーカーや販売店があるみたいですが、ピュアディオではモノラル測定のデーターで音質の良し悪しを判断しません。

実際にスペアナをを使ってもロードノイズのレベルの測定だけで、音質の判断は耳で行います。

だって人間には左右に耳が付いているのにモノラルのマイク1本で拾ったデーターで音色を判断するってよく考えたらおかしいですよね?

だから自分は多くのコンサート会場に行ったり、ボーカリストの方の声を直接聞く事の出来る場面を作って、それで車内の音色と比べて判断していますから最も生音に近いと自信を持って言い切れます。


前置きが長くなりましたが、写真のご紹介です。

まずは平均速度99キロで120キロメートルの道のりの高速道路を走ってリッターあたり11・3キロ走ったというメーターパネルです。
画像 088

そして次は高速道路と一般道を半々ぐらいで、平均速度75キロで165キロメートルの道のりを走って、途中休憩を2回はさんでリッターあたり10・4キロという数字です。
画像 086
この2枚の写真を見ていただければ何となくイメージがわくのではないでしょうか。

これで387馬力、トルクが54キロのエンジンで、カタログ燃費値は7・4キロの車ですから、夢のようなパーツです。


当然カーオーディオの音質はかなり透明感のある音になっていますから『いつかは欲しいアイテム』と多くの方から言われる訳です。(本来は音質アップが目的の商品です)

買った方からは「こんなによくなるんだったらもっと早く買っておけばよかった!」と言われる事も多いです。


PUREZ801は音質に対しては全ての車種に同じ様な効果がありますが、燃費に対しては車種や運転の仕方で差が出る事をあらかじめご了承下さい。
【2009/07/19 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
真のMJとは?
皆さんはMJというと何を想像されますか?

自分が初めてMJを知ったのは小学校6年生の時で、本屋さんで『無線と実験』(通称MJ)を手にした時でした。

この本は名前と違ってホームオーディオのアンプなどを自作する情報などが載っている本で、アマチュア無線の情報が欲しかったので買った後に「これではオーディオと実験だ!」と後悔しました。

他に通称MJと呼ばれている本はミュージック・ジャーナルという本があったような気がします。


ここまで世間話で引っ張りましたが、今MJといえば間違いなくマイケル・ジャクソンでしょう!

今朝NHKのBS・hiを見ていたら『日曜日夜9時からマイケル・ジャクソン特集を放送』とPRをしていたので、気になる方はぜひ見てみて下さい。


そういえば自分と同じ年代(40代)の人と話していると、「マイケル・ジャクソンの作品はオフ・ザ・ウォールが最高だった!」という結論に達します。

その理由として、売れ線を狙った計算された感が全く無くて、素のマイケル・ジャクソンが表われているからです。

ナンバーワンの曲を集めたアルバムでイントロの頭がカットしてある『今夜はドントストップ』しか聴いた事の無い人は『オフ・ザ・ウォール』のフルバージョンを聴いた時にどう思うのでしょうか?

また邦題『ディスコで燃えて!』や『ゲット・オン・ザ・フロアー』では40代後半から50代前半の方は本当にこの曲でディスコで燃えていたのではないでしょうか?

スリラーやBADに比べたらかったるく聴こえるかも知れませんが、真のMJはアルバム『オフ・ザ・ウォール』の中にあります。


追伸  プレスリーの名曲の同名の別な曲で『ハート・ブレイク・ホテル』というスリラーの予告編的な曲もありましたが、こちらは兄弟でやっていたジャクソンズのアルバムに入っていたような?

また『セイ・セイ・セイ』という曲も名曲ですが、こちらはポール・マッカートニーの曲にマイケル・ジャクソンがデュエット参加したという形なのでポール・マッカートニーのアルバムに入っているはずです。
【2009/07/18 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
クレトムといえばサウンドピュアディオ?
井川ブログ&スタッフブログではおなじみのクレトムの日よけグッズですが、別にうちとクレトムが協力しているわけではなくて、便利だから勝手にブログで取り上げているだけです。

今朝ヤフーで『クレトム サンシェード』で検索したら野田くんのブログが6番目に来ていました。

そこで機嫌を良くしてさらに『クレトム 日よけグッズ』で検索したら・・・ なんと自分のブログが1位・2位を独占状態!

