PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
3年連続NHKの紅白に
タイトルを見て「また秋川雅史さんが3年連続でNHKの暮れの紅白歌合戦に出るという話でしょう。」と思われた方、やや正解です。

完全な正解は『サウンドピュアディオがラジオ番組のスポンサーとして付いたアーティストの方が3年連続で紅白に出演されている』でした。


2006年には三味線プレイヤー・上妻宏光さんが、昨年は米米クラブの石井竜也さんが、そして今年は秋川雅史さんと、何故か3年連続サウンドピュアディオがスポンサーに付いたアーティストさんが1名紅白に出場されています。

来年はどうなるのでしょうか?


秋川雅史さんは昨年も一昨年も出演されているのですが、自分は今年初めてお会いして、そして夏に『サウンドピュアディオプレゼンツ 秋川雅史 一期一会』に出演して頂きました。

FM山口制作で、FM福岡でも放送されましたが、その後に北九州で行われたコンサートはかなり後ろの席までいっぱいのほぼ満席状態で、「自分も少しは貢献出来ていれば。」と思って後ろの方で見ていました。


今年は秋川さんのコンサートに3回行って、そのうち2回ほど控え室でお目にかかりましたが、自分は秋川雅史さんから音造りに物凄い影響を受けました。

今年は秋川さんのコンサートに3回行っているのですが、3回のうち2つの会場では全くPAを通さない生の声で歌われました。

しかも入場者は千人以上です!


この千人以上に生の歌を届けるエネルギーを知った事で自分の何かが変りました。

それは初めて秋川さんの威風堂々のアルバムを聴いた時の事です。

オペラ調の曲が多くて、普通自分が聴くジャンルではないのですが、何気なく聴いていて、CDが1周してからいつも聴いているCDに交換した時の事です!

「あれっ!さっきと音が違う?さっきよりクリアーになっている?」と不思議な現象が起きました。

それからお客さんの車や店の車など十数台で試してみて同じ現象を確認出来ました。


本当は作品としての良さを表現しないと失礼かも知れませんが、その不思議な現象に「歌っている本人に会いたい!」と強く思う様になりました。

そして生声で千人以上の人に「今日は皆さんに元気を持って帰って欲しいと思います。」という最初のMCの言葉に「やはりこの人は凄い人だ!」と思いました。

何ヘルツがどうだとかいう科学で分析するのでは無く、人間の限界に挑戦している秋川雅史という人に物凄い魅力を感じました。


それからの自分は『ピー』とか『プー』とか『ザー』というテスト信号でスピーカーのコンディションを整えるという作業を一切やめて、秋川さんを含めた素晴らしいアーティストの人の作品を織り交ぜて、自分ならではの鳴らし込みの方法を編み出しました。

単純な信号の組み合わせであまり使わない周波数を刺激して音を整える事は出来ますが、人間が限界にチャレンジした作品にはかないません。



今日は年末で、これが今年最後の書き込みになりますが、先ほどざくっと今年の書き込みを見返していたのですが、まーよくこれだけアーティスの方に毎月毎月会っているなと思いました。

カーオーディオ、ホームオーディオ含めて趣味で一般のお客さんを対象としたオーディオでこんな事をやっている社長は日本で自分ぐらいでしょう?

ボーカルを取っている方の声を目の前で生で聞いて脳裏に焼付けたり、アーティストの方に自分の楽曲をデモカーで聴いて頂いたりと・・

まー、かなりお金も使いましたが、こんなバカな社長が造る音ですからさぞかし・・・です。


今年を振り返ったら色々なアーティストの方とお付き合いして頂いて、結局は去年は出す事の出来なかった『後もう一歩の音』が出せる様になって本当に良かったです。

来年も皆様の生活の中でサウンドピュアディオの音が良いリズムを刻みます様に。

そして良いリズムが皆様の仕事の活力になりますように願いを込めて。


ユーザーの皆様、今年一年本当にお世話になりました。



最後の最後になりましたが、今年一年間サウンドピュアディオが提供する番組に出演して頂いたアーティストの方、番組の放送の早い順からお名前を紹介させて頂きお礼を申し上げます。
石井竜也さん、押尾コータローさん、矢野沙織さん、秋川雅史さん、上妻宏光さん、そしてDEENの池森秀一さん、出演して頂いて本当にありがとうございました。
【2008/12/31 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
クイーンのレディオガガという曲
皆さんはクイーンのレディオガガという曲をご存知でしょうか?

自分はこの曲に込められた気持ちがとても好きです。

『音楽はラジオを通じて多くの人に広まった。だからテレビの時代になってもラジオを大事にしよう!』という気持ちを込めて作ったと当時のラジオや雑誌で言われていました。

しかしそれから随分時間が経っているので、「詳しくはどんな意味だったかな?」とヤフーで『レディオガガ クイーン』と検索したら4番目にこのブログが表示されました。(絶句!)

そして『クイーン レディオガガ』と前後を変えて検索したら・・・ やはり4番目でした。

他はレディオガガの入ったCDの販売についてだったので、という事はレディオガガとラジオ放送について一番詳しくふれているのがこのブログという事でしょうか?


自分はこのブログの中で何度も『FMラジオを見直そう』みたいな事を書いていますが、つい先日までは車のオーディオ環境がいまいちだったのでAMラジオばかりを聴いていた時期があります。

その時に一番印象に残った放送が、『振り込め詐欺に会わない方法』というのがあって、一番いい方法が息子と名乗る男に『飼っている犬の名前は?』と聞いたら相手が電話を切った、というのがありました。

これは実にいい方法です。


話が本題からそれてしまいましたが、実は自分の夢はFM放送のパーソナリティーをする事で、実際に20代の時にはレギュラーの音楽番組を持っていました。

自分が探して来た、まだ誰も知らない音楽をオンエアーしてリアクションがあるというのはとても快感で、その当時は出来ればパーソナリティーとしてやって行きたかったというのが本音でしたが二つの理由からその夢を断念しました。

その一つ目は番組のスポンサーを探すというのが大変だという事です。

当時は今ほどでは無いにしろ、直接販売につながらない音楽番組にスポンサーについてお金を出してくれる会社など無くて、更に自分の知名度も無いので番組の続行というのは困難を極めました。

もう一つの理由は良い音源を良い状態でオンエアーしても受ける側の音が悪ければ伝いたいものが伝わらないという二つの理由からオーディオ販売業に専念してFM放送の事は忘れていました。


その当時は、「自分の会社がいつか儲かったらスポンサーとして音楽番組をサポートしたい!」という気持ちがありました。

現在は会社の規模の割りには多くの音楽番組にスポンサーとして協力していて、経理からは「うちの社長はアーティストのコンサートが満席になる事と、CDが売れる事しか考えていない!もっと会社の売り上げに直接つながる事をして欲しい。」と小言を言われます。

ただスポンサーとして音楽活動に協力しているだけではなくて、アーティストの方から受けた音造りに対するインスピレーションはお金に換え難いものがあります。


結果的にお客さんがサウンドピュアディオに払われたお金に対して他店では絶対に手に入れられない満足感が得られれば、それは正しいお金の使い方だったと自分は思います。



ここで突然年明けのサウンドピュアディオが提供のラジオ番組のお知らせです。

放送地域が福岡県全域と山口県の一部に限られてしまいますが、元旦にはFM福岡でローリングストーンズの特別番組が放送されて、こちらのスポンサーはサウンドピュアディオです。(確か16時から55分間だった様な・・)

正月3日の夜8時からは福岡のクロスFMで『DEEN・池森秀一のエアークルージング』はレギュラーでスポンサーですが、新春放談で井川もしゃべります。


レディオガガのメッセージではありませんが、『いつも音楽はラジオから広まって行った。いつの時代もラジオを大切にしよう。』という事で、お正月休みの車での移動ではたまにはFMラジオを聴いてみられてはいかがでしょうか?


PS  民放のスポンサーをしている自分が言うのも何ですが、昨日あちこちラジオの周波数を変えていたらNHK・FMでジャズの音も内容もいい番組をしていました。

年末の特別番組だったのでしょう、思わず聴き入りました。
【2008/12/30 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
沙織といえば『矢野沙織』
今日は今年最後の営業日です。

皆さん、一年間お世話になりました。

とは言いながらもまだ仕事をしていまして、取り付けしている車が完成しないと自分の所に仕事が回って来ないので、今の時間に書き込んでいます。

先ほど『上妻宏光』をヤホーじゃなくてヤフーで検索したら111番目に自分のブログが出てきました。

そこで調子に乗って『矢野沙織』で検索しようと思ったら、何を間違えたか『沙織』でヤフー検索してしまいました。

するとどうでしょう? 沙織というモデルかタレントの人がいて一番上に載っていましたが、実質的な検索順位で『沙織』の1番上は矢野沙織ちゃんのコロンビアレコードのHPではありませんか!

更に2番目は所属事務所の『モンドラナミュージック』のHPで、1位・2位独占状態で、3番目は昭和40年代後半に一世を風靡したアイドル『南沙織』さんに関する所で、4番目に女子バレーボールの木村沙織さんの関係の所でした。

すると日本で沙織といえば矢野沙織ちゃんが一番有名という事なのでしょう。

ちなみに『矢野沙織』での検索では井川ブログは160番から170番の間ぐらいだった様な・・


それと3月ぐらいにうちの会社がスポンサーでFM山口とFM福岡で沙織ちゃんの特別番組を放送するかも?

詳しくは2月から3月の井川ブログでお知らせしますのでマメにチェックしていて下さいね!

