PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
いつも自社商品の解説ばかりなので
2日続けてピュアディオのオリジナル商品の解説だったので、今日はメーカー商品のPRをしたいと思います。

まずは4年前に購入したデモカー兼代車のボクシィーですが、その中のシステムをご紹介します。
P1000590.jpg
購入した当時は『ベーシックパッケージ』のデモカーとして自動車雑誌に度々登場していたこのボクシィーも現在はアウターバッフルを組んでJBL社製の508GTIが装着されています。

このスピーカーは鳴らすのになかなか苦労して、プロとして鳴らしがいのあるスピーカーです。(つまり奥の深いスピーカーという事です)

同じJBLのスピーカーでもサウンドピュアディオがチューンして取り付けると音が一味も二味も違います!
P1000589.jpg

デッキやダッシュ回りまで写るとこんな感じです。(このツイーターの付け方は後ろが本木で、見た目以上にとても音がいいんです) 
    ↓

楽ナビとナカミチのCD500のプレイヤーが取り付けてありますが、昨年の5月末でナカミチ販売は日本国内でCD500というかナカミチ商品の販売を終了したので、今現在ではお店が持っている在庫限りとなっています。
P1000588.jpg
「ならどうして無い商品をデモカーに取り付けてるの?」と聞かれそうですが、このCDプレイヤーはクセが無くて素朴な素直ないい音がしているから好きで付けています。

このCDプレイヤーはDEENのボーカルの池森さんが使われているからDEENのファンの人で欲しがってる方が多いんですよね!

あれば売れるのに・・

なぜ海外では販売しているのに国内には無いのでしょうか・・

実はそのCD500が復活するんです!

日本国内には無くても海外には有る訳ですから、海外から引っ張って来れば販売が可能です。

つまりサウンドピュアディオではCD500を復活させるんです!(させたんですかな?)

だからデモカーから外せないのです。

乞うご期待!
【2009/02/28 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
コイルの精度
昨日はコイルを車種ごとの特性に合わせて巻き数を変えているというのをお知らせしましたが、今日はそのコイルの精度の高さをお見せします。

普通市販されているスピーカーのネットワーク用のコイルは±5%以下の誤差が許されています。

つまり100マイクロヘンリーのコイルであれば96~104マイクロヘンリーまでのコイルなら問題無いとされています。
P1000582.jpg


したの写真が左が96マイクロで右が104マイクロなので、この程度の誤差なら許されているという事です。
P1000581.jpg


しかしサウンドピュアディオでは高音質を追求する為に96マイクロから104マイクロまでの間は全て1マイクロ単位で細かく分類されていて、別々に在庫してあります。
P1000580.jpg
つまり普通誤差で許されている範囲の中でこれだけのラインナップがあって、それが全て別な車種用の専用パーツとしてストックされています。


例えばダイハツのタントとムーブは同じスピーカーを使用していて、しかも取り付け位置は数センチしか違いません。

それを普通だとダイハツ車専用として同じネットワークを使うところをタントの方が1マイクロ低い値を使っています。

それは後から発売されたタントが数センチスピーカー位置が低いために高域特性がわずかに伸びず、それを補う為にコイルの値を1マイクロ下げてフィルターのハイパス値を上げて、電気的に高域を延ばして最適値にしているからです。
P1000583.jpg
実験に当たっては福岡店がムーブを、名古屋店がタントを実際に購入して、自分が両方を行き来して行いました。

その両車の1マイクロの差は上の写真の差でご覧頂けば分かる様に、大体コイル半周から3分の1周ぐらいの差です。

実車を使ってここまで音を追い込んでいるからこそ『ベーシックパッケージ』はロングランの人気商品なのです!
2009.2.26 011 2009.2.26 002
写真はドア上部にスピーカーがある現行ムーブですが、同じダイハツ車でもドア下部にスピーカーがある車種の『ベーシックパッケージ』は全く別設計というか、ものすごくコイルの巻き数が違います。
P1030244_convert_20090227124647.jpg P1030245_convert_20090227125039.jpg
これが市販のトレードインスピーカーだと同じコイルというかネットワークなので、音の方は・・・

この手間を惜しまない作業によってサウンドピュアディオは音楽の奥深い所まで表現出来るのです。


以前に同じ話を書き込んだ事がありますが、その時は文面だけだったので今回は分かりやすかったのではないでしょうか。
【2009/02/27 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
コイル巻の仕事
よくこのブログで「コイル巻の仕事をしました。」と書いていますが、今日は写真でどんな仕事をしているのかお見せします。

サウンドピュアディオでは入門者用のモデルの『ベーシックパッケージ』で使うコイルの作業工程をご覧下さい。


P1000576.jpg
便宜上巻いていると書いていますが、実は一度機械で巻いた銅線を使用する必要な値に合わせるために徐々にほどいていきます。(最後に巻き上げるというか、締め上げているので巻くと言っています)
右が機械巻きした基準になるコイルで、左がそこから数十周ほどいた現行ホンダ・フィット用のベーシックパッケージで使うMTL用のベースになるコイルです。

P1000574.jpg
そして同じフィット用でも現行型と前のモデルでは微妙に特性が違う為に5周ほど巻き数が変えてあります。(右が前モデル用で、左が現行フィット用のコイルです)

P1000575.jpg
さらに同じ時期に発売されているホンダ車でも現行型フィットとインサイトでは大きく音の特性が違って、理想的な音にするためには約30周も巻き数が違います。

普通だと前フィット・現フィット・現インサイトのスピーカーサイズが合えば『ホンダ車用』と一くくりになりそうなのですが、ここがトレードインスピーカーやチューンナップツイーターなどと違い『ベーシックパッケージ』が車種別専用設計と自信を持って言っている所です。

P1000578.jpg
そして理想の巻き数になったらそこでコイルの回りを固めて、型崩れしないように加工します。
さらに固めたプラスチックの帯の足の部分はコイルが平行を保つようにヤスリがけを行います。
ピタッとコイルが床面に合うと何故か音の解像度も上がりますから、ヤスリがけは大切な工程です。

P1000579.jpg
最終的に外をビニールテープで巻いて、どの値か分かるように数字を入れていきます。
外見が安っぽく見えますが、中身にはここまで手間がかかっています。

最初に機械巻きした以外の作業は一個一個すべて手作業で行われていて、この作業は今でも自分と阪口くんの二人で行っています。

この手作業で車種ごとに細かく巻き数を変えるという部分(メーカー製のネットワークはコイルの巻き数が固定)が大量生産された物には出せないハイクオリティーな音を表現するのです。

また最終的な音のチューニングにはアーティストの方の生の音を実際に聴に行ってそのイメージで行ったり、時にはアーティストの方に自身の楽曲を聴いて頂いてからご意見を頂く事もあります。

ベーシックパッケージの売れ筋の価格は6万から7万円ぐらいですが、『アーティストの方が吹き込んだ音に少しでも近い音になるように!』と心を込めて作っています。


ピュアコンのブラックボックスの中はもっと手間がかかっていますが、こちらの中身はコアノウハウが詰まっているので、ちょっと写真ではお見せ出来ないのでご勘弁下さい。
【2009/02/26 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
二月の後半に新年会?
月曜日は宇部店が6時に閉店して、福岡店は7時に閉店して『新年会』みたいな事をしました。

12月も1月も忙しくて忘年会も新年会も無いひどい会社みたいですが、新年会みたいなものだとすれば2月23日は1ヶ月半も遅れのピュアディオ宇部店・福岡店合同の集まりでしした。

当日は福岡にDEENのボーカル・池森秀一さんと女性サックスプレイヤーの矢野沙織さんが来られていたので、「ひょっとしたら?」と事前に気づいておられたユーザーさんもあったかも知れませんが、そうです、池森さんと矢野さんが来れれるというのが前提の集まりでした!