しかし1位のブログにはクレトム製品にハサミを入れてカスタマイズしている写真付きで・・

クレトムにとって井川ブログはありがたい存在なのか? それとも迷惑な存在なのか? 微妙です。


でも野田くんのブログは説明書どおりにサンシェードを使っているのでありがたい存在でしょう。


昨日までは福岡・山口地方は曇り時々雨の状態で、日よけグッズもいらない状態したが、今日からは晴れて暑くなりそうです。

こんな日の駐車はクレトムさんの商品に頼るしかありません。


それと夏の暑~い日が続くとカーオーディオの製品に不調が出る事も予測されます。

日よけグッズで車内の温度が上がらない様にするのと、バッテリーのチェックやチャージでこの夏を無事に乗り切りましょう。

ここ数年この手の話をしつこくしているせいか、平均気温が上がっている割りには夏の機器のトラブルの件数は減ってきています。

以前は夏の時期にカーエアコンのコンプレッサーが動作した瞬間に電圧が下がってディスクつまりが起こるというのが多発していましたが、事前に防止策を取っているとかなり防げます。

あっ!トラブル以前にバッテリーのコンディションがいいと音がいいというメリットもありました!(本来そこが一番メインですが)


サウンドピュアディオでバッテリーをお買い上げのお客さんには店頭に車を持ってきていただけるかぎり他店では出来ないレベルのメンテナンスをさせて頂いております。

価格はメンテナンス代込みで設定しているので他店よりやや高いのですが、2年間で5回から10回のメンテナンスに持ち込んでいただければ十分に安いと言っていただける価格設定になっているのと、大量に買い付けずに必要な量だけをまめに補充しているので長期間寝かせていない新鮮なバッテリーをお届けしています。

もう1ヶ月以内にお盆休みになり、1年で最もバッテリー上がりが起こる時期になります。

事前のメンテナンスと交換時期の近い方は盆前の交換をお勧めします。


書き忘れていましたが、取り付け作業で入庫している車については何も言われなくても作業の合い間にバッテリーのメンテナンスをさせて頂いています。


【2009/07/18 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今朝テレビを見ていたら
今朝テレビをつけていたら『おぼれる者はワラをも掴むではありませんが、今おぼれる者はマンゴーとか地鶏とか掴もうとします。』と誰か言っていました。

思わずうけて「座布団3枚!」と言いそうになりました。

本当に日本の政局はどうなるのでしょうか?


ある自動車雑誌によるとカー用品店に「もし民主党が政権を取って高速道路がただになったらこのETCはどうしてくれるんだ!」というお客からの問い合わせというか半分苦情があるそうです。

確か都市高速はただじゃないからそのぐらいは使えるでしょう。

それだとビジネスユースじゃないと無理に必要はないですよね!


そんな今日この頃、ラジオに面白いリスナーからの投稿がありました。

ある飲食店で今日のおすすめみたいなのを書く小さな黒板が店の前に置いてあって、そこに『日本は終了しました。』と書いてあったそうです。

本当は『本日は終了しました。』と書くところですが、本と日が逆になっているとこの時期ちょっと笑えないようなギャグになっています。


この投稿はFM山口の番組『まるてんフライデー』の中で紹介されたのですが、今日はFM山口にCHAGE&ASKAのCHAGEさんが生放送で出演されていました。

自分も行っていたのですが、外には段々ファンの女性の方が集まって来られたので、「このままいるととじゃまになってはいけない。」とご挨拶だけして早めに引き上げました。


FM山口の後はそのまま新山口駅に向かわれて新幹線で広島FMに行かれました。

昨日は福岡市内の移動だけだったのですが、今日は福岡から山口・広島とハードスケジュールの移動で、CHAGEさんはお疲れだったのではと思っています。
【2009/07/17 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
CHAGEさんとFM福岡で
今日は午後からFM福岡のスタジオに行きました。

目的は皆さんご存知の超人気デュオ『CHAGE&ASKA』のCHAGEさんのソロアルバムのプロモーション番組の収録に立ち会う為で、その番組のスポンサーはなんとサウンドピュアディオです。
2009.7.16 002
(写真はFM福岡の控え室でCHAGEさんと自分)

CHAGEさんとは初対面だったのですが、とても気さくでスポンサーを大事にされるいい方でした。

日曜日は那珂川町にコンサートを聴きに行っていましたが、その時にはまだお目にかかっていない状態だったので自分のブログの内容が意味深になっていました。

実はその前からすでに番組の予定は組んでありました。(番組収録が終るまでは情報が出せないので・・)


今回の番組はコンサートのMCでは聞けない話題満載で、デビュー30周年でありながらなぜソロ活動に力を入れているかという皆さんが一番知りたい核心の部分にかなり触れています。

またアコースティックなアナログなサウンドにこだわる理由など内容盛りだくさんで、ファンの方は絶対に聞き逃せない内容になっています。


SOUND PUREDIO presents 「ChageのMany Happy Returns」の放送日時は
FM山口  8月1日(土)  18時~18時30分
FM福岡  8月2日(日)  19時~19時30分 となっています。

