PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
夏の日よけ対策は
だんだん暑くなってきていますが、夏の暑い日は車内はかなり高温になって、ダッシュボードの上などはとんでもない温度になります。

ユーザーの方からは『夏は昼間よりの夜の方がいい音がする様に感じる。』と言われる方が多くなります。

確かにその感じは正解です!
ツイーターのアルミドームの温度が上昇したり、ミッドスピーカーのエッジのゴムの部分が暑くて軟らかくなったら『夜の涼しい時間のドライブとはちょっと何処か違う?』という感じになります。

そこでピュアディオではツイーター用の日よけのアルミパネル(ラミネート加工済み)を無料で配布しています。

希望される方は営業担当者に言っていただければ差し上げます。


そして自分はそれだけでは物足りず、量販店やホームセンターを廻って便利なサンシェードを探していました。

しかし、なぜか自分の希望に合う商品が無かったので、オートバックスで『クレトム』というメーカーのアルミっぽくって8の字に曲げる様にひねってしまえる物をカスタマイズして使っています。

カスタマイズといっても左右のシェードが真ん中でつながっていて、ダッシュボード上にツイーターがあるとひかかってしまい付け外しに困るので、真ん中をハサミで切っただけですが、これがけっこう使えます!

長時間駐車していてもあまり車内の温度が上がりませんし、スピーカーにもいいみたいです。

ぜひお試しください。
画像 013

写真はピュアディオ製ツイーター日よけとクレトム製日よけ(半分から切っている)のダブル使用の状態です。
【2008/06/30 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
ピュアディオカタログがニューバージョンに
今年になってからずっと『ピュアディカタログが新しくなります』と言っていますが、未だに最新版は出来ていません。

まるで狼少年の『狼が来るぞー!』ではありませんが、今度こそは出来ます。

現在ピュアディオのユーザーの方が勤めておられる印刷会社にお願いしているのですが、編集している最中に新製品が出たり、逆に人気がありすぎて早めに在庫が無くなってしまい、さらに金属価格の高騰で再発買を諦めた商品など、編集中にコロコロ内容が変ってしまい印刷会社の方には本当にご迷惑をおかけしています。

時間を書けた分、いいカタログに仕上がると思いますが、それでもまだ最終段階というところで1ヶ月弱ぐらいの納期がかかるでしょうか?

ベーシックパッケージについては毎月の様に新製品が出ているので、こちらの方は常に新しい適合表を挟んでおくという形になります。


それと編集していて思ったんですが、うちのカタログは本当に音が良くなる割には控えめな表現です。

インターネットで『これを聞いたら他は聞けなくなる!』みたいなキャッチフレーズの商品を買って使って見たらあまりに普通プラスちょっとだったのでビックリしました。(札幌のお客さんはご存知の方が多いはず)

あまりに表現が控えめだとそれなりの方がいいように感じられるといけないので、今度のカタログは今までよりも少し力が入っているというか、説明も少し詳しくなって、『本当はいいところなのに表現していなかった部分』もプラスしています。

発行部数は前回が10000部でしたが、金属価格などの変動も激しいために長期に同じ内容(特に価格)が使えないので、今回は少し抑えて5000部を予定しています。

皆さん、しばらくお待ちください。
【2008/06/30 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
秋川雅史さんの番組が放送されて
昨日18時からFM山口で『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 秋川雅史 一期一会』の放送がありました。

この放送の中ではコンサーとでのMCや他のラジオ番組では聞けなかった話が聞けてとても良かったと手前味噌ではありますが思いました。

山口県の人口は約147万人ですから、7月13日にFM福岡で放送されるバージョンの方が人口506万人の地域で流れますから本命です。

今回のタイトルの一期一会ですが、自分が最初に知ったのは山口百恵さんのラストコンサートの中の言葉で知りました。

友達に山口百恵さんのファンがいて、その友達の車の助手席に乗っていたら同じMCの部分を何度も繰り返し聞いていて、それで一期一会という言葉が頭に焼き付いてしまいました。

