PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
今日は火曜日ですが
今日は火曜日で福岡店・宇部店・札幌店は休みですが、自分は店に出て来て書き込んでいます。

そして月末なので宇部店の2階には専務が出て来て事務処理をしています。


現在山口県は雨が降っていて、おそらく隣の福岡県も雨だと思うので、これで以前からの水不足の解消になるのではないでしょうか。


ところで、この前テレビCMの撮影があると書きましたが、明日の午前中にSL550が磨きから帰ってきて、7月1・2・3日の天気の良い時の撮影となります。

今日はひどい雨なので明日の撮影はどうでしょうか?


それと「今までのCMでどこが悪いの?」と思われる方もあるかも知れませんが、2011年7月の完全地上波デジタル放送移行までにコマーシャルをデジタルハイビジョンに撮り代えないといけないのですが、どうせなら他が移行する前に早くしようという事で撮影します。

皆さんが今テレビコマーシャルを地デジで見るとほとんどのCMが両端の映像が欠けた状態でオンエアーされているはずですが(山口県だけかな?)、デジタルハイビジョン撮影のコマーシャルは端から端まで全て映像が映ります。

つまり早くハイビジョン撮影の映像をオンエアーすればその分フルの画面で出るインパクトの強いCMを流すという事になり、いわゆる『先手必勝』となるわけです。

多くの会社が経費節減で2011年まで使える映像はそのまま使おうという考えみたいなので、うちのような小さな会社がいち早くハイビジョン化する事によって他より目立とうという考えです。
【2009/06/30 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
驚きの燃費!
7月になったら山口県で流がすテレビCMの画像をデジタルハイビジョンに変えるために撮影をしなおします。

ここ半年以上はオンエアーしていないのですが、以前の映像はオープンになっているベンツSLK55AMGの車内が写って、その後にルーフが閉まるというパターンで、ルーフが完全に閉まる前にリアガラスがトランクルームから上がってきてそこに『SOUNDPUREDIO』のステッカーが貼ってあるというCMです。

そのCMを見て「あのサウンドピュアディオのステッカーが貼りたい!」と思われてユーザーになられた方も多いです。

そのサウンドピュアディオのテレビCMが7月上旬に新たにデジタルハイビジョンカメラで撮影されます。

しかし、もうSLK55AMGは無いので、専務のSL550を使っての撮影となります。

そのために福岡のボディーコーティングの業者に出すために先週自分が運転して福岡に向かいました。
画像 054
するとメーター上にこんな数字が?

なんとリッター当たり12・2キロも走っています。

5500ccの排気量で12・2キロとは驚きの数字です。

2000年にベンツS320で名古屋店に行った時に一の宮インターで下りて給油した時にリッタ当たり11キロで驚いていたぐらいですから・・

これはどう考えてもPUREZ801を使った電源環境の改善がオーディオの音だけでなく燃費にもいい影響を与えているという事です。


そんなわけでSL550が今手元に無いので現在は自分のCLS550を専務が乗っていて、自分はデモカーのC200で移動をしています。

そして昨日は関門海峡を渡って福岡県へ・・
画像 053
関門橋の上は片側3車線で広いのですが・・ 橋の最後に左車線はインターチェンジに向かうために下の方におろされます。
画像 052
画像 051
景色がいいからと何も考えずに左車線を走っていると後で慌てます。

御気を付け下さい!


そしてベンツC200で福岡店に着いてメータパネルを見たら???
画像 050
どこかで見たリッター当たり12・2キロという数字です。

なんと電源関係が全くどノーマルのベンツC200とPUREZ801を装着した5500ccのSL550の燃費が全く同じだったんです!

これがテレビドラマの『ホテル』の高島弟だと「姉さん、事件です!」と手紙に書いている事でしょう。


【2009/06/29 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
昨日のエアークルージングは
毎週土曜日の18時から福岡のクロスFMで放送されている『エアークルージング』は月末の土曜日になると井川が登場します。

その月末の土曜日も昨日の放送はいつもにましてスペシャルでした。


話はいきなり昨年の12月まで戻って、ZEPP福岡で行われたDEENさんのコンサートの時に会場の出入り口にエスティマとアイのデモカーを置かしてもらって、DEENのファンの方に聴いてもらうという試みをしたことがありました。

時間の都合で来場者全ての方に聴いてもらうというのは無理でしたが、だいたい1~2割ぐらいの方には聴いていただいたのではと思っています。


そして年が明けてファンの方から問い合わせがあって、もう一度デモカーが聴いてみたいという事で来店されました。

そして成約されて、最初にベーシック・パッケージにプラスしてフロントドアスピーカーも交換してして頂いたのですが、すでにリピートされて現在ではアンプとCD500PPも取り付けられています。

その方がファンの中で一番池森さん仕様に近いのですが、なんとその方にDEENのボーカル・池森秀一さんが番組の中で電話をかけてインタビューするというサプライズがありました。


そのインタビューの中で「僕たちが伝えたい音が伝わりました?」みたいな部分があって、お客さんも「これが伝えたかった音なんだと思いました。」という答えが返ってきました。


この瞬間に自分の頭の中は昨年の10月にタイムスリップして、赤坂のスタジオでDEENさんとエンジニアの諸鍛冶さんがシングル『永遠の明日』の最終の追い込みに入っている所に立ち合わせてもらって、音源が完成した時にモニタースピーカーで再生して「これでよし!」となった後にもう一度ラジカセで音を確認されていました。

理想の音はこれだけど、ほとんどの人はこのラジカセの音で聴いているという『理想と現実』的な実験なのですが、この時に自分は「もっと多くの人にアーティストの人が作った音に近い音を届けたい!」と強く思いました。

このブログではやたらベーシックパッケージについて触れていますが、単価が安い割りに手がかかりすぎているのでそんなに儲かる商品ではありません。

しかしノーマルのままで使っていても実際の演奏とはかけ離れた音で、「ちょっとでも生音に近い音で聴いて欲しい!」という気持ちを込めてベーシックで使われるコイルは一度機械巻きした物を全て手で途中までほどいて巻き換えています。

そうやって作られたベーシックパッケージを装着した車でも生の音に近づけようと思うとこんなトーンになる事もあります。
画像 049
なんとバスレベルがマイナス9まで下がっています。(写真は当社デモカー・ベンツC200です)

ここまで下げてやっと本来のボーカルイメージになるわけですから、ノーマルの状態がいかに低音のみを強調しているかわかるでしょう。

低音を強調し過ぎると、その音を何倍かにした周波数の倍音成分がボーカル音域にかぶってイメージを崩してしまうんです。

しかもバスをマイナス9にしても普通に楽器の音も聞こえていますから、元が必要以上に強調されたカスタマイズされた音なのでしょう。


話が少し横道にそれましたが、今回の放送ではDEENのボーカル・池森さんが伝えたい音を中間にサウンドピュアディオが提案する製品や仕事が入ってファンの人に伝わるという理想の形がコーナーの中で表現出来たと思います。