是非ご期待下さい!
【2009/07/16 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
本屋で見つけた意外なタイトル
昨夜散歩がてら本屋さんに行ったらビジネス書籍のコーナーに面白いタイトルの本があったので買って帰りました。
2009.7.16 001
まずは左の赤い表紙の『ビジネスで失敗する人の10の法則』は、「普通は成功するじゃないの?」とネガティブなタイトルに驚きましたが、その意外さにつられて買ってしまいました。

そしてもう一冊は茂木健一郎さん著の『カラヤン 音楽が脳を育てる』で、58分収録のCDが付いています。 

昨夜はもう一冊を読んでCDを聴いていませんが、今夜はカラヤンを聴きながら茂木さんの本を読んでみます。
【2009/07/16 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
間違った情報が!
なんだか今日凄い情報が入って来ました。

某メーカーの勉強会用の資料に自分の写真が勝手に使われているというんです。

ファックスで送ってもらったら確かに自分でした。

自分は色々なメーカーの商品を実際に買ってから実験して、最終的にどれがベストバリューか判断してから一番のお勧めを決めているのですが、あるメーカーから3個ほど異なる値の商品を買ったら勝手に写真を掲載されて『他のメーカーから全機種切り替え』と書かれてしましました。

いくら急いで売上を上げたくても人の顔写真を勝手に使用してはいけないでしょう。

しかも大手の株式上場会社がやる事ですからあきれてしまいます。

逆に大手だから小さい会社の社長の写真ぐらい勝手に使っても問題無いだろうという考えかもしれませんが・・


良い方に考えたらそれだけ自分の影響力が強いから利用したのでしょうが、見る人が見たら「これは井川社長だ!」とすぐに分かって、内容にについては「そんなはずは無いだろう?」と思ったそうです。

人によって「すぐに抗議するべきだ!」という人と、「他にだれの写真も載っていないわけだからピュアディオが専門店のトップという意味で知らぬふりしてやらせとけば。」という二つの意見に割れています。
【2009/07/15 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今日のクロスFMは
今日は宇部店にいて午後から福岡に移動しますが、そういえば昨日は役所へ行ったり自分が持っているテナントの見回りなどで山口・福岡間を往復していました。

これでは火曜日が休みなのに体を休めている暇がありません。

そんな事を思いながら朝からクロスFMの北九州中継局の77・0MHzを聴いていたらガーガーと混信していました。

この時期はスポラティックE層(通称Eスポ)という電離層が空の上に発生してそこでFM放送の電波が反射して遠くまで届きます。

そのスポラティックE層が濃くなったり薄くなったりするので遠くからの電波が強くなったり弱くなったりしてフェージング現象が起こります。

とても聴きずらい状態なのでFM福岡に変えたのですが、こちらも混信していました。


そこでFM山口の宇部中継局に変えて、こちらは同じ宇部市内から電波が出ていて感度がいいので混信しません。

以前よりも混信が増えてきている様な気がしていて、やはり地球温暖化のせいで夏の電離層状態も変ってきているのでしょうか?


そういえばFM福岡に混信してくるのは遠くのNHK・FMらしいのですが、「クロスFMと重なっているのはどこの局だろう?」と調べてみたら77・0MHzにFM岩手の野田中継局というのがありました。

しかしそこの電波の50倍のワット数のFM仙台の本局が77・1MHzというのがあったので、「こちらの方が怪しい?」と思っています。

これなら札幌店のサウンドプラネットのクロスFMの方が音質は別にして混信が無いので聴きやすいのではと思います。


それと札幌店でクロスFMを聴いた事がある方ならわかると思いますが、北海道の放送に比べて福岡の放送の方が喋る速度が速いんです。

これも地域性なんでしょうね!
【2009/07/15 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ハイローコンバーターの意外な使い方
この最近ふと思った事があります。
それはロックフォードの3sixtyはハイローコンバーター内蔵でそのまま純正デッキの信号を入力出来ますが、ひょっとして手前にピュアディオチューンのハイローコンバーターを入れたらもっと音が良くなるのではないかと?  あると思います!(天津木村風に)
画像 085
早く実験しないといけないのですが、デモカーで実験するのが早いのか? それとも試してみたいというお客さんが来られるのが早いのか? 何だかヒットの予感です。


いきなり次の話題に移りますが、下の写真は自分がドア防振のコーティング作業の乾きが遅いのでドライヤーを当てているところです。
画像 084
大型のエアコン2台を導入して除湿しているのですが、それでも大雨などで湿度が上がります。

この前宇部店のピットでテレビCMの撮影をした時に撮影用のライトで電力を使ってブレーカーが落ちるので一度エアコンを切りましたが、エアコンが無い状態とはこういうものかというのを体感しました。

エアコンがあってもこの状態ですからエアコンの無いピットで作業するという事は考えられません。


写真のドアコーティングは見た目はかなりデコボコしていますが、この微妙なデコボコ具合が高音質の決め手になるんです!