そして自分がお店を持つ様になってからはこの一期一会という言葉の意味を深く知る事が出来ました。

実は福岡店で働いている柳井君とは不思議な縁で知り合って、最初は自分が店を始めて間が無い頃にMさんというお客さんが来られて、そのお客さんの紹介でKさんという方が来られて、その人の違う営業所の友達にOさんがおられて、その営業所の後輩にJさんという方が来られて、そしてさらにそのJさんからの紹介でTさんが来られて、そのTさんの同僚が柳井君でした。

その中のどの人で人間関係が途切れても柳井君にたどり着くことはありませんでした。
そのぐらい人の縁とは不思議なものです。

昨日の一期一会の放送の中で秋川さんは「自分は今この放送に出た事でこれから先の人生が変るかもしれない・・」という様な話をされていて、人と人とのつながりはどこでどうなるか分からないから出会いは大切だと思います。

実は自分は秋川雅史さんのCDを購入したのは「今売れていて話題のCDだから買っておかないと。」という単純な理由でした。

しかも買ってから車の中に一週間も封を切らずに置いていました。

ちょうど月に一度のFM山口に行く日だったので、「山口市までが一時間ぐらいだから・・」とその時に封を切ってベンツのCD700Ⅱに差し込みました。

自分が最初に聴いた『威風堂々』はオペラ調の曲が多くて、普通は自分が聴くジャンルではありませんでしたが、なんとなく全曲聴きました。

ちょうどFM山口に着いた頃にはCDが一周回っていて、そこで車から降りてスタジオに入りました。

それから収録が終わって、再び車に乗り込んでいつも聴いているジャンルのCDに入れ替えたその時です!
「あれっ!」と思いました。
いつも聴いている音と微妙でありながら確実に違うんです。

いつも同じ様なジャンルのCDを聴いているとスピーカーに同じ様な周波数帯ばかり入って、あまり使わない周波数の部分は使用頻度が少ないのではっきりしなくなるという事は知っていましたが、今までに体験した事の無い音の差でした。

最初は「日頃聴かないジャンルだから。」という所から、「何でこんな声の出し方が出きるのだろう?」と秋川さんという人間に興味を持って、「もっと知りたい!」と思う様になりまし

自分の悪いくせというか、素晴らしいアーティストの人のCDを聴いているだけでは我慢出来なくなって、結局「本人に会いたい!」と思う様になりました。

あの手この手で秋川さんにも会う事が出来ましたし、ひょっとしたら本人は気分を悪くされるのではと思いながらも『威風堂々をかけるとスピーカーの音が良くなるんです』という事も伝える事が出来ました。

ただ単純に周波数がどうのこうのという技術的話ではなくて、秋川さん本人にお会いして『人間としての限界に挑戦している人』という事を感じて、限界ギリギリの歌声だからこそスピーカーの音すらも変えてしまう、という事に気が付きました。

この最近、お客さんの車の音調整をしている時に秋川さんのアルバムが入っている車をよく見かけます。

限界に挑戦している秋川さんのCDを、そのシステムの限界まで自分は忠実に再現したいと思います。


最後に秋川さんの番組はFM福岡では7月13日の日曜日の20時から放送されます。

素晴らしトークの内容なので、聞ける地域におられる方は是非お聴き下さい。
【2008/06/29 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
ハイローコンバーターといえばサウンドピュアディオ?
今日かなり遠くからお客さんが宇部店に来られました。

以前は他のショップでデッキ・アンプ・スピーカーを取り付けられていたのが、今回は車を買い換えて純正ナビ付きの車になったのでピュアディオでハイローコンバーターを取り付けてセットしました。

お客さんとお話する事が出来たので、「なぜうちに来られたのですか?」と質問したら、「インターネットでハイローコンバーターで検索したらこちらが出てきたからです。」と答えられました。

お客さんが帰られて直ぐにヤフーで検索したらなんと!
10番目・35番目・42番目・51番目の4つの場所にサウンドピュアディオの別なブログが表示されます。

全く驚きです!

