PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『の』と『が』の違い
先ほど名古屋店の園田くんから電話がかかってきたので、「自分がDEENのブログに出てるから見て!」と言ったら、「あっ!もう見ましたよ。」と答えたので、「いつその情報知ったの?」とさらに聞き返したら、「うちのお客さんもみんな見て知っていますよ!」と答えるではありませんか。

何か変な受け答えです。
園田くんは『の』と『が』を聞き間違えています。

それもそのはずDEENさんがうちのブログに出ているのは皆さんご存知なのですが、そうではなくて自分がDEENの池森さんと一緒に写っている写真がDEENオフィシャルブログに出ているんです!(DEENで検索してオフィシャルホームページのトップから入れます)

昨日福岡店に来られた時にアウターバッフルを作っているところを見てみたいとの事で、木工室でアウターの裏の作り方を見られて、その後で写真撮影をしました。

その時の2人で写っている写真が掲載されていました。(ビックリ!)


しかもサウンドピュアディオの解説の他にうちのホームページにリンク出来る様になっています。

すると自分をタクシーのドライバーと間違えたファンの人も見ているのでしょうか?


実はピュアディオのデモカーはアーティストの方の移動の車として使う事が時々あって、それを知ったファンの方から「○○さんが座られたのはどこの席ですか?」と聞かれて、「座らせてください。」とお願いされる事が多々あります。
そのお願いかと思っていました。

基本的にはデモカーなので快くお受けします。

座った後に「いい音ですね。」とオーディオの音を褒めていただければ幸いです。
【2008/07/31 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
次に欲しいデッキが無い!
このブログではやたら日よけグッズと言っていますが、去年は一回ぐらいしかふれていないと思います。

なぜ今年になって過敏に車内温度について触れているかというと、もし今のデッキが壊れてしまったら次に欲しいデッキが無いからです。

基本的に自分は銅メッキシャーシーを使っているデッキを望みません。

それは放送局で使っている機材が全て銅メッキシャーシーを使っていなくて、その音に耳がなじんでいて、一般的なカーオーディオの高級機には銅メッキシャーシーが使用してあって、その音がどうも好きになれないからです。

今使っている錫メッキシャーシーのCDプレイヤーも海外では販売されているものの、日本では『銅メッキシャーシー=高級機』のイメージが強くて、ピュアディオグループ以外ではほとんど売れていなくて、ついに日本に入らなくなりました。(銅メッキはゴールドに光っていて、素人目には音が良さそうに見えますからね!)

もし次に錫メッキシャーシーの高級機が発売される事が無ければ今使っているCDプレイヤーを1年でも長持ちさせないといけないために、車内温度の上昇には去年の比にならないぐらいに神経質になっています。(去年はだめになったら次を買えばいいと思っていましたから)


でも日よけグッズを駆使することによってエアコンの効きもいいし、高温時のツイーターの音の荒さや、ミッドの熱によってハリの減少などの問題もなくなっていい事だらけです。
皆さんも是非使用しましょう。


そういえば次期プリウスは屋根が全てソーラーパネルというモデルもあるらしく、無駄に車が熱くなるだけの太陽エネルギーをエアコンの電源として使うというではありませんか!

将来的には全ての車がそうなって欲しいです。

それと、自分が一生懸命作った車内温度を下げるソーラー発電グッズ『気象衛星ひまわり』は付けたり外したりが面倒なために今日はほたられていました・・


PS  海外では錫メッキシャーシーの高級機を売っているから、海外から引っ張って来ましょうか?
でも海外モデルはラジオの周波数が日本と違うんですよね。
【2008/07/31 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ドライバーの方ですか?
昨日の夜のビーチライブが始まる前の事でした。

砂浜で音のいい場所を野田君と探して「ここだ!」と決めて演奏が始まるのを待っていたら、一人の女性が近寄ってきて「ドライバーの方ですか?」と聞かれました。

一瞬「えーっ!」と思って、「DEENのファンの方ですか?」と聞き返したら「そうです。」とその女性は答えました。

ここまで読むと何の事か分からないかも知れませんが、実は今日の午前中はDEENのボーカルの池森さんが移動するためのドライバーをする予定になっていたからです。

「やばい!極秘にしているのにどこで情報が漏れたのだろう? まさか誰かがうちのブログで書いたのかも?」とビビッていたら、「今日ここまで連れてきてくださったタクシーのドライバーの方ですよね?」と聞かれて「あっ、違います。」と答えました。

「すいません、人違いでした。」とその女性は去っていきましたが、本当にビビリました。


予定どうりに今朝は福岡市内某所から粕屋郡の某所まで池森さんをエスティマで送って行きました。

昨日のタクシードライバーに間違われた話をしたら池森さんは笑っておられました。

JR福間駅のあたりには自分に似ているタクシードライバーがいるみたいです。

そういえば広島のどこかのイエローハットには自分に似ているオーディオ担当者がいたそうです。
もう15年以上前の話ですが、自分の実の弟が見ても似ていたというぐらいだからそうとう似ていたのでしょう。
今はその方はどうされているのでしょうか?


話は戻って、池森さんが行かれた糟屋郡の某所ってどこでしょうか?

もう帰られたのでネタをばらしますが、今日の午前中はサウンドピュアディオ福岡店に来られていました。

今までに池森さんはベンツのE320CDIとSL550の試聴をされていますが、今までに聴かれた事の無いエスティマを昨日は福間海岸でデモしました。

「出来ればベンツに付いていた黄色いスピーカーで聴いてみたい。」と言われたので昨日の夜急遽スピーカーを交換して、少しの時間エージングをして、さらに今朝からCD700ⅡがノーマルバージョンだったのでPバージョンにアップをしました。

そして今朝約束の時間に待ち合わせ場所に行って助手席に池森さんに乗ってもらったのですが、なにせ突貫工事で付けているものですからセッティングのまずさは直ぐにばれてしまいました。

福岡店に着いてからはMTLやSSFの値を交換しながら、「これでコイルの3分の1周プラスです。」とか「これはコイル6分の1周です。」と説明しながらセッティングを詰めました。

最終的にはある程度納得の行くレベルになったのですが、新品のスピーカーにデッキのバージョンアップしたては鳴らしているとコロコロ音が変わってしまいます。

結果的にはコイルの精度の高さと、ピュアコンでどの様に周波数をコントロールしているという事が説明出来てよかったのですが、完全にハラハラ状態でした。

そんなわけで、自分は今から福岡店を出発して宇部店に戻ります。

写真は福岡店のディスプレイのトギィーさんのお任せDJ機能付きの新ストラーダの前でDEENのボーカル池森さんと。
2008.7.29 001

PS  忘れていましたが、野田君は池森さんと同じ車で移動する事が出来て、車の中であれこれと質問をしていました。


【2008/07/30 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
野田君はDEENに会えたのか?
昨日は福岡県福津市にDEENのメンバー3人の方がみえられて、クロスFMに生放送で出演と、19時から福間海岸でライブハウスのテラスから砂浜に向かって演奏するというビーチライブが行われました。

ライブではパリスマッチという男女2人組みのアーティストの方とのコラボレーションの曲もありました。

そして数日前から言っていた札幌店の野田君がDEENの池森さんと直接会えるか?という問題ですが、結局福間海岸には自分よりも、さらにDEENのメンバーの方よりも早く着いていたために会う事が出来ました!