ZSP-MIDのデコボコドームと一緒ですが、軽くて剛性を上げようと思うとこういう形になります。

そして最後はカリッとした仕上がりになってスッキリとした最高の音のパフォーマンスを発揮しますが、そのためにはピットにエアコンは絶対に必要です!


そしてエアコンを切って撮影したテレビCMももうじき福岡のTVQで放映が始まります。

いつもだとワールドビジネスサテライトの時間帯を狙っての放送なのですが、今回はWBS1割で残りの9割を深夜2時半ぐらいのアニメの時間帯に放送します。

TVQはテレビ東京系でその系列の無い山口県でも見ている人が多いので最後のテロップは福岡県以外でも見ている人を考慮してこんな映像になっています。
画像 083

それと昨日のスタッフブログもしくは自分の過去のブログに載っているテロップは山口県専用です。

実は山口県版に関しては多くの人が報道番組を見る時期を狙って放送します。

つまりCMのワイド画面の製作は最初から総選挙の時期を狙って作ったという事です。

山口では明らかに政治に興味があるという人をターゲットにしたCMですが、福岡は思い切ってアニメ系を狙うという放送局によって明らかに違う人を狙った戦略になっています。
【2009/07/13 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
昨日はCHAGEさんのコンサートに
昨日は福岡市の隣の那珂川町の『ミリカローデン那珂川文化ホール』という所にCHAGE&ASKAのCHAGEさんのソロコンサーに行ってきました。
画像 080
黒塗りのベンツの4ドアで会場に行ったら係りの人が何を間違えたのか明らかに普通の駐車スペースとは違う所に誘導されて、こんなバーの後ろに止まっています。
画像 079
前から見るとベンツマークがドカンと付いているし、ファンの人も完全にCHAGEさんの移動用の車と間違えてコンサートの後に人が集まってというか近寄ったり遠めに見たりしていました。
画像 082
そしてリアサイドのガラスを指差して「ほら、ここにサウンドって書いてある。」と言っていましたから音楽関係者の車に見えたのでしょう。

確かに今までこの車で何人かのアーティストさんの移動をしましたが、今回は全く違います!

それに今のところ自分はCHAGEさんとも事務所の方とも面識がありません。(あくまで今のところです)

やはり何人もアーティストさんが座ると車にそういうオーラが出て来るのでしょうか?


話題はコンサートの話に移りますが、今回のコンサートは今行われている『CHAGEの細道』のツアーとは別のコンサートと書き込みましたが、1曲目の後に「CHAGEの細道へようこそ。」とMCが始まったので、「まさかブログに書き間違えたのか?」とビックリしてチケットの半券を探しましたが暗くて見つかりませんでした。

コンサート終了後に半券を見つけたら『CHAGE アコースティックライブ2009』と書いてあったので安心しました。

ステージのセットも和風だったのでツアーと同じ物ではないかと思いますが、「那珂川町の教育委員会が後援なのでここでは下ネタ禁止です!」と言われていたのですが、途中で何回か危うく下ネタが出そうになりました。

まーそういう意味でツアーとはやや別バージョンという感じだったのでしょう。


そして今回のコンサートは3月25日に発売されたアルバム『Many Happy Returns』の中から主に演奏されていて、ほのぼのとしたいい感じの曲ばかりでした。
画像 081
コンサートの行きも帰りも自分の車の中でアルバムを聴きいて音をチェックしていたのですが、コンサート会場との大きさの違いによる広がり感はイコールにはならないもののボーカルの音色はかなり正確にトレースしてあると思います。

いつかチャンスがあればCHAGEさんのPAを通していない生の声を聞いて、頭の中に強く焼き付ける事が出来たらと思っています。


追伸  CHAGEさんのアルバム『Many Happy Returns』には谷村新司さん・根元要さん・松浦亜弥さん・スガシカオさん・夏川りみさん・キマグレンさん・それと2人の愛ランドでおなじみの石川優子さんなど多くの方が参加されています。

是非聴いてみて下さい。

【2009/07/13 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
ベストカー8・10号に
タイトルからすると「またサウンドピュアディオに関する記事が載っているのか?」と思われたかもしれませんが、今回は全く載っていません。

ちょっと興味深い記事がいくつかあったのでここで紹介します。


まずは89ページに掲載してあるスズキのスクーター『LOVE』のCMについての記事ですが、まだ有名になる前というか直前のマイケル・ジャクソンを採用したという経緯について書いてあります。