P1000571.jpg
写真は左から矢野沙織ちゃん、自分、そしてDEENのボーカル・池森秀一さん。
DEENの楽曲『白い記憶』には沙織ちゃんも共演しています。

【2008/12/29 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
NHKの『だんだん』の無い月曜日は・・
毎朝目覚めるとテレビをつけて「今日は眞鍋かをりが出ているから木曜日!」とか、番組の内容で曜日を実感しますが、いまは年末の特別編成のためにいまひとつ生活のペースがつかめません。

土曜日までは普通で、いつも朝目覚めたらNHKの朝の連続テレビ小説『だんだん』を観て、竹内まりやさんの歌と語りで一日のスタートを切ります。

しかし土曜日の放送で今年の放送は終わりで、今朝は月曜日なのにまりやさんの声でスタート出来ません。


昨日は日曜日なのにテレビ朝日の8時からの仮面ライダーはやっていないし、NHKでは8時25分からの経済羅針盤もやっていないし・・ とうもしっくり来ません。

やはり生活の中にはリズムという物が必要なのでしょう。

リズムといえば月曜日の朝に車に乗り込んで、「一週間頑張るぞ!」という週の初めに好きなアーティストのCDをサウンドピュアディオのカーオーディオで聴くと一週間の仕事の良いリズムがつかめるのではないでしょうか?

自分も音のいい車で移動するかどうかで仕事のリズムが違います。

たまに純正オーディオはこんな物だという参考のために普通のオーディオ車でも移動しますが、やはり本来の音色に近い音がバシッと決まった車で移動すると気持ちいいですね!


そういえば昨年の夏にFM山口とFM福岡で放送された『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 上妻宏光 蒼風』の番組の中で上妻さんはこう言われています。

「自分が音楽のルーツを求めて色んな書籍を調べていたら、音楽とは仕事の効率を上げるリズムを体に取り込むものであるという事が分かった。」と。

そのぐらいいい音楽、またはいい音というのは仕事に良い影響を与えるのでしょう。


話はテレビの特別編成に戻りますが、いつもの番組と違うと悪い事ばかりでなくて、いい事もあります。

今朝の日本テレビの『スッキリ!』ではNHKの紅白に出場される方からのプレゼンとがあって、秋川雅史さんからは紅白に出場した時に付けていたカフスボタンがプレゼントに出されていて「あれ欲しい!」と思ったのですが、仕事の時間になったので泣く泣く会社に出ました。

でも、当たる確立なんてほぼ無いようなものですが・・


当たるといえばよく本やインターネットで『車が当たる』というクイズや懸賞をやっていますが、当たったためしがありません。

当たれば代車にしようと思っています。

当たる確立を上げるために、明らかに数車種の中では一番応募の少なそうな物を選んでいるのですが・・


一番確率が高いのは、近くのディーラーからセールスマンが『買って下さい。』やってくるという事ぐらいでしょうか。

今では専務から「もう対応がわずらわしいので応募しないで下さい!」と当たられています。
【2008/12/29 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
花畑牧場の生キャラメルみたいな
朝テレビを見ていたら「不景気といいながらも花畑牧場の生キャラメルは1箱850円でも売れている!」という報道をしていました。

確かに不景気で物が売れないといっても売れる物は売れているので、自分の所の商品もそうありたいと思いました。


お陰様で今月発売した『PUREZ801』は昨日で2ロット目を完売して、1月の初売り用に用意していた材料も前倒しで組み立てを行って3ロット目の組み立てに入っています。(残念ながら札幌店については運送便の都合で年越しの到着になります。)

その増産のために手作業でのヤスリがけをしすぎて指紋が削れてしまい、宇部の自宅は入り口が指紋認証式のために入る事が出来なくなりました。(家族に中から開けてもらいました)

そうは言いながらもこの時期に品数が足りないほどの引き合いを頂いて、お客様には大変感謝をしております。

そんな中、今年の営業も今日・明日の残り2日しかありませんが、力の限り頑張って行きます。


話は変って、今年はというか今年もアクティブに日本のあちこちを走りまわりましたが、その中で一番印象に残ったのが夏に飛行機の窓から見る富士山の上の雪の少なさです。

「あれっ!富士山の雪って夏でももう少しあったような?」と思いましたが、同時に「地球温暖化のせいかな?」とも思いました。

最近はアメリカの自動車メーカーのビッグ3に対しての支援法案とかいう事が報道されていて、この前知り合いに「富士山の雪も減っているぐらい地球温暖化になっているんだから、アメリカのビッグ3ももっとエコな車を開発しないと支援する意味が無いよね!」と話したら、「クリーンディーゼル車から5500ccのガソリン車に替えた井川さんがいうと全然説得力無いよね。」と言われてしまいました。(確かにそうですが・・)

その5500ccのエンジンもPUREZ801を付けたらリッターあたり10・5キロという数字を出しましたが、現在は外して6・4キロぐらいになっています。

確かに機械の効果というのもありますが、心理的な効果も大きいと思います。

それは9・8キロぐらいになった時に何故か「10キロ以上に走らせたい!」という前向きな気持ちになったのと、6・9キロになった時に「どうせ7キロを切ったんだから・・」と投げやりな気持ちになったので、アクセルの踏み方などのエコに対する意識の差も微妙にあったと思いますが。


また以前にクロスFMの『トギーズTT』にDEEN・ボーカルの池森さんがゲスト出演された時に「ピュアディオのパーツを付けたら燃費も音も良くなって、音がいいから長く音楽を聴いていたいからあまりスピードを出さなくなった。いいオーディオはエコにもつながる。」と言われていました。

確かにいい音を作るというのは直接のエコにはなりませんが、間接的には少しエコに貢献していると思います。


【2008/12/28 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今日のクロスFMでは
今日は月末の土曜日のために福岡のクロスFMで20時から放送されている『DEEN・池森秀一のエアークルージング』に井川が出演します。

そして今日の放送の中で「それでは井川社長、1曲紹介してください。」と言われたら初めて上妻宏光さんの曲を紹介します。

これまではDEENさんと上妻宏光さんとのお付き合いは別々なもので、一切混同しないという自分の頭の中で勝手に作っていたルールを、しかも1年2ヶ月続いた掟を変えます!

ここまで書いていて、実際の放送で時間が無くて編集でカットされていたらショックです・・


それと前にも書いたのですが、エアークルージングは1月3日が来年最初のオンエアーで、こちらの方も某JFN系の長寿番組のまねではないのですが、『新春放談』として自分が出演します。(自分は大滝詠一か?)

1月3日の放送だと正月休みで車の中で聴いている人がいつもよりも多いかも?


PS 本当は1月10日の放送でも出演するので3週間連続の出演です。

お客さんからは「そんなにメディアに出ていて、ひょっとしてジャパネットたかたの高田社長を目指しているんじゃないですか?」と言われる事がありますが、そんな事は・・・

目指している所は違いますが、尊敬している事は確かです。
【2008/12/27 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
上妻宏光さんのHPがリニューアル
サウンドピュアディオのホームページのトップ画面の右下の方に三味線プレイヤー上妻宏光さんとサックスプレイヤー矢野沙織さんのホームページにジャンプ出来る様にしてあります。

昨日上妻さんのホームぺージを開いたらトップ画面が変っていました!

今まではアルバム『蒼風』の時の画像と音楽だったのですが、『アガツマ・プレイズ・スタンダーズ』の画像と音楽に変っていました。

雰意気もベースの色が黒で渋くなっています。

是非一度ご覧下さい。


そしてホームページといえばDEENさんのホームページからサウンドピュアディオのホームページにジャンプ出来る所が確か3ヶ所あるはずです。

スーパーマリオの宝探しではありませんかが、一度探してみてください。


そういえばこの前、うちのホームページのカウントがいきなりいつもよりもドカンと上がっていて、「何で?雑誌の取材も出ていないのに?」と不思議に思っていました。

それが16日なので、14日にZEPPでデモカーを展示してから2日が経っているので、その時に一瞬上がっても2日後にいきなりカウントが上がるというのが腑に落ちない感じでした・・

しかしその後でDEENさんのブログを見て分かりました! ブログのコメントにファンの方から「サウンドピュアディオのブログに池森さんとトレーナーの瀬戸さんの写真が載っていてかっこよかった!」という事が書かれていました。

それを見たファンの方が一気にうちのホームページにやってきたのでしょう。



話は再び上妻宏光さんに戻りますが、この前お客さんの車の音調整をしていた時の事です。

助手席にお客さんが乗って調整に立ち会われたのですが、『生一丁』と『エン』と『蒼風』と『アガツマ・プレイズ・スタンダーズ』の4回ほどコンサートにご一緒した方なのですが、アルバム『永遠の詩』の中の田原坂を聴きながら調整をしていました。

アルパインのH・900の31バンドのイコライザーの調整をしたのですが、何回も生で聴いた(そのお客さんも含めて)田原坂を聴きながらほんの数ヶ所を1デジベルだけ上げ下げをしたのですが、お客さんから「社長の頭の中に31バンドのグラフがイメージ出来ている様な気がする。」と言われました。

確かに自分の頭の中には音を聴いた時にグラフがイメージ出来ていて、「この声がこういうふうに聞こえるという事はここが不足して、ここが出すぎて・・」と調整をしていきます。

よく暗算の名人は頭の中にそろばんの画像が浮かんでいてそれを動かしているといわれますが、まさにそれのオーディオ版です。


ただ自分も体が一つしかない為に自分がいない他の店舗からの相談があった時は、今どういう風に聴こえるかを詳しく電話で表現してもらって、それに電話で答えて自分が指示した処置の結果で「それでどういう風に変った?」と質問を重ねながら音を追い込みます。

この前福岡店の店頭で電話で他店舗と「カーソルを右に2回動かして、エンターを押して、○○の所を押したら、次にリターンを押して・・」とやっていたら、お客さんから「目の前に画面が無いのに、まるで社長の頭の中にディスプレイがある様に感じました!」と言われました。

実際に音を聴いていなくても、目の前にディスプレイが無くてもシステムの状態と現状の音を詳しく説明出来るスタッフがいれば、ある程度は遠隔操作で調整する事が可能です。



話は変って、数日前にメーターパネルが写っている写真を井川ブログに掲載していました、燃費の所が10・5キロを示していて、よく見たら60キロの速度で走っているから普通の道路を走っているという事がわかります。

実は時計が6時55分を示していますが、夕方ではありません!