確かに商売ですから利益を出さないと成り立ちませんが、音楽を伝えたいアーティストさんと本当の音を受け取りたいファンの間に入ってお手伝い出来るという『今までに無かった音楽業界と直結した夢のカーオーディオショップ』というのを実現した瞬間でした。

数日前にブログに書き込んだ『サウンドピュアディオの存在意味』とは、こういう事が言いたかったんです。
【2009/06/28 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今朝のサンデーNEXTで
日曜日の朝、日本テレビ系で放送されている『THE・サンデーNEXT』という報道番組があるのですが、自分はほぼ毎週観ています。

その理由はNHKで放送されていた『経済羅針盤』が3月末で終わってしまい、「日曜日の朝に観るものが無いな・・」と思っているところにチャンネルをあれこれ変えていたら何か毎週ビジネスに関する番組をやっている『THE・サンデーNEXT』という番組があって、これ幸いと観るようになりました。(ちなみに経済羅針盤の次の番組は土曜日の朝9時からのために見れません)


今朝はビジネスに関する事ではなくて『マイケル・ジャクソンの栄光と奇行』という話題で放送していました。

その中で初来日した時の『初公開・秘蔵映像』というのがかなり長い時間流れていたのですが、なんとマイケル・ジャクソンさんはリムジンではなくてガンメタのトヨタ・ハイエースで移動しているのです。

以前このブログで、「マイケル・ジャクソンはリムジンではなくハイエースで移動していた。」という事を書き込んだ事がありますが、その事が真実だという事を証明した映像でした。


昨日の事、「マイケル・ジャクソンさんが来日した時に移動に使った車のオーディオを聴かせてもらった。」という事を書き込みましたが、それがあのハイエースです。

当然の事ながらマイケルさんが座った席に自分も腰掛けました。
【2009/06/28 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
スリラーのビデオが
昨日家でテレビを見ていたらフジテレビ系でマイケル・ジャクソンの追悼番組をやっていました。

その中でスリラーのミュージックビデオをフルに流していました。

それを見ながら妻に「スリラーのビデオは結局買えなかったんよね。」と言ったら「怖くて?」というではありませんか。

あの程度で怖い訳ではなくて、当時の価格で6800円か7800円で、22歳ぐらいで仕事で全く陽の目見ていない自分にはなかなか買えるような金額ではありませんでした。

今の物価水準に換算すると13000円から15000円になりますから今の時代と違っていかに当時市販のミュージックビデオを手に入れる事が大変だったかわかるはずです。


話は変って今日は18時から福岡のクロスFMでDEENのボーカル・池森さんがパーソナリティーを務められる『エアークルージング』の放送があります。

当初は札幌にいて聴けないはずでしたが、現在は宇部店にいるためにリアルタイムで聴く事が出来ます。

自分で言うのも何ですが、今日の放送は凄いです!

聴ける地域におられる方はぜひお聴き下さい。



さらに話は変って、昨日の閉店前ぐらいに石井竜也のファン方から電話がかかってきました。

FM福岡を聴いていたら『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 石井竜也シャンデリア・・』という宣伝が流れて、「石井竜也さんはいつ来られるのですか?」という質問だったのですが、「先月来られた時に収録しました。」と答えたらややガッカリされたようでした。

その石井竜也さんのサウンドピュアディオが提供の番組『石井竜也シャンデリア 愛と笑いの夜に』はFM福岡で明日の19時30分からの放送です。

前半の10分はかなりハチャメチャな内容で、途中からいつもの渋い石井竜也さんという感じの放送です。

収録現場に自分はいたのですが、石井さんは30分番組なのに40分から50分ぐらい喋られていて、「よく編集できたな?」と感心していました。

それでも30分番組で実質的に15分以上は喋られているという感じで、とてもパワフルです。


自分的には収録時に長く喋って頂いているとその分録音媒体を通さない生の声を長い時間聞いていられたのでラッキーでした。

FM山口ではもうオンエアーが終わっていますが、福岡県と山口県の西部地区におられる方はぜひ明日の放送をお聴き下さい。
【2009/06/27 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
正夢か?
昨夜というか今朝明け方変な夢を見ました。

寝る直前までテレビを観ていて、スイッチを切る前の映像が矢沢永吉さんが出てくるソニーのテレビのCMでした。

このCMは首から下がおそらく矢沢永吉さんではなくて、ブレイクダンスやムーンウォークをしているというものです。


その影響か何故か夢の中でムーンウォークを教えてもらっている場面が出て来て、どこで誰に教えてもらっているかというと、マイケル・ジャクソンさんが日本公演のリハーサル会場で何故か運よく自分がそこに入る事が出来てマイケル直々に教えてもらっているというシーンでした。

ところが夢の中なので体が思う様に動かせずに「自分には無理です。」と失礼ながらレクチャーをお断りするという夢でした。

しかしマイケル・ジャクソンさんの様なビッグスターが自分に教えてくれるというのも変な話で、ましてや日本公演の予定なんてあったっけ? と思っていたらそこで目が覚めました。

そしてトイレに行ってからテレビをつけたら『マイケル・ジャクソンさんが死去か?』というニュースをしていました。

驚きです!


そのマイケル・ジャクソンさんの曲を初めて知ったのは昭和50年代にスズキが原付バイクのCMで『今夜はドント・ストップ』が流れている時で、当時はまだそんなにビッグスターという感じではなかったので、マイケル・ジャクソンさん本人が原付に乗ってCMに出ていました。

今考えたらスズキが47万円のアルトを発売して数年後の事ですから、当時のスズキの先見の目は凄いものです!

そのスズキのCMがきっかけで知ったマイケルのアルバム『オフ・ザ・ウォール』をLPレコードで買って、カセットテープに録音して車の中で毎日の様に聴いていました。

カセットテープもノーマル・クロム・メタルと3種類あって、マイケルの作品は必ず一番高いメタルテープに録音していました。


そしてオフ・ザ・ウォールの後に発売されたのが『スリラー』という大ヒットアルバムで、それからしばらくしてコンパクトディスクが発売されました。


その頃に自分は某オーディオメーカーの人からこっそりとマイケル・ジャクソンさんが日本公演の時に移動で使っていた車の座席に座らせてもらった事があります。(こちらは夢ではありません)

そのメーカーの担当の人が「マイケル・ジャクソンはこの音を聴きながら東京都内を移動しましたから!」と自信を持って説明されていたのを思い出しました。

そのメーカーは当時は優れたカーオーディオを発売していたものの、現在ではアメリカではカーオーディオを販売しているのに日本国内では販売していません。

今考えたらあの頃はレコードからCDに切り替わる時期で、オーディオ的にも音楽的にも変革の時期で、色々な意味でいい時代だったのでしょう。


今朝のマイケル・ジャクソンさん死去のニュースを見て、「一つの時代が終わったのかな?」と思いました。



追伸  以前に発売された『ザ・ワン』のアルバムの中で、『今夜はドント・ストップ』の長いイントロがかなりカットされていたのにはガッカリしました。

『今夜はドント・ストップ』はアルバム『オフ・ザ・ウォール』に収録されているフルバージョンに限ります。
【2009/06/26 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
札幌行きが急遽中止に
明日から4泊の予定で札幌に行く様になっていましたが急遽中止になりました。