場所は福岡市東区のイタリアンレストランで、その店は月曜日で定休日のところを無理を言って開けてもらってのお食事会となりました。

宇部店・福岡店の全メンバーと池森さん矢野さんとレコード会社の人や音楽事務所の社長さんなどの普通のオーディオ屋さんでは考えられないメンバーで、オーディオの話というよりは音楽業界の話で盛り上がりました。


池森さんと矢野さんが会われたのは昨年2月11日にZEPP TOKYOで行われた『DEEN LIVE JOY-Break 12』で『白い記憶』で共演して以来みたいでした。

お二人を同時にお見かけするのは『DEEN LIVE JOY 2007-2008』のDVDの中だけでしたが、23日はお二人とも微妙な時間違いでサウンドピュアディオプレゼンツの番組収録があって、放送局の中ではほぼすれ違い状態でしたが、夜は久しぶりの対面という感じだったでしょう。


それとDEENの池森さんはサウンドピュアディオ宇部店でカーオーディオを取り付けられているのですが、取り付けをした宇部店のスタッフはまだ池森さんに会った事が無かったので、「どこかのチャンスで会わせてあげたい。」と思っていました。

そして23日に「彼らが池森さんの車を作ったスタッフです。」と自分が紹介」して、池森さんが「最高の出来です。ありがとう。」とお礼を言われていたので、うちのスタッフは「サウンドピュアディオの社員でよかった。」と思っているのでは・・

これに驕る事無く、これからも1人でも多くの人にアーティスト本来の音に少しでも近づける様に努力して欲しいと思いました。


最後に『音楽業界直結の夢のオーディオ屋さん』というのが自分が24歳の時に理想としていたお店でした。

そしてそれからちょうど24年後の48歳にしてその理想が遂に現実のものとなりました。
画像 044 2009.2.23 002

写真は福岡市東区香椎駅前通りのイタリアンレストラン『オリーブ』にて。
【2009/02/25 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
Air-G スペシャルプログラム『DEEN NEXT STAGE』
昨日のブログで3月8日に放送されるサウンドピュアディオプレゼンツの30分番組2本のうちの前半は『千の風になって』でおなじみの秋川雅史さんという事はお知らせしましたが、後半の30分に出演される方をまだ紹介していませんでした。

昨日のAir-G(FM北海道)のホームページを見てみたらまだトップページには載っていませんでしたが、『特別番組』のところをクリックしたら『DEEN NEXT STAGE』と掲載されていました。


ここでもう一度おさらいしますと、Air-Gで3月8日の19時から30分間秋川雅史さんの特別番組が放送されます。

そこで一度「この番組の提供はハイクオリティーカーオーディオのサウンドピュアディオでお送りしました。」といつものセリフで終わって、さらに19時30分から『DEEN NEXT STAGE』のスペシャルプログラムが「この番組はハイクオリティーカーオーディオのサウンドピュアディオの提供でお送りします。」と始まります。


福岡・山口は比較的アーティストさんの番組のスポンサーに付いていてサウンドピュアディオプレゼンツの番組が放送されますが、今までに2アーティスト連続放送というのは会社が始まって以来の事です。

全道に流れますので、北海道の方は是非3月8日の19時から20時までの1時間の放送をお聴き下さい。

何故その音楽が生まれたのか? その奥深いところまで分かるのではないかと思います。


そのスペシャルプログラムに出演していただくDEENさんのニューアルバム『DEEN NEXT STAGE』は明日2月25日発売ですが、今日の夕方にはCD屋さんの店頭に並んでいるでしょう。

自分は製品になる前からレコード会社からサンプル音原を入手していますが、いい音で録音されていて、すでに自分の調整用CDとなっています。

正式発売後はかなりの枚数を購入して、直営店の公式調整用CDとして活躍します。

是非お買い求め下さいという前に、このブログを読まれているかなりの方が今日の夕方にCD屋さんに行かれると思います。



最後に転勤などで東京に行かれてサウンドピュアディオの関係の放送を受信出来ない方に朗報があります。

3月7日の土曜日の23時24分からのTBSテレビの『元気の源泉』という番組にDEEN・ボーカルの池森さんが出演されます。

その中でサウンドピュアディオ宇部店で取り付けしたカーオーディオが映るそうです。

東京方面の方は是非ご覧下さい。
【2009/02/24 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
Air‐G 秋川雅史SPECIAL『ねがい』
だいぶ前から情報がまだ好評出来ないと言っていました、3月8日のAir-Gのサウンドピュアディオプレゼンツの番組の情報が本日解禁となりました。

先ほどAir‐G(FM北海道)のホームページを見てみたらトップページに『 サウンドピュアディオPresents 秋川雅史「ねがい」 』の情報が掲載されていました。(そこからサウンドピュアディオのホームページに行けるようになっていました)


今回の放送は現在発売中のテレビドラマ『本日も晴れ。異常なし~南の島 駐在所物語~』の主題歌『ねがい』のプロモーション番組にサウンドピュアディオがスポンサーとなっているものです。


放送日時は3月8日の日曜日で、19時から19時30分までの放送となっています。

番組の中では3月31日に札幌kitaraホールで行われるリサイタルについても話されるはずなので、リサイタルとコンサートの違いについても分かるかも知れません。(まだ内容は自分も知らないのであくまで予測ですが)

出演は秋川雅史さんと『エフプラス』を担当されているAir-Gのパーソナリティーの野宮範子さんで、ほんのちょっとだけ井川の声も流れるかも知れません。

北海道の方は是非お聴き下さい。
2009.2.23 001


19時30分から20時までの放送もサウンドピュアディオがスポンサーなのですが、こちらの情報はまたお知らせします。


PS  今日は福岡にDEENのボーカル・池森さんとサックスプレイヤーの矢野沙織さんが来ておられます。

池森さんは17時15分ぐらいからFM福岡の『スマッツシュウエイブ』と18時10分ぐらいからクロスFMの『トギーズTT』に生放送で出演されます。

また矢野沙織さんはFM福岡で15時30分ぐらいに『ラジゴン』に生放送で出演されます。

聴ける地域におられる方は是非お聴き下さい。

自分は午後からFM福岡の方に行きます。
【2009/02/23 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
朝はNHKのテレビで
不思議と朝は7時20分から25分の間に自然に目が覚めて、それからNHKのBS・hiをつけて7時30分からの朝の連続テレビ小説『だんだん』を観ます。

