PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『決戦は金曜日』ではなくて日曜日
昨日はFM北海道でドリカムの特別番組をやっていました。

ダンロップのスタットレスタイヤのコマーシャル曲をドリーム・カム・トゥルーが歌っているからで、なんと北海道と北東北はブリジストンのスタットレスタイヤのシェアが50%あるらしく、ダンロップもラジオ番組でシェアを広げようという作戦でしょうか?

ブリジストンのブリザックのCMの曲は確か広瀬香美さんが歌っていた様な・・

広瀬香美さんって結婚してラブラブな生活をしている時は歌にメリハリがなかったから、離婚してこれからまた第二絶頂期が来るのでしょうか?

あっ!まるで広瀬さんの事を悪く書いてしまった様になりましたが、実は自分は結婚する前はファンで、97年から99年あたりは広瀬香美さんの『ラブ・ウインターズ』というアルバムを調整用に愛用していたという過去を持っています。


話はドリカムに戻って、ドリカムの曲に『決戦は金曜日』という大ヒット曲がありますが、サウンドピュアディオは今度の日曜日が決戦です。

12月14日の日曜日はZEPP福岡でDEENさんのコンサートが行われるのですが、その時になんと出入り口の近くにデモカーを2台置かしてもらう事になりました。

ただ置くだけではなくて、来場者の人に音の良さを確認してもらうのが目的で、エスティマとアイの2台を展示します。


システムはフロントスピーカーだけのシンプルなシステムで、アイに関してはディーラーオプションのCD・MDという一般的な仕様で、コンサート会場の音に比べるとかなりスケールが小さくて、でも音色は池森さんのボーカルイメージにきっちり合わせているので『凄い音!』という事になるのか、それともPAの度迫力の後で『こんなもんなの?』になるかのどちらになるか、今からとても心配です!


それ以上に心配なのが、出入り口に置いてDEENのファンの方が聴いて下さるかどうかというのも問題で、みんながどっとデモカーに集まって来たら大変だし、かといってガラガラで誰も聴いていないというのも困るし、全く今までに前例が無い事なのでどうなるか全く分かりません。


そしてデモカーのエスティマは今回のデモのために限りなく池森さんの仕様に近くしていて、デッキもZEPP福岡用にわざわざ付け替えています。

まさに決戦は日曜日です!


ちなみに今回のデモンストレーションはDEENのボーカル、池森さんから「自分達が一生懸命に作った作品が車の中でこんなふうに聴こえるという事を多くの人に知って欲しい!」という希望から行なう事になりました。

アーティストが一生懸命スタジオでレコーディングした音を、お客さんから頂いた予算で限界まで表現するのが、サウンドピュアディオの音造りです!
【2008/12/08 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
その時歴史は動いた
NHK総合テレビで水曜の夜10時から10時43分まで放送されている『その時歴史は動いた』という番組がありますが、自分もたまに見ています。

色々な時代の様々な場面の時代が動いた瞬間というか、一人の人の判断で歴史が変わる瞬間が描かれている番組です。


小さなレベルの話ではありますが、自分史の中でというか『その時運命が動いた!』という瞬間が2回ありました。

まずその1回目はもう何度もこのブログで登場した2006年7月15日で、その日は小樽市のマリンホールで三味線プレイヤーの上妻宏光さんのコンサートにお客さん3人とその当時ピュアディオグループで最高の音と言われていたレンジローバーに乗って聴きに行って、コンサート終了後の握手会で、「上妻さん、お願いがあります。自分が設計したスピーカーを少しの時間でいいから聴いて下さい。」とお願いした時の事です。

上妻さんは「少し待ってください。」と後ろに下がられて、モンドラナミュージックの木村社長に相談されて、木村社長から「いいよ。」という返事を頂いて、上妻さんの試聴となりました。

その時にモンドナラミュージックの木村社長からダメだと言われていたらそこで運命が変わっていたでしょう。

レンジローバーの試聴では自分はそうとう原音に忠実なつもりだったのですが、やや派手な部分があり、その反動で足りない部分も出ている事が判明して、その原因がイコライザー操作ではどうにもならない事も分かりました。

その後電源関係の見直しという形でそこの部分は改善出来て、上妻さんと木村社長さんには大変感謝をしています。

そういう訳でモンドラナミュージックに対しては返しても返しきれないぐらいのご恩があるので、現在サウンドピュアディオとしてはラジオ番組のスポンサーいう形で音楽活動の応援をさせて頂いています。

あっ!それとサウンドピュアディオのホームページからもモンドラナミュージックの所属アーティストの上妻宏光さんと矢野沙織ちゃんのホームページに行けるようになっています。

皆さん是非ご覧下さい!