朝の6時55分で、更によく見たらスタートから1時間以上走っているという事が表示されています。

そうです!毎日の製作と調整に追われて走行テストをする時間が無いのと、PUREZ801を直ぐに持っていかれるので、朝5時台から商品テストをしていたのでした。
【2008/12/27 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
年末・年始のお休みは
サウンドピュアディオ福岡店・宇部店・札幌店の3店舗は12月30・31日と1月1・2・3日の5日間をお休みさせていただきます。

新年は1月4日の朝10時からの営業になります。
【2008/12/26 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
商売繁盛の秘訣Ⅱ
数日前に書き込んだ商売繁盛の秘訣『オリジナル・ハーモニック・逆説』編が非常に多方面で好評だったために今日は続編をお送りします。

多方面というのは、自営業をなされているお客様と、何故か同業他店にも好評でした。

なぜ他店に好評だったと分かるかというと、ここ最近同業者から頼まれて常連のお客さんらしきスパイの方が何人か見えられたからです。

どこでスパイと分かったか? それは明らかに他店でフルシステムを付けているのにベーシックパッケージの質問は無いでしょう。

しかも質問の仕方が「ここのベーシックパッケージは値段が安いけど、本当は売る気が無くて、これを目当てに来た人に高い物を売りつけるんでしょ。」という質問で、買い物に来てるというよりはスパイ以外の何者でもありません。(本当に売りつけると言っていたから絶句です)

実際にベーシックパッケージは人気商品でなおかつ手間がかかっている割には価格設定が安いので、「こんなの売ってても利益が出ないのに、なぜ執着するのか?」と、同業他店が見ている事を前提に『発想が違う』という事をお知らせるためにあえて書き込みます。(もうスパイを送り込まなくて結構です)


まずベーシックパッケージを本当に普通の専門店の効率でやっていたら一番下の価格帯でも8万円から10万円ぐらい頂かないとやっていけないでしょう。

しかし効率を上げる事で時間短縮して工賃などの手間代の部分を安くあげます。

まず最初の1台を完成させる時は採算が合わなくても時間をかけて完全な音のデーターを取って、その後でマニュアルを作ります。

マニュアルには段取りが事前に書いてあるために、短時間での取り付けが可能になります。

たとえばどこはばらすけれども余分な所は一切ばらさずに作業したり、事前にどの材料がどのぐらい必要かという事が前もって分かるので、一人一人が段取りを考えて取り付けるよりも4割ぐらいの時間短縮を可能にしています。


作業の次に時間がかかるのが音調整で、最初の1台で完璧にすると半日から時には一日以上かかります。(パーツの組み合わせが数千種類に及ぶ為)

しかし2台目からはほぼそこに時間がかからない為に、一店一店が独自にやる事を考えると半分以下とか三分の一ぐらいの時間で最善の音が出せて、『短時間・低価格・高音質』の3つを手に入れられます。

宇部店・福岡店・札幌店の3店舗は、毎朝テレビ会議システムを使って作業の効率化について30分の話し合いをしています。


昨日は福岡店でベンツCLSの純正プレミアムサウンドシステムにパナソニックのストラーダFクラスを取り付けていましたが、今までに何台もベンツの取り付けはしているので段取りに時間はかかりませんでした。

しかし今まではフルシステムばかりで純正スピーカーを生かしたものは初めてでした。

純正はスピーカーの数が多い為にまとまりが悪く、少しスピーカーの数を減らす事になって、そこである発想を使って時間短縮をしながらも今有る材料で最上の音を出す方法を実践しました。


その発想とは『仮説』と『検証』と『消去法』という3つの考え方の組合せです。

まず仮説とは昨日の作業でいうと、完成して音が出て「妙にボーカルがわざとらしいな。」と感じたとします。

そこでスピーカーの数が多いから上手く音が混ざっていないんじゃないか、という『仮説』を立てます。

それに基づいてどのスピーカーが邪魔をしているか?という事を調べる為にあちこちのスピーカーを1組づつ音を消して行きます。

それが『検証』になります。

そこでどのスピーカーの音を切っていくかという順番を決めるのですが、一番効率のいいのは過去に似たようなシステムでどこを切ったら良かったかという確率の高い順に優先順位を付けます。

するとセンターを止めるかレベルダウンすれば音がまとまったという例が一番多かったとすればそこからやります。

それでだめなら2番目の確率のスピーカーを止めます。

すると短時間で一番いい組合せに到達出来るという事になります。


この仮説・検証というやり方はセブンイレブンの鈴木敏文さんが実践したやり方で、多くの書籍で書かれていますが、それに候補をいくつか上げてそこから確立の高い順に消していくという『消去法』をプラスして自分のやり方にしました。

だいたい発想で効率を上げていくのは良いビジネス書籍300冊以上読めば身に付くといわれています。

あくまで良いビジネス書籍です。

昨日の話題に出ていた経済評論家などの実態に合っていない事を勉強しても無駄です。


今日は何が言いたかったかというと、私どもの会社にお客さんに頼んでスパイを送り込むのであれば、本屋さんで良いビジネス書籍を探して読まれればいいアイデアが浮かんで売上が上がるのではないでしょうか?

またインターネットで私どもの会社を誹謗中傷したり、サイバー攻撃の様な事をかけられてもあなた方の一時的な憂さ晴らしであって、根本的な自分のビジネスを良くする解決策にならない事をしているという事をご承知下さい。


最後に自分が以前読んだ『ユダヤ人大富豪の教え』という本の中にこういう事が書いてありました。

『もしあなたが裕福な生活をしたいのなら、多くの人から少しづつお金を集める方法を考えなさい』と。

そして『ビジネスで勝つのならきれいに勝ちなさい』とも書いてありました。
【2008/12/26 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
AMラジオの毎日
この最近はベンツCLS550に乗っている時はAMラジオを聴いています。

何故なら純正プレミアムサウンドシステムでCDやFMラジオで音楽を聴いてしまうと「この音は本来の音と違う!」と感じてしまい、作業出来ればいいのですが、ピット作業もつかえているために音質をどうにも変えられないからAMラジオなら何も期待しないし、色々情報も入ってくるからAM生活をしています。

この前の火曜日の定休日は久しぶりにエスティマで移動したら「こんなに音が良かったんだ!」と感心しました。

しかし定休日以外はいつ代車が足らなくなって出さないといけなくなるかも知れないから「エスティマに乗って歩いてはいけない!」というお達しが出ています。(あー、困った)


今日は少しピットに時間の隙間があったCLSにドア防振をするか、デッキを付け替えるかの可能性が出てきたので、やや作業時間の早いデッキの交換を行います。

これで少しはAM生活から卒業出来るかも?


そういえばこの最近、某高級車ディーラーの偉い方から電話がかかってきて、「これって、ブログでプレミアムサウンドの事を悪く書いたからクレームが来たのか?」と思ったら、どうも違っていて、某1000万円を超える高級車を販売したらそのユーザーの方がホームオーディオの高級機を持っておられて「音があまりに違う!」という様なディーラーに対するクレームみたいで、調整やちょっとしたアクセサリーを取り付けてどうにかお客さんを納得させられる方法は無いかという相談でした。

しかも外見は一切変えずに純正配線にも明らかに切った貼ったという様な作業をしないという条件付きで・・

「そんな方法どこにも無いでしょう?」と答えようと思ったら、ありました! 某ピュアディオ製品が!


その名は『PUREZ801』で、本来は後付けシステムの音質アップの為の商品ですが、「ひょっとしたらプレミアムサウンド付き車にも効果があるかも?」とCLS550で実験してみました。

するとどうでしょう? バス・トレブル・フェダーをさんざんいじって801の効果も相成ってそれなりの音になったのですが・・・

なんと目の前のメーターパネルにリッターあたりの燃費が10・5キロの表示が??

5500ccのガソリン車ですよ! つい2週間前にエスティマの3・5で10・1走ったと喜んでいたばかりなのに、この数字です。

社員には「どの車にも一定の燃費アップを保証している訳ではないから、燃費の話に触れてはいけない! 音質の事だけ書きなさい!」と言っている自分の書き込みがこれですから完全なルール違反です。

それだけ電源環境が確実にアップしているという証拠です。

下の写真の数字を見て「これだけの数字が出せるユニットならオーディオも良い影響があって、かなり音が良くなるんだろうな。」とご想像ください。

しかし現在は既存ユーザーさんの予約で『PUREZ801』は大変品薄になっているので、もうしばらくして落ち着くまでは純正プレミアムサウンド用の販売は遅れるでしょう。

2008.12.25 001
当然、効果を確認した後のPUREZ801は直ぐにどこかへ持って行かれました。

それだけ凄い人気商品なんです!
【2008/12/25 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
誰かに言って欲しかった!
前から言いたかった事があったのですが、誰も公の場で言っていなかったのですが、昨日のテレビで遂に話題に出ていたのでここで書き込みます。

それはある女性経済評論家がテレビや週刊誌で『タンス貯金をしなさい』とか『とにかくお金を使わない事』などと言っていて、ぱっと聞くと正義の様に思えるかも知れませんが、自分は「この人がしゃべればしゃべるほど不景気になる!」と思っていました。

すると昨日「あの人を黙らせないと不景気がひどくなる!」という話がテレビで出ていて、「よくぞ言ってくれた!」と思いました。


また3年前ぐらいに『大型量販店を上手く利用して節約して不景気を乗り切ろう』と書いていた週刊誌が今年になったら『大型量販店が安売りしてコストを下げる為に日本の製造拠点をなくして中国に生産拠点を移した。その為に日本から仕事が無くなり不景気になった。大型量販店は不景気の根源だ!』と書いてありました。

なんと3年前とは180度表現が変わっているんです!