詳しくは今日の朝刊・・いや今日のスタッフブログをご覧下さい。
【2008/07/30 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
ちくわの穴
この最近テレビで「ちくわの原材料の値段が高騰したからメーカーは穴の大きさを大きくして、見た目が同じでも材料費を抑えて価格を維持している。」という報道をしていました。

自分はちくわが好きで、けっこうコンビになどで買って食べます。

しかし、数日前にコンビニでちくわを買おうとしたらラップで包んであるのがやたらへちゃげて楕円に見えました。

「いつもと違う!」と思いながらもちくわが食べたかったので買って帰り、お昼用に買った焼きうどんをたいらげた後にちくわを食べました。

すると自分の頭の中にあるちくわのプリッとしたイメージでは無くて、パサッとした食感に変っていました。

しかも表面の焼いた固いところの割合とプリッとした軟らかいところのバランスが悪くて、外寸だけ同じで満足度の非常に低いちくわもどきになっていました。

一本食べて満足感が無かったので2本目に手を出しましたが、1本半で同じ材料の量を使っていたとしても『美味しいちくわを食べた』という今までにあった充実感は全くありませんでした。

それこそ『美味しんぼ』ではありませんが、ただ胃袋を満たすだけではなくて、心も満たすために食事をしているのですから・・


別にメーカーも原材料の値上げさえ無ければこんな事はしたくないのでしょうが、『今までのままの商品で値上げする』という選択肢もあったはずです。

もし次にちくわを買う時は、多少値段が高くても身が太い物を探して買います。


この材料費を抑えて価格を同じにするというのはピュアディオの商品でいうと『金属の価格が上がったから銅線を細くして値上げをしない』みたいな事なのでしょうか?

価格維持か?満足度維持か? ピュアディオ的考えだと細くする事は無いでしょう。


また物価高騰の原因となっているガソリン価格が高騰すると車にあまり乗らなくなる人が増えてカー用品が売れなくなります。

自分がお店を始めた昭和50年代後半は第2次石油ショックで、レギュラーガソリンが140円ぐらいでした。

「なんだ、たった140円か。」と思われそうですが、今の若者の給与水準からすると220円から230円ぐらいと同じ感じです。

その時も一時的な車離れが起こってカー用品店もバタバタ潰れましたが、今がそれと同じ状態です。


自分がお店を始めた頃は、「始めてすぐにこんな不景気になるとは、なんて運が悪いんだ!」と思っていましたが、逆にどん底から始めているので今があまり苦にはなりません。

自分で運が悪いと思っていた事が、今となってはいい経験でした。

「じゃあお前の所は他とどう違うんだ?」と聞かれそうですが、不景気になると絶対的に価格と品揃えで量販店が強くなってきます。
その時に小さなお店は量販店の様に何にでも手を出すのではなくて得意なカテゴリーで勝負をかけるのです。

例えばベーシックパッケージとかハイローコンバーターとかの得意なカテゴリーの満足度で勝負して、地デジチューナーなどは無理に売れなくても量販店に任せればいい、みたいな事です。

このブログを毎日見ている人だと、「この前量販店にバッテリーの価格を見に行ったんじゃないの?」とも言われそうですが、ほとんどのサイズで2500円~2700円ぐらいうちの方が高かったです。

しかしチャージなどのサービスメニューを考えるとどちらが得なんでしょうか?
その得かどうかを確かめるために量販店で価格調査をしました。


あれこれ書きましたが、結局どんなに不景気になっても満足度が高くて本当に必要とされている店だけが生き残れるという事でしょう。
【2008/07/29 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
野田君はDEENに個人的に会えるのか?
明日は札幌から野田君が飛行機でやってきて、DEENさんの生放送を15時から16時まで一般ギャラリーとして観て、その後19時からのビーチライブを聴いてから福岡市内に泊まります。

せっかく北海道からやってきて一般ギャラリーと一緒ではいまひとつ面白くありません。

自分は14時30分ぐらいからクロスFMに生放送で出演して、そのために事前に放送ブースや控え室に入る事が出来るのでDEENのメンバーとも会えます。
どうも生放送はナビゲーターの栗田さんとDEENのボーカルの池森さんと自分との3人でしゃべるみたいです。

今更ながら今月北海道に行った時に無理してでも岩内に行かなかったのを後悔しています・・

そんな自分の後悔よりも、せっかく北海道から来た野田くんが憧れの池森さんと直接会って、本当の生声を聞く事が出来るのか?そちらの方が問題です。

それは柳井くんの運転と、どのコースを走るかで決まります!

実は自分は出演するために13時30分に一般の人が入れないゾーンに入りますが、その時間に一人だけ付き人として一緒に入れてあげようと思っています。

当然、一番遠くから来る野田くんを付き人で入れてあげようと思っているのですが、飛行機が福岡空港に着くのが12時15分の予定なんです。

普通に荷物を受け取って出るとどうしても12時30分を過ぎて、そこから車で福間海岸まで行くとかなり危ない時間です。

13時30分に局の人が中に入れてくれる予定なので、野田くんが遅れて来たら自分は中に入っていて、野田くんは外で一般ギャラリーとして手を振るという事になります。

16時に放送が終わってからビーチライブまで3時間も間があいているので、その時間のどこかでDEENのメンバーの方がピュアディオのスタッフと会ってもらえるとうれしいのですが・・


とにかく13時30分までに入り口に野田くんが着けば、間違いなく一般ギャラリー以外(関係者?)として会えるという事です。
【2008/07/28 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
オーディオテクニカのAT-HLC41を
昨日はいつもより早起きをして7時に宇部を出て、一度下関市の王司サービスエリアで朝食を取ってから9時に福岡店に着きました。

福岡店での仕事は純正ナビゲーション付きの車に中級グレードのカーオーディオを取り付けたものの調整で、純正のナビゲーションはそれぞれ自動車メーカーが音を決めているみたいで、OEM供給しているサプライヤーのメーカーの音ともまた違っていて、それを全て把握して心地よいサウンドというか『アーティスト本来の音』を目指してオリジナルパーツの部品の差し替えなどを行います。

どうしても自動車メーカーはコストを抑えてインパクトのある音を出そうとするので、ボーカルイメージが別な物になってしまいます。

かなり時間をかけて納得のいくものが出来上がりました。

あっ!そういえばこの車の純正ナビゲーションにはオーディオテクニカのAT-HLC41をカスタマイズした物を使用して音質アップをました。

そしてその次にはCD700Kのバージョンアップの仕事が入っていて、本当だったら一時的に他のデッキを付けて一度預かってから作業を行うのを、昨日はちょうど福岡にいたのでその場で作業して車に組み込んで音調整をしました。

2つの仕事が終わった時間は3時半で、福岡店の向かいのガソリンスタンドに洗車に出していた車を受け取って福岡を出ました。

そして5時に宇部店に帰ってきたらフルシステムの車が完成していて、その車を調整して出庫しました。


まるで音の調整をするだけが井川の仕事の様に思っておられる方もあるかも知れませんが、もう一つ大事な仕事があります。

それはオリジナル商品とかメーカー品のバージョンアップなどの開発と製造です。

現在はピュアディオグループの看板商品になっているオーディオテクニカのハイローコンバーターAT-HLC41のバージョンアップを行っています。

1個1個作っていると作業効率が悪いので5個を1ロットとして一気にばらして手を入れます。

バージョンアップの内容は

その1  4チャンネルのケースを使いながらも一部の部品を外して2チャンネル化して、普通では入らない寸法のパーツを使用する。

その2  部品の足に直結出来る所は直結して、プリント配線を極力使わない様にして信号ロスを少なくする。

その3  プリント基板の銅箔は9ヶ所に切り込みを入れて、無駄な信号の回り込みを無くして音をスムーズにしている。

というオーディオテクニカの外観でありながら音は全くの別物という仕様になっています。

お客さんから「そこまでするのなら何故全てオリジナルで作らなかったのですか?」という質問を頂きますが、ケースや基盤の型を自社で起こしていたら販売価格が3万円ぐらいになってしまうので、やはりハイローコンバーターにとって低価格というのは命なので、あえて既存のテクニカ製の物に手を入れるという手法を取りました。

この前オーディオテクニカの営業の人から「こんなにオーディオテクニカ製と公表して、うちの技術が気が付いて性能を上げたらどうするんですか?」と聞かれたのですが、「その時はバージョンアップされた物をさらにバージョンアップします。」と答えています。
画像 019
写真は分解してこれからカスタマイズする5台のAT-HLC41です。

ノーマルが7500円(税別)に対してバージョンアップは17500円(税別)です。(分かりやすく言うと1万アップという事です)


【2008/07/28 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
CDの録音方法について
昨日のスタッフブログに野田君がSHMーCDについて書いてありましたが、自分はちょっと納得していません、というか反論があります。

これは専務も同じ意見なのですが、普通のCDとSHM-CDの聞き比べの音の差がわざとらしいからです。

確かにSHM-CDの素材の方が音が良いというのは分かりますが、普通のCDの方は本当にベストな録音なのでしょうか?