目覚めから竹内まりやさんの『縁の糸』が流れて来るし、しかも語りまで竹内まりやさんです。

実は自分の寝室のテレビは普通はテレビのスピーカーで音を聴いているのですが、ここぞという時はアンプとピュアディオ705を通して聴ける様にしています。

音楽番組の時などには直ぐにアンプスピーカー通しにしますし、『縁の糸』&まりやさんの声も毎日とはいわないまでもアンプ&705のスピーカー経由で聴く時があります。

その竹内まりやさんの声は日曜日の14時からの『山下達郎サンデーソングブック』で年に数回しか聞けなくて、それが日曜以外は全て聞けるのですから達郎・まりや夫婦のファンとしては見ない訳にはいきません。

しかし今日は週に一度の『だんだん』が無い日です・・

その代わり14時からはJFN系のFMでサンデーソングブックがあるので、一週間通してどこかで夫婦どちらかの声が聞けるという感じです。


今日の14時ぐらいは矢野沙織さんが出演する高校の定期演奏会の列に並んでいると思いますが、自分は常にポケットラジオを持ち歩いているので、それでサンデーソングブックを聴きます。

今はポータブル音楽プレイヤーの時代で、いつでも好きな音楽を聴くという時代ですが、『この番組だけは絶対に聴く!』という番組があれば時代遅れなポケットラジオもけっこう重宝します。


そういえばラジオが聴ける携帯電話とか音楽プレイヤー内蔵の携帯電話がありますが、自分は電話と音楽を聴く物は別々に持ちます。

一度一体物で音楽をずっと聴いていて、その後で仕事の電話で長話をしていたら充電が切れて大事な仕事の話が途中で切れてしまったので、それからは・・・


話は朝の連続テレビ小説に戻りますが、『だんだん』の前は榮倉奈々さん主演の『瞳』で、その前は映画『スイングガールズ』に出ていた貫地谷しほりさん主演の落語家の物語『ちりとてちん』でした。

昨日テレビを見ていて、「貫地谷しほりはあかぬけて若返ったな。」と思っていたらフジテレビの『ライフ』に出演していた北乃きいさんが髪形を変えていたのを間違えていました。(どうりで若く見えるはずです)

まー自分は以前眞鍋かをりさんとフィギュアスケートの安藤美姫さんの違いが分からなかったぐらいですから・・

その眞鍋かをりさんの『ここだけの話』というブログをよく見ていたのですが、真鍋さんが体調不良か何かで書き込みがちょっと止まった間になんとなく自分は見なくなってしまいました。

そういう事もあるので、ここのブログは毎日書き込まないと!

でも毎日書き込んでも内容が面白くないと読まなくなりますよね。


PS  ちょっと見てよく分からないというネタでは昭和の年代に石川ひとみさんと倉田まり子さんの違いが分からないという話がありましたね。(これに反応した人はおそらく40代か50代でしょう)

いかがわしい投資ジャーナルの会長と一緒に写真に写っていたと報道されて、似ているもう一方が迷惑していたという話を思い出しました。
【2009/02/22 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
オーディオBOXウエスト兵庫
P1000186.jpg
このブログは直営店ネタばかりなので、ちょっと今日はグループ店を紹介します。

一番上の写真はオーディオBOXウエスト兵庫の外観です。

P1000184.jpg
そして真ん中の写真は店内で、かなり凝った高級イメージの内装です。

P1000183.jpg
最後にB&Wのモニタースピーカーのノーチラス801です。

このスピーカーのイメージを大切にという事で、当グループのデモカーは801の指定ナンバーを取る事が多いのです。

関西方面では今のところ唯一のサウンドピュアディオ製品の取扱店なので、関西の方は是非オーディオBOXウエスト兵庫をご利用下さい。
【2009/02/21 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
マーフィーの法則
マーフィーの法則という言葉がありますが、自分は『これが起こっては困る時にそれが起こってしまう』という風に解釈していますが、福岡店にはあるマーフィーの法則があります。


それは福岡店の道路を隔てた反対側にガソリンスタンドがありますが、たまたまデモカーを洗車ワックスに出している時に必ず『デモカーが聴きたい』というお客さんが来店されるという事です。

しかも洗車だけでなく手がけワックスを同時に頼んでいる時で、「1時間ぐらい車が帰ってきません・・」という事になって、お客さんを待たせてしてご迷惑をおかけしています。

それまではデモする事が無かったので、「洗車ワックスに出すか・・」と出してから10分か15分ぐらいでお客さんがやって来られます。

不思議なものです。

今ではそんな時に備えて店の前で自分たちで手洗いしています。(洗車会員のチケットも買っているのに・・)


洗車ワックスといえば、昨年末に宇部店のお客さんから「ここの代車は以前に比べたら汚れた状態で貸し出されている。」というお叱りを頂きました。

確かに日々の取り付け作業に追われてピットの人間も洗車する回数が減ってきて、汚れた状態で代車を出す状態になっていました。

自分は1日の中で忙しい時間とそうでない時間があったので、極力自分が洗車する様に心がけていましたが、ふとある事に気が付きました。

それは忙しくて長い期間ワックスがけをしていないので全くワックス分が無くて、それが原因で少しでも雨が降ったら直ぐに汚れてしまい、またそれが水をかけて軽く洗ったぐらいではなかなか取れないという事でした。

でもあの状態だとコンパウンドをかけてからワックス掛けをするととても時間がかかる・・ だから水洗いのみ・・

結局それが悪いサイクルになって汚れた代車を貸し出すという事につながっていました。

そこで禅の言葉の『原因があるから結果がある』という様な意味の言葉を思い出して、原因を変える事にしました。

それは年が明けてからコンパウンド掛けやワックス掛けをするための機械を買って、パフでグルグルやって時間短縮を図り、その結果常にワックス分が表面にかかっている状態にしました。


今ではお客さんから「この最近は代車がきれいになりましたね。」と言われる様になりましたが、それでも常にピカピカとまではいきませんが、それなりの努力をしているというところはご理解下さい。
【2009/02/21 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
2月23日は パートⅡ
先ほどのDEENさんのホームページを見たらスケジュールに関する情報が掲載されていたのでお知らせします。

2月23日の月曜日はDEEN・ボーカルの池森さんがプロモーションのために福岡に来られます。


出演されるラジオは17時15分ごろにFM福岡の『スマッシュ・ウエイブ』に出演された後に18時15分ぐらいにはクロスFMの天神サテライトスタジオから『トギーズTT』に生放送で出演されます。


そして前日から福岡入りされているサックスプレイヤー矢野沙織さんもプロモーションのためにFM福岡に来られます。(スケジュールは当日のFM福岡のホームページでご確認下さい)


当日は自分もFM福岡の局内に入りますが、なんと偶然サウンドピュアディオが応援しているアーティストさんお二方がすれ違いぐらいの状態で放送局内におられるので、自分は時間によってあちらに行ったりこちらに行ったりとそんな状態です。(別にギャラリーとして行っている訳ではなくて、あくまで仕事です)


PS  矢野沙織さんは昨年発売されたDEENさんのアルバムやDVDに収録されている『白い記憶』という曲に共演されています。
【2009/02/20 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
2月23日は
以前からサウンドピュアディオプレゼンツのラジオ番組の出演者が事前情報になるので発表出来ないと書いてきましたが、遂に2月23日の月曜日に1人のアーティストの方の告知が解禁になります。

当日のAir-G(FM北海道)のホームページに詳しい事が掲載されますので、そちらもご覧下さい。


また他の2アーティストの方もほぼ同時期ぐらいに告知が解禁解禁になるはずなので、23日か24日ぐらいには3アーティスト全ての方の名前を公表出来ると思います。(お楽しみに!)