そのモンドラナミュージックの所属アーティストの矢野沙織ちゃんのニューアルバム『GLOOMY SUNDAY』は12月3日に発売になっています。



そして自分史の『その時運命が動いた!』という場面の2回目は、今年2008年7月30日にやってきました。

7月29日に福岡県福間海岸にDEENさんがビーチライブに来られた時の話ですが、デモカーを聴かれた池森さんが「これを作っている作業場を見てみたい!」という話になって30日の午前にピュアディオ福岡店に来られる事になりました。

そして30日の朝に池森さんをエスティマでホテルまで迎えに行って、それから福岡店でアウターバッフルを作っている所(DEENさんのブログにも写真が載っている)とピュアコンのコイルの入れ替え作業で音がどう変わるなどのデモンストレーションを行いました。

そして1時間の福岡店滞在の後にもう一度ホテルまでエスティマで送って行きました。

その時に運命が変わったのです!


何気なく池森さんがエスティマの助手席でちょっと歌を歌われたのですが、その声は正真正銘の生声で、池森さんを送って行った後に直ぐにガッツリとオーディオに聴き入ったのですが、何処かが違います?

「何処が違うんだろう?」と集中して聴くために一度車を止めてじっくり聴いたら、本来はツイーターとドアスピーカーを合成した部分で池森さんの声が聴こえないといけない所が、わずかにドアから中音域が漏れているんです。

ドア防振もしっかりしているはずなのですが、低い周波数は取れすぎるぐらい取れていても中音域だけはわずかに漏れています。

そこで再び車を動かして福岡店に戻って、「何が違うんだ?」とドアを分解して「あーでもない、こーでもない!」とやってみたのですが、単純に防振材を増やしても低い周波数ばかり取れて目的の周波数は取れません。

それどころかドアは重たくなって、更に音のバランスは悪くなってと・・

そこで思いついたのが防振材の表面をハンマーで叩いて刻みを入れて共振周波数を変えるという手法で、刻みの形や刻みの深さなどの工夫をしたら池森さんのボーカルがより本物ぽく聞こえる様になりました!

これがパンチングマットが生まれた瞬間で、NHKの番組ではありませんが『その時歴史が動いた』という感じです!

今年は更に運命の分かれ道というか、ターニングポイントがやって来ます。

それは来週の日曜日、12月14日です。

詳しくはまた来週!

【2008/12/07 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今朝は雪で
昨日の事「雪が全く無かった!」と書き込んだら、今朝は雪が振っていて、昨夜12時ぐらいにホテルの窓から外を見た時には雪は降っていなくて、今朝6時30分に目覚めたら外は真っ白でした。

昨夜札幌店をレガシィで出る時に、後ろに平たいブラシみたいなのが乗っていて「ごろごろ転がって邪魔だな。」と思っていた除雪ブラシが早速今朝は役にたちました。

もし積んで無かったら手がかじかんでいました。

札幌店に着いたら駐車場が雪で真っ白だったのでレガシィでぐるくる周って除雪しました??
P1000427_convert_20081206194737.jpg

P1000428_convert_20081206194821.jpg
いかにも本州の端の方の人間の考えそうなおろかな考えなんでしょう。(写真は自分のグルグルの後始末をしている野田君です)

P1000429_convert_20081206194900.jpg
最後の写真は札幌店の店外BGM用のナカミチTA25(チューナーアンプ)とBOSEのPA用スピーカー101MMで、外にFMラジオを流しています。
下のボッッシュのバッテリーで駆動させています。(ここまでボッシュを使うのか?)

このBOSEのスピーカーは旧店舗でセミナーのトーク用に使っていたのですが、新店舗はあまり広くないので前みたいにセミナーが出来ません。

今日は同じ話を5回ぐらいしましたが、最後のお客さんは同じ職場の方で3人で来られたので、1回の話で3人に伝わりました。

どんな話だったか聞きたいですか?

それでは明日ブログでお話します。
【2008/12/06 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
スパイク付きの靴で
6時ぐらいに札幌店に着きました。

札幌は寒いだろうと去年買ったスパイク付きの靴を履いてきたのにどこにも雪が無い??

アスファルトの上をカチャカチャいわせながら、ただのアホです!


どこかの消費者金融のCMではありませんが『事前のチェックはしっかりと!』という感じです。

まあ普通の靴ですべるよりはいいかもしれませんが、12月の札幌ってこんな感じでしたっけ?

自分の思い違いか? それとも地球温暖化か?