詳しい理由を書くと長くなるので書き込みませんが、予定に入れておられたユーザー様にはご迷惑をおかけする事を心からお詫びいたします。
【2009/06/25 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
エコカー減税って
今話題のエコカー減税ですが、減税対象車はお買い得感があって売れるかもしれませんが、逆に対象になってない車に関しては購買欲が激減します。

先月によいよ宇部店で代車が足りなくなってゼスト・スパークを買おうという話が出ていたのですが、6月になったら減税が付くという事で買わずにいて、この最近やっと契約しました。(合計8万円弱の減税プラス補助金でした)

しかし契約までに社内であれこれ議論があって、まずターボ車にしようと思ったら減税対象外で、4WD車にしてしばらく宇部店で使ってその後札幌店に回そうと思ったら4WD車も減税対象外でと・・(絶句!)

これではNAのFF車しか買えないじゃないですか!

しかもライフはどのグレードも減税車じゃないので、ホンダの軽で減税はゼストのFFのみという選択肢か無く困ってしまいます。


減税措置で安くなるというのを知っていると非減税車って完全に足かせを付けられている感じです・・ と言いながらもゼストのFF車と同時にライフも注文してしまいました。

宇部店の代車は1台追加しただけでは足りなくて、かといってもう一軒他のディーラーに行くのも面倒なので、そのホンダディーラで2台買う事にしました。

ゼスト・スパークの減税車の色違いという案もあったのですが、それではあまり芸が無いので、そこで「どうせ減税も補助金も付かないなら何でも有りだ!」とターボ車で4WDでライフだからどれか1つの要素があっても減税が利きませんが、3つ重なるともう怖いものはありません。(笑い!)


この時期にこんな車の注文のしかたをするとは、ディーラーやメーカーにとってうちの会社はありがたい存在でしょう。

【2009/06/25 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
クレトムの日よけグッズをぶった切り
昨年の夏にこのブログで話題になっていたクレトムの日よけグッズが再び必要な季節になってきました。
画像 046
でも左右の日よけが中央でつながっているとバラバラにはならないものの、取り外しの時にマックスめんどくさいです!

画像 047
そこで中央にハサミを入れて切り離す事に・・

画像 048
片方づつになれば付けはずしが簡単です。

一般的に日よけグッズは完璧に日差しが入らない様に設計されている物が多いのですが、逆にその完璧さが付け外しのわずらわしさにつながって、『車内に積んであるけどめんどくさかったから使わなかった』になってしまいます。

このブログではやたら本来の使い方と違うやり方を推奨しているので、どうもクレトムさんは良く思われていないみたいです。

日よけグッズのカスタマイズはあくまで自己責任なので、カスタマイズした後のクレームはクレトムさんには言わないでくださいね!


追伸  ちなみに今日ヤフー検索で『クレトム 日よけグッズ』と入力したら1番目と4番目にここのブログが出てきました。

それだけこのブログは影響力があるという事ですが、一度クレトムさんから「当社の商品は説明書どうりに使って下さい。」と電話がかかってきた事があります。

それでも左右がつながってわずらわしいのでぶった切ります!

クレトムさんが最初からセパレートの製品を作る事を心から願っています。
【2009/06/24 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
6月27日のエアークルージングは
ちょっと福岡県と山口県の一部しか聞けない番組のネタで申し訳ないのですが、毎週土曜日に放送されているDEENボーカル・池森秀一さんがパーソナリティーを務めるクロスFMの『エアー・クルージング』の話です。

この番組は最初は火曜日の15時からという普通の会社務めの方だと聞けない時間帯でしたが、昨年の10月にサウンドピュアディオが提供に付いた時に土曜日に移動しました。

3月末までは20時からの放送でしたが、4月からは18時からのドライバーゾーン的な時間の放送になっています。


そのエアークルージングは月末の放送のみは井川が登場しますが、この週末の27日がその放送日です。

しかし26日から札幌に行っているので自分は聞けません・・


放送自体はこの前東京に行った時に収録しているので内容は自分は分かっているのですが、今回の放送は凄いです!

ある意味サウンドピュアディオのコーナーで一区切りというか、ある事に関して結果が出たという感じです。

聞けない地域の方には放送後にブログで内容をお知らせしますが、サウンドピュアディオがなぜ存在するのかという確信に触れる内容です。

聞ける地域におられる方はぜひともお聞き下さい。
【2009/06/24 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今週の土曜日は上妻宏光さんの♪
今週の土曜日はよいよ三味線プレイヤー・上妻宏光さんのコンサートの初日です。

今度の土曜を含めるとここ3回のツアーの初日には聴きに行っています。

よくお客さんから「社長は昔から三味線が好きなんですか?」と聞かれますが、上妻宏光さんの演奏を聴くまでは一度も三味線のCDは買った事がありません。

お客さんの車の調整時に車内のCDをあれこれ聞いていた時に上妻さんの曲に出会って、「これなに? 三味線でこんな現代的な弾き方が出来るの?」と驚いてCDを買いました。

それが2002年の年末ぐらいですからかれこれファン暦6年半ぐらいになります。


そして実際にコンサートに行ったのが2004年で、翌年はなぜか行っていなくて2006年には1年間で10会場に行きました。

自分は映画『バック・トゥ・ザ・フィーチャー』のマイケル・J・フォックスではありませんが、何故か意地になりやすく『この三味線の音を必ず自分のものにしてみせる!』と1年10会場を目標に追っかけの様な事をしていました。

常に前の方の席で食い入る様に手さばきを見ていて、「どうしたらあの不思議な音が出るんだろう?」と思っていました。


生演奏を何度も見ていると車内での音調整の時に「今はこういう手の動きをしているからこんな音になって・・」と実際にはCDですからビジュアルは無いのですが、はっきりとイメージ出来る様になりました。

上妻さんの作品の中でも『BEAMS』をこの最近まで一番使っていて、今でも宇部店のピットでは自分以外は1番CDは『BEAMS』です。


ここで1番CDと言う社内用語を説明しますと、音調整で一番最初にかけるCDを自分は『1番CD』と呼んでいます。

社員は『BEAMS』が『1番CD』ですが、自分の『1番CD』はしょっちゅう変っていて社員は困っています。

基本的に自分が一番最近生音(もしくは生声)を聞いた人のCDで最初の音決めをして、それから実際に今まで生音で聴いた人のCDを何枚かかけて平均を出してから、最後にお客さんの車内にあるCDを再生して「これでよし!」という事になります。


いくつものコンサート会場に行って、何人もの方の生声を聞いているからこそ「誰の声がこんな風に聞こえて、誰の楽器がこんな風に聞こえるからこのシステムはここが最高のポイント!」と自信を持って言えます。