そして2月23日は宇部店と福岡店の合同の新年会が行われます。

忙しくて忘年会も新年会も行っていませんでしたが、この時期に新年会と言っていいのかどうか分かりませんが、その様な理由で2月23日は宇部店は真に勝手ながら18時で閉店させていただきます。

また福岡店は19時まで営業しております。

当日はお客様方にご不便をおかけすると思いますが、何とぞよろしくお願いいたします。
【2009/02/20 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今朝の『はなまるマーケット』で
今朝専務から「お客さんからはなまるマーケットで秋川さんが出るってメールが来ています。」と言われたので、早速テレビの前でTBS系にチャンネルを合わせて待っていました。

するとシャツのボタンをみぞおちの少し上まで開けている秋川雅史さんが登場しました。

昨日の夜に秋川雅史さんのホームページを見て、3月2日のJFN系のラジオの『ディアフレンズ』に出演されるというのは確認していたのですが、テレビの方はうっかり見落としていました。


その秋川さんが出演される『ディアフレンズ』が放送される3月2日の11時はちょうど福岡空港から11時10分発の札幌便に乗り込んでいる時間なので聴く事が出来ません。

札幌のスタッフに録音してもらって後で聴きます。


そして次の日の3月3日は小樽市で秋川雅史さんのコンサートが行われますが、それに合わせて3泊で札幌に滞在します。

月曜日の午後3時ぐらいに札幌店に着いて、木曜日の12時に札幌店を出るというスケジュールで、いつもなら土日を挟むスケジュールなのですが、今回は週中の訪問となり週末が休みのお客さんにはお目にかかれない事を前もってお詫びいたします。


その代わりにその週の日曜日にはサウンドピュアディオ始まって以来の超ラジオプログラムを放送いたします。

週中に札幌入りするのは3月8日に放送する30分番組2本連続放送に関わる用事で局に行く為で、本当は日曜日までいて聴いて帰れれば一番いいのですが、スケジュール上無理なので、泣く泣く木曜日に札幌を後にします。


放送はAIR・G(FM北海道)で3月8日の日曜日の19時から20時までで、30分ごとに異なるアーティストの方の番組が2本続けて放送されるというデラックスな1時間となっています。

北海道の方は是非お聴き下さい。

出演アーティストの方はその方のオフィシャルホームページに情報が掲載され次第こちらでもお知らせします。

【2009/02/19 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
放送時間が・・
今日お客さんから「3月14日の放送が16時からだから仕事があって聴く事が出来ない。」と言われました。

「あっ!」と自分のブログを見たら時間を間違えて書いていました。(しかも去年の今頃もあったような・・)


正確にはFM山口で3月14日の土曜日の18時から18時30分までサウンドピュアディオプレゼンツの特別番組放送されるというのが正しい情報です。

また残念ながらもう少し先でないと事前情報になるためにアーティスト名は公表出来ません。

お詫びして訂正いたします。
【2009/02/18 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
SWRがすでに・・
今日ぐらいに札幌店に新製品のSWRが届きますが、福岡店・宇部店ではすでに欠品気味です。

このSWRはピュアコン用のバージョンアップユニットで、すでに取り付けられたお客さんからは「価格の割りに満足度が高い!」と言われています。

だいたい予定の倍位のペースで売れているので次回の材料の調達量は倍にしているのですが、外のケース等は国産で直ぐに調達出来るのですが、中身の部品は海外からの調達のために2週間程度納期がかかります。

そのために今の状態では7日から10日間ぐらいの欠品期間が予測されています。


『物余り』と言われているこのご時世に売れて品不足というのも嬉しいことですが、お客さんからは「基本が出来ているところに追加パーツを入れるから効果が大きいんですよね!」と言われていて、今までのセッティングの詰めがあってこその人気商品なのでしょう。


月曜日の夕方の時点では福岡店の店頭に少し在庫があって、付いてないお客さんが「なぜ自分には勧めてくれないんだろう?」という顔をされていたのですが、実はSWRは数パターンの商品があって、最初の音を聴いてからカウンセリング後に適切な値を取り付けるのですが、お客さんのシステムが似ている方が同時に来店されるとちょうどいい値が不足してしまい『目の前に製品があっても値が違うのでお勧め出来ない』という状態になっています。

そのために次回は倍の生産量と言っていますが、全体の量としては倍なのですが、売れ筋とあまり出ない値との差をつけて材料を注文してあるので、一番出筋の値は3倍の生産をします。

何用が足らないかと言うと『ユニコーンツイーター用』が特に足らなくなって、『JBL08系用』もそろそろ足りなくなりそうです。

月末までには次のロットが生産されますから、今度は欠品気味という事は無いと思うのですが・・


PS  お客さんから「どうしてこのパーツを思いついたのですか?」という質問をよくされますが、昨年10月にDEENのボーカル・池森さんの車の取付けをする前に一度東京のスタジオに招待されて、「この音でお願いします!」と言われて、その後の取り付けではかなりいい所までセッティングが出来ていたのですが、車のパーキングアシストシステムの都合でリモコンが使えないCD700系が使用出来なかったというのもあって、『後もう一歩!』という工夫がどうしても必要で、苦肉の策で遂にSWRを思い付きました。

という事で、サウンドピュアディオの音はアーティストの方とのお付き合いの中で磨かれているんです。

2009.2.18 001
写真は福岡店のピュアコン用ディスプレイにSWRを取り付けたところです。(TAを含めた片チャンネルのイメージです)


【2009/02/18 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
秋川雅史『ねがい』2月18日発売
明日2月18日は秋川雅史さんの2年ぶりのニューシングル『ねがい』(TECG-19 1200円税込み)が発売されます。

このシングルはTBSの日曜劇場の主題歌になっています。

今日の夕方にはCD屋さんの店頭に並んでいるはずなので、今日のうちに買います。


その秋川雅史さんのコンサートが3月3日に小樽市で行われて、自分もそれに合わせて北海道入りします。

秋川さんのコンサートは昨年は3回ほど行っていますが、8月以降は秋川さんの生声を聴けていない状態なので、今からとても楽しみです。


今回はチケットの手配が遅かったので指定席ではなくて自由席なので、その中でも前の方に座ろうと早めに会場に行きます。

また3月31日も札幌市でリサイタルがありますが、こちらの方は前から14列目が取れているのですが、一ヶ月に2回札幌入りはまずいとの事で自分は泣く泣く諦めて、代わりに専務が行くみたいです。


それと、かなり前からこのブログをご覧の方なら分かると思いますが、自分にとって小樽という場所はかなりラッキーな所で、今回も小樽で何かがあるかも?と少しばかり期待をしている井川です。