マテリアルの違いが有るにしろ普通のCDでも録音・ミックスダウン・マスタリングの3工程を全てデジタルで行うDDD方式もあれば録音・ミックスダウンをアナログで行って、最終的にデジタルでマスタリングを行うAADという方法もあります。

また自分と付き合いのある某アーティストの方はデジタルで録音したものをアナログに一度落としてミックスダウンして、さらにデジタルでマスタリングするというDAD方式で録音された方もあります。

今から10数年前に調整用CDで使用していた『天野清継と国分弘子』の3部作『ヘブン』・『ヘブン&ビヨンド』・『アズール』は3枚のCDの録音方法が全て違っていました。(たしかDDD・ADD・DADだった様な・・)

この3部作の特長が全てきちんと再現出来るシステムが良いシステムという事で日々調整に励んでいました。

ジャズとかクラッシックのCDにはこの3つのアルファベットや『○○録音』などと録音方法が記載されているものを多く見かけていましたが、この最近極端にこの手の表記が減ってきました。

最近の録音は凝った方式の物が減ってきているのでしょうか?

それは違います!
たとえば上妻宏光さんの『永遠の詩』『エン』『蒼風』の和の3部作はどこにも表記されていませんが微妙に録音方法が違っています。

またDEENさんのここ数年のCDは徐々に音が良くなっていますが、どこにも『○○方式で録音』と書いてありません。

「いい録音をしているのなら書けばいいのに。」と思われる方も有るとは思いますが、実はどの方式をどの様に組合わせたら音が良くなるか?というのはアーティストにとって独自のノウハウであり好評したくない部分になっています。

先ほどの3工程の組合せの他に『20bit K2』や『DSDマスタリング』や『HDコーディング』などの音を良くする方法がまだあって、しかもそれを2工程重ねた録音もあります。

すると普通のCDに記録する3工程の方法と組合わせると凄い数の組合せが可能で、アルバムごとに微妙に組合せを変えながらベストな録音を目指しているというのが今の音楽業界の状態でしょう。


それとアーティストが録音方式をCDに書かなくなったのは『○○方式だから音がいい』とか『○○方式を使っていないから録音が良くない』などの作品性を無視した無責任な評論家の評論を受けないためではないかと自分は思っています。


話は長くなりましたが普通のCDが最高の録音かどうか分からないために『本当にマテリアルの差だけなのか?』と疑ってしまい、この『SHM-CDの聴き比べで大きな差があった』、というデモはお客さんのオーディオライフにプラスになるかどうかは微妙でしょう。

ピュアディオのスタッフならわざとらしいギャップが付けてある事に気付くぐらいの耳を鍛えてください。(宇部店の数人のお客さんからは普通のCD側が現行でいうベストの状態ではないのでは?という話がありました)

まーその為に火曜日にDEENのボーカルの池森さんに会わせてあげて、直に生声を聞けるんですけどね。
ねぇー、野田君!
【2008/07/27 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
レクサスLS460が完成
今月の上旬から預かっていた名古屋店からのレクサスLS460も昨日の午後に音が出て、今日の午後に愛知県からお客さんが車を取りに来られて納車です。

よく映画の宣伝で『全米が泣いた!』とか言っていますが、今回のLSのドアには泣かされました。

今までの防振方法(それでも4種類のものを合成して使っている)ではどうしても特定の周波数にピークが出てしまい、その部分をイコライザーで下げると今度は必要な音の成分が削げてしまいます。

イコライザーは手作業で音を追い込んで、それでも追い込めない所をわずかに補正する、という使い方をしないと、防振がまずいものをイコライザーで補正しても測定上でフラットになっているだけで音楽的に面白くありません。

そこで実験用に持っていた、今までの物と減衰する周波数が違う材質をプラスしたらピークは治まりました。

よくお客さんから「他の店で防振しているから防振はしなくていいです。」と言われる事がありますが、「他の店と防振が違いますから。」と答えています。

うちの店では防振の写真をブログなどでは見せませんが、お客さんの作業したものは全て写真に撮っていて、保存しています。(宇部店・福岡店と3月以降の札幌店で)

ここ数年でドアの中の形状は変わってきていて、特に『横からの衝突に対しての剛性』を重視していて、ある特定の材料だけを貼って密閉度を上げるだけの防振では時代遅れになってきています。

適材適所という言葉があるように使う場所によって微妙に材質を変えたりして、時には密閉度よりも他の部分を優先する事もあります。

札幌店にあるミラカスタムなんて今までの常識とは全く違うやり方で防振していて、『あまりドアが重たくなっていないのに不要な振動が減衰している』という感じです。

今回のレクサスLSのドアは今までに無い独特の音の感じでしたが、今まで作業した車で一番近かったのは、1年ちょっと前までデモカーであったベンツCL500の鳴りと似ていました。

昨日今までにやっていなかった専用チューンを行いましたが、もっとこの方法を早く知っていたらCL500の音ももっと完璧だったのに、と思いました。(でもその当時はその材質は無かったので・・)

そんなノウハウの蓄積ですから同業者が簡単に見る事が出来るブログで写真を出すという事が出来ません。

だって真似するのは簡単ですが、最初にそこまでたどり着くのは大変でしたから。


そんな大変な思いをして完成したレクサスLSは名古屋店のお客さんと名古屋店の園田君が交代で運転しながら帰るそうです。


PS  写真は先ほど車を取りに来られた愛知県のお客さん(左)と名古屋店の園田君(右)です。
画像 018

【2008/07/26 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
デッキに直射日光を当てない様に
ここ数日は極端に暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

つい最近、お客さんから「昼間CDを再生したら音飛びが起きた。」という問い合わせがありました。

どうもお話を聞いてみると長時間日向に車を駐車していて、全く日よけをしていなかったので直射日光が当たっていて、デッキが触れないぐらいに熱くなっていたからというのが原因というのが分かりました。

昼間の12時前後は真上から太陽の光がそそぐために、フロントガラスが斜めになっている車は直射日光がストレートに当たります。

スピーカーを守るためにツイーター用の日よけを無償で希望者に配布していますが、これだけ熱くなるとフロントガラスに日よけ対策をしないとデッキが一時的に音飛びを起こすだけではなくて、デッキの寿命を短くしかねません。

日よけグッズは数百円から3000円以内で入手出来ますから、後は買う手間と毎日付ける手間だけです。

気温が30度を大幅に超える日は是非使ってみてください。

ピュアディオ宇部店は本日よりお客さんよりお預かりの車を日向に駐車する場合は日よけグッズの使用を行います。
【2008/07/25 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
ハリアー JBL仕様
この最近読んだビジネス誌で『あなたの会社はいい会社ですか?』という質問で、「カテゴリー別にインターネットで検索して複数のカテゴリーで10位以内に入っていればいい会社。」という診断方法がありました。

今朝、札幌店の野田君から「ハリアー JBL仕様で検索したら自分のブログが3位になっていて、以前自分のブログの近くにあったピュアコラムが何処かに消えているんです!」と電話がかかってきました。

この検索の仕方が『ハリアー JBL仕様』で間にスペースを入れるか入れないかで大きく順位が変わりますが、スペースを入れた状態でヤフー検索したら確かに野田君のブログが3位に来ていました。

そこから後を探してもどこにもピュアコラムは見つかりません?

