PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
強い電気 きれいな電気
お客さんから良くある質問で「インターネットで○△□というバッテリーがいいという情報が多いのですが、ピュアディオではなぜ勧めていないのですか?」という話があります。

他には「PUREZ801の設定で1年もかかったそうですが、どんな設定をしているのですか?」という質問も頂きます。

電源の改善方法に『強い電気』と『きれいな電気』という2つのキーワードがあります。

一般的には『強い電気』がいい電源の状態と思われがちですが、実際には強いだけの電源では音にとげがあって、「最初はいいと思ったが後で聞き疲れしてきた。」という事になりがちです。

反対に『きれいな電気』を追求しすぎると「音はきれいなんだけど、いまひとつ力強さが感じられない。」という事になります。


音の調整で言うと、音を浮かそう浮かそうとして派手な音になったり、逆に耳に付く音を抑えよう抑えようとしてマッタリした音になったりするというのと似ています。

つまり一つの事柄ばかりに目が行くとバランスを欠いてしまい、訳の分からない迷路に入ってしまいます。


そのためにサウンドピュアディオでは生演奏を聴いたり、レコーディング用のスピーカーを聴いたりして日頃から感性を磨いています。

本題に戻りますが、サウンドピュアディオが推奨するバッテリーや電源サポートシステムは『強い電気』と『きれいな電気』の絶妙なバランスで選んでいて、最終目的地(音)は演奏した時の音にいかに近づけるかという所です。

結局その絶妙なバランスを探す為にPUREZ801は発売まで1年という歳月がかかったのです。
【2009/03/22 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。