ここで小樽でのエピソードを知らない方のためにご説明しますと、2006年の7月15日に小樽市で上妻宏光さんのコンサートがあって、札幌店のユーザーさん3人と当時最高の音といわれていたレンジローバーに乗って会場に行きました。

そこで握手会があった時に列の最後の最後に並んで、上妻さんに「お願いがあります。デモカーを聴いて欲しいんです!」とお願いしたところ、「ちょっと待ってもらえますか。」と後ろに下がられて、ある人に相談されてから、その方が「聴いてあげなさい。」と言われてデモカーを聴いてもらえる事になりました。

その当時はスポンサーとかではなくただの追っかけの一人でしたから、その方が誰かわかりませんでした。

後でモンドラナミュージックの木村社長さんと分かりました。

その時木村さんが「断りなさい。」と言われていたら、そこで自分の人生というか、サウンドピュアディオの運命は変わっていたでしょう。


そんな自分にとってラッキーな小樽という場所ですから、秋川さんに直接お会い出来るチャンスがあるのでは?とどうしていい風に思ってしまい、今から期待しています。

まあ、自分の勝手な思いというか『ねがい』ですが・・



PS  先ほど話題に出てきた木村社長さんの会社『モンドラナミュージック』に所属のサックスプレイヤー・矢野沙織さんが22日の日曜日の午後に福岡にやって来られます。

場所は福岡サンパレス・ホテルアンドホールで、詳しい事はサウンドピュアディオのHPのトップから右下の所をクリックして矢野沙織さんのホームページに入ってからご覧下さい。

高校の演奏会のゲストアーティストとして参加されるのですが、入場料は1000円で日曜日の昼間という事で、行ける地域に居られる方は是非とも行ってみて生演奏の音に触れて下さい。
【2009/02/17 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
チャンネルディバイダーのチューン
毎日の様にあれこれ製品を作っていますが、今日はチャンネルディバイダーをチューンしている写真をご紹介します。

2009.2.16 001
一度ここまで分解してから右側の基盤を裏返してニ十ヶ所以上の音に重要なポイントのハンダ付けをやり直します。

そして内部のリード線をメンテナスに支障が無い最低限の長さまで短くして信号ロスを無くします。
2009.2.16 002
1本が約5センチを12本ですから60センチのマイナスです。

LRがあるので片側30センチほど短くなりますが、かなり音はスッキリとクリアーになります。

最後にRCAのジャックの裏を12ヶ所ハンダ付けして全体を組み立てて完成で、時間にして約40分で、ユーザーミーティングでお客さんの目の前でマグロの解体ショーならぬ『チャンディバの解体ショー』としてさばいた事が2回ほどあります。
2009.2.16 004
あっ!良く見たら後ろに値札がありますが、これはハイローコンバーター用の物でチャンディバの値段ではありません。(MX・1Pは46200円です)


ところでRCAプラグとか呼んでいますが、この『RCA』の3文字の意味は規格を決めた『ラジオ・カンパニー・オブ・アメリカ』のRCA社の会社名なんですよ!

そういえばRCAレコードという会社がありましたね。
【2009/02/16 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
美味しいもの日記
この前、東京と札幌に行ってきた時の美味しかった所(もの?)を紹介します。

まずは新橋駅で下りて烏森口を出ると右手に洋服の青山のビルを見ながら約100歩進むと横断歩道が有って、そこからさらに100歩進むと右手に烏森神社に入る小さな参道があります。
P1000541.jpg
P1000540.jpg
その参道をまっすぐ進めば本当に小さな烏森神社があります。
P1000539.jpg
その参道の途中に甘味処『色ごよみ』があります。
P1000542.jpg
ここは自分が青山のスタジオに行く途中で新橋で地下鉄に乗り換えるのですが、その途中でここによってから原稿などを下見しながら休憩する所です。

基本的には和のスイーツの店で、ちょっした休憩をしようと新橋でコーヒーショップを探していたら、どこも人でいっぱいだったのであちこち歩いて遂にここを見つけました。

意外にここは都会の中の隠れたオアシスという感じでお気に入りなので紹介しました。

いつも自分は長居をして怪しい人なので、さすがに店内外の撮影をしたり、「ブログで紹介させて下さい。」とは言えませんでした。

ヤフーで『色ごよみ 新橋』で検索したらここの店の詳しい情報が見つかります。

以前に神社の目の前なので『神社のジンジャエール』なるメニューを自分が提案しましたが、いまだに採用されていません・・



東京に続いては北海道ネタです。
P1000552.jpg
写真は札幌駅で売っている駅弁ですが、自分のお気に入りはなんといっても800円の『いしかり』です。
P1000553.jpg
色々駅弁は食べましたが、このいしかりは駅弁の基本の『おかずが食べている温度の時に一番美味しい味付け』になっているところが素晴らしいです。

かなり以前にテレビで『駅弁はなぜ美味しいか?』という検証番組をやっていて、結果的に「冷えている時に一番美味しい味付けを考えて調理しているから。」という結論になりました。

カーオーディオのスピーカーも同じで、本当にいいスピーカーは平面ディスプレイでのいい音ではなくて、『車のドアに付けた時にいい音のスピーカー』というのと理論が似ている事を『いしかり』を食べるたびに思い出します。

店頭の平面バッフルでいい音がする様な気がするスピーカーも、車に取り付けたら「あれっ!」という事になってしまうので、お客さんが損な買い物をしないようにピュアディオでは必ずデモカーで試聴という形を取っています。


話は再び『いしかり』に戻りますが、この駅弁のいい所は最後の方で底に付いたご飯をガリガリしながら食べるのが通ぽくて独特の味わいがあります。

また1000円とか1200円の駅弁が多い中、今どき800円という値段も嬉しいです。

基本的には昼ごはんというよりも朝ごはんで食べている事が多いのですが・・
【2009/02/15 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
森山良子・やさしい気持ち
JFN系列の21局で『森山良子 やさしい気持ち』という番組を放送しています。

FM山口では日曜日の朝9時から放送していますが、ちょうどお店の開店準備をしている時間です。

ある日の放送で森山さんが「バリー・マニロウって何を聴いてもバリー・マニローって感じですよね?」と番組の中で喋ったら、それを聞いていたバリー・マニロウファンの専務が、「失礼な!あなたのところなんか親子揃って森山良子って感じでしょう!」とラジオに向かって(正確に言うとチューナーの周波数表示に向かって)怒っていました。

専務はあの一件以来森山親子が嫌いになったみたいです。


そんな気ままな喋りの『森山良子 やさしい気持ち』ですが、今日の放送では上妻宏光さんの『AGATSUMA PLAYS STANDRDS』の中から『竹田の子守唄』がかかっていました。

九州に昔からある歌ですが、三味線と洋楽器とのコラボレーションで『懐かしいのに新しい』という素晴らしい作品です。

是非一度聴いてみて下さい。


そういえばヤフーでFMのラジオ番組について知りたくて検索しますが、驚くほど自分のブログが上位に表示されます。

あらためて読んでみると、自分のポジションはある時はリスナー側で、またある時は製作側みたいな微妙な存在で、自分の事を良く知らない人が読むと「この人は一体何者?」という感じなのでしょう。