そのぐらい世の中の情報にはあてにならないものが多いという事です。

真実はどこにあるのでしょうか?


前の2つの話とは少し種類が違いますが、現在の総理大臣の麻生さんのお膝元の福岡県では『麻生グループ』という大きな会社があります。

確か麻生総理の関係会社だった様な・・

朝テレビを見ていたら麻生総理大臣が散々叩かれていて、その直ぐ後に『麻生グループ』のコマーシャルが流れていました。

放送局のコマーシャルタイムは事前に決められているので、ここで麻生さんが叩かれてもCMの差し替えはとっさに出来ないのですが、テレビを見ていて「これはむごい!」と思いました。

【2008/12/25 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
昨日の続き
今日は祝日で普通の会社勤めの方はお休みですが、札幌店・宇部店・福岡店の直営3店舗は火曜日のためにお休みさせて頂いております。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

代わりと言っては何ですが、ブログでお客様にお話をさせて頂きます。


昨日は長い文章でブログを書き込んだのですが、それでも足りない部分がありましたので補足いたします。

昨日の話は個人タクシーの話と、ちょうど1年前に米米クラブのボーカルのカールスモーキー石井こと石井竜也さんとお会いした話の二つでしたが、まず個人タクシーの話では肝心な落ちを書くのを忘れていました。

それは今まで自分が乗った事のある個人タクシーの運転手さん(福岡・姫路・札幌で)は全て年間4万キロ走られる事が無いという事です!

皆さんの話を総合すると、だいたい3万5千キロから3万8千キロぐらいを1年間で走られているそうです。

これは自分が1年間に走行している4万キロ以上を下回る数字です。

という事は、自分は個人タクシーの運転手さん以上に走って、更に色々な商品を組み立てて、更にお客さんの車の調整や新型車種のマッチングを探り出すなど『よく働いているなー。』というのを実感しました。

ここまで働くとV8のエアサス車で移動していないと自分の体が持ちません。(結局そういう落ちなのか?)



そしてもう一つの話題の、「石井竜也さんにどうしても会いたかった!」という件に関しては、「ここの社長は有名人に会うことばかり考えて!」とミーハーな社長と思われた方もおられるかも知れませんが、自分は「この人の生声が聞きたい!」と思ったら可能な限り努力してご本人にお会いして生声を頭に焼き付けて音造りの基準にします。

宇部店のお客さんで石井竜也さんの大ファンの方がおられて、結構なシステムを買っていただいているのですが、今まで何度も「石井さんの声と違う。」と言われました。

自分なりに一生懸命にやっているのですが、その方はファンクラブのイベントなどで何度も石井さんに会われていて、生で石井さんの声を聞かれています。

そのお客さんとコンサートに一緒に行ったりして自分なりにイメージして、演奏よりもちょっとボーカルを強めにしたのですが、それでも違うと言われました。

普通の人間だと「カーオーディオですから、これが限界です。」と言う所ですが、自分は「それなら石井さん本人にお会いして生声を聞いてきます。」となったわけです。

そして昨日の話につながりますが、それで調整してもそのお客さんは本当には満足してもらえませんでした。

「やっぱりカーオーディオってこれぐらいが限界なんですよね。」とお客さんから言われたのですが、自分はいつかその違う部分を何とかしたいと思いました。

自分なりに何度もイコライジングしてもそれなりにいいし、一般的なカーオーディオに比べたら遥かにいいはずなのですが、何処か違うと言われれば少し違うんです!


それが分からずにもやもやしていたらとんでもないチャンスが訪れました。

それは何度も出ている話ですが、7月末にDEENのボーカルの池森さんが福岡で自分の車の助手席に乗られた時に生声を聞いて、その後池森さんと分かれてから真剣にスピーカーの音を聞き込みました!

それでその後何度も防振材の実験をして生まれたのがパンチングマットです。

今まではツイーターの音とドアスピーカーの音を聞いているつもりが、実はドアに中音域のわずかな響きが残っていて、それが微妙なサラウンドみたいになっていて、普通に防振材を増やしても低音域に大きな影響が出てしまって、一定以上量を増やしても無駄というのが現状でした。

そして石井竜也のファンの方で何度調整してもうんと言ってもらえなかったお客さんの車にパンチングマットを貼ったらどうでしょうか?

初めて「これが石井さんの声です。」と言ってもらえました。


パンチングマットは価格こそは安いものの、この音にたどり着くまでは多くの材料を貼ってはがしてを繰り返して産業廃棄物を作っているし、何よりもアーティストの方の生声を聞くための苦労とかかった費用を考えると自分は『経理の敵・お客さんの味方』です。


そして昨日の話とは無関係なのですが、この最近のヒット作の『PUREZ801』の事ですが、お客さん数人からお叱りを頂きました。

その理由は、実は商品は1年前から出来ていたのですが、「何で直ぐに発売しなかったんですか!出来ているのなら1年間聞けなくて損をしたじゃないですか。」という話でした。

しかしここでパンチングマットの話に戻りますが、「声が違う。」ちょ言われているお客さんがおられる一方で、そこが解決していないのに電源環境の見直しという商品で、しかも今までの物よりはやや価格が高い商品を発売するのはどうか、という考えが自分の中にありました。

「ここを解決してからではないと『PUREZ801』は発売しない!」という気持ちがあったので、ドアの微妙な響きを克服したからこそ『満を持しての発売』と書いたわけです。

パンチングマット単価が安い割りにはチューニングのポイントが変わって手間がかかる為にあまり現場では販売したがりません。

しかし自分が作業料を込めた価格を安く設定したのは、アウターバッフルを使っておられる全てのお客さんに貼って欲しいという希望と、今まで買って頂いた事に対する感謝の気持ちで『手間がかかる割りには儲からない』けれど現場では極力多くの方に販売して欲しいと思っています。

マットを貼られたお客さんからは「この値段でこんなに変るとは思わなかった!」と驚きの声が上がっています。(ただし貼っただけではなくて、ピュアコンのコイルも巻き替えているので)


サウンドピュアディオのオリジナル商品にはこういったストーリーがあるからこそ他店では絶対に手に入らない音がするのです。
【2008/12/23 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
元旦はFM福岡で
今年の元旦はFM福岡で石井竜也さんの特別番組のスポンサーになりました。

FM福岡さんに「どうしても石井竜也さんにお目にかかりたいので、何か石井さんの関係のスポンサーの話はありませんか?」と聞いたところ、「えーっ!ビックリしました。今企画書を作ってこれからどこにスポンサーになってもらおうと、探すところだったんです。」と営業の方から言われて、渡りに船で直ぐにスポンサーになることを決めました。

「ただ会える可能性はあるのですが、100%会えるという保障はありませんが、それでも良ければ・・」という条件付きで了承しました。

番組は昨年の12月にイベントで石井さんが福岡に来られた時に収録したのですが、運よくFM福岡の局内でお会いする事が出来ました。

前日からもし石井さんに会ったらこんな話をしようと思っていたのですが、寝る前に予習のためにDVDを観てから寝たのですが、それがちょっと失敗で・・

当日はDVDに出ている人が目の前にいると思うとあがってしまい、思っていた事の半分もしゃべれませんでした。

どういう風にしゃべれなかったかというと、石井竜也さんは茨城県の出身で、一度上妻宏光さんとセッションをされた事があるのですが、自分と上妻さんとのお付き合いの事を全くしゃべっていないという超間抜けな事をしてしまいました。

しかも石井さんのツアーを一緒に回った事のあるピアニストの野崎さんともお付き合いがあるという事をいうのも忘れていて、石井さんが立ち去られた後に「しまった!」と後悔したぐらいですから・・

それからはアーティストの方にお会いする前はDVDを観ずに、お会いした後からDVDを観る様に心がけています。


そして今年の元旦に放送した番組は『河童とACRI』というタイトルで、石井竜也さんが監督した映画のDVDのデジタルリマスター版を紹介する為のものでした。

『河童』は1994年に作られた物語ですが、河童伝説を元に環境汚染や自然破壊を題材にしていて、身勝手な人間の行いがいずれ自分たちの身に悪い事が帰ってくるという内容でした。

そして『ACRI』の方はその1996年に人魚伝説を元にして、地球温暖化による海面温度の上昇による環境破壊を題材にしている物語です。

自分は移動中に車の中で2作品を小さな画面で見ていましたが、石井竜也さんとお会いしてちょうど1年が経ったので、ここであらためて部屋のテレビでじっくりと観てみました。

約2時間の映画だったので、一晩1時間づつ4日にわたって2作品を観ましたが、1994年とか1996年のまだだれも地球温暖化ついて重要に考えていなかった時期にこの作品は素晴らしく先見の目があって、「これは今のために作られた作品なのか?」と思いました。

車の中の小さい画面ではこの作品のいい所がなかなか伝わらずに「はじめから家のテレビで観とけばよかった!」と後悔しました。

皆さん、是非お正月休みに機会があったら『河童』と『ACRI』という素晴らしい作品をDVDでご覧下さい。
画像 029

話は変わって、来年の元旦はJFN系列のFM局の一部でローリング・ストーンズの特別番組が放送されます。

そのストーンズの特別番組の福岡県のスポンサーはサウンドピュアディオです!