そういえば一時期上妻宏光さんのCDにはボーカルが一曲入っているという時期があったのですが、ここ2年は上妻さん自身のボーカルが曲が収録されていないので、次の作品は是非ボーカルが1曲入っていたらいいな、と自分は思っています。
【2009/06/23 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
隠れた人気商品♪
今日は福岡店から書き込んでいますが、福岡店には他のグループ店に無いこんな物が!
   ↓
2009.6.22. 001
家電量販店で買ってきたパナソニックのミニコンポにピュアディオ705のスピーカーを横に置いて、スイッチの切り替えで付属スピーカーとの聞き比べが出来ます。

さらにこちらは切り替えが付いていませんが、オンキョーのミニコンポのスピーカーを交換しています。
2009.6.22. 002
『本体は売っていないので家電量販店でお求め下さい。』と言っていますが、お客さんからは「買いに行くのがめんどくさいのでこのまま一式下さい。」と言われる事もしばしばです。

最後はNakamichiのサウンドスペース5ですが、こちらはプレイヤー部にではなく、スピーカー側にアンプが内蔵してあって他のスピーカーに交換が出来ません。
2009.6.22. 003
それをアンプ部を取り出してこんな風にスピーカーのサイズアップを可能にしました。

良く考えたら今までホーム用スピーカーは自分のブログで紹介していませんでしたが、「どうせミニコンポだから音は良くならない。」と諦めておられた方に好評で、ピュアディオの隠れた人気商品なんです。
【2009/06/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
テストドライバー?
金曜日は午前中宇部にいて午後から福岡に向かい、土曜日の昼前に宇部に帰ってきて、昨日の午後から福岡にまた行きました。

これって一日に必ず福岡~宇部間を片道走っているという事ですよね。

自称『年間走行距離4万キロ以上』というのもまんざら大げさな話ではありません。

自分の車だけでなく代車やデモカーの移動もしているので正確に何キロ走ったと言えないところもありますが・・


実際には防振前の車と防振後の車で走る事もあるので、アイドリング時のCD再生では分からない『どのぐらいの速度でどこからどのようなノイズが入ってきて、それがどういう処理でどのぐらい落ちる』というレベルの事も良く分かります。

色々な車の走行ノイズを把握しているので『他とは一味違うツボを押えた気の利いた防振』になっているはずです。

これは完全に『代表取締役テストドライバー』ですね。


そんなテストドライバー役の自分も福岡の家に帰れば高校生と大学生の二人の子供が待っています。

以前は福岡滞在中は気楽な一人暮らしが、去年からは娘が住んで、今年からは息子も住んでいます。

実際には孫の世話をするために山口から自分の母親まで来ているので、今までのシングルライフが台無しです。

今朝は母がいなかったので2人の子供のために自分が弁当を作って持たせました。
2009.6.22 001


お弁当の写真を載せようとデジカメを見てみたら、以前に撮影して使っていなかった写真が数点あったのでここでご紹介します。
2009.6.22 002
これは火曜日の定休日に北九州市の皿倉山に登山した時の写真の一部で、麓の駐車場で登る時は日陰に止めておいた車が、山から下りてきたら車体の半分以上が太陽光線にさらされているところです。

黒い車体は熱を帯びやすく、「なぜ黒を買ったんだろう。」と後悔しますが・・


2009.6.22 003
次は宇部市内におそらく市がお知らせを流すために設置した太陽光で動く電光掲示板です。

新型プリウスじゃないけどあれが車の上に乗っていたら太陽光が電気エネルギーになるから涼しいだろうなと思いながら見ていました。

ソーラーパネルの研究を9ヶ月もしていたので、やたらこういった物が気になります。

この面積だと何ボルトで何アンペア取れそうとか頭が勝手に計算してしまいます。


2009.6.22 004
そして最後の写真はETC1000円になって高速道路が渋滞して、オービスが上にあるのに完全に流れが止まっている写真です。

これでは何のためのオービスなのか?

と一気に使っていなかった写真のご紹介でした。
【2009/06/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
新型プリウスのベーシックパッケージ
この最近の問い合わせで多いのが「新型プリウスのベーシックパッケージは出ているんですか?」という質問ですが、「現車を持ち込んでいただいたらすぐにデーター取りして完成させます。」と答えています。

実際には数台の予約が入っているのですが、納車日が詳しく決まっていないので早く入った車でデーター取りをします。


それと、この前ディーラーで試乗車に乗ってオーディオの音を聞いた時に、「マークⅩとかハリアーの音と似ている!」とピーンと来たのですが、思ったとおり同じサイズのだ円スピーカーが入っていました。

自分の頭の中ではすでに「こんな回路構成で、このぐらいの値で・・」とある程度イメージ出来ています。

後は現車が来るだけです。


プリウスはそんな感じですが、逆にインサイトは発売前から車を注文していて、発売日の次の日に現車が届くという状態だったので完全に独走しています。

昨日来店されたお客さんは「インサイトのオーディオの事で検索するとこちらが上位に表示されるので・・」と言われていました。

そのインサイトもプリウスほどの納期ではありませんが、まだ納車待ちの方が沢山おられます。


そういえばエコカーといえばヨーロッパではクリーンディーゼルが主流ですが日本ではほとんど人気がありません。

自分は先取りしすぎて2007年にクリーンディーゼル車を買っていたのですが、全くといっていいほど普及しなかったのでわずか1年半で手放してしまいました。

それほど日本はハイブリット王国なのでしょう。
【2009/06/21 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
日頃は見れない製作室の棚
日頃はお見せしない製作室のパーツのストック棚をお見せします。
P1000754.jpg
作ったSWRが並んでいますが右の赤いスリーブ付が右用で、左の緑のスリーブ付が左用のユニットです。

どうみても左用が少ないのですが、左側の方が材料を作っている工場で作りにくい構造らしく、材料がなかなか入って来ないので左用が不足気味です。



そしてこちらはおなじみのベーシックパッケージ用のコイルのMTLの棚の一部です。
P1000755.jpg
305番が残り1個になっているのですぐに作って補充しないといけません。

このパーツは一度機械巻きしたコイルを徐々にほどいていって、それから写真の様に車の中で取り付け出来る形にしていきます。

この前時間を計ったら1ペア作るのに約40分かかりました。

精度を高めるためにじわじわコイルをほどいてちょうどいい値を探すと意外と時間がかかっているんですね!


そしてこれがストックの棚を左端の方から撮影していますが、右端までは写りませんでした。
画像 045
いったいこれだけのストックを作ると何時間というか何日かかるのでしょうか?