そんな井川は2月後半から3月上旬にかけてはサウンドピュアディオプレゼンツのレギュラー番組ではない特番を3本収録します。

放送日時はAIR・G(FM北海道)が3月8日の19時から20時まで30分番組を2本連続で放送と、FM山口が3月14日の18時から30分、そしてFM福岡が3月29日の19時から30分の合計4本の放送になります。

それに加えて毎週土曜日夜8時からの福岡のクロスFMでの『エアークルージング』のスポンサーと、さらに4月にもう一本FM山口での特番を予定しています。

アーティスト名はもう少し先にならないと好評出来ませんが、サウンドピュアディオが一押しの音楽に対してこだわりのある合計3アーティストの方です。


普通だとコンサートに行ってMCの時でないと聞けない話、もしくはコンサートのMCでも話していない内容が聞けるかもしれません。

『その音楽がどうして生まれたか?』という理由をリスナーの方に聞いていただいて、その音楽の奥深い所まで知って欲しいのです。


景気後退という理由で大手の会社が広告宣伝費を削減してきているみたいですが、民間放送はスポンサーからのお金で成り立っているので、うちの会社は規模が小さいのですが、力の限り民間放送に対してスポンサードしていきたいと思っています。


PS  新製品のSWRは本日から宇部店で発売と書いていましたが、CDの発売日ではありませんが、前日の夕方に何人かお客さんが来店されました。

気が付いたら発売前日なのに5セットも取り付けていました。

札幌向けの商品(推定一週間分)は本日発送します。

福岡向けは今日の夕方に手持ちで持って行きます。
【2009/02/15 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
ZSP・MIDが空前の人気!
この最近スタッフブログを見ているとやたら黄色いケブラーコーンのZSP・MIDを装着した車が目立ちませんか?

「前からこんなに装着率が高かったかな?」と驚いています。

おそらく1月10日発売の『ホリデーオート』にDEENのボーカル・池森さんの車に装着している写真が掲載されてから勢いが増したのでしょう。


しかし、ここにきて自動車雑誌だけでなく、遂にテレビ番組に登場するらしいんですよ!

『自分の癒し』みたいなコーナーで池森さんが『車の中で聴く音楽が癒しの空間』みたいな感じでカーオーディオが映るらしいんです。

ここで黄色いケブラーコーンのZSP・MIDが映るとどうなるのでしょうか?

ただ、放送される地域がかなり限定されていて・・
【2009/02/13 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
『DEEN NEXT STAGE』
この最近はインサイトネタと札幌ネタばかりでしたが、実は6日に東京のスタジオに行ってきて『DEEN NEXT STAGE』の発売前の音原を聴いてきました。

DEEN史上最高の音質といわれる今回の作品はタイトルどおり『次のステージへ』の第一歩の作品です。

ただ作品を重ねるごとに徐々に音のクオリティーが上ってきていますが、昨年の暮れぐらいにDEENさんのファーストアルバムを購入したのですが、15年前の作品にしてはかなりのクオリティーです。

ファーストアルバムの9曲目の『フォーエバー』はその中の一番お気に入りで、たまに車の中でヘビーロテーションでかかっています。

15年前はちょうど名古屋の園田くんと姫路小坂君とグループを作ろうと言っていた時期です。

あれから随分と音も進化しました。

15年前は自分たちはDEENさんのファーストアルバムが持っていたクオリティーを完全に鳴らしきってはいなかったのでしょうか・・


ファーストアルバムから15年経った『DEEN NEXT STAGE』はJ・POPのDEENではなくて日本のAORのDEENとしての次のステージに向かう確実な一歩でしょう。

今だからこそサウンドピュアディオのグループはこの作品の魅力を十分に出し切ります!

『DEEN NEXT STAGE』は2月25日に発売です。
P1000544.jpg
写真は東京のスタジオ内で、左からサポートメンバーのベースのミヤさん、リーダーでキーボードの山根さん、ボーカルの池森さん、自分、サポートメンバーのドラムのヒデさん、そして一番右がギターの田川さんです。


PS  発売前の音原も聴いているし、『永遠の明日』はミックスダウン直後の音原も聴いているし、ボーカルの池森さんとも直に生声を何度も聞いているので、発売と同時にNEXT STAGEはサウンドピュアディオの音合わせ用CDに採用されます。

【2009/02/12 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
祝『インサイト カーオーディオ』で1位
先ほど社員から「Googleの検索で1位になっています!」との報告を受けました。

「何が?」と聞き返したら、『インサイト カーオーディオ』で検索したらだそうで、見てみたら柳井くんが書いたブログが一番上に表示されいました。

ちなみに自分は34位で、ヤフーでは柳井くんのが100位以内に見つからずに、ここはいつもどおりでした。

でも検索順位は下克上が激しいのでそのうち下がるかも・・


PS  当社オフィシャルサイトの『ピュアコラム』にインサイト用パッケージの記事と写真が掲載されています。(このページの左下にクリックする所があります)
【2009/02/11 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
レクサスと上妻宏光
昨日のブログで大事な事を書き忘れていました。

それが月曜日にレクサスディーラーに行った時に全国各地で色々なアーティストを迎えてレクサスのイベントが行われるのですが、その中に上妻宏光さんの名前がありました。

残念な事に札幌や福岡のイベントには出演されなくて関東の方のみの出演でした。


自分が考えるには、おそらくレクサス+上妻宏光=伝統と革新というイメージなのでしょう。
【2009/02/11 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
レクサスRXを試乗して
昨日は札幌市内のレクサス藻岩に行ってきました。

ここはオープンした時にサウンドピュアディオがVIPルームにシアターシステムを収めている所です。

使用しているスピーカーはピュアディオ705ですが、その部屋はレクサスオーナーしか入る事が出来ないので普通は人の目に触れる事はありません。


そのレクサス藻岩でハリアーの後継となる『レクサスRX350』を試乗してきました。
P1000549_convert_20090210110408.jpg
(写真は雑誌からの撮影)

試乗とはいいながらも心は半分走行フィーリングに行っていて、残り半分は純正オーディオの音の方に行っていました。

さすがにこの時期はタイヤはスタットレスで、走り始めは遠慮してあまりアクセルを踏み込みませんでしたが、途中で「おそらくトラクションコントロールが効いているだろうから。」と調子に乗ってスイスイ走っていたら少しズルッときました。

走りは噂どうりで、足回りやエンジンの回り方などは『ハリアーとはやや違う!』という感じで、それなりにコストがかかっている雰意気でした。

しかしハリアーと違ってオーディオが異型パネルの一体型しか選べないのが難点で、デモカーとして買うかどうかというと微妙なところです。

試乗中に聴いていたCDは『AGATSUMA PLAYS STANDARDS』で、試乗車はマークレビンソン仕様で、それとは別にショールームの中の標準オーディオの車の音も聴きました。


ついでといってはなんですが、LSの標準仕様とマークレビン仕様の音も聴かせてもらう事が出来ました。

この手の車のオーナーさんは純正と見た目が変わってしまうのを嫌われる傾向があるので、ピュアーツ801を使ってそれにプラスαのパーツを組み合わせた『プレミアムパッケージ』みたいな物を開発したら売れないかな?と思いました。