自分は鈴木会長の書かれた本が好きで読んでいますが、今のところにマイケル・ジャクソンさんの話は出てきません。

おそらく次回作があればその辺も書かれると思いますが、一言でいうと『先取りしすぎてしまった』という感はあります。

なんといってもCMの1年後にスリラーの大ヒットですから。


自分がスズキのLOVEのCMの前からディスコでマイケル・ジャクソンの曲を聴いた事があるのですが、アルバム『オフ・ザ・ウォール』を買おうと思った直接のきっかけはLOVEのCMでした。

そういえば昨日CD屋さんに行ったらマイケル・ジャクソンの旧作が表に並べてあって、その中の一部に明らかに以前に貼ったと思われる『20%オフ』のシールが貼ってありました。

「今だと普通に売れるのに。」とふと思いました。


話が少し脱線しましたが、次に気になった記事は『減税車』についての記事でした。

エクストレイルのガソリン車でノーマルだと減税車ではないのが、サンルーフをプラスすると1・5トンを越えて減税対象になるという事でした。

事前に雑誌などで減税の仕組みを知ってからディーラーに出かけた方がいいと思わせる記事でした。


3つ目はサウンドピュアディオにとってプラスになる記事ですが、日刊自動車新聞の用品大賞の機能品部門でボッシュのハイテック・シルバーが選ばれた事が書いてありました!

このバッテリーは熟練した専門担当者が年間完全数量限定で生産している物で、なんだかサウンドピュアディオの考えと似ています。

そのバッテリーを更に完璧なメンテナンスをする事によってオーディオシステムの最高のパフォーマンスを引き出します。

サウンドピュアディオで買って頂いたバッテリーに関してはチャージャーや測定器などを駆使して『走行に問題ない』というレベルではなくて『オーディオシステムに強くて綺麗な電源を供給する』という考えでフォローしています。
2009.7.12 001

ちょっと自社のPRに力が入ってしまいましたが、そんなわけで現在発売中の『ベストカー8・10号』は面白いです。

あっ!書き忘れていましたが、やっぱりベストカーといえば徳大寺有恒さんのコーナーが一番でしょう。
【2009/07/12 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
山下達郎サンデーソングブックで検索 Ⅱ
何日か前に「山下達郎サンデーソングブックで検索したら・・」という話題を書きましたが、今朝ヤフー検索で『山下達郎サンデーソングブック』と入力したら6位に表示されました。(ビックリです!)

さらにスペースを間に入れて『山下達郎 サンデーソングブック』で入力したら、それでも8位にいました。


自分のブログはFMのラジオ番組に関するネタが多くて、自分が何かFM放送の事で情報を探していると自分のブログが上位に表示されている事は日常茶飯事です。

ちなみに過去にFM福岡でのローリングストーンズの特別番組についてのコメントを見たいと『ローリングストーンズ FM福岡』で検索したら自分のブログが1位と2位で、秋川雅史さんのFM番組について何かコメントが無いかな?と『秋川雅史 FM』で検索したらピュアコラムが4番目でした。


そのぐらいFM放送についてはサウンドピュアディオ関連の記載が検索でひかかる事が多いのですが、そういえば山下達郎さんのコンサートのMCで自分に対する評価のインターネットでの情報をよく見ておられるみたいだったので、ひょっとしたら達郎さんは井川ブログをご存知かも知れません?


ここでサンデーソングブック以外のFM放送の人気番組についての話題ですが、JFN系で日曜日の17時から放送されている『日産 あっ!安部礼二』のキャストについてですが、その中の登場人物のゆうちゃんの声は辺見えみりさんではないでしょうか?

この前テレビでえみりさんが出ておられる時に画像を見ていなくて声だけ聞いていたらふと思いました。

たしか『あっ!安部礼二』のホームページではキャストの名前は出ていなかったような??


最後にサウンドピュアディオが関わっているラジオ番組に関するお知らせです。

毎週土曜日は福岡のクロスFMで18時からDEENのボーカル・池森秀一さんがパーソナリティーの『エアークルージング』が放送されています。

この放送は現在サウンドプラネットを使って札幌店の店頭でもお聴きいただける様になっているので、札幌の方も機会があったら聴いてみて下さい。

ただサウンドプラネットはJFL系のFMが聴けてもJFN系のFMが聴けないのが難点です。


8月になったら1日・2日と連続でJFN系のFM山口とFM福岡でサウンドピュアディオプレゼンツの特別番組が放送される予定です。

詳しいことはまた後日お知らせしますが、今までにサウンドピュアディオの番組に出演された事の無い『えーっ!あの人が!』というアーティストさんが初登場されます。(店頭にて口頭ではすでに情報は出ていますが)