それは見つからないはずです1位にありますから!(レガシィ マッキントッシュ仕様ではヤフーで2位です)

ビックリしました。

ちなみに『ハリアー ベーシック』で検索すると、ピュアディオ関係が1・2・3位を占めています。

更にに『ベーシックパッケージ』で検索するとコンピューターの会社やホンダ、ボルボに混じって7位にピュアディオのベーシックパッケージが載っています。

そのぐらい一定のカテゴリーでは知名度が高いという事でしょう。


あとピュアディオの看板商品でZSPシリーズというスピーカーがありますが、『ZSP』で検索すると『ZSPスピーカーケーブル』というのが出てきます。

「ピュアディオが新製品を出したのか?」と思わないで下さい。
うちとは全く無関係の商品です。

しかし何故か音が良さそうに思えるから不思議です。


話は変わって、来週から福岡のクロスFMで福間海岸からの生放送『サーフ・サイド・レディオ』が始まります。

期間中はサウンドピュアディオのコマーシャルが流れますが、今回はコマーシャルに新バージョンが加わりました。

さっきのカテゴリーの話ではありませんが、『ZSP』に集中したものと『ベーシックパッケージ』に集中した内容の2本が追加されます。

今までのCMだと漠然と『音がいい』でしたが、カテゴリーを絞って知ってもらい、パソコンで検索してもっと詳しく見てもらうというアイデアです。

あっ!それと29日の火曜日は福間海岸にDEENのメンバー全員がやってきて出演されます。

宇部店と福岡店のメンバーで行ける人はみんな行くのと、札幌店からは野田君が参加します。


DEENの出演は15時から16時までですが、14時台に井川も少し出演します。

確か放送終了後に浜辺に向かってライブを行うという話もあるのですが・・ もし雨が降ったらどうなるのでしょうか?

まあ今のところ大丈夫でしょう。(おそらく)


【2008/07/25 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
1年に150時間
あるビジネス雑誌を見ていたら『ビジネスマンが仕事中に探し物をする時間は年間150時間にもなる』という事が書かれていました。

机の整理をする事を推奨する内容で、『1年間で50時間とか100時間の余分な仕事時間を作ることが出来る』としめくくられていました。

そこで札幌店を移転するにあたって『1年間の工具を探す時間をいかに減らすか』というテーマを元にピットの効率化ほはかりました。

ピットでの工具を探す時間はビジネスマンの探し物よりどうかすると多い時間を割いてはいないでしょうか?

特に工具箱の中に余ったネジやパッケージやコードの端切れなどが入っていて、探す時間を余分に増やしています。

今年からその辺の無駄は徹底的に削減します。(今のところ直営店だけですが)


宇部店の前の小野田店ではメインのピットが一台で、簡単なシステム用のサブピットが1台の合わせて2台しか作業が出来なかったので物凄く効率化がはかられていました。

まさに『工具を探す時間が要らない』という様に左右のドア付近にドアとインパネ周りで使う工具が全て有って、ボンネットの前に行くとエンジンルームで使う工具のみが全て集まっているという感じで、工具箱に探しに行くのではなくて、『手を伸ばせばそこに工具がある』という感じでした。

たまたま1台しか入らないピットだったからこそ出来た業ですが、1台しか入らないと次が入れられないので必死でした。

まだ小野田の店の時は自分もピットで取り付けの作業をしていましたが、今の宇部店に引っ越したのを機会にオリジナル商品の製作と調整しかしなくなりました。

思い起こせば取り付け台数が増えて分業制の方が効率が上がったからでしょう。


効率が上がるといえばサウンドピュアディオを名乗っている店舗は全店エアコン付きのピットです。

普通量販店ではシャッターを開けたら吹っさらし状態のピットですが、『夏場ピットマンがだらだら汗を流しながら自分の車を作業されるのが嫌!』と言われる方がサウンドピュアディオに車を預けられます。

元々は夏場の暑い時はピンケーブルのハンダがポロポロ玉の様な状態になってのりが悪く、冬場の寒い時は半固まりになってしまい空洞が出来たりで、理想の音が出せないために『良い音を出すための空調ピット』でしたが、『ピットマンが汗をかかないから好感が持てる』と言われるお客様がここ数年で増えてきました。

これも地球温暖化のせいでしょうか?
【2008/07/24 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
今日はヤフードームで
今日は夕方ヤフードームにちょっとだけ行きます。

ホークス戦ががあるのですが、別に野球を観に行くわけではなくて、うちの娘が試合の前にヤフードームで演奏するのでそれを観に行きます。

演奏するといってもソロ演奏とかバンド演奏ではなくて、大人数でブラス演奏する中の一人ですが、始めてのはれの舞台での演奏なので親として見に行かないといけません。

4000円出してチケットを買っていますが、演奏が終わったら野球を観ずにそのまま帰ります。


ヤフードームの周りには自分が気になっているお店が2軒あって、そのうちの一つが『ヘリーハンセン』の店で、スズキのエスクードの限定車の『ヘリーハンセン・リミテッド』でテレビや雑誌で名前が知られている元々マリンウエアのメーカーで、『H/H』のマークです。

自分はいつも「ヘリーハンセンみたいに知る人は知るブランドになりたい!」と思っています。
意外と値段も高くなかったから驚きました。

ピュアディオのアウターバッフルもスラントで55000円プラス税という価格を10年以上守り通していて、『実用的でブランド力の割りに安い』という意味ではヘリーハンセンを見習っています。

そしてもう一軒の気になる店は愛知県に本社がある『ビレッジバンガード』で、こちらはビジネス用のビデオで『POPで人を引きつける店』として紹介されていて、インターネットで福岡にも店があるという事を知って見学に行きました。

しかし福岡店はFCらしくて、同じ行くなら元祖という事で愛知県の本店に園田君に連れて行ってもらった時には驚きました!

やはり元祖ビレッジバンガードの方が店員の気合が入っているというか、それでもって力んでいる訳ではなくて、『楽しみながら一生懸命やっている』という感じで、「小売店はこうでないと!」と強く感じる物がありました。

自分がビジネス用ビデオで知る前から名古屋店の園田君は度々通っていたらしく、『こだわりの有る人間を引きつける魅力』みたいな物があるのでしょう。


その園田君の事ですが、今日は自分は福岡店にいて、朝の朝礼は福岡・宇部・札幌の3店をインターネット回線でつないでテレビ会議を行いますが、名古屋店の園田君が宇部にいるので4店会議になっていました。

名古屋の方が東にありますが、緑が多いので宇部の方が少し涼しいみたいです。
【2008/07/23 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今日は定休日ですが
今日は宇部店・福岡店・札幌店の3店は火曜日で定休日です。

熊本店・ウエスト兵庫店は木曜日が定休日で、名古屋店は日曜日が定休日です。

その定休日に宇部店は朝から仕事・・
作業が多くて休んでいると納車が間に合わないのでピットのみ普通どおり作業をしています。

しかも今朝の宇部店の作業は福岡店と名古屋店からの応援を含めての3店舗の『連合艦隊』です。

元々は名古屋で付けるはずのレクサスLSが宇部店に来ているというのが忙しさに拍車をかけている原因の一つなので名古屋の手伝いは当然としても、今朝は福岡から柳井君も手伝いに来ています。

レクサスLSは26日に愛知県からお客さんが直接車を取りに来られるそうで、それまで名古屋の園田君は山口に居るそうです。(帰らない!帰れない!どっち?)

先ほど園田君は名古屋から福岡に引っ越したお客さんの車のメンテナンスのために福岡店に向かいました。

そういう自分は朝から音合わせが難しいヨーロッパ車の調整をして、今は一休みしながらブログを書いています。


実は自分は毎週宇部にいる時は必ず店に一度出てきて、日課のブログを書くことと(ここは安部礼二のセリフと似ている)、製作室に一度入ってエアコンを付けてタイマーで切れる様にして帰ります。

春とか秋は大丈夫なのですが、開発や制作を行っている部屋は測定器が置いてあって、その測定器を使うのに室温を25度±1度以内に設定して使わないといけないので、定休日に温度が上昇しすぎると次の日の立ち上げに時間がかかるために定休日でも一度顔を出して温度調整をします。


測定器といえば数日前にホンダ・ライフでヨコハマタイヤの『DNAアースワン』の走行ノイズのテストをした時は、一度標準タイヤで走って測定してその足で隣のカタヤマタイヤさんにタイヤ交換に行ったので、そのまま後部座席に測定器を積んでいました。

カタヤマタイヤの方が、「こんな大きい機械で測定するの?」と驚かれていましたが、小さなライフの後部座席ではボクシィーの時に比べたら測定器がかなり大きく見えました。

その以前タイヤテストでダンロップの『ビューロVE302』に交換したボクシィーは本来福岡店用の代車ですが、1週間前から宇部店に来ていて、毎日代車兼音の静かなタイヤの体験カーとして活躍しています。

それとこのブログでタイヤの静粛性の性能テストのデーターを公表しているので、意外とオーディオに興味のある人以外の方も見られているみたいです。

次は何のタイヤのテストをしましょうか?


