PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『アンコ椿は恋の花』ではないけれど
皆さんは都はるみの『アンコ椿は恋の花』という曲をご存知でしょうか?

『北の宿から』なら30代の方も知っていると思うのですが・・

自分は都はるみといえばNHKの紅白歌合戦で『都』と言うところを『美空』と言ってしまって左遷されたアナウンサーの事を思い出します。

他に紅白での失敗というと加山雄三さんが『仮面舞踏会』といわないといけないところを『仮面ライダー』と言ってしまったという間違いもありましたね!


話はそれてしまいましたが、本題の『アンコ椿は恋の花』ですが、この歌の歌詞は『三日遅れの便りを載せて』で始まりますが、本日3日遅れでDEENボーカルの池森さんの車を陸送するためにトヨタディーラーに持って行きました。

当初は月曜日の午前に持って行く予定でしたが、諸事情により今日になりました。

ただ3日間ほたらかしにされていたわけではなくて昨日かなりの部分に手を入れて造り直しました。


どこを作り直したかというと、アンプの銘柄の変更を行いました。

当初シュミレーションの段階でナカミチ製のアンプを使用していたのですが、ナカミチのアンプはすでに製造中止となっていて、後は残りの在庫がわずか有るだけです。

今回作った車はただ納車するだけではなくて、東京で自動車雑誌の取材を数誌受ける予定になっています。

するともう残りが無いアンプを使うよりは現行でモデルでいくらでも数があるアンプを使用した方がいいのですが、「ちょっとナカミチのアンプで聴いてみようか?」と試してみたら「これはいけない!」という感じになって、当初用意していたアンプを交換しました。

アンプを交換したらレイアウトやアンプ周りの配線をガードしている部分も作り変えないといけなくて、さらに音の感じが変ったのでミッドスピーカーを交換して、当然ピュアコン(ネットワーク)の値も変えないといけなくなって、結局昨日一日付っきりの仕事になりました。


とはいっても自分は『美味しんぼ』の海原雄山状態で、ああだこうだと口を出すだけで、主に作業をしていたのは矢野君で、やつれた矢野君に「君は今回の仕事で痩せた?」と質問したら、逆に太ったそうです。(ストレス太りか?)


アンプに関してはありとあらゆる銘柄をテストして、最終的に4銘柄に絞ったのですが、それでも予定外のナカミチになってしまいました。

他のアンプは切れも良くて定位感も良いのですが、どうしても『口先で歌っている』という感じで、レコーディングスタジオぽい音になりません。

世の中(カーオーディオ雑誌など)は『ハイスピード感』とか『ピンポイント定位』とか言っているみたいですが、評論家の受けがいい商品ばかり残って本質的に良い物が売れなくて製造中止とは悲しい限りです。

しかし製造中止といっても日本向けのモデルのみの話で、海外モデルはまだ製造されているので、「日本のマーケットがおかしいんじゃないの?」と思っています。


今回は現行で発売されているメーカー品をピュアディオチューンしようと思ったのですが、チューニングしていい音になるには何度も『妥当性確認』という作業を繰り返さないといけないので、納期的に無理なので手元にある一番音色の素直な物を選びました。

「昭和の終わりから平成のはじめにかけては味のあるいい商品が多かったのに。」と今更ながら思います。


確か1980年代はAORなどのいい音楽も沢山生まれていましたね!

オーディオ業界も、もう一度あの1980年代みたいな盛り上がりはやって来ないのでしょうか?

それにはスピード感や定位にこだわり過ぎずに、もっと味わいを求めないと・・
【2008/10/16 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。