しかもこのストックはベーシックパッケージの純正スピーカーの音のコントロール用のユニットで、メインユニットのブラックボックスは別にストックしています。

さらにZSP-MID用のコイルはまた別な所にストックしていますから、自分はコイルなどに囲まれて仕事をしています。


ちなみに普通のメーカー製のネットワークでは中のコイルは固定されているためにピュアディオみたいにポンポンと交換は出来ません。
【2009/06/20 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
来週は札幌ですが・・
今日からちょうど一週間後は札幌に向けて移動します。

27日の土曜日が三味線プレイヤー・上妻宏光さんのツアーの初日なので、それに合わせての札幌入りです。

ですが、いつも泊まるホテルがなぜか満室で・・

しかも4連泊出来るホテルも無くて、日によってあちこち泊まり歩く事に。

何か大きなイベントでもあるのでしょうか?


いつもの札幌滞在だと土日はフルに店に張り付いていますが、27日の土曜日は夕方から上妻宏光さんのコンサートに行くために店頭にはいませんので、あらかじめご了承下さい。

28日の日曜日と29日の月曜日は終日札幌店にいる予定です。


しかし毎年この時期になって思い出すのが、札幌店のユーザーさんと上妻宏光さんのコンサートに行って、ファンクラブの人と会場でCDを買った人を対象にした握手会の列の最後に並んで、「お願いがあります。デモカーを聴いてください!」と言ったのが2006年です。

あれから色々あってサウンドピュアディオの音も一皮剥けて、オリジナルパーツもあれこれ発売されて・・

逆に電源キャパシタやヘッドキャパシタはあの日から販売をやめました。(音がわざとらしくなるので)

それでなくてもうちのグループは一般的に高級機と言われている銅メッキシャーシーのデッキを推奨していないので一般のオーディオファンからはそっぽを向かれているのに、更にキャパシタまで使わない様になるとどうなるの・・ という感じでしたが、上妻さんのデモカーを聴いて「どこの周波数を上げるとか下げるという問題では無いような・・」という一言で「やはり!」と確信して今に至っています。

そんな上妻さんのツアーの初日であれば必ず行かないといけません!


そういえば去年の秋のツアーも初日は札幌からで、夏のツアーは名古屋が初日でしたからどちらも店舗の訪問を兼ねて行きました。


上妻宏光さんについての詳しい情報はサウンドピュアディオのHPから上妻宏光さんのHPに入れますので、そちらでご覧下さい。




追伸  当初コンサートに行く予定だったお客さんが都合で行けなくなったために最前列のチケットが一枚あります。

行ってみたいと思われるユーザーの方は藤原くんまでお知らせ下さい。
【2009/06/19 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
毎日がスペシャル
皆さんは仕事をしている最中に無意識にふとある歌が頭に浮かんだ事がありますか?

自分は昨日仕事をしていて竹内まりやさんの『毎日がスペシャル』がふと浮かんできました。


なぜ浮かんできかかという説明をすると昨日は月曜日に阪口くんと二人で東京に行っていたために製作室は丸一日稼動していない状態でした。

火曜日は定休日ですので、そのつけが水曜日に回って自分と二人で製作室はモノ作りに追われていました。

自分はSWRの製作に追われていて、その理由は東京で池森さんの車にSWRを取り付けるのに、今ある値のラインナップを1個ずつ全て持って行っていて、東京で一組使った後で火曜日に名古屋店でお客さんの車で1組使って、残りは全て名古屋店に置いてきました。

一見SWRってユニットを右と左に1個ずつ付けるだけみたいですが、多くのラインナップの中からポケットモンスターの『今日は君に決めた!』ではないですが、一組だけが選ばれます。


そんなわけでSWRは常時多くの在庫を抱えていないとピッタリの値が選べないために常に作り貯めが必要です。

昨日は朝から夜までずっとSWRを作っていて、金属のこね方や半田付け温度設定や熱の抜き方などを工夫して、『少しでもお客さんの車でいいコンディションで鳴って欲しい!』という思いを込めて作っていました。


そしてそんな思いを込めて作ったサウンドピュアディオの商品は多くの数字のラインナップの中から選んで取り付けて音質を上げているために通信販売や持ち帰り販売をしていません。

目先の売り上げを上げようと思えば通販などを始めれば楽に上がりますが、実際に車に装着してそのシステムやコンディションに合わせているからこそ最高のポテンシャルを出す事が出来るので通販はしていません。

ある意味すごく効率が悪い商売です。


そういえば以前あるお客さんから「ピュアディオさんは他のお店みたいに期間限定の安売りはされないのですか?」という質問をされた事があります。

例えばSWRとかベーシックパッケージは作業工程や部品の選別などを考えると常時特価販売みたいなもので『いつでも精一杯!』というのをもっとうにしていて、1年間いつ買っても同じですからメリハリはありません。

しかし同じ商品が時期によって値段が上がり下がりすると当然下がった時に作業が集中してしまい、本当にいい仕事をしようと思えば年間を通じてある程度の安定した売り上げが必要になります。


そういう自分も17年以上前はシーズンによっての特価販売をした事があるのですが、あまり一定期間だけ忙しくなりすぎるとどうしても同じクオリティーの仕事が出来ません。

その事に17年前に気が付いて、竹内まりやさんの歌みたいに『毎日がスペシャル』販売になりました。


今では1年間を通して売り出しなどで価格の上下をしないというのがお店の売りになっています。

しかし毎日をスペシャルにしようと思うと、普通の人から見ると変化が無いので、かなり努力が必要となります。

昨日は必死にSWRを組み立てていたら、なぜか頭の中で竹内まりやさんの『毎日がスペシャル』が流れてきました。


追伸  ちなみに自分が今担当している製作物はピュアコン用の増設ユニットのSWRと、ベーシックパッケージの中の純正スピーカーの音質をコントロールするMTLというパーツです。
【2009/06/18 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
六本木ヒルズ
月曜日の話ですが、初めて六本木ヒルズという所に行ってきました。
P1000747.jpg
巨大クモの銅像の下で阪口くんと一緒に記念撮影です。(撮影したのは山口県から同行した広告代理店の方です)
P1000748.jpg
上を見上げるとそのまま後ろに倒れてしまいそうな高いビルで、小さい頃に読んだ『ジャックと豆の木』の雲の上まで続くというのはこんな感じをいうのかな?と思いました。
P1<br />000749.jpg
このまま六本木ヒルズに登ってそこで収録かと思い、「自分もヒルズ族の仲間入りか?」と思ったら(ヒルズで仕事をしても実際にはヒルズ族とは呼ばないのだが)、そこから歩いて5分ぐらいの所に番組収録用スタジオはありました。

番組は自分が出るコーナーを先に収録して、自分が出ない本編を後から収録している間に駐車場に移動してDEENのボーカル・池森さんの車のデッキをCD500のノーマル機からCD500PPに交換しました。
P1000750.jpg
そしてピュアコンの部分のSWRも国産の部品を使った試作品から海外から部品を調達したユーザーさんが使っている普通のモデルに交換しました。