ご期待下さい。
【2009/07/11 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
横綱昇進の四文字熟語ではないけれど
横綱昇進の時の口上で四文字熟語が使われますが、日経流通新聞ではアルファベット4文字の言葉がよく出てきます。

その一つに『EDLP』という言葉があって、最初は「ELTにしては長いな?」と思っていたら『エブリ・デー・ロー・プライス』の略でした。

EDLPの考えは通常価格と売り出し期間中の値下げの価格差を設けずに『いつでも精一杯の価格』という考えです。

サウンドピュアディオの価格が一般的な価値観からするとロープライスと言えないかも知れませんが、基本的な考え方としては『いつでも精一杯』で一年間を通じて価格の上下をさせないという考えです。

値段を変えない事でシーズンごとのメリハリはありませんが、逆に一年を通じて一定の仕事があります。


もうキャンペーン価格をやめて15年以上経ちますが、一般的なボーナスセールで安かろう悪かろうの仕事をしてしまうと後でジワジワと売り上げが下がってきます。

過去に2月の売り上げが1年で一番多かった事が2回もあって、12月に量販店がボーナスセールの安売りで大量の取り付けをして、その不具合の不満が年が明けて大量に出てきました。

量販店に持って行っても対応が悪いのでうちに持ってこられるのですが、「手直しだけは出来ません。何か追加で商品を買われたらその作業の時に手直しします。」と言っていたら、1年で一番日数が少ない2月にピークが来ました。

ただここ数年では量販店の手直し的な仕事も減りました。 量販店で手の込んだオーディオが売れなくなってきているからです。


一年間安定しているといえば仕事量の他にピットの温度と湿度です。

宇部店のピットには業務用の動力電源で動く大型エアコンが2台も付いています。
画像 078
画像 077
今日の宇部は大雨ですがガンガン除湿しています。

過去の統計で春と秋に取り付けた車と夏の暑い時と冬の寒い時に付けた車には半田付けや防振材の付き具合に差があるという事が分かって、音質的にも差が出たのでサウンドピュアディオの店舗ではピットに内に空調が効いています。

これはEDLPならぬ『EDBC』、エブリデー・ベスト・コンディションです。


ELDPの話はこのぐらいにして、次の話題は『CBHD』です。

昨夜のテレビ東京系の『ワールド・ビジネス・サテライト』で『CBHD』という言葉が出ていました。

『チャイナ・ブルー・ハイ・ディフィニション』の略で、中国独自の次世代DVDの企画で、ブルーレイの対抗馬だそうです。

でも今朝パソコンで検索して調べてみたらどうも東芝が進めていた『HD DVD』が元みたいです。


一度ブルーレイに負けたフォーマットを中国独自の企画として復活させるとは驚きです!


そういえばもう少しで福岡市天神にあるライブハウス『ビルボードライブ福岡』が閉店になります。

ここでは演奏が始まる前にこれからの公演の予告の画像と東芝のHD・DVDのCMが流れていました。

ブルーレイに負けてからそのCMは無くなりましたが、ビルボードライブ福岡の閉店と東芝のHD・DVDが負けたのはどこか関連があるのでは?と自分は思っています。


最後にアルファベット4文字ではなくて自分の好きな四文字熟語について触れます。

その言葉は『風林火山』です!って、これって正式には四文字熟語でしたっけ?

違いました。 孫子の句から4文字取っていたのでした。


文字の奥にある意味も好きなのですが、NHKの大河ドラマのテーマ曲で千住明さんが作曲の『風林火山』という曲があって、その上妻宏光さんのバージョンが好きなんです。

上妻さんのアルバム『蒼風』に入っている『風林火山』は千住明さんの指揮で演奏されている名曲です。

是非一度お聴き下さい。
【2009/07/10 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
ダブルでイコライジング
画像 076
今日はトヨタ純正ナビ付きの車にイコライザーとアンプとスピーカを取り付けた車が完成しました。

写真で見ると純正ナビ側もイコライジングしてありますが、一度純正側で聴感上でややフラット気味に操作して、その後31バンドのイコライザーで細かく調整します。

純正側はフラットのままがいいという考えもあるようですが、自分はダブルでイコライジングして音を追い込みます。

実際にはツイータとドアスピーカーをパッシブクロスオーバー(ピュアコン)で調整しているので合計3ヶ所で調整している事になります。


最後に31バンドの調整画面をよくご覧下さい。 ほとんどのバンドでかなり微妙なチューニングになっています。

「本当にこれでいいのか?」と思われる方もあるかも知れませんが、ドア防振で色々な材質を張り合わせて極端なピークやディップが出ない様にしているからこそ出来る技です!
【2009/07/09 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
風水とクールポコ
今日は本業ではなくて自分が持っているテナントの店舗についての話をします。