それだけ純正ナビ付きのデッキはサウンドピュアディオにという事でしょうか?

やはりピュアディオチューンのハイローコンバーターは大ヒットの予感です。
画像 019
画像 039
画像 040
写真は改造途中のコンバーターです。

【2008/06/28 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
福岡は今日も雨
昭和40年代に前川清がボーカルを取っていた内山田弘とクールファイブの『あああー♪長崎はー、今日もー、雨ぇーだぁったー♪』という曲がありましたが、福岡は今日も雨です。

夏になると福岡市は水不足になるので「降らないよりもいいか。」と思いますが、北海道の人は信じられないと思いますが、7・8月の福岡の夜は地面が熱を溜め込んでいて深夜12時を過ぎても気温が29度というのはざらです・・

『雨降って地固まる』のことわざではありませんが、夏場の雨は『雨降って地冷める』という感じで気温的にも水量的にもありがたいです。

さて、自分はなぜ福岡に来ているかというと、普通は宇部店にいて福岡で大きいシステムの完成があると車で出かけて音調整をしています。

ベーシックパッケージの場合は自分が最初に音決めをしてマニュアルを作って、「ここはこんな風に・・」とコメントが入っていますから、その通りに付ければバッチリですが、うちの車内ではベーシックパッケージの対義語の『個別対応の車』に関しては電話での相談もしくは直接自分が確認するかのいずれかの方法を取っています。

「社員の調整とそんなに差があるの?」と思われそうですが、『微妙な差』です。

その微妙な差のほとんどが『ある部分が実際の音よりもやや大げさ』です。

「足りないよりは大げさなぐらいがいいんじゃないの?」と言われそうですが、大げさな表現をすると何処か足らない音域が出来てしまいます。

足らない音域があまり分からない部分だと普通に聴けば気にならないのですが、そこはピュアディオのハイエンドシステムですから『演奏者自身が聴いても粗が分からない』レベルを目指していて、サントリーのピュアモルトウイスキーの宣伝ではありませんが『何も足さない、何も引かない』を目標にしています。

昨日の閉店前に福岡で一台調整していて、今日は以前納車しているけれども自分が確認していない車の調整をしてから宇部店に戻ります。

あっ!それと、まだベンツEクラスのデモカーの音を聴いていないお客さんがおられるので、その方が来られるまで待っています。

宇部店には夕方までに戻ってハイエンドシステムの調整をして、その後18時からFM山口で秋川雅史さんの番組を聴きます。
【2008/06/28 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
明日は遂に放送日
明日6月28日はFM山口で18時から『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 秋川雅史 一期一会』が放送されます。

現在はFM山口で一日何回も番組宣伝が流れています。

今は宇部にいますが、一度福岡に行ってから明日の18時までに帰ってきて、必ずリアルタイムで聴きます。

収録現場にはいたのですが、トークの部分だけの録音で、BGMなどを入れた完成品は自分もまだ聞いていません。

再来週の日曜日はFM福岡分の放送があるのですが、こちらはスケジュールの都合でリアルタイムで聞けないので、明日は絶対に聴かないといけません!


そういえばこの前札幌に行った時に、「昨年の今頃は秋川さんの威風堂々のCDをかけたらスピーカーの音が良くなると大騒ぎしていたのが、一年以内に本人に2回も会うとは・・」という話をお客さんとしていました。

何故そうなるのかは一年前は分かりませんでしたが、ご本人にお会いして分かりました。

物凄いエネルギーがCDの中に詰まっていて、何ヘルツがどうとかというレベルの話ではなくて、気合というか魂みたいな物を感じます。(人はそれをオーラと呼ぶのでしょう)