うちの専務がローリング・ストーンズが好きなので、FM福岡から話が来た時には二つ返事でスポンサーになりました。

番組は東京で製作されて、中ではストーンズのインタビューも流れます。

ただし海外から録音したインタビューが送られてくる為に、専務がストーンズに会えるという事は無いのですが、ストーンズファンの専務としては番組のスポンサーになるだけでも名誉な事だと喜んでいます。
【2008/12/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
最近タクシーに乗ると
この最近ラジオや本などで『タクシーに乗ったら運転手から聞きもしないのにタクシー業界の不満をぐだぐだ言われて気分が悪かった!』という話題が出ています。

自分もだいぶ前に仕事関係の人と4人でタクシーに乗って、3人後部座席に乗って1人が助手席に乗ったのですが、愚痴を運転手が言い始めたら助手席に乗った人間切れかけました。

運よく怒りが爆発する前に目的地に着いたのですが、タクシーを降りてからも「あの運転手はなっていない!」と不満を漏らしていました。

そんな事をしていたら段々タクシーの利用者が減るのではないでしょうか?


自分はそんな嫌な思いをしない様に会社のタクシーではなくて個人タクシーのなるべく高級な車に乗る様にしています。

それは何故か?
個人タクシーは運転手その人が経営者で、その中でも高級な車を維持しておられる方はそれなりの経営努力をしていて、いいお客さんをつかんでいるから不満など言われないからです。

自分が利用しているのはクラウン・ロイヤルとシーマとセルシオの個人タクシーで、すでに運転手さんと仲良くなっています。

料金は大型料金になって2・3割ぐらい高かった様な気がしますが、愚痴を聞かずに済んで、更に商売の工夫が聞ければ一石二鳥です。


PS  書き忘れていましたが、会社のタクシーが全て悪いわけではなくて、たまにはいいタクシーもあります。

また個人タクシーなら全ていいわけでもありません。

ただこれだけラジオや本で報じられるという事は、そろそろ運転手さんにお客さんに愚痴らないように業界内で通達を出した方がいいでしょう。



【2008/12/22 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
山下達郎サンデーソングブック
日曜日の午後2時からはJFN系列のFM放送局で『山下達郎のジャックスカード・サンデーソングブック』を放送しています。

自分もよく聴いているのですが、日曜日の2時台は仕事が忙しくて部分的にしか聴けない事が多いです。

今度から録音して後から聴こうかな?


その山下達郎さんの6年半ぶりの全国ツアーが現在行われていて、福岡県でも一月に行われますが、自分がちょっと油断してチケットの手配が少し遅れたら、なんと3階席しか手に入りませんでした。(それでもいけるだけで幸せです)


しかし世の中不景気で物が売れないとかお客さんが来ないとか言われていて、しかもカーオーディオ製品は極端に売れなくなってきているというのにアーティストのコンサートは満席状態です!

19日の上妻宏光さんのコンサートも当日券も出ないほどの満席状態で、14日のDEENさんのライブはチケット発売日に自分は札幌にいて、5日後にやっと福岡でチケットを買った時にはすでに2階席でした。

そんなにチケットが早くから売れているという事は、どんなに不景気でも本物を求めている人は多いという事でしょう? 


現在は宇部店から書き込んでいますが、宇部店のピットは某アーティストのコンサート会場みたいな状態になっています。

ここ1週間の自分は14日にDEENさんのライブに行って、16日にはスティングのライブで、翌17日はDEENの池森さんと半日一緒にいてずっと生声を聞いていて、19日は上妻宏光さんのコンサートに行ってというスケジュールで、このブログを日頃から熟読しているお客さんは「車を入れるなら今しかないだろう!」という事になってラッシュ状態です。

しかもPUREZ801も次のロットが入ってきているので、「年末までに何とか!」という方が多く来店されています。

あーっ!自分のCLS550はまだノーマルの状態なのでデッキとナビだけども正月休みの前に交換して欲しいのですが、とても無理みたいです。

今日の宇部店での納車の車のめどが付いたら直ぐに福岡店に移動します。


タイトルの割りにサンデーソングブックについてふれていなかったので、再び話題は戻ります。

先週は竹内まりやさんとの『年忘れ夫婦放談』でしたが、今週はそのパート2だったかな?

何だか山下達郎さんと竹内まりやさんは理想の夫婦像という感じですね。

リスナーの方からのお便りも仲のいい夫婦みたいな感じの話題が多くて、ほんわかキャラの番組になっています。

年が明けると今度は大滝永一さんとの『新春放談』があります。

やはりレギュラープログラムよりも話が多くなるのでいつもよりも更に耳がダンボになります。


そういえば達郎さん一人の時の番組はオーディオに関する突っ込んだ話もされますが、以前リスナーの方からの『達郎さんの曲を早く5・1チャンネルの高音質で聴きたいです。』というハガキに『5・1チャンネルは必要無いし、これからもやるつもりはありません!』と答えられました。

自分も映画ソフトでなくて音楽ソフトは2chに限ると思いますが、出来ればどうして5・1チャンネルをやらないのかまで答えて欲しかったです!

その手の話を来春の『新春放談』でズバッと言っていただけると嬉しいのですが。


実はサンデーソングブックの類似ではありませんが、土曜日の夜8時から福岡のクロスFMで放送されているエアークルージングでも2週続けて『新春放談』をやります。

誰と誰か? それはDEEN・ボーカルの池森秀一さんと自分です!

放送日は1月3日と10日です。

土曜日なので本家本元よりも1日早いかな?
【2008/12/21 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
クイズの正解者には
井川ブログとスタッフブログをまたいで行われたクイズの正解者はなんと福岡店ユーザーのYSさん一人でした。(おめでとうございます パチパチパチ!)

YSさんには豪華(かな?)サウンドピュアディオのプレミアムグッズを差し上げます。


しかし、あまりに問題が難しかったために正解者が少なくて、広島の赤いプレサージュさんの答えにもビヨンドが入っていたために残念賞として何かグッズを差し上げたいと思います。

お二人の方は営業担当者までご連絡下さい。



そして「何ももらえなかった・・」とガッカリしている参加者の方へ。

こういう事は当たる当たらないよりも参加する事に意義があるので、参加者全員の方に感謝の気持ちを込めて粗品を差し上げたいと思います。

ありがとうございました。
【2008/12/21 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
クイズの正解は。
クイズの正解は!

画像 028
と演奏者ご本人に登場していただきました。

上妻宏光さんにはDEENさんの番組で上妻さんの作品を自分が紹介するという事をお伝えしました。

なぜこの2枚になったかというと、エアークルージングの番組では基本的にAORの曲調のものが多く使われていて、番組の流れを考えて上妻作品全てを一から聴いてみて、その中でピッタリ合うという事で『ビームス』と『ビヨンド』を選びました。(その中から更に1曲づつをオンエアー用に選曲しています)
【2008/12/20 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
満員御礼 上妻宏光コンサート
昨日は4時50分まで博多駅近くで用事があって、それから福岡都市高速と九州自動車道を乗り継いで直方市の『ユメニティーのおがた』まで上妻宏光さんのコンサートを聴きに行きました。

昨日は自由席だったので開場の6時半の2時間前ぐらいから並んでいたかったのですが、どうしても福岡市内に用事があって、それが終わって直ぐに出て着いたのが5時55分でした。

今月から車が3リッターのディーゼル車から5・5リッターのガソリン車に替えているから加速がいいの何の! 前の車のままだともう少し後ろの席だったのかな?


今回は専務も宇部から聴きに来ていたのですが、到着が遅かったために駐車場が無くてガード下の空き地に停めたそうです。

しかし昨日のコンサートの人の多いのなんの・・ 今回は指定席だと並ばなくていいのですが、自治体がしゅさいだと自由席の場合が多いために早くから並んでいる人の波です。
画像.1 003
人人人で、福岡県での上妻宏光さんの人気の高さが分かります。

何かうわさによると福岡県の会社で上妻宏光の大ファンの社長がいて、ラジオで自分の会社の宣伝よりも上妻さんのPRばかりしていて奥さんにしかられたとか・・

この最近ではアルバムが出るたびに番組のスポンサーになって上妻さんの声や音楽をオンエアーしているのはどこのどいつだぁ~い?(にしおかすみこ風に) 自分です!

やぁ~、これだけの列が出来て満員御礼だとスポンサーをやっていても「ほんの少しでもプラスになっていれば!」と嬉しい限りです。


そしてコンサートの演奏は『蒼風』と『TRIO』のツアーの時のピアニストの秋田さんとの二人で、『ソリチュード』や『田原坂』などのシンプルな曲はCDやDVDなどの演奏そのままで、最高のクオリティーというかリアリティーでした!