PS 当社の実験はお客様に少しでも快適にオーディオーを聴いて頂く為のタイヤテストで、当社ではタイヤも販売しておらず、またタイヤメーカー等からも何の援助も受けていない自主的な実験です。
【2008/07/22 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
この最近のテレビCMで
カーオーディオとは全く関係無い話ですが、この最近テレビのCMを観ていて「これおかしい?」と思ったものがあるので取り上げます。

ファブリーズのコマーシャルで、ADバンのシートがにおうからとシュッとしますが、あれはどう見てもバンの安いビニールレザーのシートではなくてアルカンターラか何かの高級生地ににはりかえてあります。

まだ気が付いていない方は一度良く見てください。

シートといえば自分は黒いレザーのシートの車に乗っていますが、夏に直射日光が当たると乗った後にどんなにエアコンで冷たい空気を出しても背中やお尻はしばらくは熱いままです。

何度もこのブログで話に出ていますが、クレトムの日よけグッズB81でフロントガラスから光が入らないようにするとシートが熱くならずにツイーターの音が荒くならずに、そしてミッドのハリがなくならずに、更にデッキのコンディションが良いなどのいい事ずくめです。

でも半分から切って使わないとダッシュ上にツイーターが付いている車には不便です。

後、半分に切った後はしまう時に切り口同士を合わせてからクルッとしまわないと上手く収まりません。(ご注意下さい)

井川にだまされたと思ってクレトムのB81を使って下さい。
あっ!うちのアイとエスティマのガラスには合いませんでした。(しつこいようですが)

あまりに自分がPRするために昨日は宇部店の周りのカー用品店では売り切れていたみたいです。

確か『クレトム日よけグッズ』で検索するとかなり上位にこのブログが来ているはずです。


検索といえばこの最近までサウンドピュアディオはヤフーで『カーオーディオ』と検索すると520番目ぐらいでしか表示されませんでした。

1週間前に『あなたの会社のHPは損をしていませんか?』というサブタイトルのビジネス書籍を買って読んでいたら『あなたの会社のHPの診断』という項目があって、『あなたの会社の販売している商品名で検索したら?』と書いてあったので、ZSPやベーシックパッケージで検索したら10位以内に入っていました。

ベーシックパッケージは色々な業界で使われている言葉ですからそれで10位以内は物凄い事です!

当然診断は『良いホームページ』となります。

しかし『業界全体では?』という問いで『カーオーディオ』とヤフー検索したら何故か520位ぐらいなのです?

「おかしいな?」と思ってその本を良く見てみると、『業界の総称がトップページやタイトルや文面に度々出ていますか?』という問いに自分のホームページを見ていたら驚くほど『カーオーディオ』という言葉が出ていません!
なんとトップページにカタカナで『カーオーディオ』とどこにも書いてないんです。

しかも検索した自分の会社よりも手前にすでに閉店しているカーオーディオの店が何店も表示されています。
絶句しました。
「自分の会社の検索順位は潰れた店以下なのか?」と。

『オーディオ』とか『ピュアディオの音』とかは書いてありますが、ガルウイングを付けたりテレビモニター沢山やネオン管を付けている『他の品の無いカーオーディオを売っている店と同じに見られたくない!』という強い思いのせいかカーオーディオという言葉を驚くほど避けていて、ピュアディオという独自のジャンルに固執していました。

そこで「実は多くのお客さんになって頂ける方を遠ざけていたのでは?」と反省してカーオーディオという言葉を積極的に取り入れたらなんとわずか数日で115位まで上昇しました。

しかも今朝ヤフーで『カーオーディオ専門店』と検索したら4位まで上がっていました。

その読んだビジネス書籍は本屋さんでタイトルを見て直感で買って、値段はわずか1600円だったので、「世の中どこにチャンスがあるか分からないな。」と感じました。

また面白そうなタイトルの本があったら迷わず買います。

【2008/07/21 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
今日は広島の東条から
ここ数日は広島県からのお客さんが多いです。

昨日納車した車は広島と岡山の県境の福山市から来られた方で、その前の日に納車した方は西条からのお客さんでした。

そして今朝来られた方は東条という所から来られたそうで、3日連続の広島からのお客さんです。


そういえば西条や東条は今までは福山ナンバーだったそうですが、市町村合併に伴って広島ナンバーになったそうです。

福山といえば福山通運は福山市が本社ですよね?確か・・

でも歌手の福山雅治さんは福山市の出身ではなくて、九州の長崎の出身です。
【2008/07/20 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
昨日のブログの補足説明
昨日の自分のブログを見てちょっと誤解を受けていた部分があるので補足説明をします。

ピュアディオ宇部店でデンソーの診断器を持っていて『エラーが出ても直ぐに消せる』という部分が『安易にエラーを出しても診断器で消せる』という風に取られた方も一部にあったと聞いています。

高級車の取り付けでは数人で取り付けにかかっていて、作業中にどうしても通電して確かめないといけない部分があります。

しかし通電すると全てのカプラーがささっていないとエラー表示が出てしまい、診断器が無い状態では普通運転席と助手席などを外している部分を一度装着してから他の部分の動作確認をして、その後でまた運転席と助手席を取りはずして作業をしないといけません。

そしかも通電テストの間は他の人は作業が出来ない状態になります。
これはとてつもなく効率が悪いです。

通電中に外れていたカプラーを後でさして普通に問題なく動作していても、一度エラーが出てしまえば『エラー解除信号』を入れない限り表示は消えません。

またこの最近では少なくなった作業ですが、高級車でシートに沢山スイッチの付いている車にレカロシートを取り付ける場合は、診断器無しで作業をするとかなり作業効率が落ちてしまいます。

その様な理由からデンソー製の診断器を使っています。


PS  昨日レクサスと新型クラウン用のデーターをインストールして、今日は新型クラウンのレカロシートの取り付けで診断器が活躍しています。

【2008/07/20 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
レクサスLSのカーオーディオが
現在宇部店には名古屋店からのレクサスLS460(標準オーディオ仕様)が入庫していて、月末前の完成を目指して作業をしています。

一度名古屋から園田君が手伝いに来ていますが、来週の水曜日にまた宇部店に来るそうです。

名古屋から来る時は陸送業者を使って来ているのですが、帰りはオーナーさんと園田君とで自走で変えるそうなので、園田君は合わせて3回名古屋から宇部に通うつもりなのでしょうか?

