PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ブルースペックCDとは
昨日はブログを書き込んだ後にコンビにと本屋さんを回ってホリデーオートを探しました。

コンビニ7軒と本屋さん3軒の合わせて10軒を回ってやっと1冊見つけて買いました。

ホリデーオートは毎月10日発売なので月を越えたら何冊か買いだめしようと思っていたのですが、意外に売れていて手に入りません。

DEENさんのブログのコメントを見る限り普通では絶対にホリデーオートを買わない女性層が買っているためにいつもよりは余りが出なかったのではと思います。


昨日は早めに本が見つかったら『20世紀少年』を映画館に観に行こうと思っていたのですが、見つけて映画館に着いた時はスタートから15分過ぎていたので、また後日にする事にしました。


話は変って、今日のタイトルについてですが、この最近専務が店頭に自分が買った『ブルースペックCD』なる物を置いているので、お客さんから「ブループペックCDって何ですか? SHM・CDとどう違うんですか?」と聞かれました。

おそらくこのブログを見ておられる方も興味のある内容だと思いますのでここで説明いたします。


まず『SHM・CD』はユニバーサルミュージックと日本ビクターが開発していて、スーパー・ハイ・マテリアルと名乗るようにCDの読み取り面に従来よりも質の高いポリカーボネート(液晶パネル用)を使って透明度を上げて、信号を読み取るレーザー光線を乱す複屈折現象を抑えた物です。



これに次いで昨年9月から市販が始まったのがEMIミュージックやポニーキャニオンなどが採用した『HQCD』という方式があります。

こちらは基本的にSHM・CDと同じ様な液晶パネル用ポリカーボネートを使用していますが、反射膜に従来のアルミではなくて銀を使用しているそうです。

これは東芝が先頭に立って開発したHD・DVDの開発で培った技術で、HD・DVDが廃れた今ではCDの音質を上げる技術として使われ始めました。



そして最後にタイトルの『ブルースペックCD』についてですが、こちらはソニーミュージックが採用している方式で、映像用のブルーレイ・ディスクの技術をCDに活用しているもので、素材にはブルーレイ・ディスク用の高分子ポリカーボネートを使って、アルミ反射板の厚さも若干増やしているそうです。

この方式のCDは専務が洋楽の再発買の物を何枚か持っていて、店頭に置いている事が多いです。

【2009/02/04 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。