でもファンの人が3人でジャーニーズのファン風に『田』、『原』、『坂』との書いた紙を上妻さんに見せていたのですが、確か順番が1枚違って『原田坂』になっていたと思います。


そういえば2007年のピュアディオニューイヤーコンサートの時も三味線とピアノのセッションでしたが、あの時は経費を節約する為にイベント会社を通さずに全て自分で仕切っていました。  

そのため準備等で忙しくてミキサーブースを写真撮影する暇もありませんでした。

やはり餅は餅屋という事で次に何かやるときは費用が高くても必ずイベント会社に頼むでしょう。

そして今回お願いしてミキサーブースを写真撮影させてもらいました。
画像.1 004
ピュアディオニューイヤコンサートの時よりは新型になってサイズがコンパクトになったそうです。

今回はPA席ではなくてもっと前の席に座りました。


【2008/12/20 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日は上妻宏光さんのコンサート
今日は19時から福岡県直方市の『ユメニティーのおがた』で三味線プレイヤー上妻宏光さんのコンサートが行われます。

今回はアルバムツアーとは別で、自治体が企画したコンサートです。

福岡県では1年に1・2回は自治体が行う上妻さんのコンサートが行われます。


自分は12月は3回コンサートに行くと書き込みましたが、よく考えたら1週間以内に集中しています。(日曜日DEENさん、火曜日スティング、金曜日上妻さんというぐいあで)


この最近井川ブログはDEENさんのネタばかりでしたが、上妻さんの事を忘れているわけではありません。

その証拠に来週の土曜日の20時からのエアークルージングの放送では上妻宏光さんの曲を紹介します。


今まではエアークルージングの放送の中で、「それではおすすめの曲を1曲紹介してください。」と言われても何故か上妻さんの作品はかけた事はありませんでした。

その理由は自分の勝手な思い込みというか、変な気遣いというか・・

自分の中ではDEENの池森さんも上妻宏光さんも甲乙付けがたい存在なのですが、このお二方は面識がありません。

しかしこのお二人のどちらから見ても押尾コータローさんと矢野沙織ちゃんが知り合いというかお付き合いがあるんです。

そういう状態だから自分は押尾さんとも沙織ちゃんとも比較的付き合いやすいのですが、これだけ近いのに池森さんと上妻さんの接点がありません。

それで自分が妙に気を使って、池森さんと上妻さんとのお付き合いは別なものとして『エアークルージングでは上妻さんの楽曲をかけない』という暗黙のルールを作っていました。

しかし、明日の放送では自分の中の勝手なルールを変更して遂に上妻宏光さんの楽曲をエアークルージングの中で紹介します。


そして「この曲をかけたいんですけど・・」と事前に池森さんに上妻さんのアルバム2枚をプレゼントして聴いていただきました。

その中から自分がかけたい曲を事前に池森さんにスタジオで聴いてもらったら、「この曲なら海外のアーティストがセッションしたがるでしょう?」とすぐに言われました。

「そうなんです!ハービーハンコックとマーカスミラーとセッションしているんですよ!」と自分は答えました。

さすが池森さん!分かっていらっしゃるというか、音楽センスがいい!


そんな感じで来週のエアークルージングでは初上妻作品のオンエアーとなります。


PS  ここでクイズです! 自分が池森さんにプレゼントした上妻宏光さんのアルバム2枚のタイトルは何でしょう?

正解者には何かプレゼントがあるのかな??

ここにはコメントが入れられないから答えようが無いかなぁ~?

後でスタッフブログに書き込める所を作っておきます。(締め切りは20日の正午です)


PS2 先ほど『明日の放送で』と書き込んでしまいましたが、来週の土曜日の間違いでした。
【2008/12/19 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
オリコンWeeklyチャート6位
なんとDEENさんのシングルCD『永遠の明日』がオリコンWeeklyチャートで初登場6位になりました!

そういえばテレビのニンテンドーDS『テイルズ オブ ハーツ』のCMでも『永遠の明日』はよく耳にします。

そして2枚組DVD『武道館 NO CUT』の方もオリコンWeeklyチャートで7位となりました。

おめでとうございます。
【2008/12/18 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ミキサー席で
昨日・一昨日と東京に行っていて書き込み出来ずに申し訳ありませんでした。

携帯電話から書き込める様に設定していれば問題ないのですが・・


さて火曜日のスティングのコンサートはオーチャードホールという千人ちょっとぐらいしか入れない外国のアーティストとしては小さめのホールでしたが、アコースティックとコーラスというシンプルな構成で、以前に福岡国際センターで聴いた『大箱』の時とは全く別な感じで、自分はどちらかというと今回方が本当のスティングの声を聴けるという感じで好きです。

そして東京2日目の昨日は赤坂のDEENさんの事務所に行って、事務所の駐車場でちょっと作業を行いました。

その後池森さんの車の助手席に乗せてもらって青山のスタジオへ向かいました。

青山のスタジオに行くのはもう毎月の恒例行事みたいになっていて、今回で3回目で青山の風景にも目が慣れたし、スタジオの音にも耳が慣れました。

青山では福岡のクロスFMで放送するエアークルージングの収録をしていて、月に一回は自分も登場しています。

今月は26日の土曜日の放送に登場します。


話は福岡での話題に変わって、日曜日のDEENさんのライブではお客さんとスタッフにチケットを渡したので自分が座る席が無くなりました。

それが逆に幸運に繋がってミキサー席のすぐ後ろに座らさせてもらいました。

今までコンサートでは最初にPAの音が最初は大きいだけで、音は固くてどうかな?と思っていたのが、演奏が進むに連れてどんどん音が聴き易くなるのはスピーカーがなれてくるからだろうと日曜日までは思っていました。

しかしミキサー席ではコンサートが始ってから何度もイコライジングやレベルを変えていました。

その回数は半端ではなくて、コンサートの中盤では安定した音になっていました。

確かにスピーカーの音がなじんだというのもあると思いますが、それ以上に頻繁にイコライジングを変える事によって演奏者の音を来場者に伝えるのがミキサーの役割です。


後から聞いた話ですが、冬と夏では着ている服が違って音の吸収が違うのでイコライジングが違うそうです。

コンサートは演奏者だけででは無くて多くのスタッフに支えられて成り立っているんだという事を実感しました。

2008.12.16 006

【2008/12/18 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
昨夜のZEPPは
先ほどのブログではライブやデモについて全く触れていなかったのでここでデモについて少し書きます。(ライブについてはまた後日という事で・・)


まずはこのブログをご覧の多くのユーザーさんが心配されていた、ライブ当日にデモカーのセッティング変更をした件ですが、まずは三菱アイの方は普通だとJBLのリーズナブルなPシリーズでのデモを行いますが、やはりライブ会場でど迫力で音楽を聴いた後に13センチのフロントスピーカーのみでのデモとなるとどうしても普通よりは地味に聴こえてしまいます。

実際に11月に上妻宏光さんのライブにEKスポーツで行った時の事ですが、行きは充分な迫力のはずが、帰りは車に乗って15分ぐらいは物足りなく感じていました。

そこで今回はその辺も踏まえて13センチながらある程度ローエンドの伸びているZSP・MIDを使用する事にしました。

しかし皆さんご存知のようにこのスピーカーは新品の下ろしたては本調子が出なくて、ある程度の鳴らし込みガが必要なのですが、この短期間でどうしたか? なんとピットの矢野君が気を利かせてくれて、自分の車からユニットを外してアイに付けてくれたおかげで、会場では大人気でした。

DEENのファンの方からは「本当に目の前で池森さんが歌っているみたいです!」とお褒めというか驚きの声が聞かれました。

2008.12.14.. 001 2008.12.14.. 002
そして本命のデモカーのエスティマの方ですが、こちらはセッティングが完全に煮詰まっていたのですが、前日に遠くから来店されたお客さんが「デモカーに付いているのでいいからPUREZ801が早く付けたい。」と言われたそうなので、土曜日に急遽エスティマから外してお客さんの車に取り付ける事になりました。

そして当日は福岡店で自分がエスティマに乗って、牙を抜かれたというかPUREZ801を外した状態で音楽を聴きながら運転して、どこが足らないからプラスしないといけないというイメージを頭に焼き付けながら走って、会場に着くなりセッティングの変更を行いました。

道中はなるべく同じ音源を聴かない様にと音源を変えながら行っていたのですが、その中でJFN系の『山下達郎のジャックスカード・サンデーソングブック』を聴いていたら、恒例の竹内まりやさんとの『年末夫婦放談』をやっていました。

その中でリスナーのお便りでとてもいい話があるという事で気を入れて聞いていたのですが、とても心にしみるいい話で、思わず福岡都市高速を走りながらポケットからハンカチを取り出しました。

長くなるので内容は書きませんが、この番組を聴かれた方なら分かると思います。


少し話が横道に逸れましたが、エスティマはZEPP福岡に到着してからセッティング変更を行って、無事DEENファンを納得させる事が出来る音になりました。

アイと違ってエスティマの方は池森さんと基本的にデッキ・アンプ・スピーカーが同じとあって、長く聴かれる方が多かったです。

中には携帯電話でデッキの品番の所を接写される方も何人もおられて、おそらく同じデッキ欲しさで後で調べたら『日本国内では現在発売されていない』という事でショックを受けられた方もあると思います。

中には「池森さんと全く同じ仕様にして欲しい!」という話もありましたが、スピーカーはいくらでも台数があるのですが、デッキとアンプはうちの在庫も残りわずかです。

こうなるのが分かっているのなら、もっと数のあるデッキ・アンプ使うという手もあったのですが、池森さんの希望の音にするとどうしても在庫希少の物を選ばざるを得ませんでした。

これもDEENさんの最新DVDの様に目先の商業ベースを考えないで2chにこだわるというのと同じで、目先の商業ベースを考えずに音造りをしました。

エスティマのデモでは長く聴かれたい方もあったと思いますが、後の人がつかえていた為に短時間での試聴をお願いしました。(本当に申し訳ありませんでした)



話は突然変わってしまいますが、明日は東京にスティングのコンサートを聴きに行きます。

自分は福岡空港から出発して、専務は山口宇部空港から出発します。

ほぼ同じ時間に羽田空港に着くので、そこで合流して会場に向かいます。

コンサート終了後は東京に一泊して、専務は始発の飛行機で山口に帰って、自分はそのまま東京に残ってDEENさんの所属事務所に行って用事を済ませてから、最終便で福岡空港に向けて帰ります。


そのため明日・明後日は井川ブログの書き込みをお休みさせていただきます。(毎日楽しみにされている方、ゴメンナサイ)




【2008/12/15 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
社長のブログを見ています
昨日はZEPP福岡でDEENさんのライブが行われました。

会場の出入り口付近にデモカーを展示させてもらって来場者の方に試聴をして頂きました。

会場では「社長のブログを見ています。」とたくさんの方からお声がけを頂ました。(ありがとうございます)

DEENさんのホームページやブログでうちのホームページを紹介していただいているので、ファンの方がたくさんこのブログを見ておられます。

それとクロスFMの番組『エアークルージング』に火曜日の時に2回と、土曜日になってから2回の合計4回の出演を自分はしています。

おかげで『サウンドピュアディオの井川社長』という名前は多くのファンの方の知るところとなっています。


しかし世の中には上には上の社長さんがおられて、自分はまだDEENさんのブログに1回しか登場していないのですが、なんと鹿児島県の社長さんで2回もブログに登場された方がおられます。

その方は『チャレンジスポーツ』というスポーツクラブを経営されている瀬戸さんといわれる方で、現在は池森さんのトレーナーをされています。

また御自分のスポーツクラブは鹿児島県なのですが、東京の方に度々他のスポーツクラブに依頼されて指導に行かれているそうです。


そしてなんといっても瀬戸さんの凄い所は、今年の北京オリンピックの女子ソフトボールのトレーナーとして北京に同行されて、金メダルを獲得するための影の立役者として活躍されたという事です!