前にも書き込みましたが、ユーザーさんが使われているチューンドの商品とアーティストさんが使われているチューンドの商品は全く同じレベルの物を使っています。

デッキとSWRの交換で池森さんの車の音は透明感が今までよりも増しました。

そして作業が終わって阪口くんは山口に向かって帰えりましたが、自分は火曜日に名古屋店に行くために東京に泊まりました。
P1000753.jpg
写真は東京の夜景(上)と、六本木のスタジオでDEENのメンバー3人に囲まれた自分です。
P1000752.jpg




【2009/06/17 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ここは本当に秋葉原?
昨日の朝早い新幹線で東京に行って、エアークルージングの収録を六本木ヒルズの近くのスタジオで行ってからDEENのボーカル・池森さんの車のデッキとSWRを交換しました。

その件はまた明日写真入りでお伝えするとして、収録も交換も終わってから自分は秋葉原に行きました。

自分がと書いたのは一緒に阪口くんも行っていて、彼はそのまま東京駅から新山口に向けて帰りました。(しかも工具と外したCD500をかかえて)

自分は東京に一泊して、空いた時間で以前は『電気の街』と呼ばれていた秋葉原に行きました。


しかしそこはもう昔の景色とは変ってしまい萌え系の店ばかりが目立ち、去年は見当たらなかったインドの服やDVDを売っている店が何件も出来ていました。

ちょうど夕方の5時から6時半ぐらいのあいだいたのですが、明らかに萌え系で働いている風な女性の姿が目立ちました。

あれは夕方から出勤なのか? それとも仕事が終わって帰っているのか? それとも仕事ではなく趣味でそういう格好をしているのか?良く分かりません。


別に自分は萌え系の店に行った訳ではなくて、興味があったのは高級なホームオーディオを販売しているショップで、昨年は「うちは高級店だ!買う気の無いやつには聴かせない!」という様なオーラが出ていたお店もやたら馬鹿丁寧になっていて、「お客様、試聴はされますか?」と聞かれて、心の中で、「ここは以前の秋葉原では無い!」と思いました。

うちのグループは早めに単価を下げて販売数を増やして景気に左右されない対策を取っていたので不景気というのは感じませんが、やはり秋葉原の高級店が横柄な態度でないとちょっと調子が狂ってしまいます。

それに通行人の大部分はオーディオよりもフィギアなどに興味があるのでは?という感じで、これからの秋葉原はどうなるのでしょうか?
【2009/06/16 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
15日は東京、16日は名古屋
明日から2日は東京・名古屋に出張するためにブログの書き込みが出来ません。

以前は持ち運びのパソコンを使って店以外の所からFOMA回線で書き込み出来たのですが、仕事でパソコンの数が足りないとどこかに持って行かれました。

移動の荷物も多いので少しでも軽くしたいと最近はパソコンを持ち歩いていなかったので、「どうせ使っていないのなら。」と専務に持っていかれました。

仮にパソコンがあったとしても明日の荷物は半端じゃない量なので持っていけないでしょう。


まずは1日目は朝早い新幹線で東京に向かいます。

飛行機の方が早くて便利なのですが、デッキや材料・工具などを大量に持っていて手荷物検査でひかかりそうな物ばかりなので万が一の事を考えて新幹線にしました。

東京では『エアークルージング』の収録に参加するのですが、今までの青山のスタジオを引っ越していて今回から新しいスタジオになるらしく、東京では放送関係者の方と待ち合わせて新しいスタジオに案内してもらいます。

今までのスタジオは以前エイベックスの本社があった所のすぐ横でしたが、エイベックスはだいぶ前に引っ越していて、今は音楽業界とは違う会社が入っています。

その今まで使っていたスタジオはブースの入り口のドアには大物アーティストのサインが沢山書かれていて、そこのスタジオの方が「このドアをオークションに出したらいったいいくらの値段が付くだろうか?」と言われていました。


話は大量の荷物の話に触れますが、実は今回エアークルージングの収録でDEENのボーカル・池森さんにお会いした時に現在使われているCD500をピュアディオ・プレミアム・エディションに付け替えようという事でデッキと工具を持っての移動となります。

またSWRも池森さんの車に付いているのは国産のパーツを使った試作品なので海外製のパーツを使った普通の製品に交換します。

今でもTBSやBSiの放送でマイクを通してBGMとしてオンエアー出来るほどの音質なのですが、更にアップします。

昨年の10月で「ここが限界!」というレベルだったのですが、入手した材料などがアップした分ほどの音質が向上して、書き込んでいる今の時点ではユーザーさんに提供しているパーツの方が上回っている状態です。

「えっ、まだ音が良くなるの? それはぜひやって!」と池森さんも楽しみにされています。

ユーザーさんの中でもCD500のノーマルからPPエディションに換えられた方がおられますが、「思った以上に音が変る!」と言われています。

はたして池森さんの感想は?

あっ!言い忘れていましたが、サウンドピュアディオはアーティストさんに取り付けている商品と一般ユーザーさんに提供している商品は全く同じレベルの物なんです。

一般に言われている『評論家の先生にはスペシャルチューンが渡って、一般ユーザーが手にする物とは違う』という事はありません。

そこがピュアディオの魅力なんです。


そういえばこの前DEENのファンの方にカーオーディオを取り付けて頂きました。

昨年のZEPP福岡のコンサート会場にデモカーを置かせて頂いてデモをしたのですが、池森さんが他の会場のステージで「福岡の会場にはサウンドピュアディオのデモカーが来るので是非音を聴いて下さい。」と言われたそうです。

そのお客さんは「ZEPP福岡ではデモカーを聴かないと。」と思われていて、実際にデモカーを聴いたらその音が頭から離れなくなったそうです。

システムを取り付けられた後は「今まで何を聴いていたんだろう?」という感じだったそうです。

『アーティストが伝えたい音』ってそういう事なんです。(聴いた事の無い人は分かりませんが・・)



東京の話というかDEENさんの関係の話はここまでにして、スタジオ収録とデッキなどの交換作業が終わったら次は名古屋店に向かいます。

月曜の夜に名古屋まで移動して、実質的には火曜日から仕事という感じですが、今回はSWRのレクチャーに行きます。

SWRは人気商品ですが、数値が細かく分かれていてその『システムにピッタリ合った数値をセレクトして行く』という工程が必要になります。

そのセレクトするパーツの刻みも発売当初よりは増えてきているので、今までよりも細かいチューニングが可能です。

そのレクチャーのためと、今までに使った事が無かったスピーカーのピュアコンのマッチングを出すために行きます。


そんなわけで2日間ほどお店を留守にして書き込みが出来ないんです。
【2009/06/14 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
ベルリンの壁か?
昨日、日よけグッズの話題を出しましたが、今日宇部店の駐車場を見たら社員の車が・・
P1000746.jpg
下手すると日よけグッズを使うよりも車内が暑苦しくなったりして。