宇部に来る前の日は元々名古屋店のお客さんで福岡に引っ越された方がおられて、その方のメンテナンスのために福岡店のピットを貸して欲しいとの事だったので、来週は何日名古屋にいるの?という感じです。


そして現在入庫しているレクサスはバラバラの状態ですが、ここまで分解してしまうとごくまれにメーターパネルにエラー表示が出る事があります。

つまり自動車の配線カプラーは通電中にはずしてもエラー表示が出るものと出ないものがあって、うっかりエラーを出してしまうと後はいくらカプラーをつないでもディーラーで消さないと消えません。

あってはいけないのですが、そんな時はどこの店でもディーラーまで自走して診断器をかけてエラー表示を消します。

ところが宇部店ぐらいの入庫数があるとその都度ディーラーまで自走するのも大変なので、岩崎さんのブログにもあったとおりデンソーの診断器を数十万円出して購入しています。

購入する時にデンソーの広島営業所の方が「整備工場でもよほど大きな所でないと買われないのに、カーオーディオのお店でですか?」と驚かれていました。

現在の状態ではゼロクラウンまでに対応のソフトがインストールしてあるのですが、今回のLSの入庫を機会にレクサス全車種と新型クラウンに対応するソフトにバージョンアップします。

ちなみにオーディオの作業に関するところ以外の診断も全て出来ますから、車の不具合も分かります。

おそらく日本のカーオーディオ専門店でデンソーの診断器を持っているのはピュアディオ宇部店ぐらいではないでしょうか?
画像.1

【2008/07/19 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は県境からお客さんが
昨日は県境からお客さんが2人も来店されました。

県境と言っても山口県と広島県の県境ではなくて、まず一人目のお客さんは広島県と島根県と鳥取県の3県が交わるあたりから来店されて、その次に来店された方は広島県と岡山県の県境の福山市という所から来店されました。

一人目のお客さんは朝から作業にかかって15時過ぎに出庫出来ましたが、もう一人の方はアウターバッフルを制作するために1晩預かる事になって、一度福山まで帰ると大変なので何処かに泊まられたみたいです。

お二人とも高速道路を使っても3時間はかかる距離なので、本当に遠くからの来店ありがとうございます。

また札幌店は全道からお客さんが来られるので4時間とか5時間かかって来店される方も多いので、一定以上遠いとどのぐらい遠くかという感覚が自分に無くなってしまっていますが、宇部・福山間が3時間ぐらいだから4時間・5時間というと宇部から岡山県と兵庫県の県境ぐらいから来られているのと同じぐらいの距離でしょうか?

遠くから来店されているお客さんは近くに他の店があるにもかかわらず当グループのお店を選んでいただいて本当にありがとうございます。

他の店には出せないオンリーワンサウンドで、必ず行きよりは素晴らしい音で帰れるようにスタッフ一同頑張ります!
【2008/07/19 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
ヨコハマタイヤの『アースワン』は静かなタイヤか?
以前にダンロップのビューロVE302の装着テストを行って、その時のノイズのデーターグラフをこのブログで掲載したところカーオーディオ業界以外からも注目されて、なんと『ビューロVE302』で検索すると30番目に自分のブログが来ていました。

そのビューロが装着してある代車兼デモカーのトヨタ・ボクシィーは福岡店から宇部店へ来ていて、現在はユーザーさんが静粛性を体感できる様になっています。(別にダンロップから何の援助も受けている訳ではありません)

そして前回お約束したとおりにヨコハマタイヤの『DNAアースワン』というタイヤのテストを行いました。

このアースワンというタイヤはゴムの中にオレンジオイルを配合していて、ころがり抵抗が少なくて、グリップ力があって、静かという3拍子揃ったタイヤと宣伝してあって、「そんな上手い話は無いだろう?」と疑って、ユーザーに代わってテストすることにしました。

やはりピュアディオのユーザーの方の一番の注目する部分は『静か』という部分なので、そこを重点的にテストです。


テストに使用した車は現行型のホンダ・ライフのマイナーチェンジ前の車で普通のNA車のグレードの一番上の物で、13インチのアルミ付きで純正タイヤはヨコハマタイヤの物が付いていました。

そして前回のビューロと全く同じコースを走って、路面の荒い所で測定しました。

全体的にアースワンの方がノイズレベルが低くて『静かになった』というイメージなのですが、測定データー上では25ヘルツのみが2デジベルぐらい高くなっていて、「何かの間違いでは?」と思ってもう一度測定しても25ヘルツの部分だけはアースワンの方が高かったです。

しかし25ヘルツは耳に聞えるというよりは体に感じる振動の部分なので、それ以外の部分では大幅にアースワンの方がノイズレベルが低いので『オレンジオイルで静かなタイヤ』というのは間違いありません。

小型車でエコと静粛性を求めるならヨコハマタイヤの『DNAアースワン』はお勧めです!
画像 017

【2008/07/18 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
わずか980円でオーディオの音が良くなる?
このタイトルを見て「そんな上手い話は無いだろう。」と思っておられる方も多いと思いますが、本当の話です。

夏になるとエアコンの使い過ぎでバッテリーコンディションが悪くなるから音が悪くなるという事はこの最近けっこう知られてきて、バッテリーチャージをして防ぐという方法は何年か前から行っています。

しかし近年地球温暖化の影響で車内温度が上昇して、ツイーターのドームが熱くなりすぎて音が荒くなるとか、ミッドのゴムのエッジの部分が熱で柔らかくなってハリが無いなどのお店のセッティングではどうにも出来ない問題が出てきています。

当然夜になって車内温度が下がれば春や秋のコンディションと変りません。

そこで自分がカー用品店で片っ端から日よけグッズを購入して実験したところ、クレトムというメーカーのB-81というフロントスプリングシェード(980円)が価格の割りに効果が高いという事が分かりました。

以前にこのブログでベンツEワゴンのフロントに半分からハサミで切って使用している写真を載せた事がありますが、あの後に他の品を数種類試しましたが、取り付け取り外しのしやすさと断熱効果を考えるとこれがベストです。

ただしフロントガラスが極端に斜めの車では手前に倒れてしまって使えないので、更に何だかのカスタマイズするか、他の商品を使わないといけません。(うちの車だとアイとエスティマがそうでした)

そして、温度上昇と音質にどのぐらい差があるかというのは、車内にデジタルの温度計を持ち込んで実際に実験しました。

また車内温度を上がらない様にする事によってエアコンで使用する電力も減って、しかも何も対策しない車と比べてデッキの温度が上がらないために寿命を長くするという効果も期待出来ます。

わずか980円の出費とカスタマイズと付け外しの時間をケチらなければいい事づくめです!

ぜひ皆さんもお試しください。

またソーラー式のファン通称『気象衛星ひまわり』の実験も続けて行っています。

下のひまわりの写真の横の温度計はハンダの小手先温度を測るものです。(普通の温度計ではダッシュ上だとオーバーして測れないので・・)


PS  車外に付けるタイプで磁石を使用している日よけは何度も使うと砂埃や鉄粉などが付いて、付け外しの時にボディーにすり傷が入る可能性があります。(すでにその事は製造メーカーにメールしてあります)
面倒でも車内で使うタイプをお勧めします。
画像.1 003
画像.1 001


【2008/07/17 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
トップページのモンドラナミュージックの所が
皆さんお気づきだと思いますが、HPのトップページの所のモンドラナミュージックさんのリンクが開いたり開かなかったりしています。

今は開くのですが、実は先々週の日曜日に福岡県うきは市に上妻宏光さんのコンサートに行った時にモンドラナミュージックの社長さんに会ってリンクを貼る許可をもらおうと思っていたのですが、デモカーの試聴に気を取られて許可をもらうのを忘れていました。

しかし事前に許可をもらうからとHPの管理を任せている会社に頼んであったからリンクになりました。

そこで「やはりいくら知り合いとはいえ許可を得ていないと・・」という事になって一度リンク出来ない様にしていました。

でも、メールで先方と連絡を取ってリンクを貼ってもいいという許可を頂いたので、昨日から再び開きます。

三味線プレーヤー上妻宏光さんのHPとサックスプレイヤー矢野沙織さんのHPにつながりますので、皆さんマメにチェックしてくださいね!

矢野沙織さんのHPのメディアの所のラジオの部分では上から2番目と3番目にはサウンドピュアディオと書いてあります。(今日は呼び方が何故かちゃんではないんですよね!)


PS  朝テレビを付けたらやたら『山口県宇部市』と言っていました。
悪い意味で有名になってしまいました!
【2008/07/17 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
純正カーオーディオのクセと格闘
札幌に行っている間にアコードのプレミアムサウンドが装着されている車が宇部店に入っていたのですが、作業が完了しても納車出来ない状態で置いてありました。

車に最初から付いている純正デッキと純正アンプ、そして純正ウーハーを使ってフロントスピーカーのみを交換という極めてシンプルなシステムなのに、専務が「社長が帰って来るまで納車出来ない。」と言っていたそうです。

そのアコードを今朝聴いてみたら物凄い音のクセが付いていました!