さらに瀬戸さんはサウンドピュアディオでベンツSLにZSP・MID等を使ったシステムを取り付けられていて、ピュアディオのユーザーさんです。


実は北京オリンピックに行かれる前に「オリンピックの間は車を使いませんから。」と福岡店に車を預けられていたのですが、「今年の女子のソフトボールは決勝戦まで行きますから!」と強く言われていました。

その時は女子ソフトボールは他の競技に比べたらそんなに金を期待されていなかったので、「そうですか・・」と普通に聞いていました。

するとどうでしょう? なんと瀬戸さんがトレーナーを努められた女子ソフトボールチームが優勝したではありませんか!

これが『有言実行』というものだなと深く感じました!


出来れば自分は運転と手先の作業でかなりの肩こりなので、鹿児島まで行って瀬戸さんのお世話になりたいと思っているのですが、おそらく早めにこの事を話していたら専務から「そんなにいい人がおられるのなら無理に車を替えなくてもいいのに。」と言われそうなので、今日まで黙っていました。(それはそれ、これはこれです)


自分は池森さんの移動中の音質を良くして陰ながらサポートしていますが、瀬戸さんは健康面やステージでの筋肉の使い方など細かく指導されているので、自分からしたらかなり上の社長さんです。(しかも自分よりも年齢は10歳以上若いはずです)

昨日のコンサートの後に楽屋で3人で写真を撮りましたが、自分の役割は瀬戸さんに比べるとそんなに重要では無いのでちょっと大げさかも知れませんが、池森秀一を支える二人の男という感じでしょうか?
2008.12.14 001 2008.12.14. 001
支えているといえば、よく考えてみたら福岡ではサウンドピュアディオがクロスFMの『エアークルージング』のスポンサーでした・・ と思いきや、瀬戸さんの『チャレンジスポーツ』は鹿児島公演の冠スポンサーで、なおかつチャレンジスポーツのテレビCMの曲はDEENさんの録り卸し曲(字はこれで良かったかな?)と、自分で自分の事を相当飛び抜けた社長と思っていましたが、上には上の方がおられます。
【2008/12/15 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
DEENさんのライブ会場にデモカーを
今日はZEPP福岡でDEENさんの『15th Anniversary Tour DEEN LIVE JOY Break13 ~NEXT STAGE~』の福岡公演が行われる日です。

そしてその会場の出入り口にはボーカルの池森さんのお心遣いあって、なんとサウンドピュアディオのデモカーを2台置かせて頂いて、来場者の方に聴いて頂くという催しを行います。

しかし2台のデモカーのうちの1台のエスティマは昨日PUREZ801を外したので、セッティングのやり直しと、2台目の三菱アイは昨日まで代車に出ていて、事前にスタッフに「時間が無いから他の代車に変更する。」と言ったら「他の代車も出ていて、アイなら確実に土曜日に帰ってきます。」というので昨日スピーカー交換となりました。

そんなわけでまだ2台ともセッティングが出来てい無くて、しかも自分は今は宇部店にいて、デモカー2台は福岡店にあるという状態で、ライブ当日に2台ともセッティングという凄い状態になっています。


世の中不景気で物が売れないと言われていますが、ここまで忙しくさせて頂いているのも日頃からサウンドピュアディオを御ひいきにして頂いているお客様のお陰と心から感謝しています。


今日はDEENのファンの皆さんに「車の中でここまで正確に再生出来る。」という池森さん推奨のサウンドをお聴かせしたいと思います。

それでは今から福岡店に出かけて、それからデモカーに乗り換えてZEPPに向かいます!(という事は現地でセッティングか?)

【2008/12/14 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
PUREZ801本日発売&即日完売!
本日12月13日は以前から情報を流している新世代電源サポートシステム『PUREZ801』の発売日でした。

自分は昨日福岡店から宇部店に移動していたのですが、デモンストレーション用のエスティマは福岡店に置いてきました。

宇部店では事前にエスティマやお客さんへ車へ仮付けの貸し出しテストなどを行っていたので、開店時間の10時にお客さんが来店されて、その場でお預かりとなって取り付けをしました。

成約までは説明などで30分以内ですが、実際の取り付けでは国産車で2時間から3時間ぐらいで、輸入車だと4時間ぐらいかかった車もありました。


以前に写真も無いまま情報をブログで流していたのは、発売と同時に売り切れになるので事前に年内に何台ぐらい必要で、どのぐらいの材料の確保が必要か?という見込みを出したかったのですが、経理担当の専務から「今どきいくら新製品だといってもそんなに売れないでしょう?」と販売がスタートしてからでないと余分な材料の発注は出来ないという厳しいお言葉・・

それでも「今回の新製品は必ず売れるから。」と再び食い下がっても、「アメリカのビッグ3でも在庫が余っているんですよ!今どきそんなに売れませんって。」と再びの厳しい言葉・・

しかし今日の午前中の宇部店は身動き出来ない事は無いけれども、どこのテーブルもふさがって、一人で来店されているお客さんは見知らぬお客さんと合席で、やっとお客さんが少なくなったと思ったのが2時半ぐらいでした。

結果は宇部店の在庫は全て完売で、福岡店に関してはお客さん了承の元エスティマのデモカーの分まで外して取り付けました。


ちなみに札幌店に電話したら「まだ野田くんの車でテストしている途中で・・」と言っていたので、「もう宇部も福岡も在庫がゼロ、販売する物が無いから直ぐに返して!」という感じになっています。


それでは何故そんなに人気があるのでしょうか?

日本テレビで土曜の夜10時から放送されている『エンタの神様』に1年以上前に出ていた『たいがー・りー』の決まり文句ではありませんが、想像してみて下さい、エンジンを切ったら自動的にBTXチャージが一晩中かかって、しかも自動制御で毎日かけてくれるんですよ! それは良くなって当たり前でしょう!

皆さんが1時間チャージしたら音が良くなった、と言われているチャージが毎日出来て一晩中ですよ!


今まで1時間のBTXチャージを無料で行ってきたのは『PUREZ801』のチャージ量の適正値を調べる為のテストで、映画でいうところの予告編みたいなものです。

つまり『PUREZ801』は本編なのです!


基本的に自分が作る商品は「こんなのあったらいいな!」と自分が欲しいけれども世の中に無い物を作っている訳ですから、ツボにはまる人なら絶対に欲しいでしょう。

お客さんの声は「一度付けたら外せません!デモ用でいいからそのまま付けておいてください!」という事でした。

当然の事ながら余分に在庫を取りたいと言って了承してくれなかった専務の車からも外しています。

だからあれだけ余分に作っておこうと言ったのに!


次の完成はいつになるのでしょうか?


PS  『PUREZ801』は同業他社のけなしや模倣品防止のために当分ホームページ上では写真の掲載は行いません。

店頭でお確かめ下さいと言いたいのですが、今現在は札幌店のデモ用1台以外は全て完売しております。

次回の発売をお待ち下さい。
【2008/12/13 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
『GLOOMY SUNDAY』というCD
12月3日に発売された矢野沙織ちゃんのニューアルバム『GLOOMY SUNDAY』ですが、今までこのCDについて詳しくふれていなかったので、今日書き込みたいと思います。

まずは遅れた理由ですが、発売日とベンツCLS550が納車された日が同じで、現在はまだベンツは純正オーディオの状態で、これで聴いて内容がどうこうと書くのも失礼なので、昨日の午後は宇部店の裏の製作室のB&Wとマークレビンソンのシステムで4回も聴く事が出来たので、これからレポートします。

まず今回のアルバムは沙織ちゃんが尊敬するジャズ歌手のビリーホリデイのレパートリーをサックスで演奏するというもので、斉藤ネコさんによるサウンドアレンジで、切なく歌うサックスの響きで、更に女性ならではのやさしさも加わっていい感じになっています。

自分は4回聴いたと書きましたが、このアルバムは「えっ!もう終わったの?」と思うぐらいに聴いていて時間が早く感じました。

1曲は4・5分あって10曲入っているので特に時間が短いというわけでもないし、アップテンポで早い展開であっという間というのでもないのですが、不思議と「もう一度聴きたい!」と思って、気がついたら4回目を回していました。


そして不思議な時間空間にさせる一つの要因として9曲目と10曲目の間に意図的に58秒の空白部分が作ってあるのです。

「あれっ!終わったのかな?」と思わせながらもまた始まる、まるでアンコールの様な10曲目の始まり方をします。

音質的には今までの矢野沙織作品よりもやや遠くでというか少し後ろでサックスが聴こえる様な気がして、その辺りも「もう一回聴きたい!」と思わせる演出なのでしょうか?