その地球温暖化防止のために夏までは『クリーンディーゼル車を!』と言っていた自分は水曜日から時代に逆らって5500ccのハイオク車に替えてしまいました。

現在は宇部店に置いてあるので、是非土日に純正のプレミアムサウンドをお楽しみ下さい。


昨日は福岡店でさらし物になっていて、試聴が終わったお客さんはみんな笑顔です!

皆さん口をそろえて「普通の純正よりは音がいいけど、自分の車の音の方がはるかに音がいい!」と言われます。


中には「この音なら自由にいじれる国産車の方がいい!」と言われる方もありますが、一様自分も思い入れがあって買った車ですから、出来れば自分がいない時に比較試聴して、好きなだけ批評して下さい。

あっ!宇部店に聴きに行けない方のために言葉で表現すると、代車の軽のシステムの方がクオリティーが高いという感じです。

一度代車の軽でE63AMGの試乗に行った事があるのですが、その時の書き込みを見た方なら分かると思いますが、システムは1400万円のE63AMGと基本的に同じです。

もし聴きたいという方が多いのなら、1月末までノーマルでいましょうかね?
【2008/12/05 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今日から札幌
昨日の夜の福岡は大雨で、とても雨の中をなれない車で帰るのはつらかったので福岡に泊まりました。

今朝8時過ぎに福岡のマンションを出て、しばらく渋滞の中を走ってから高速道路に乗りました。

宇部店に着いたのは10時過ぎで、直ぐに完成車の調整にかかりましたが、パンチングマットが貼ってなかったので急遽貼る事になったのですが、貼る前と後ではチューニングのツボが変わってコイルの巻き数を減らさないといけないために、貼る作業の後の調整となってしまい、現在少し時間が空いたので書き込んでいます。

これから11時30分に宇部店を出て、山口宇部空港を12時30分発の飛行機に乗って、羽田で15時発の千歳行きに乗り継ぎます。

千歳からJRに乗るといつも札幌駅には18時ぐらいに着くので、今日はとりあえず札幌に着いたという感じでしょうか?

あっ!作業が終わったので、これから調整に入ってから出発します。
【2008/12/05 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は矢野沙織ちゃんの
昨日12月3日は矢野沙織ちゃんのニューアルバム『GLOOMY SUNDAY』の発売日でした。

先ほど携帯電話のカレンダーを見たらもう4日になっていて、「しまった!昨日が販売日だった!」と思い出しました。

今夜仕事が終わったら買いに行きます。

そういえば矢野沙織ちゃんと福岡店のピットの矢野君は名字が同じ矢野で、実は・・・・・・・・  全くの他人です。


話は変わって明日から札幌ですが、現在は福岡店でお客さんの車の仕上げ中で、今夜はそのまま福岡に泊まって、明日の朝福岡を出て一度宇部店に寄ってから午後の便で山口宇部空港から羽田経由で札幌に向かいます。

なんだかすごいスケジュールで、そのまま福岡空港から出ればいいのですが、宇部店にも寄らないといけないし、体が一つしかないのでこんな移動のしかたです。
【2008/12/04 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
信号待ちで・・
昨日は朝は福岡にいて、それからEKスポーツに乗って宇部店に行ったら・・ 代車のアイが無い?

自分がブログに書き込んで誰か見ているだろうと思って電話を入れていなかったら、誰も気づかずに代車に出されていました。

電話一本入れていれば・・


そして宇部店でCLS550に取り付けるETCを受け取ってエスティマに乗って再び福岡店へ行きました。

今まではメルセデスディーラーで納車前に純正のETCを付けていたのですが、景気後退の影響か経理から少しでも安くという事で純正よりも工賃など含むと約3万円の節約の後付けETCにしました。

福岡店でETCの取り付けをしたのですが、お客さんの車の作業を優先したので自分の車は閉店時に何とかシガライターから電源を取って帰ったのですが、これでは『紺屋の白袴』です。

店を出てからはなれない車のために、信号待ちでシートポジションとかミラーの調整とかしていたら、なんとルームミラーの調整中に後ろの車のカップルがキスしているではありませんか?