そして『スピーカーの音が良くなる。』という事実を本人に伝えたいと思う様になって、遂に今回の番組となりました。

このタイトルの『一期一会』という言葉は自分の最も好きな言葉です。

千利休から茶の湯を学んだ山上宗二という方が、「この人とはこの先お互いのどちらかが事故や病気で亡くなったら、ひょっとしたら二度と会う事が出来ないかも知れない。」と思って常に最善のお茶を立てたというところから語られた言葉で、『その時その時を一生懸命生きる』という言葉の代名詞として今でも使われています。

秋川雅史さんのコンサートではその時のお客さんに『一期一会』の気持ちを込めて歌っているというのがよく伝わって来ますし、自分もお客さんの車を調整する時には『一期一会』の心で調整しています。

良いアーティストの楽曲がきちんとお客さんの車の中で聴ける様に、今の自分に驕る事無く日々努力をしたいと思います。
【2008/06/27 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
半年以内と3年前後
この最近ある事が分かりました。

ベーシックパッケージを購入している人は車を買って半年以内の人と、車を買ってから3年ぐらい経った人の二つのグループが何故か多いという事です。

車を買ってから半年以内というのは20年前から変らない『一番車をいじりたい』時期ですが、この最近の傾向として『車検を受けて乗り続けるから』という事で、気分転換にベーシックパッケージという方が増えています。

毎週、「どの車種が売れているかな?」と在庫の棚をチェックしていますが、1年まえぐらいだと圧倒的に今売れている車の所が減っているのが、この最近は一世代前の車の所が減っている事が多くて、「何故だろう?」と調べてみたら『車検を受けるから』というお客さんが増えている事がわかりました。

あと、もう一つの傾向として『燃料代が高いから車をサイズダウンして』と言われる方も多くて、「車を小さくしたんだから、オーディオの音は少し良くしないと。」とベーシックパッケージを購入される方も増えています。

『家政婦は見た!』ではないけれど、在庫の棚の減り方を見るとその時の時世が分かるみたいで、今のトレンドは3年前に売れていた車種用と、現在売れているコンパクトカーが主力になっていて、『ベーシックの棚は語る!』みたいになっています。

おそらく税金の取り方が変ってガソリンが25円常時値下がりしたらまたトレンドは変るのでしょうが・・


また、ベーシックパッケージの購入動機は『違う車に乗ったような気分転換』と『仕事を頑張る自分へのご褒美』という方が多いのでしょう。


それと以前は一週間に一度棚のチェックをしていれば良かったものが、ここ数日は毎日棚のチェックをしています。
気が付くとある車種用がごっそり減っているという事があるので・・

「何故こんなに売れるの?」と昨日寝る前に考えてみたら

魅力1 全車種専用設計で全て回路が違う。(一般の商品はスピーカーのマウント合えば適合としている)

魅力2 コイルを全て手作業で巻き変えている。(機械で巻いた物には出せない音のクオリティー)

魅力3 コンデンサを全てチェックして左右のペアリングをして、ペアリングの相手がいない物は廃棄している。(左右の音がピタッとまとまる)

そして意外と知られていない魅力4は『普通のネットワークでは部品が床に付いているが、ピュアディオのハイパスユニットは天井に部品が付いている。』(車体の鉄の影響を受けないための逆転の発想です)

と、ちょっと考えただけでもけっこうネタが出てきたのですが、「なんで今まで良い所をあまり書かなかったんだろう?」と思い起こせば、ネット上に『コピー商品』が沢山オークションに出ていたからで、自分の技術を表に出さないために『良い所』を大々的に書いていませんでした。

そういえばこの前コピー商品を入手しました。
コンデンサはペアリングしていないし、めちゃめちゃ安物を使っているし、MTLは135と書いてありながら実測したら140ありました!

