PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
モグラたたきゲーム
前にも一度書き込んだ事があるのですが、ピュアディオでのカーオーディオの調整って、ちょっとゲームセンターのモグラたたきゲームに似ているんですよ。

ハンマーを片手に穴からモグラがピョコンと頭を出したらそこを叩くやつです。

自分が考える音の穴とは普段は分からないけれどもボーカルや楽器のサビの部分でちょっと何処かの周波数が暴れたりこもったりしていて、サビが終わるとまた分からなくなるから次を待って・・ という感じです。

そして、その周波数を見つけたら『ここだ!』とデジベルを変えるわけですよ!

しかもそのツボは1ヶ所ではなくて2~4ヶ所ぐらいは同時に出てきます。


なぜモグラたたきの話を再び出して来たかというと、この最近まで札幌店の野田くんがこのモグラたたきの迷路に入っていたからです。

7月の終わりに野田くんは福岡にやってきて、このブログではおなじみのDEENボーカルの池森さんと直接会ってお話して、生の声を聞く事が出来ました。

そして札幌に帰ってさぞかしハイスピードでいい調整が出来ると思ったら逆にドツボにはまっていました。

それは生の声を聞いてインパクトがあったと思うのですが、いくつもツボがあるのにある1ヶ所ばかりに気を取られてしまっていて、福岡に行く前の方がまだましという状態でした。


別に彼が悪いと言っている訳ではなくて、本物を知ってしまうと誰でもそういう状態に1度はなるんです。


そういう自分も過去にそうなってしまい『ある一点だけを追いかけて、他がおろそかになる』という状態で、はっきりとイメージ出来ていない方が『なんとなく聴き易い』という状態になるんです。

だからいくつものポイントに同時に注意をはらって、サビの部分で『ここと、ここと、ここ!』みたいにモグラの穴数ヶ所を同時に見て、両手にハンマーを持って叩きまくるというのが優れた調整だと思っています。


自分は1年間にするとかなりの数のコンサートやライブに行ったり、アーティストの方と直接会ってお話する事がありますが、最初は『生演奏や生声に出会えば調整は楽になる』と思っていたのですが、実際にそういう状態になると逆に『本物を知ってしまったがための苦しみ』みたいなものが出てきます。

それは安易に大げさな表現が出来なくなるからです。

自分も過去には実際の音よりも大げさな表現をしていた事があるのですが、なぜ大げさな表現をするかというと無意識ですが『足りない部分を補うため』です。

足りない所をそのままにして、ある程度伸びているところを実際に以上に出せば足りない所が分からなくなってリカバーします。

自分もそれで満足していて、デモカーのレンジローバーはお客さんから『悪魔のレンジローバー』と呼ばれるぐらいの人気があるというか、目標にされていました。(同じ音にしようと思うとそれなりにお金がかかるから、悪魔のささやきのようだからという意味で)

レンジローバーのイコライザーは通常1デジベルしか操作していなくて、よほどの事が無い限り2デジベルは動かさずに3デジベル以上動かす必要がある時は取り付けそのものを見直すというルールが今でもあります。

有名なコンテストで優勝するショップでも4デジベル5デジベル動かすのは当たり前でしたから『2デジベルまでしか動かさない自分の調整に大げさな表現は無い!』と妙な自信がありました。

しかしその自信も2006年7月15日に上妻宏光さんにレンジローバーの音を聞いて頂いた時に吹き飛びました!

レンジローバーの音を聞いてすぐに上妻さんは「三味線の音が少し大げさなような・・」と言われて、自分は他があまりに大げさなので自分の音は正しいと思っていましたが、実際に演奏者本人が聞いたら50歩100歩だったのでしょう。


これを業界用語的に言うと『2デジベル4デジベル』とでも言いましょうか・・(2デジベル強調した人間が、4デジベル強調した人間を、自分よりも多く強調したと笑ったという喩え)
(注意 実際の調整ではほとんどの音域で1デジベルしかイコライザーを動かしておらず、分かりやすい例としてごくまれに使う2デジベルという例えにしてあります。)


そんなピュアディオの調整も、この最近はイコライザーやクロスポントの変更以上に取り付けの見直しというのが増えています。

ユニットとユニットの距離やラインケーブルに無理な負担がかかっていないか、そしてケーブルを通している位置はベストかなどです。


他の店に比べたら大した作りこみをしていないのに時間がかかっているな、と思われるかも知れませんが、取り付けで音質が劣化したものをイコライザーで取り戻す事は出来ません。

大げさな表現をしない様にするにはまず理に合ったちんとした取り付けをする事でしょう。


その後がクロスオーバーやイコライザーを使ってのモグラたたきゲームになります。


ちなみに一番最近やったモグラたたきは福岡店の代車のEKスポーツで、スピーカーはこの前新しく替えました。

色々なCDをかけてスピーカーを鍛えていったのですが、宇部店のピットで現在も使われている上妻宏光さんの『ビームス』はいい感じにスピーカーを刺激してくれますね!

自分はある時期毎日聴き過ぎて、最近はほとんど聴いていませんでしたが、月曜日あらためて聴いて「いいCDだな。」と思いました。

その上妻宏光さんのニューアルバム『アガツマ プレイズ スタンダーズ』は本日発売になりました。

皆さんもう買われましたか?
【2008/10/07 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。