どのぐらい強いクセかというと、トレブルとバスを2クリックずつ下げてもまだドンシャリ状態(ドンシャリとは高音と低音を極端に強くした音の総称)で、当然その反動でボーカルの音域は非常に薄い状態で、とてもピュアディオで取り付けした車とは言えない状態なので、お客さんに理由を話して自分が帰って来るまで納車を伸ばしてもらったそうです。

今朝からちょこちょこ調整していたのですがどうにもなりません!

そこで登場したのがホンダプレミアムシステム専用ピュアコンで、元々そんな物があったわけではなくて、何日か前に書き込んだ『多品種少量生産』の精神で、そのシステム専用で回路を起こすという作業を行いました。

その回路を起こすという作業は自分しか出来ないので、完成から5日もお客さんをお待たせしてそこそこの商品なんて物は出せません。

自分でも途中で「これが限界か!」と諦めかけていましたが、ある事がきっかけで本当に良い物が出来ました。

それは自分がピュアコンの部品の数値をを決める時に車内で頭をぐるぐる動かしていて、運転席から頭をセンターコンソールの方に動かすとミッドのハイエンドの音が良く耳に入ってきて、回路的には触っていなくても仮想的にハイエンドが伸びた回路を入れた状態と同じになります。

すると車の中で頭をセンターに寄せて、そして運転席に戻してと繰り返すとちょっと変なおじさんに見えます。

自分がいつも使っているCDで調整しながらも、お客さんの車にCDが積んである場合はそのCDもかけて音の調整をします。

たまたまお客さんの車のプレイヤーがチェンジャーだったので、CDを換えながら頭を動かしていたらエグザエルの『チューチュートレイン』がかかってきました・・

ここまで書けば何人かはピーンと来ていると思いますが、調整をしているというよりは車の中で曲に合わせて踊っているという感じです!

そこで自分で車内で大笑いしたら、何故かそれが気分転換になって一気に回路は完成形にに向かいました。

あそこで笑いが出なかったら、今の時間も行き詰ったままの状態だったかも知れません。

現在は最初と全く違って、はっきりとボーカル音を聴く事が出来ます。

長期間お預かりしているお客さんは楽しみにしていて下さい。
【2008/07/16 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
山口に帰って
昨日は夜8時半に福岡店を出て、それから東区のマンションに帰りました。

その時の気温が31度で、札幌と福岡の違いを思い知らされました!

昨日は福岡で整体にかかったのですが、そこは何人もの人が働いている大きな所ですが、自分はあまりの肩の硬さでマッサージする人がボロボロになるらしく嫌がられます。

あまりにやってくれた人がかわいそうなので「今度はマメに通います。」と言って帰りました。

いつも手先の作業と運転ばかりしているので首と肩だけ集中してこります。

そして昨日マッサージしたにもかかわらず今日は宇部に帰ってから今書き込んでいて、その後にまた夕方に福岡に戻らないといけません。
しかも深夜にまた宇部に舞い戻るというハードスケジュールです。

これだから肩が鉄板の様に硬くなっても仕方ありません。


PS  実は昼ぐらいにけっこうな長文でブログを書いていたのですが、専務から「お客さん以外に手品のねたをばらす様な事はしてはいけない。」というクレームが付いて削除しました。
その手品のねたが気になったユーザーの方には店頭でお答えします。

【2008/07/15 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
福岡に着いて
5時ぐらいに福岡空港に着いて、一度東区香椎のマンションに荷物を置いてエアコンを付けて、それから福岡店に行きました。(この時期、何日も部屋に戻らないと暑くて大変です)

現在福岡店にはパナソニックの新ストラーダの『お任せDJ機能』の声の主のトギーさんの車が入っています。

純正ナビが異型パネルで入っている車で、普通に考えれば取り付け不可能な状態です。

しかしお任せDJの本人の車に付いていないとまずいという事で、どうにか付く方法を考えています。


そして宇部店の方には名古屋店からレクサスLSが入っていて、今朝インターネット回線のテレビ画面で札幌から宇部店を見たら園田君がわざわざ名古屋から手伝いに来ていました。

こちらもレクサスLSにCD700Kを取り付けるという、おそらく日本で始めての試みです。

そんな状態ですから先月みたいに火曜日の定休日に札幌から帰るみたいにのんびりは出来ませんでした。

現在は福岡店で生放送が終わったDJトギーさんの来店を待って、これからどこにどういう風に取り付けるかの打ち合わせです。


実はトギーさんのもう一台所有のオープンカーの方にはZSP・MIDが付いていて、それを隣に乗って聴かれたDEENのボーカル池森さんが「これは凄い!」という事になって昨年のデモカー試聴につながりました。

トギーさんの車にZSP・MIDが付いていなかったら、おそらくDEENさんと今知り合いになっていなかったでしょう。
【2008/07/14 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
札幌も最終日で
今日は昼まで札幌店にいますが、午後の飛行機で福岡へ帰ります。

目の前の丘珠空港からと言いたいところですが、名古屋に行く時以外は千歳空港を利用した方が便利なので、今日は地下鉄とJRを乗り継いで空港に行きます。

あっ!それと今回も岩内には行けませんでした。
昨日の仕事が終わってからレガシィのナビでスケールを1・6kmにしても余市までしか映らなくて、最高スケールの6・4kメートルでやっと岩内という文字が見えたので、「これはとんでもない遠くだ!」と思って諦めました。

そのとんでもない距離をDEENのボーカルの池森さんはデビュー前に札幌のライブハウスまで通っていたのですね。

車で行った上でいうと説得力もあるのですが・・


しかし昨日は調整の合間の1時間ちょっとの時間で、お客さんと2人で江別市民会館まで行って来ました。

4時半ぐらいにちょうど調整の車が途切れて、調整の前に充電とかあるのですぐにかかるわけではないので、「今のうちに!」と高速を使って行きました。

江別市民会館は5時までで、着いたのは5時2分ですでに事務所が閉まりかけていたのをゼイゼイ息を切らしながら「押尾コータローのチケットを下さい!」と入って行きました。

しかし座席表を見せてもらうとその前に何枚かローソンチケットで買った席よりもいい席はほとんど無くて、あっても左右の真ん中の前後の真ん中付近が1枚だけあって、「これでは隣に誰もいない・・」と思い、「すみません、いいです。」とすぐに市民会館を後にしました。

ローソンチケットでは席順が選べないので、時間と店を変えて2回買っていて、そこそこいい席を手に入れています。

それでも「市民会館で買うともっといい席がある!」と思っていたらそれほどでもありませんでした、というか意外とローソンチケットは今回はいい席があります。(普通は会館で買った方がいい席が手に入りやすいのだが・・)

そんな訳で、札幌店にはお客さん用のチケットを若干予備に買っていますので、興味のある方は札幌店の藤原君か野田君に問い合わせて下さい。


PS  どうも自分は江別と当別と厚別がごっちゃになる事があります。
昨日も間違って厚別市民会館とか言っていましたから・・
でも別が付く地名でも登別だけがとっても遠いという事だけは分かります。


【2008/07/14 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
多品種少量生産とは
日曜日の朝は必ずNHKの経済羅針盤を見ます。

この番組は毎週どこか普通の会社よりも変わった事をして業績を伸ばしている会社の社長さんが登場して、その成長の秘密を語るという番組ですが、今日の放送の中で『多品種少量生産で大手に出来ない事をする』という話が出ていました。

実はこの『多品種少量生産で大手に出来ない事をする』というのは15年前からピュアディオグループ結成時からの目標でした。

例えば現行のダイハツムーブとタントとミラは全て同じフロントスピーカーを使っていますが、ベーシックパッケージの内容は違います。

特にムーブとタントはドアの造りが似ていてもスピーカーの取り付け位置が数センチ違うために特性が微妙に違います。

ここが大手だとムーブとタントで同じコイルを使うところが、巻き数をわずか3分の1周ほど変えてあります。

ただ巻き数が違うだけではなくて、普通はプラスマイナス5%の誤差が許されていて、ピュアディオではコイルの精度を1%以内まで追い込んでいて、そこから3分の1周の違いですからかなりの手作業です。

例えば300マイクロのコイルがあったとして、その誤差を少なめに見て某メーカーで3%あるとすれば291マイクロから309マイクロまで300と表示しても問題ありません。

実際に機械でコイルを巻くと同じ長さの銅線を巻いても締め付けトルクの誤差でこのぐらいの差が出ます。
機械巻きしたコイルを手作業で巻きかえるというのはこの誤差を無くすためです。

ムーブとタントの差は1マイクロの差で音の特性を完璧に合わせていますから、普通の大手のメーカーの許されている誤差の範囲の約10分の1ぐらいの精度で音のチューニングを行なっているんです!