安い測定器を使っているので4%ぐらの誤差があるのでしょう。

外見がそっくりで中身が粗悪品のピュアディオ商品らしきコピー商品にだまされないためにもネットオークションでの購入は避けた方がいいでしょう。

【2008/06/27 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
言葉に気をつけないと
自分は移動中にグループ店と技術的な連絡を取っている時によく『殺す』という言葉を使います。

これはベーシックパッケージの取り付けの時に純正のツイーターを『生かすか殺すか』という意味で、普通に何も変な表現とは思わずに先週まで使っていました。

ところが現在の北海道でうかつに『ダッシュのツイーターを殺して・・』と駅のベンチで座って話している所を警察官が通ったものなら、引き換えして何度も自分の目の前を通って『何を話しているのだろう?』と怪しまれます。

そうです、北海道は洞爺湖サミット前で警察官が異常に多くて、不審者がいないかやたら目を光らせています。

普段から何気なく使っている言葉ですが、『殺す』という表現はあまりいい言葉では無いので、これを機会に気をつけます。


他に北海道で目を付けられそうになったのが、自分はコカコーラから発売されている『からだめぐり茶』のスリムボトルが使いやすくて気に入っていて、たまに中身を違うものを入れて移動しています。

これの側のラベルをはがして、変な色の飲み物でも入れようものならもろに『火炎瓶』です。

これだけ警察官が多かったらこんなカスタマイズドリンクはカバンから出せません。
結局捨てました。


そして確実にどこかに連行されるのが『BTXチャージャー』です。
これは見た事のある人は分かると思いますが、時限爆弾以外の何者にも見えません。

さすがにこれだけは飛行機に持ち込む自信はありません。

あと今まで飛行機に持ち込もうとして検査にひかかったのが『スピーカーのマグネット』です。
特にピュアディオの製品は磁力が強いので一発で色々な人が出てきます。

どうも使っている材料の中に爆弾でも使える成分が入っているらしくて、検査したら単独では発火する可能性は無いという事で持ち込めました。

逆にコイルは見た目は怪しくても検査の機械には全く反応しません。

とにかく怪しまれる可能性のある物は持ち歩かないというのが一番です!
【2008/06/26 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
音に恋した美術展
先ほどラジオを聴きながら仕事をしていたら「佐賀県で音が・・という美術展がある。」と言っていて、少し聞き逃したので、JFNのホームページで見てみたら佐賀県の唐津市の近代図書館の美術ホールで『音に恋した美術展』というタイトルの展示会をしているようです。

音に関する仕事をしているのでこのイベント気になります!

唐津市図書館美術ホールは月曜日が休館日で、5時30分までに入館しないといけないみたいなので、火曜日の定休日にでも行こうかな?と思っています。

唐津市は福岡県の隣で、福岡のユーザーさんはけっこう近いし、唐津市に住んでおられるユーザーさんもおられるので、興味のある方は行ってみてはいかかがでしょうか。
【2008/06/25 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
今朝の札幌は24度
今朝ホテルの部屋でテレビを見ていたら『旭川25度』という表示が出ていて、その次に『稚内14度』と出ていました。

「旭川は盆地だから暑いのかな?」と思いながら駐車場に止めているレガシィに乗ったら暑い!

「日除けを買っておいたらよかった。」と後悔しながらエンジンをかけたらディスプレイには24度と表示されました。

山口を出る時に「ジャケットを持って行こうかどうしようか?」と迷ったのですが、「必要なら札幌で買おう。」とそのまま長袖のカッターシャツを持って出たら意外と札幌は暑くて、今朝店の前を通る人の半分以上は半袖です。

ちなみに札幌のスタッフも全員半袖です。

6月の札幌がこれだけ暑いというのも地球温暖化のせいなのでしょうか?

自分は昨年の4月にCO2の排出量の少ないクリーンディーゼル車に買い換えましたが、なんと買ってから一年以上経過するのにいまだに国産車のクリーンディーゼル車が発売されていません。

よく「井川さんがクリーンディーゼル車がいいといわれているけど、どこにも売っていません。」と聞かれます。

今年の夏か秋には日産がエクストレイルのクリーンディーゼル車を発売するらしいのですが、なぜか当分MT車だけで、それよりも先に三菱がパジェロにクリーンディーゼル車が発売されるらしいのですが、もう少し小さい車でないと販売台数は見込めないでしょう。

