PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
音が良くなるCD
よくお客さんから「かけているだけでスピーカーの音が良くなるCDは他にありませんか?」という質問を頂きます。

他にというのはだいたい井川ブログでは登場する物はすでに持たれているお客さんが多くて、『発売前の極秘情報』みたいなのが知りたいのでしょうか?

実はあるんです! 秋川雅史さんの『威風堂々』ぐらいの音の変化が出るCDが!


今自分の手元にあるCDは11月19日発売の物の放送業界向けのサンプル版で、斉藤ノブさんという松任谷由美さん、中島みゆきさん、SING LIKE TALKINGさんなどとコラボレーションされたスーパー・パーカッショニストの作品で『Zen』というタイトルの物です。

このアルバムは最初はなんとなく聴いていたのですが、軽いタッチの様に聴こえて実は結構なレンジの広さで、この最近福岡店と宇部店の代車の入れ替えの時に自分が運転しながらこの『Zen』を聴いていたら、1回半から2回CDが回った時点で代車のスピーカーの音が良くなっていました。(しかもフィットとステラの2台とも)

周波数がどうとかという問題もあるとは思いますが、それ以前にインストロメンタルのアルバムでありながらなかなか飽きの来ない素晴らしい作品だと思います。

1曲目の『G線上のアリア』はどこかテレビかラジオのコマーシャルで聴いたような・・(気のせいか?)

そんな斉藤ノブさんのなんと31年ぶりのソロ名義アルバム『Zen』(VICP64533)はビクターのレーベルから11月19日に発売されます。


そして現在自分の手元にあるサンプルCDは普通のフォーマットのCDですが、それでも充分な音質なのに、なんと19日に発売される通常盤はSHM-CDで発売されます。

スーパー・ハイ・マテリアルで7曲入りで2800円ですからこれは皆さん買うしかないと思います。(是非CDショップで予約して買いましょう)


それと、以前札幌店の野田君がSHM-CDについて書き込んだ時に『安直な内容』と批判して、「SHMでなくてもいいCDは世の中に沢山ある!」というような事を書きましたが、こちらのCDは『普通のCDでやるだけの事をやった上でのSHM』ですから、とても好感が持てる作品です。

何人かのスタッフとお客さんに聴いてもらったのですが、みんな『この音で充分』と言っています。

基本がしっかりと出来ているシステムでしたらこのCDを2回ぐらい再生すると『今ひとつ出切らなかった音が出る!』という感じになります。

自分は3・4枚ぐらい買って、あちこちに置いていて『すぐ手元にある』という状態にしておこうと思っています。
2008.11.3 016

【2008/11/03 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
7・5秒で40%
タイトルを見て『この数字何?』と思った方がほとんどだと思いますが、自分の音調整の時に関する数字です。

現在メインで使用している『DEEN at 武道館』のCDの10曲目の出だしの「93年3月10日、僕達と皆さんをつないでくれた曲、このまま君だけを奪い去りたい。」という池森さんの台詞の部分が約7・5秒なんです。

そして40%とは、この7・5秒の台詞の部分だけで調整の40%を完成させるのです。

「7・5秒で40%って、手抜きじゃないの?」と思われる方もあるかも知れませんが、ここのところ一ヶ月に1回のペースで池森さん本人にお会いしていて、マイクも録音媒体も通さない生の声を聞きながらお話しています。

その記憶の中にある池森さんの声がきちんと再生出来ていないと楽器の音がどうとか、ウーハーの音がどうとかいうレベルではありません。

実際には7・5秒の部分を何度も聴き返して、そこでイメージが合ってからはじめて音楽の部分の調整に入ります。

たまには7・5秒を繰り返している時に御本人から電話がかかって来る事がありますが、やはり電話の音は音域が狭いので、オーディオの音の方が池森さんの生の声に近いです。


そして今週の木曜日から札幌に5泊で出張に行くのですが、初日の6日の木曜日には池森さんのお姉さんが経営されている『Joy-D』というお店に行きます。

池森さんのお姉さんはお店で生の歌声を披露していただけるのですが、得意な曲はスター誕生の決戦大会で歌われたという大橋純子の『たそがれマイラブ』です。

前回行った時に『たそがれマイラブ』を聴いて感動して、それからCD屋さんで『大橋純子ベスト』を購入して聴いていたのですが、歌い方などそっくりです。

札幌のスタッフは大橋純子の現役時代を知らないので、ただ「池森さんのお姉さんは歌が上手い。」ぐらいにしか思っていないので、どれだけ上手いかというのを確認してもらう為に『大橋純子ベスト』を商品と一緒に宇部から送ったのですが、「CDを受け取りました。」とか「CDを聴きました。」という話が全く伝わってきません。

『大橋純子ベスト』はどこに消えてしまったのでしょうか?
【2008/11/03 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。