信号待ちで前の車の二人の頭近づいてというのはありましたが、ルームミラーで見たのは初めてです。


他には福岡では信号待ちの車にぶつかりかけて、直前で停止して胸の前で十字架を切っている人を何度も見ました。

福岡市内にはクリスチャンが多いのでしょう。


話は戻って、昨日はETCが付いて早速福岡都市高速に乗ったのですが、エンジンとサスペンションは専務のSLと全く同じといいながら微妙にセッティングが違います。

まず馬力は同じ387馬力なのですが、アクセルの反応が緩やかというか、踏めば出るけどいきなりは出ないという感じです。

またサスペンションはSLは硬さが2段階調整なのですが、CLSはセダンのせいか3段階になっていて、SLよりはソフトなのがもう1段あるという感じです。


車はすこぶる調子がいいのですが、オーディオがプレミアムサウンド付きなのにいまいちで・・

明日からは札幌に行くので宇部店にCLSを置いて行きますが、自分のいない間に純正プレミアムサウンドを聴きたい人は聴いておいてください。

車から降りてきた時にはサウンドピュアディオのお客さんである事に幸せを感じるでしょう。
【2008/12/04 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
伝家の宝刀『PUREZ』
タイトルを見て「PUREZて何?」と思われた方ばかりだと思います。

PUREにZを付けているから『究極のピュア』だという事は直ぐに想像がつくと思いますが、「じゃあ伝家の宝刀ってどういう事?」という風に思われたのでは??

伝家の宝刀とは「前から持っているがめったな事では出さない特別な物。」という意味ですが、実は『PUREZ』はサウンドピュアディオが8年前から持っている商標登録で、8年間一度も使った事が無かった商品名です。

その8年間一度も使った事の無い名前を遂に付ける商品が誕生しました!


一部のお客さんにはユーザーテスト用の先行販売という形で予約を頂いていますが、12月10日には本格的に発売を開始する予定です。


そして今日商品の名前を決めるに当たって特許庁から受理された書類に目を通していたのですが、なんと登録番号が4443222番でした。

何だか4が三つと2が三つの間に3が挟まれていて、思わず笑みが浮かぶ様な数字でした。

何故か8年前に受理された時は一度に申請したサウンドピュアディオの商標やトレードマークと一緒に書類が届いたので、数字をよく見ていませんでした。


『PUREZ801ユニット』に関してはまだ宇部店と福岡店のお客さんの一部でしか貸し出しテストを行っていないので、他の店ではスタッフすら詳しい内容を知りません。(型番はデモカーと同じ801です)

かなりフライングの情報ですが、8年間一度も使わなかった登録商標をここであえて付けるという事は、効果がどれぐらいの物か想像出来るでしょう。

まだ写真が掲載出来ないのが残念です。


PS  『PUREZ』はピュアゼットと読むのではなく、『ピュアーツ』と読みます。

しかしお客さんやスタッフからは「PUREZで商標登録されているのなら分かりやすいピュアゼットにして欲しい。」と言われています。

どうしましょうか?


PS2 福岡店でベンツCLS550は「高級車のプレミアムサウンドってこんな音?」というデモカーというか、さらし物になっています。

あまりに好評??なために作業を後回しにして、週末は宇部店でデモします。

確かレンジローバーやCL500やSLK55を買った時もそうだった様な・・
【2008/12/03 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
むごいデモンストレーション
本日、福岡店にベンツCLS550が納車されました。

ランクル200とベンツE320CDIを売却した代わりに買った車ですが、非常に制約がありました。

まずAMGのエアロを最初は「これはカッコいいから付けないと損でしょう。」と言っていた専務が値段が70数万円と知って「7万いくらじゃないの? ならだめ!」となって諦めて、さらに約10万円プラスのダイヤモンドホワイトもだめで、当然22万円のレーダークルーズコントロールもだめというか・・ こちらは納期が4・5ヶ月かかるために自分も納得の上で諦めて・・と思っていたら「この不景気に1千万以上の車に乗れるだけありがたいと思いなさい。」という専務のありがたいお言葉・・

そんな専務のSL550は初めからAMGのエアロ付きのスポーツパッケージが標準装備です。

それでもスポーツパッケージだと必要以上に太くて薄いタイヤが付いてくるので、「運転しやすいからいいか。」と思っています。


そんなベンツCLS550ですが、足回りとエンジンはまるっきり専務と同じで、おまけに色まで一緒で、本当は白が良かったけど専務が「移動時間を早くしたいからと車を替えて、もし白を買って高速道路で前の車がよけてくれなかったらどうするんですか?」の脅し文句に泣く泣く黒いボディーカラーにしました。

そして今日数キロ乗ったものの、12月14日のDEENさんのZEPP福岡でのコンサート会場に宇部店にある三菱アイを展示するので、福岡店にあるEKスポーツを宇部店でアイと交換するために福岡店CSL550を置いて帰ります。