これがピュアディオの『多品種少量生産』という考えで、ベーシックパッケージの様な安い商品でも『ここがいい音のピーク!』という所で音決めをしているので、「何で安いのにこんな凄い音がするの?」という驚きがあるんです。


逆に大手の会社の製造方法は『少品種大量生産』というやり方でコストを抑えて安く大量に市場に商品を出しています。

ただ少品種大量生産の物は大手量販店で大量に販売されているので、多品種少量生産の物を自分達で作って大手量販店と差別化をはかろうというのがグループ結成の理由でした。

一般的には『少品種大量生産』がよいとされていますが、すでにピュアディオのユーザーになられている方は、知らない間に『多品種少量生産』の物を求めるこだわりのある人という事になります。

オーディオは必需品というより嗜好品ですから、マイスターの手作りの逸品という物が求められるのでしょう。


話は変わって、昨日は8台の車を調整させていただきました。

良い調整をすると1日8台ぐらいが限界かな?と思っています

お客さんからはブログを見て「岩内には行かれないのですか?」と聞かれますが、さすがに1日8台調整すると夜に往復4時間かけて岩内までは行くパワーはありまません。

今月もまた次回という事になるのでしょうか?


それと10月1日の水曜日に江別市で押尾コータローさんのコンサートがあります。

江別市民会館までチケットを買いに行かないといけないと思っていたら、ローソンチケットでも販売しているそうです。(Lコード14575)

後でローソンのロッピーでチケットを買います。


PS  今日は夜8時からFM福岡で『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 秋川雅史 一期一会』が放送されます。
札幌にいて聴けないのが残念です。
スタッフゥー!(狩野英考風に) 誰か録音して。
【2008/07/13 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
DEENさんのDVDを買って
札幌に着いて初めての朝は毎回1時間早く目が覚めます。

普通山口や福岡にいる時は何故か不思議と7時20分から7時30分の間に必ず目が覚めます。

体内時計があるのかな?と思うぐらい毎日目が覚めると同じ時間です。(ただし雨が降って日が差していない時は別ですが)

札幌は山口・福岡に比べたら約1時間日の出が早いので、カーテンの隙間から漏れてくる朝日で定規できっちり測った様に1時間早く目が覚めます。

やはり今日も1時間早く目が覚めました。

しかし1時間早く目が覚めてもテレビでNHKの朝の連続テレビ小説『瞳』をやっている訳ではないのでまた寝てしまいました。

二度寝をして次に目が覚めたら『瞳』が始まった時間でした。


今回は札幌に3泊なのですが、その3泊の間は部屋にオーディオがないのでちょっと寂しいです。

ちょうど出発の前夜に福岡市東区の香椎宮まで散歩していて、香椎宮のほんの少し手前に黒木書店という所があって、そこに寄ってDVDのコーナーを見ていたらDEENさんの3枚組みのセットがあるではありませんか!

武道館で販売していたのですが、帰りの荷物が重たくなるので買っていなくて、いつかは買わないとと思っていたのですが、宇部店の近くのCD屋さんに無かったのでまだ購入していませんでした。

見つけた瞬間に「これは買うしかない!」と買って帰って福岡の部屋で見ていました。

まだ半分も見ていないのですが、帰ってからじっくり観ます。


そのDEENさんは7月29日の火曜日に福岡県福間海岸からラジオ番組『DEENのエアークルージング』の生放送に出演されます。

札幌店の野田君はわざわざ飛行機でやってきますが、普通に『一般ギャラリーと一緒に手を振って帰った』みたいな事になってはいけないので、当日の15時から16時までの放送時間の間はサウンドピュアディオがスポンサーで『サポーテット・バイ・サウンドピュアディオ』となっています。

だいぶ前から広告代理店にお願いしているので、おそらく間違い無いと思うのですが・・・ 
野田君はボーカルの池森さんと本当に直に会う事が出来るのでしょうか?

何かの手違いで『会えない』みたいな事にならないか、今から心配です!


PS  この最近DVDのグラビアアイドルの所を見ると『サトエリ』こと佐藤江梨子さんのDVDがほぼ売り切れています。
これは例のテレビCMの影響でしょうか?
自分がそのあたりを見ている事自体が立派にテレビCMの影響です。
【2008/07/12 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
函館か旭川に?
今朝福岡空港から千歳行きの飛行機に乗ろうと思ったら『札幌千歳空港が天候不良のために函館空港か旭川空港に着陸する可能性がある事をご承認の上搭乗下さい。』と言うではありませんか!

札幌に行き始めて7年間で一度だけ千歳に降りれずに函館空港に降りた事があります。

函館は景色がいいです。
たまには函館に降りるのもいいし、旭川は今まで一度も行った事がないから行ってみたいなどと不真面目な事を考えながら飛行機に乗っていたら、雨で天候が悪くて少し揺れたものの無事に千歳に着きました。

出来れば函館で降りて一泊して次の日に丘珠行きで、空港から歩いて店までというのが理想ですが・・

本当に函館は景色が綺麗です。
一度岡珠から函館にプロペラ機で行った時なんかけっこう町のすぐ上を飛行機が飛んでいて、着陸の前に車輪が出た時なんか車輪がダイエーの看板に当たるんじゃないか?というぐらい低空飛行です。

確か火曜日は室蘭で、そして水曜日は函館で矢野沙織ちゃんのライブがあります。

残念ながら自分は月曜日の飛行機で福岡に帰ってしまいます。

仕事が忙しくなかったら室蘭・函館と北海道2daysに行けたのに・・

「えーっ!本当に忙しいの?」と疑っている方もあるかも知れませんが、現在は宇部店には名古屋店のお客さんのレクサスLSが入っているし、福岡店にはパナソニックのストラーダの『お任せDJ』の声の主のトギィーさんの某輸入車が入っています。

レクサスLSは最初は純正デッキにハイローコンバーターという話がCD700Kを付けるという話になったので、名古屋店ではきついという事になって、宇部店で2・3人掛りでどうにか今月中にあげるという話になりました。

そしてトギィーさんの車は本来ナビが取り付け出来ない車種にどうにかして付けないといけないので大変です。

そりゃぁー『お任せDJ』の声の主の車にストラーダが付いていないとまずいですよね!


そういえば秋川雅史さんの車にはストラーダが付いているらしいんですよ。
本人からお聞きした訳ではないのですが、某自動車雑誌に書いてありました。

秋川さんは昨年の春ぐらいのストラーダFクラスのテレビCMに出られていたので、それでではないかと思います。

さすがにご本人にお会いした時に「ストラーダをお使いですか?」とはちょっと失礼ではないかと思って聞けなかったので・・
【2008/07/11 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
13日にFM福岡で
7月13日の日曜日の20時からFM福岡で『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 秋川雅史 一期一会』が放送されます。

今朝からFM福岡では何度も番組の宣伝が流れています。

すでにFM山口の方では放送されていますが、FM福岡では約2週間遅れでの放送です。

自分は札幌に行っていて聴けないのですが、FM山口放送分とほぼ一緒ですが、微妙に福岡県用に変っています。

秋川雅史さんがなぜあのような素晴らしい楽曲を歌う事が出きるのか?そんな秘密を知る事が出来る30分の素晴らしいプログラムです。

聴ける地域におられる方は是非お聴きください。
【2008/07/10 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。