PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
パリスマッチとピュアディオ
昨夜は上妻宏光さんの放送とDEENの池森さんの放送がWであって、山口県の西部地区はその両方が聴けました。

そして今日の夜7時からはFM福岡で『アガツマ プレイズ スタンダード』の放送があって、このピュアディオ直営店3局ネットシリーズの最後を飾ります。

北海道ではヘッドホンで聴いていましたが、昨日はモニタースピーカーで聴いていたのでちょっと感じが違いました。

放送時間が6時台という事もあって、ほとんどの社員はバタバタして聴けなかったみたいです。


そして夜8時からは、自分は『DEENのエアークルーズ』だと思っていたのですが、正式名称は『池森秀一のエアークルーズ』が放送されました。

その土曜日にお引越し第一回目の放送は火曜日の昼間よりは少しアップテンポというか、サウンドピュアディオのコーナーと、九州のドライブスポットを紹介するコーナーがプラスされているので、あっという間の1時間という感じです。

また今回の番組の中では過去の番組の中でコラボされていた『パリスマッチ』さんとの出会いについて「東京から北海道に向かうANAの機内放送で知って、自分からアプローチをした。」みたいな事を話されていました。


そしてサウンドピュアディオとの出会いの話も出て来ました。

実はDEENさんに初めてデモカーを聴いていただいた時はクロスFMのイベント会場で、しかも自分はDEENのメンバー3人が会場内に来ておられるのは知っていましたが、「ファンも沢山来ていてとても聴いてもらえないだろうな・・」と最初から諦めていて、デモカーの試聴を申し込んでいませんでした。

しかも他に試聴を申し込んでいたアーティストの方にも「時間が無いから。」といいう理由で聴いてもらえなかったので・・

そして「今日は誰も聴いてもらえなかったのか・・」と諦めていたら急に「今からDEENさんが試聴に入られるので。」と会場のスタッフから言われました!

ダチョウ倶楽部ではないけれど「聞いてないよ!」という感じで、しかもダチョウ倶楽部の場合は予想よりも悪い状態が起こる事を言っていますが、この場合は「試聴の申し込みをしていないのに!」という予想よりもいい状態の「聞いてないよ!」でした。


そこでタイトルの『パリスマッチとピュアディオ』につながる訳ですが、パリスマッチさんもピュアディオについても池森さんが『これだ!』という直感でアプローチされてコラボレーションされているんです。

この『これだ!』という直感ってけっこう大事だと思うんですよ。

現在ピュアディオグループで販売に携わっているスタッフは全てデモカーの音を聞いて『これだ!』と思った人ばかりなんですよ。

兵庫の小阪君は知り合った10数年前は全国チェーンの量販店のオーディオ担当をしていて、イベント会場でプジョー405のデモカーの音を聞いて「この音を目指して頑張ります!」と言って別れましたが、一年後に会った時には「どうしてもあの音が出ないんですよ。」という話になって、それから量販店をやめて今に至っています。

名古屋の園田くんは最初は他の電装屋さんから「愛知県のイベント会場でうちの息子に会ったらよろしくお願いします。」と言われていたのに、その息子の話を聞く態度が悪くて、「何だこいつは。」と思っていたら見知らぬ園田くんが自分の後ろをずっと付いて歩いていたので、「君、うちの音に興味があるの?」という話になって、「東京でデモカーを聴いて、それが忘れられなくて来ました。」という事だったので、ほぼその場で「園田くんとタイアップする!」と決めました。

人と人とのつながりとは不思議なもので、ちょっとした閃きからその後ずっと深い付き合いをするようになるので、チャンスはどこにあるか分からない物です。

ただ自分の出会いには『手をかけたオーディオ製品』というキーワードがあって、手をかければ製品には魂が宿ります。
ただしクセの強い製品には手をかけても魂が宿らないような・・

という事は、クセの無い商品に手をかけた物に魂が宿り、その魂が人を引き付けているのでしょう。


そういえば池森さんは何にでも「いいですね。」という人ではなくて、手をかけていないものにははっきりと「こんなものなの?」と言われます。


7月に福岡店に来られた時のその少し前に店内デモカーとプロ用モニタースピーカーのノーチラス800のスピーカーの場所を入れ替えていました。

ノーチラス800は移動してただ置いてあって音が出ていましたが、本来の性能をフルに発揮していない状態でした。

その音に対してお客さんは「いい音ですね。」と言われていたのですが、池森さんは「こんなもんなの?」といいリアクションではなかったので、「やはりプロの耳はごまかせない。」と思いました。


商品の力である程度の音は出ますが、その後の一工夫をいくつ重ねるかでオーディオ製品には魂が宿るんですね。
【2008/10/05 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。