さらにCDのマテリアルについてもHQCDという液晶パネル用のポリカーボネートをディスク基盤材料に使用している方式で、HQCD前提での録音という感じで、距離感を感じるのもこの新しいマテリアルを使用しているからなのでしょう。

それでもってよくありがちな新しいマテリアルだからキンキンしたという感じも無くて、女性が演奏するからこそのメローなサックスの響きもしっかり再現されていて、最高のCDだと思います。


あなたも2度・3度・4度と引き込まれる矢野沙織サウンドの世界にどっぷりはまってみませんか?
CD.jpg
そういえば今年は矢野沙織ちゃんのライブに5回も行ったし、サウンドピュアディオプレゼンツのラジオ番組の収録でFM福岡のスタジオで1回お会いしているので、1年で合計6回もお会いしています。

しかしそれが1年の前半に集中していて、後半ではちょっと・・



PS  ベンツCLS550のオーディオはそろそろ替えないといけないとは思っているのですが、商売的にはノーマルのままでお客さんに聴いてもらって、「1千万円以上の高級車のプレミアムサウンドでこの音ですよ!」という説明で、商売的にはなかなかいい感じなのでなかなか替えられません。

特に既存のお客さんで軽自動車に乗っておられるお客さんが聴かれると非常に機嫌良く出てこられます。(ずっとこんな使い方をしていていいのか?)

でもエアサス付きの高級車でもオーディオの音がいまいちだと、高音質の後付けオーディオの車に比べたら少し疲れやすい様な気が??

やはりいい音というのは心の栄養みたいな成分を持っているのでしょうか?
【2008/12/13 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
次は『ホリデーオート』に
昨日DEENさんのホームページを見ていたらインフォメーションの『MAGAZINE』の所に『1月10日 ホリデーオート 池森インタビュー掲載』と書いてありました。

ホームページに載ったという事でこちらにも書き込めるのですが、これはサウンドピュアディオ絡みのカーオーディオに関するインタビューです。

まだ発売まで時間があるのですが、おそらく普通はホリデーオートを買う事の無いDEEENの女性ファンの方が購入して「何だかいつもより売れている?」という事になるのでは?と思っています。


そして今度の日曜日はZEPP福岡でDEENさんのライブがありますが、昨日と一昨日は宇部店ではライブ会場で配るパンフレットの準備に追われていました。

現在のピュアディオカタログはベーシックパッケージの所が説明だけで車種ごとの適合表と価格表が付いていません。

これは毎月の様に追加車種が発売されているからで、最初から印刷していると不便なのでその都度表を差し込んでいました。

今回は来場者全員の数の表を差し込む作業をしていて、会場で持ち歩いていて表が中から落ちるといけないので全数薄い両面テープで貼っています。


その全数というのが凄い数で、最初は自分1人でちまちまと作業していたのですが、あまりに作業が進まないので、それを見かねた岩崎さんが他に仕事があるにも係わらず手伝ってくれました。(それが原因で他の仕事が進まなかったみたいです。スミマセン!)

さらに宇部店のお客さんのHさんにも手伝って頂いて完成して、昨日ZEPP福岡に向けて送り出されました。


そして日曜日に展示されるエスティマ3・5Gは現在デッキをCD700ⅡからCD500にシステムダウンして、その代わりといってはなんですが、PUREZ801のパーツを装着して、音質は700Ⅱに近いというか、ある意味部分的には700Ⅱよりもいい所もあります。

さらにV6エンジンで燃費が8・1~8・4キロとかなり悪かった所が、9・9から10・1キロという見た事のない数字に上がりました。

別に燃費向上を目的としたパーツではないのですが、電源環境を整えて音質を上げ様としたら自然に燃費が良くなりました。

本当はもっと音の事で語らないといけないのですが、目の前に見た事の無い数字が表示されるとついついそちらに気がいってしまいます。


そして日曜日に展示されるもう一台の三菱アイの方は、福岡店の代車不足の為、明日まで代車に出ています。

帰ってきてからスピーカー交換とエージングをします・・って、これで本当に間に合うのか?

これではエージングは間に合わないので、他のデモカー又は社員の車から鳴らし込んだスピーカーを外して付けます。
【2008/12/12 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
『FENEK』1月号に!
ベストカーでおなじみの三推社から発売されているRV車とアウトドアの情報満載の雑誌『FENEK 1月号』(現在発売中)にDEENさんとサウンドピュアディオに関する記事が載っています。

記事が掲載されているページは一番最後のカラーページで、ボーカルの池森さんのサウンドピュアディオについてのコメントも載っています。

また、白黒の126ページのサウンドピュアディオの広告ページにも少しDEENさんについて載っています。

近々各店の店頭にも置きますので是非一度ご覧下さい。(RV車・アウトドアに興味のある方は是非お買い上げの上ご覧下さい!)
2008.12.11 021

【2008/12/11 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
同じJBLのスピーカーでも
昨日は夕方まで宇部店にいて、それから福岡店に移動しました。

福岡店にはストリームの完成車があって、前日のうちに出来ていたのですが、ストリームに取り付けしていたJBLの508GTIのスピーカーは最初のうちはコーンが固くて思う様な音が出ないので、ある程度の時間鳴らし込んで、音を整えてから出庫しました。

一般的にありがちな失敗は、最初の音が固いタイプの高級スピーカーはおろしたてに低音が出ないからとバスを上げたりラウドネスをかけたりして無理やり低音を出すと、しばらくしたら「何だかスピーカーが歪っぽい?」という結果を招きます。

そうならない為に、サウンドピュアディオでは事前にスピーカーを鳴らしてエージングしていたり、完成後にスピーカーを数種類の音楽を組み合わせて鳴らして音をある程度整えてから出庫しています。

この数種類の音楽の選曲はかなりのノウハウで、少ない時間ながらも色々な音域を慣らすという20年以上の経験から選んでいます。


その結果、『同じJBLのスピーカーでも他の店と音が違う!』という風になります。

ただ鳴らし込みだけでなくて、付属のネットワークを一切使用せずにピュアコンと呼ばれるサウンドピュアディオ独自の全て手作業でコイルを巻き変えているオリジナルネットワークの効果も大きいです。

それとアウターバッフルの微妙なスラント角度も音のニュアンスを変えて、結局ドア防振がどうとかといい始めたら、ピュアディオの音作りはトータルで『心地いいアーティスト本来の音に近い音』を作っているという事になります。

おそらく他の店でもJBLの508GTIを販売していますが、手のかけ方が違うので、そこが音の差に出ていると思います。


目先の高い安いではなくて、払ったコストに対しての満足度でサウンドピュアディオは多くのお客さんから支持されています。
【2008/12/11 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
明日は『永遠の明日』の発売日
明日12月10日はDEENさんのニューシングルでニンテンドーDS『テイルズ オブ ハーツ』のテーマソング『永遠の明日』の発売日です!

そして合わせて2枚組のDVDソフト『DEEN at 武道館 NO CUT』の発売日でもあります。

永遠の明日は東京のスタジオでマスタリングの最終工程に立ち合わせて頂いた作品で、その時に池森さんがエンジニアの方に「コーラスをもう少し・・」と言われていて、コーラスの音量をやや上げられたと思います。

そしてある音楽雑誌では「コーラスの感じがいい!」と書いてあったので、その絶妙なバランスが生まれる瞬間に自分は立ち会えて本当に良かったです!


またDVDの方は運よく武道館の関係者席に座らせてもらう事が出来て、正面で聴く事が出来て、DVDを観ながら「そうそう、あの時こうだった!」と昨日札幌店で思い出していました。

DEENさんには音楽が生まれる瞬間をたびたび見せて(聴かせて)頂いて、サウンドピュアディオの音質向上のために大変にお世話になっています。



そういえばお客さんから「札幌店にDEENのDVDソフトを置いていても、映像を映す機械が無いのでは?」とのコメントをスタッフブログに頂きましたが、昨日の夜にテレビを置いて現在はバッチリ見れる様になっています。

システムはオンキョーのDVDが再生出来るミニコンポにピュアディオ705のスピーカーで2ch再生していますが、これがとてもいい音なんです!

5・1チャンネルは要らないぐらいで・・・ って、なんとDEENさんの今回のDVDは2ch音声のみの収録で5・1チャンネルのトラックが無い??

たまたま昨日打ち合わせで池森さんから電話がかかってきたので、「すみません、サンプルのDVDは2chの音声しか入っていないのですが、箱を見るとどう見ても最終的な商品と同じ物の様な気がするのですが?」と質問したところ、「自分たちは5・1チャンネルはやる気が無いですから。音を良くしようと思うとどうしても2chになりますから!」とキッパリと言われました!

皆さんどう思います?

今の時代に商業ベースを考えたら『高音質の5・1チャネル』をうたった方が明らかに有利ではないですか?

そこをあえて音にこだわって2ch録音にこだわるというこの心意気! 凄いじゃないですか!

そういえばピュアディオの基本方針も『スピーカーとスピーカーの何も無い所に音像を浮かび上がらせる2ch再生にこだわる!』というのをモットーにしていますから、なぜDEENさんがサウンドピュアディオに注目しているか分かるでしょう。

札幌店の店頭で昨日の閉店した後に仕事をしながら『DEEN at 武道館 NO CUT』を聴いていたのですが、池森さんの声があまりにリアルに聞えたので、思わず野田くんが「あれっ!どこにいるの?」という感じで振り向いていました。

DEENさんの録音も素晴らしいですが、手前味噌の様ですがピュアディオ705の音も素晴らしいです!


そしてDEENさん以外にも5・1チャンネルではなくてDVDで2ch再生で音にこだわっておられるアーティストの方がおられます!

それは三味線プレイヤー・上妻宏光さんです。

札幌店にはDEENさんのDVDと上妻さんの『アガツマ スピリッツ』のDVDが置いてあります。

こちらの作品も目先の商業ベースを考えずに音にこだわった作品になっています!


なんとサウンドピュアディオと深いお付き合いのあるアーティストの方が、どちらも2ch再生にこだわっているとは、何か不思議な縁を感じます!

これは竹内まりやさんのニューシングル『縁の糸』の歌詞の様な見えない糸で結ばれているのでしょうか?



【2008/12/09 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。