話は全く変わって、昨夜は仕事帰りにTUTAYAに日曜日のみゆーじんに出ていた柴田淳さんのCDを買いに行きました。

しかし『し行』の所には柴田淳さんのCDは無くて、柴咲コウさんのCDはあって「昨日のテレビを見て誰かが買ったから無いのか?」と思いながらDVDのコーナーに行ったら『しば漬け3』があったので即購入しました。

今は『しば漬け3』をBGMにしながらブログを書いています。
P1000550_convert_20090210110514.jpg

それと一緒に購入したのは札幌で乗る車専用に買った矢野沙織ちゃんの『GLOOMY SUNDAY』です。
P1000551_convert_20090210110607.jpg
こちらのCDは音質は最高で、さらに独特の間がなんとも言えません。

そしてこのCDはHQCDという何日か前に紹介した高音質CDですが、『高音質CDとはマスターの再現性の高さを意味しています』という言葉が書いてある紙が入っている所が粋です。

気になった方は是非購入してみて下さい。


最後になりますが、今日はこれから札幌を出て千歳空港に向かって、それから福岡に直行便で行って、福岡でホンダ・インサイトを受け取って山口に向かいます。

あれこれブログで書いていますが、インサイトとは今日が初対面です!

木曜日にインサイトは再び福岡店に返しに来て、それまでの間は自分が乗っています。

インサイトの試乗レポートはまた今度という事で・・
【2009/02/10 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
井上陽水の歌ではないけれど
昨日の夕方からの札幌は吹雪でした。

一昨日の夕方も吹雪で、千歳発の飛行機が飛ばなくて空港で一夜を明かした人もいたそうです。

P1000547_convert_20090209123515.jpg


明日の14時の飛行機で福岡空港に向けて帰りますが、吹雪で欠航にならない事を祈るばかりです。


そういえば自分が中学生の時ぐらいに井上陽水さんが『吹雪♪吹雪♪氷の世界ぃー♪』と歌う『氷の世界』という曲がありました。

昨日の吹雪の中をレガシィ・アウトバックを運転しながらホテルに帰っていたら何故か自然と『氷の世界』の歌詞が頭の中に浮かびました。


昨日はあまりに雪がひどいために6時に札幌店を出て、8時にはもう寝ていました。

しかしあまりに部屋の暖房が暑いために11時前に目が覚めて、テレビをつけたらちょうどテレビ東京系でみゆーじんをやっていました。

昨夜のアーティストは柴淳こと柴田淳さんで、今までは何となく聴いていた彼女の曲もああいう番組で紹介されると曲の奥に秘められたエピソードに引かれてついCDを買いたくなります。

自分が泊まっているホテルの斜め前は24時間営業のTUTAYAなのですが、思わず直ぐに歩いて買いに行こうかと思ったのですが、外は吹雪で、結局は出ませんでした。

まー、買ったとしても部屋ではCDは聴けないですけどね・・


昨日のブログにも書いた様に3月はサウンドピュアディオプレゼンツの特別番組が直営3店舗のある地域で放送されます。

昨日のみゆーじんではありませんが、多くの方に『何故その音楽が生まれたのか?』という奥深い所を知っていただいて、その奥深い所をもっと知って頂くためにサウンドピュアディオでオーディオをチューンして頂ければと、ミシュランのガイドブックの様な気の長い考えてスポンサー活動を行なっています。

自動車業界はモータースポーツから手を引いている会社が多いですが、自分は音楽に関わる人間として出来るだけ長くスポンサー活動が出来る様に売り上げを落とさない努力をしていかないといけないと思っています。
【2009/02/09 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
インサイトの取り付け情報は
現在ヤフーで『インサイト カーオーディオ』で検索するとこのブログが55番から65番ぐらいの間で表示されています。

この時期にインサイトが納車されているショップも他では無いと思うので全国的にここが注目されていますが、実は自分は現在札幌店にいて、インサイトがあるのは福岡店で、手元に実車が無い状態です。

そのためインサイトのデッキの取り付け情報は今夜のスタッフブログの方に掲載されます。

インサイトの純正オーディオ以外の取り付け情報をお待ちの方は今夜10時ぐらいにPUREDIOスタッフブログをご覧下さい。(現在福岡店で作業中です)


スタッフブログへはこのブログの左下の『オフィシャルサイト』の所をクリックして『SOUNDPUREDIO』のホームページのトップに行って、そこから入る事が出来ます。
【2009/02/08 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
3月8日のFM北海道は
今日は2月8日で日曜日ですが、オリンピックの行なわれる閏年でない限りは2月と3月の曜日は同じで、1ヶ月後の3月8日も日曜日です。

その3月8日はAIR-G(FM北海道)で夜7時からサウンドピュアディオ提供の特別な特別番組が放送されます。

特別番組の前にあえて特別をもう一回つけているのは今までに放送された特別番組よりも更に特別だという事です。

その理由は今までのサウンドピュアディオ提供の特別番組は30分だったのですが、今回は1時間というか・・ 正確には30分の番組が2本立て続けに放送されるという超スペシャルバージョンです。


当然アーティストは2番組別々なアーティストの方に出演していただきます。

ただアーティスト名はまだ公表出来ないというか、アーティストの方のホームページで発表されるまでは事前情報になるために今は発表出来ない状態で、2アーティスト共男性という事だけお知らせします。

詳しい事はもうしばらくお待ち下さい。


そして北海道だけ特別扱いではなくて、FM福岡とFM山口の方でもいつもの30分枠の特別番組が放送されます。

日時はFM山口が3月14日のホワイトデーの夕方6時からの放送で、当然ホワイトデーなので担当パーソナリティーは女性アーティストの方の番組です。

FM福岡も同じ女性アーティストの方の番組で、こちらは3月29日の夜7時からの放送です。

聴ける地域におられるピュアディオファンの方は是非聴き逃さない様にしましょう。 


PS  何故サウンドピュアディオはこんなにアーティストのラジオ番組をサポートしているのでしょうか?