そして現在ベンツCLS550は完全にオーディオがノーマル状態なので今だと1千万円以上する車の純正オーディオを聴く事が出来ます。

毎回車を買った時にお客さんに聴いてもらうと「この程度の音なの?これなら自分の車の方がよっぽどいい。」と驚かれて、帰る時には優越感に浸っておられます。

しかし一様は自分が一生懸命働いたお金で買った車ですから、お客さんからの正直な感想はある意味『むごいデモンスとレーション』です。


福岡店で金曜日から作業にかかるので、ノーマルオーディオの音を聴いて見たい方は早めにお知らせください。
2008.12.3 001

【2008/12/03 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
レガシィが23台も
今朝ホームページを見たらトピックスの所に『ユーザーカー・レガシィ追加』と書いてありました。

この前レガシィが多いと書いたばかりですが、大まかにユーザーカーに掲載されるのが8台から10台に1台の割合で、今朝掲載台数を数えたらなんと23台になっていました。

するとどう考えても福岡店・宇部店・札幌店の3店で200台前後の取り付け台数をこなしていて、いつの間にか『レガシィに強い店』か『スバル車に強い店』みたいになっています。

そのせいで代車には軽ですがスバル車のスパーチャージ付き(福岡と宇部で交互に使っている)もあります。(あっ!札幌のデモカーはレガシィでした)

そういえば昨日福岡の都市高速でトラックの単独の横転事故があって、そこにパトカーが3台来ていたのですが、その中の一台が1世代前のインプレッサのWRXのセダンでした。

白黒のパトカーにあの大きなリアスポイラーは不釣合いで、変り種パトカーとして是非写真を撮りたかったのですが、後部座席のかばんの中にカメラを入れていて撮ることが出来ませんでした。

あれはちょっと気をつけていないと、どこからとなくスーッと近づいてきそうなのでやばいです!


おっと!スバル車の事ばかり書くと三菱車のファンの方からクレームが付きそうですが、三菱車のファンのお客さんも多いです。

なんといってもピュアディオの代車には軽ですが、三菱のターボ車が2台もあります。(EKスポーツとアイ)

たまに自分も運転するのですが、どこからターボが効いているか分からないぐらいエンジンがスムーズです。



【2008/12/03 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
12月は3回のコンサートに
毎月の様にというか、今では月に数回コンサート会場に足を運んでいます。

11月は5日にビルボードライブ福岡にケイコ・リーのライブに行って、翌6日にはZEPP札幌に上妻宏光さんのコンサートの初日に行って、翌週の13日にはZEPP福岡での上妻さんの2回目のステージを聴いて、23日にはチャゲアスのASKAさんのソロコンサートに行ったので、1ヶ月に4回の公演を聴いた事になります。

そして12月は14日にZEPP福岡でDEENさんのコンサートに行って、その2日後には東京にスティングのコンサートに行って、その3日後の19日は福岡県直方市で上妻宏光さんのアルバムツアーではない自治体主催のコンサートに行ってきます。

11月が4回だったから12月は3回で少ない方か・・

いったい自分は1年間で何回のコンサートやライブに行っているのだろうか?

ここまで行かなければ少しは仕事のスケジュールも楽になるのでしょうが、それを辞めたら今のレベルの音造りがあるのでしょうか?


ちなみに過去を振り返るとオーディオメーカーが招待したミニコンサート以外は行った事が無かった自分が初めてZEPP福岡に上妻宏光さんの『ビヨンド』アルバムツアーに行って、「上から音が降ってくる!」とその当時の自分のカーオーディオでは表現出来ない音がしていて「こんな音は車の中では出ないだろう?」と思っていて、なぜか翌2005年は誰のコンサートにも行っていなくて、2006年の3月に佐賀で上妻宏光さんのコンサートがあると聞いて会館までチケットを買いに行ったら運良く最前列が手に入りました。

この最前列に座ったのが運命の分かれ道で、ZEPPの時には「こんな音は車の中で出ないだろう。」とあきらめていたのが、最前列で三味線のチューニングしている時のPAを通さない生の音を聴いて「これなら車の中で出せるかも?」とビビッと来て、それから1年で10会場を廻って上妻さんの音を追い続けました。

それから上妻さんにデモカーを聴いて頂いたり、山口に来てコンサートをして頂いたりと今に至っていますが、あの数メートル先での生音を聴いていなかったら今頃自分はどうしていたのでしょうか?

そして2007年は上妻宏光さん5回と押尾コータローさん、石井竜也さん、NHK交響楽団、スティービーワンダー、チャゲ&ASKAさんなど15回ぐらいのコンサートに行っていいます。

さらに今年はその倍の30公演以上は行っているはずです。(11月と12月だけで7公演なので)


本当にこんな生活をしていていいのでしょうか?


【2008/12/01 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。