まるでベルリンの壁の崩壊です。



ベルリンの壁といえば、この最近宇部店の奥には壁が出来ました。
P1000745.jpg
岩崎さんの机の前に今までに無かったプレートが付いています。

これは顧客情報が見えない様にするためです。


そしてこちらは追加したディスクで、パソコンの操作をしている新しい事務員の中尾さんです。
P1000744.jpg

二人が横に並んで仕事をしていますが、なぜか二人とも名前が恵子さんです。

以前にモー娘の加護ちゃんと辻ちゃんでダブルユーというのがありましたが、こちらはダブルKです。


PS  本人たちのの強い希望により顔が写っていませんが、宇部店の店頭に来られましたら笑顔で対応いたします。
【2009/06/14 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
暑さと日よけグッズとわずらわしさと
タイトルを見て「どこかで聞いた様な?」と思われた方もあるでしょう。

90年代の篠原涼子さんの『愛しさと切なさと心強さと』(だったかな?)をパロってます。


今日の宇部地方は気温が29・5度となって、よいよ日よけグッズが活躍するシーズンです。

P1000740.jpg
そして今日はツイーター用日よけを2セット使ってこんな事を・・
P1000741.jpg
さらにそれだけでは飽き足らずダッシュボード用の小物がずれないためのシートを窓に置いたりして・・

これはけっこう効く様な気がしますが、ひょっとしてシートの油分がガラスに付いて雨の日にギラつくかもしれないのでご注意下さい。(まだ実験中です)


そしてこれが現在自分がレギュラーで使っている日よけグッズで、ピュアディオツイーター日よけ2セットとクレトムの日よけグッズを半分に切ったものを組み合わせています。
P1000742.jpg
一部に日が通ってしまいますが、何度も乗り降りを繰り返す自分としては付け易さと外し易さと収納のしやすさの3つの要素が必要なのでこのパターンにしました。

これぞ『日よけグッズの最終回答』です!って、完全にどこかのパロディーです。(ここで笑った方はかなりのオーディオ通です!)


【2009/06/13 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日はFM山口とクロスFMで
随分前から告知していましたが、今日の18時からFM山口で『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 石井竜也 シャンデリア 愛と笑いの夜に』が放送されます。

ちょうど夕方のドライバーゾーンといわれる車の中でFMラジオを聴いている人が多い時間なのでかなりの数の方に聴いて頂けると思いますが、下関地区に関しては裏番組のクロスFMで『エアークルージング』の放送をしています。

山口県の方はFM山口で石井竜也さんの番組を、福岡県の方はクロスFMでDEENの池森さんの番組をぜひお聴き下さい。

「じゃー下関の人はどうしたらいいの?」と思われそうですが、下関の方はお好きな方をお選び下さい。
【2009/06/13 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
テストトーンからの脱却
今日は福岡店ではあるアーティストのファンの方の車の出庫が控えています。

2県も離れた遠くからのお客さんのためになかなか点検で来店という事も出来ないので、昨日からスピーカーを鳴らし込んで仕上げています。

以前は『ピー!』とか『ザー!』とか『ピュ~ュ~ン!』などのテストトーンを複雑に組み合わせてエージング用音源として使用していましたが、2007年の夏ぐらいからテストトーンの使用をやめました。

その理由はテストトーンの組み合わせよりも色々なアーティストの方の演奏やボーカルを組み合わせて再生した方がのびのびと広がりのある音になるような感じがしたからです。

2007年の6月にCD屋さんで『今一番売れているCDです!』というPOPに誘われて秋川雅史さんの『威風堂々』というアルバムを買ったのですが、それまではクラッシックの声楽のCDは一度も買った事がありませんでしたし、当然自分の車のCDプレイヤーでも再生した事がありませんでした。

その秋川雅史さんの『威風堂々』を自分の車で再生してみたらどうでしょう? なんと威風堂々を再生する前に聴いていたいつも聴きなれているCDがクリアーに聴こえる様になっているではありませんか!

ドカーンと良くなったというよりは僅かに良くなっているのですが、テストトーンを使った時の変化よりも量も質も上でした。

驚きました!


それからはテストトーンの使用をやめて、お客さんが日頃聴かれないような音源を選んで色々組み合わせて再生して音質のアップに努めています。


【2009/06/12 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は1・5往復
昨日は昼過ぎまでは宇部店にいたのですが、それから福岡に向かいました。

しかし福岡店に着いたら宇部店の代車が足りないから持って返って欲しいと専務が言うので、福岡店から代車に乗って帰りました。

現在宇部店の代車の初期型フィットが異音がするというので貸し出し出来ずにいて、それでもって次の車を買っていないので1台不足している状態です。


フィットは福岡店の店内デモカーにしようと宇部店から昨夜福岡店に自分が乗って移動して、結局昨日は宇部店と福岡店の間を一往復半しました。

その異音のしていたフィットも高速道路を走っていたら途中で『ガー!』という音もふと消えて、「これなら代車に出せるかな?」とも思っていますが、また出たらいけないのでおそらく店内デモカーになる事でしょう。
【2009/06/12 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
君は何中?
うちの会社のピットでよく使われる『君は何中?』という言葉がありますが、これは忙しい時にある言葉の一部を省略して言っているものです。

正しくは『君は今何をしている最中?』で、もし手が離せるのなら他の仕事を手伝って欲しいという時に使われる言葉で、忙しくなるとかなり省略されます。

『君は今何中?』までなら間違う事は無いのですが、たまに入って間の無い社員は『君は何中?』と聞かれて、『○○中学です』と出身中学校を答える人がいます。

そういう時は大笑いしていますが、『今』が付くか付かないかで受け取る側の情報量って大きく変るんですよね。


世の中には省略した方がいいものとそうでないものがあって、例えばベーシックパッケージの取り付けなどでは年々マニュアルの内容が増えています。

ところが内容が増えるのと反対に作業時間は短くなってきています。

例えば初めて取り付けをする車だとどこまで分解しないと作業が進まないか分からないので、ばらせる所はばらします。

しかし前もって『この車はこことここを分解して、材料はこれが必要』という事が分かっていれば時間短縮が出来ます。


そして音が出た後に純正デッキだと内蔵アンプの音にクセが付いていたりするとバス・トレブルの調整が必要になります。

そこでマニュアルに『バス・トレブルの最適値』が掲載されていればあれこれ迷いながら調整する必要もありません。(井川がこれっ!というところを選んでいるので)

そうやってベーシックパッケージは時間短縮と低価格・高音質を実現しています。


結局、短縮して問題無いところは短縮した方がいいという話でした。
【2009/06/11 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
映画『ハゲタカ』を観に行って
昨日ブログを書きに店に出て、その後自宅に帰ったらめがね屋さんからDMが来ていました。

その内容は『映画ハゲタカで使用したメガネがあります』みたいな内容で、でも自分はいまひとつイメージ出来なかったのでその映画を観に行く事にしました。

それに『ハゲタカ』にはキルビルに出ていた栗山千明さんが出ているので興味深々・・


ここでキルビルを観ていない人のために栗山千明さんがどんな役柄だったかというと、女子高生で殺し屋という絶対にありえない役で、ほとんどセリフが無い怖い役でした。

しかしそこが何ともいえない魅力で・・

その栗山千明さんに似ている受付嬢がいるレクサスディーラーが某所にあるんです。

知る人は知っているという話なのですが、あまりに用もない人が来たがるのでそのディーラーでは自動車雑誌の取材とかは断っているみたいですが、もしレクサスを買う気が少しでもあって、そこのディーラーが知りたい方はこっそり教えます。