それはどんな人がどんな気持ちでその音楽を奏でたり作ったりしたという本当の理由というか『その音楽が生まれた理由』を知って欲しいからです。
【2009/02/08 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
札幌雪祭り&インサイト納車
先ほど札幌店に着きました。

もっと早く着く予定だったのが雪祭りのためにJRが混んでいて40分空港で待って、それから札幌駅からタクシーに乗ったのですが、丘珠空港の手前で交通規制があって進みが悪くなって、結局予定よりも50分遅れで札幌店に着きました。

丘珠空港の近くのつどーむでも雪祭りが行なわれているために遠くに車を止めて歩いて行っている家族連れを多く見かけました。


そして自分が札幌店に到着する前には福岡店にインサイトが納車されていました。

まだ自分は見ていませんが、データーで写真をもらったので掲載します。
インサイト061217 009
インサイト061217 013
ナンバーの9661は普通に指定なしで登録しているために何の意味もありません。

どこかで「前にあったプリウスを色を濃くしたの?」という声が聞こえそうです・・(ステッカーの位置なんかそのままなので)


PS  昨日のブログがうっかり下書きのままで出発してしまったので、一日遅れで掲載されています。
【2009/02/07 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日は東京に
今日はこれから飛行機に乗って東京青山に行って、スタジオでエアークルージングの収録です。

午前の飛行機で出かけるのですが、東京に着いてからは少し時間に余裕があるので新橋駅の近くの和のスイーツの店でも行こうかなと思っています。


そういえば昨日の朝のテレビの話ですが、いつもは日本テレビの『スッキリ!』を見ているのですが、昨日は朝付けたらたまたまフジテレビ系になっていて、『とくダネ』のコメンテーターに眞鍋かをりさんが出ていたのでついついつられてそのまま見ていました。

すると木曜日の『朝のヒットスタジオ』に大黒摩季さんが出ておられて、「どこかでこの人にあった事があるような?」とふと思いました。

そうです!6月にDEENさんの武道館の15周年コンサートの時に自分の斜め後ろの席に座っていた女性が大黒摩季さんだったと思います。

自分の座っていた席は1階席の2列目で、1列目に放送局のプロデューサーの人で、2列目は雑誌のライターの人が座る席で、自分は何故かそこに座っていました。

なぜ回りがライターかと分かったかというと、自分以外のその列の人間は曲の間に全員がメモを取っていて、自分だけがメモを取らずに、「斜め後ろの女性はどこかで見たような? そういえば大黒摩季さんに似ているような?」と気にしていました。

そして昨日の『朝のヒットスタジオ』を見て「やっぱりあの時の人みたいだ!」と思いました。


その朝のヒットスタジオのある『とくダネ』の司会の小倉智明さんが、お笑いのカナリアというコンビにねたにされていました。

それは『天達 天達 天達』とインターネットで検索すると天達本人ではなく『小倉智明』とトップに表示されるというギャグで、実際にはそんな事は無いのですが、放送終了後に多くの方が検索」したみたいです。

そのカナリアの『検索ねた』やナイツのヤホーではありませんが、お笑いの世界にもインターネットのねたが増えて来ていますね。


ちなみにこの最近のサウンドピュアディオでの検索ねたでいうと『レガシィ マッキントッシュ仕様』では昨日の時点ではヤフー検索で1位で、『ハイローコンバーター』で検索したら1位2位がオーディオテクニカで、3位がビートソニック、そして4位は井川ブログのテクニカのコンバーターがバラバラになっている写真が載っている所でした。

そのぐらいレガシィとハイローコンバータというカテゴリーではサウンドピュアディオが強いというのがお分かりいただけると思います。

しかし『ハリアー JBL仕様』についてはJBL付きのお買い得車の情報がトップの方を占めていて、現在は長い間君臨していたトップの座を明け渡している状態です。(でも書き込んだ後に見てみたら再び1位に返り咲いていました!)


他には『山下達郎サンデーソングブック』でヤフー検索したら、昨日の時点で10位と16位に表示されました。

コンサートのMCではインターネットを見ている様に思われる発言もあったので、ひょっとしたら井川ブログも達郎さんの目にとまっているかもしれません。


あっ!長々と書いていたら飛行機に遅れそうなので、今日はこのぐらいにします。

明日は札幌店から書き込みます。
【2009/02/06 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
インサイトが2月7日に納車
今日福岡のホンダディーラーから電話があって、今日車が届いていて6日にナンバーが付いて7日の土曜日に納車出来るそうです。

自分は明日東京に行って、それから土曜日に札幌に行くのでしばらくはインサイトにお目にかかれません。

土曜日の夕方までには福岡店の駐車場かピットにあるはずなので、インサイトが気になっていて福岡店に来れる方は是非来てみて下さい。


先ほど宇部店に戻ってきたら宇部のホンダディーラーの方がインサイトのカタログを持ってきておられました。

よく考えたら正式なカタログも見ないうちに注文したので、これを見ながらどこにピュアディオのステッカーを貼るか考えます。


PS カーオーディオに関しては、自分が札幌から10日に帰って来てから少しノーマルの音を聴いて、それからベーシックパッケージやドア防振の開発にかかります。

それと、現在ヤフーで『インサイト カーオーディオ』で検索すると100位以内に井川ブログが4ケ所に表示されます。

しかしそのうち3ヶ所はインサイトに関する話ではないのですが・・


【2009/02/05 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
デッドニングとピュアディオ防振の違い
初めて来店されたお客さんから「おたくのデッドニングはいくらですか?」と質問されますが、「うちの防振と他店のデッドニングは内容が違います。」と答えています。

デッドニングとは『デッド』すなわち余分な振動を殺す事で、一般的にはかなりの量の防振材が使われています。

初めて来店された方に写真で説明すると「これしか量を使わないのですか?」とビックリされる事が多くありました。

防振材を大量に使えば余分な振動が消えてデッドニング効果が得られますが、使いすぎると音が抑圧されて広がりの無い音になってしまい、余分な振動をデッドするだけでなく余韻まで殺してしまいます。

そのためにピュアディオでは『デッドニング=必要な余韻まで殺してしまう』という事で、あまりいい言葉ではありません。


そういえば昭和と平成の境目ぐらいに『デッド・オア・アライブ』というグループが流行っていましたね!

『ユー・スピン・ミー・ラウンド』なんかは当時のディスコでバンバンかかっていた様な・・


話がそれてしまいましたが、昨日の札幌店のブログでは代車のミラ・カスタムの音の話が出ていましたが、あの車の防振はちょっと驚くぐらいのツボを押さえたチューニングがしてあります。

一般的なデッドニングではそうは行きません。

なぜピュアディオはあのようなツボを押さえた防振が出来るのか? それは防振材を開発する時にレーザー光線の周波数を変えながら測定して硬さや粘りの測定をしたからです。

「えーっ!」そんな機械どこにあるの?」とか「そういう機械は何千万円もするんでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、実はピュアディオでそういう機械を所有している訳ではありません。

実は山口県は日本でも有数の石灰石の採掘がされている所で、特殊なセメントなどの研究をしている会社が沢山あります。

全ての会社がレーザー測定器を持っていたら大変なコストがかかってしまう為に山口県では成分分析を専門に行っている研究機関があります。

サウンドピュアディオではその様な地元の研究機関のレーザー分析の機械を使用して防振材の開発を行っています。

山口県の宇部市や美祢市では学校を出るとかなりの数の人がセメントや石灰関係の会社に就職しますが、そういう自分も半年だけそういう関係の会社に勤めていました。

そのために人づてにレーザー分析の会社にお願いする事は難しい事ではありませんでした。


そして解析や開発が終わった防振材を車に装着してテストして、さらにアーティストの方に自身の作品を聴いて頂いて、楽曲本来の音になっているかどうか確認するという作業を行います。

そこまでするからこそサウンドピュアディオの防振は使用量が比較的に少ないのにスッキリしてなおかつ余韻のある『ツボを押さえた音』になっているのです。


だから「おたくのデッドニングいくら?」と聞かれても「うちの防振と他店のデッドニングは内容が違います。」としかお答え出来ないのです。
【2009/02/05 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。