元々はテナント業をしようと思っていたわけではなくてホームオーディオの専門店をするつもりで不動産を買っていたのですが、ホームオーディオという業種は大型家電店や通信販売の影響で店舗販売というのが年々難しくなってきています。

「何年か後に景気が回復したら使おう。」と思っていた店舗もただ寝かせているだけでした。

ほんの数ヶ月寝せているだけで「貸して欲しい!」という話が沢山舞い込んで来て、いつの間にかテナント業みたいな事になっていました。


そのテナントの1つにめちゃめちゃ立地がいいのに風水的に悪いのではないか?という所があります。

それはそこの店舗は何故か揉め事が多くて、お客さんが大声を上げたり暴れたりする確率が高いんです。

いまの借主で二軒目ですが、前の借主の時に揉め事で閉店して、「新しい借主では問題無いのかな?」と思っていたらある日突然検察庁から電話がかかってきました。


その理由が、店舗でお客が暴れて壁に穴を開けて事件になって今裁判になっているそうです。

ところが借主つまり原告がその店が自分の所有物として訴えを起こしてして、検察庁が調べたら井川の所有になっているので、名義変更が遅れているのか?それとも記載されている内容が間違いなのか?というような電話でした。

借りているのに自分の不動産だとはったりをかましたのでしょうが、裁判所に出す書類にはったりはまずいでしょう。


その時に頭の中にクールポコのギャグの『なぁ~に~! やっちまったな~!』というセリフがよぎりました。
【2009/07/09 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
なだぎ武のギャグではないけれど
なだぎ武さんのギャグで「ややこしや~、ややこしや~!」というのがありますが、自分の仕事の中で最もややこしいのが車内での音調整です。

2006年の3月31日までは高級モニタースピーカーの音と車内の音の聞き比べで音色を決定しましたが、この日を境に方式を変えました。
画像 070
とは言っても高級モニタースピーカーを否定している訳ではないんです。
今でも毎日B&WのオリジナルノーチラスやJBLのエベレスト66000などをBGMとして聴いています。
画像 071

宇部店だけで他にはBGM用でノーチラス803が2セットと・・
画像 072
画像 073
シグネイチャー805もあります。
画像 074
宇部店の店内をどこを歩いても上質なBGMが流れています。

これで最高の調整が出来ると自分は信じて疑いませんでした!

それが2006年3月31日に佐賀で上妻宏光さんの生演奏を最前列で聴いて、帰りに自分の車で上妻さんのCDを聴いた時に「このままではいけない!」と強く思いました。

その理由は上妻宏光さんの三味線から奏でられる音楽は音が出ている所が一ヶ所で、それをモニタースピーカで再生すると縦一列に分かれて再生されます。

それが人間の耳に到達した時に一つの音源ように聞こえるのです。


それはBGMとしてはいいのですが、元々一つの音源から縦一列に分割されたものを必死で聴いてイメージして、それをダッシュ上とドアとリアの3ヵ所に分散しないといけないという音調整になると限界を感じたり、ある到達点にたどり着くのに時間が余分にかかってしまうわけです。

その作業が実はなだぎ武さんのギャグの様に「ややこしやや~、ややこしや~!」という事になっていたんです。


それを知った日から演奏者の生演奏を直接追いかけて間接変換から直接変換の音調整を実現しています。

しつこいようですが、モニタースピーカーが悪いと言っている訳ではなくて、一つの形を一度分解したものから次の別な分解した形を作るという工程がややこしいので、元の音をはっきりと頭に焼き付けて1回のイメージで3ヶ所に分解するという考えです。(フロント2WAYだと2ヶ所です)

おそらく以前2~3時間かかっていた調整が15分~30分ぐらいに短縮出来て、しかも以前よりも立体的に本物っぽく聴こえる様になっているはずですから少々の時間を割いてもコンサート会場に足を運ばないといけません。


ちなみに今月は12日に福岡県でCHAGE&ASKAのCHAGEさんのソロコンサートに行って、31日に東京の上妻宏光さんの『アジアン・ユニット・ツアー』の最終公演に行きます。

CHAGEさんは『CHAGEの細道』というツアーがありますが、今回のコンサートはツアーとは別で、9月には山口県下松市と福岡県八女市(辺りかな?)でコンサートがあります。