ただ自分が1年前ぐらいにお目にかかった時は栗山千明さんと小沢真珠さんの中間ぐらいに見えたのですが・・


話が完全にそれてしまいましたが、今回のハゲタカではキルビルと違って栗山千明さんが喋っている事が多くて、しかもいい人のキャラで「何かイメージが違う。」と思っていて、最初は「これなら榮倉奈々の出ている方を観た方が良かったかな?」とも思ったのですが、映画の内容に引き込まれて女優が誰でも関係なくなって見入っていました。

まだこれから見る人もいると思うので内容には触れませんが、映画館を出てからハゲタカの中の『企業買収の天才 鷲津政彦』が使っていたメガネが欲しくなってしまい、「自分って本当にDMに影響されやすいカモかも?」と思ってしまいました。


しかし映画が終わった後には銀行が主催の会社経営者のための勉強会の時間が迫っていて、それが終わる時間にはめがね屋さんは閉まっています。

来週の定休日に忘れていなかったらめがね屋さんに買いに行こうと思ったのですが、来週は月曜日の夜から火曜日にかけては名古屋店に行って休みが無いので、次に買いに行くのは再来週になります。

再来週までハゲタカで使用したメガネが欲しいという気持ちが維持できているのでしょうか?

P1000739.jpg


【2009/06/10 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ブログの効果?
昨日は月曜日で一週間(特に土日)に使用したパーツの補充をする日なのですが・・ あれっ?マツダ車の所が以上に減っています。

そういえばこの最近スタッフブログでデミオ・アテンザ・MPVの3車種の登場が多く、またそれを見られて来店されたのかマツダ車に乗られた新規の方も複数来店されました。

一時期はレガシィねたばかりで、「レガシィの話題が多すぎるから他の車種の話題をもっと増やして!」と言っていたぐらいレガシィの店になりかけていて、ブログの掲載量と新規の人の来店数はおそらく微妙に関係しているのでしょう。

自分は出来ればバランスよく各メーカーの車がくまなく入って来るのが嬉しいので、「なるべく車種をちらして下さい。」とスタッフにはお願いしています。

そんな事を言いながらもこの前みたいにMPVねたが3店並ぶと「さすがだ!」と思ってしまいますが・・


話は変って、自分は仕事中に頭の回転が悪くなったら気分転換に店の近くを歩きます。

まるで仕事をサボっている様ですが広報関係の仕事をしていてアイデアが出なくなったらとりあえず歩き回ります。

昨日は宇部店の周りを歩いていたら凄い光景を目にしました。

それは某家電量販店の軽トラの配達設置車両がエアコンを3台分ぐらい積んで重たそうにノロノロ走っている後ろを荷台が空の軽トラックが後ろから『早く行け!』とばかりにあおっているのです。

しかもその軽トラが個人経営の家電店の車で・・


遅いといのもあるのでしょうが、それ以上に何か怒りというかひがみというか人間の物凄い醜いところを見てしまった様な気がしました。

いくら量販店が憎くてもあれはないでしょう・・


それから自分は店に帰って、午前中に書いた量販店に対して否定的な話題のブログを消去して、違う楽しい話題を書き込みました。

確かにカー用品の量販店のオーディオの仕事の無知さには日頃からカチンと来る事が多いのですが、さすがにあの人と同じ八つ当たりのグループには思われたくないので消す事に・・




話は再び変って、今日は火曜日で定休日のために朝から散髪に行っていました。

サウンドピュアディオ宇部店の後ろの駐車場に止められた方は分かると思いますが、宇部店から入った所に『カットハウス・サンキュー』という理髪店があります。

名前が1000円カットの店に似ていますが、ここは普通の昔ながらの理髪店で料金も普通です。

もし取り付けや点検待ちに散髪される事がありましたら一度ご利用下さい。


そのサンキューで待っている時間に写真週刊誌フライデーを見ていたらなんとDEENのボーカル・池森さんの写真が出ていました。

ZRADの坂井泉水さんの追悼コンサートで坂井さんが歌詞を提供した『ひとみそらさないで』を熱唱した場面の写真でした。
【2009/06/09 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
たけやぶやけた
皆さんは回文というのをご存知ですか?

上から読んでも、下から読んでも同じ言葉になる文で『たけやぶやけた』というのが一番有名ではないでしょうか。


先ほど製作室を片付けていたら福岡のラジオ番組で紹介されたものを気になってわざわざメモしていたものを見つけたので、ついでと言っては何ですが紹介します。


その1 これは博多弁が入っています。『軽いうどんば食べたバンドウイルカ』(カルイウドンバタベタバンドウイルカ) イルカはうどんを食べるのでしょうか?


その2  もう一つ動物ネタで『固毛はのびのびのハゲ鷹』(カタゲハノビノビノハゲタカ) うーん、どこかの山奥にいそうな気がします。


この回文は『天使と悪魔』の映画が上映される前に、映画の中で方向を変えても同じ模様になるマークというのが出て来てくるというシーンがあって、その映画のPRのためのコーナーでした。

その『天使と悪魔』は上映されてすぐに観に行きました。


PS  検索で『回文』で調べたらけっこう面白いのが出てきます。

例えば『煮ろ窯でマカロニ』(ニロカマデマカロニ)などです。
【2009/06/08 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
昨日のZSPの補足で
昨日のZSP8周年のブログの中で写真の掲載が無くて商品のイメージが出来なかったと思いますので、遅ればせながら写真を掲載させて頂きます。
P1000737.jpg
これが黄色いケブラーコーンにセンタードームが山口県の名産品『夏みかん』の表面の様なZSP-MIDです。

複数の材質を混ぜて反発させる事により、軽量かつ剛性を上げた結果センタードームはこの様なデザインになりました。


P1000738.jpg
こちらは飽和状態のチューンナップツイーターのカテゴリーに18000円という価格で、なおかつマイナーブランドで登場したZSPベーシックツイーターです。


P1000736.jpg
P1000735.jpg
こちらは過去の名品、イギリスのB&W社が一時期生産していたカー用の13センチユニット『AM-50』です。(写真はマイナーチェンジ後のAM-50J)

音質は良かったのですがデリケートな構造だったために耐久性がもろく、買い替えの時期にはB&W社がカー用ユニットから撤退しているという状態でした。

ZSP-MIDは発売当初はこのユニットからの買い替え需要に対応するために予定のコストを大幅に上回る性能アップを図りました。

ZSP-MIDが目指したのはAM-50Jを上回る音質と、その2倍以上の耐久力でした。


【2009/06/07 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。