また上妻宏光さんは残念ながら今回は九州では公演がありませんが、東京の公演では同じモンドラナミュージックのピアニスト・村松崇継さんもゲストで出演されます。

自分はまだ村松さんの演奏を聴いた事が無いので昨日のブログの中の話ではありませんが『一粒で二度美味しいグリコ・アーモンドキャラメル』みたいな感じで、わざわざ東京まで行く甲斐がある公演です。

画像 075
余談ではありますが上の写真は宇部店の菓子盛り皿で、点検待ちの時にお客様に退屈だと感じる事が無いように全て違う種類のお菓子が入っています。

その中にグリコ・アーモンドキャラメルもありますので、ぜひ『一粒で二度美味しい!』というのを体感してください。
【2009/07/08 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ハイブリットカーだけがエコカーじゃない
確か玉木宏が出演しているマツダのCMではなかったかな?と思いますが『ハイブリットカーだけがエコカーじゃない。』というセリフがあります。(あれっ、日産だったかな?)

ハイブリットカーでなくてもガソリン車で75%減税になっているガソリン車が沢山あります。

なぜガソリン車なのに燃費を簡単に上げる事が出来たのでしょうか?

一般にはあまり知られていないのですが、ガソリン車でセミハイブリットみたいな事をしているんです!


例えばバッテリーが弱くなって夜ライトが暗くなった時にアクセルを吹かして回転数を上げればライトが明るくなるのは皆さんご存知ですが、最近のエコカーと呼ばれる車でこれをしてもライトが明るくならない事があります。

逆にアクセルをあおった後に回転数が下がった一瞬にライトが明るくなる事があって、「あれっ!」と思ってしまいます。


これは加速時などに発電量を減らしてオルタネーターの負荷を軽くして燃費を稼ぎ、逆に減速時にオルタネーターに負荷をかけて重くしてエンジンブレーキプラス発電で減速しようという考えです。

だからバッテリーが弱くなってライトが暗くなっても、アクセルの空ぶかしで回転を上げても明るくならない車がでてきているんです。


サウンドピュアディオは以前から『2chアンプ2台か4chアンプ1台しか付けてはいけないルールがある』と書いた事がありますが、それはアンプを単純に増やしてワット数を稼ぐという音質アップのしかたは将来的にハイブリットカーが増えた場合は通用しなくなるので、早くからアンプのワット数に頼らない音質アップの方法を考えていました。

営業サイドからは「他の店は沢山アンプを付けて客単価を上げているのに、うちの社長は頑固だから!」といやみを言われていました。

しかし「そのうちハイブリット車が増えるから。」とアンプの取り付け制限はかたくなに守りましたが、まさか減税車でガソリン車の発電量に制限がかかるとは自分も予測していませんでした。

その頑固さのお陰でお客さんが減税車に乗り換えられてもさほど問題はありません。


さほど問題無いと書いたのはETC1000円で遠出をしてもし渋滞した事を考えると余裕がある方がいいと思われるお客さんが沢山おられるからです。

実際にはセンサーの感知量を制御すれば減税車でも発電量をやや増やす事が可能です。

発電量を増やせはオルタネーターの負荷が増えますから燃費もやや悪くなります。

そこで登場するのが『PUREZ801』です!

このパーツは音質がアップするのと同時に燃費効率をやや上げる事が出来ます。

あえてややと書いたのは車種によって効果に差があるからで、このブログでは5500ccの車でこんな燃費になりましたとよく載せているので車種によってはとんでもない効果があるというのは皆さんご存知の事でしょう。


つまり『PUREZ801』を付ければ発電量増加によるマイナスをカバーしてなおかつ音質的にも良くなるという『グリコ・アーモンドキャラメル』のキャッチフレーズではありませんが『一粒で二度美味しい』という事になります。

アンプを増やさなくて音質を上げるという部分に集中したからこそ生まれた製品でしょう。


目先の売り上げが欲しければアンプを沢山付けたりモニターテレビを沢山付けて売り上げを上げるという方法もあったのでしょうが、サウンドピュアディオの考えは常に何年か先を見た将来ビジョンというものがあります。

大手メーカーのマーケッティングに逆らってマルチアンプを避けてパッシブ方式にこだわっていたのも将来を見据えての事でした。


おそらく減税車が沢山市場に出回る事によってカー用品のアフターマーケットは今までの方式を大きく変えざるをえない状態になるでしょう。

サウンドピュアディオは1年に何台も新車を買って実験しているので、お客さんの車を触る前に多くの技術を習得していて、それが会社の強さになっています。

自分の好きなこーマーシャルのセリフに『ダンロップは先に行く』という言葉がありますが、カーオーディオに関しては減税車にいち早く対応している『サウンドピュアディオが先に行く』という感じです。
【2009/07/07 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。