来年の冬ぐらいには各社から本格的にクリーンディーゼル車が発売されるというのが今のところの予測です。

そういう自分は札幌ではレガシィの3リッターのハイオクガソリン車に乗っていますが、市内走行の短距離ばかり走っているのでリッター当たり5・5キロぐらいしか走りません。

こんなにガソリンが高くなるのなら何故2・5リッターのレギュラー車を買わなかったのか?と今では後悔しています。

買った時には『NAで一番馬力のある車』という選択だったので・・

その燃費の悪いレガシィも昨日の夜は江別市の方に行ったら信号の無い直線がかなり多くて、5・5という表示が6・5になりました。
おそらく江別市を走っている時はリッタ10キロ近く走っていたのでしょう。

ラジオで10月1日に江別市民会館で押尾コータローさんのコンサートがあるというCMが流れていたので、「どんな所かな?」と思って行ってみました。

水曜日の夕方ですが、行ける方はぜひ行ってみて下さい。
ギター一本で奏でているとは思えない、素晴らしい演奏です!

札幌店のスタッフは行きたいみたいですが、定休日が3月から水曜日から火曜日変わったのでどうでしょうか?
前もって残業して仕事の帳尻を合わせれば、夕方から休んでもいいんじゃないかな?

そして下見に江別市に行ったものの、あまりに道が真っ直ぐなのでそのまま南幌町まで行ってしまい、そのまま走っていたらだんだん回りが暗くなってきたのでユーターンして帰りました。

結局、「岩内に行きたい。」と言いながら反対方向に行ってしまったので、岩内に行くのは次回にします。

札幌店にいるのは今日が最終日で、明日の朝の飛行機で山口に帰ります。
【2008/06/23 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は代車のお色直し
昨日の札幌店は大変多くのお客様に来店して頂いて大盛況でした。

しかし7時ぐらいにお客さんが一瞬引けて、その時に代車のbBの足元を見てみるとホイルキャップが無い!
そしてタイヤももうじき替えないといけないという状態でした。

そこで急遽お色直しのために近くのカーショップに向かいました。

さすがに閉店間際の量販店は気合が入っています。 
ほんの少しだけ見て月曜日に替えようと思ったのですが、タイヤの担当者にすっかり捕まってしまいました。

タイヤに関しては銘柄を選びたかったのですが、行ったカーショップに合うサイズがブリジストン・ヨコハマ・グッドイヤーの3種類しか在庫がなくて、しかも店員は『何がなんでもグッドイヤーを売りたい』様子だったので、「違う店に行こうか?」と思っていたら藤原君から「代車が必要になりました!」との電話がかかって来ました。

そこで「もうグッドイヤーでいいや!」と取り付けをお願いしました。

グッドイヤーのスポーツタイヤはグリップがいいけれどもロードノイズが多いというイメージがあったのですが、今回付けたのはエコタイヤでしかも扁平は70だったので全くうるさいという感じはありませんでした。

結局タイヤ交換の間にお客さんを待たせてはいけないので、レガシィの乗って帰っていただいて、昨夜は自分がbBで帰りました。

気になる所を少し手直しして、今朝bBは代車として札幌市内に旅立ちました。

金曜日に比べたら随分綺麗なbBになっていますが、代車から帰ってきたらもう少し細かい所を綺麗にします。
【2008/06/22 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
遅れましたが
札幌での土曜日の仕事も先ほど終わって、帰ろうと後ろの休憩室にカバンを取りに行ったら、そこにはお客さんからの差し入れが沢山置いてありました。

私が来るという事で沢山のお土産を頂きましたが、後で気付いてほとんどの方にお礼を言っていない常態です。

本当にありがとうございました。

店で食べきれなかった分はホテルに持って帰って、夜食や朝食にしてきちんと食べます。
【2008/06/21 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
スピーカーはエージングが命
今日から本格的に札幌で活動しますが、今朝からは今までに買って頂いたお客さんの車を数台メンテナンスしています。

メンテナンスとはバッテリーチャージと、ピュアコンの設置状況の確認と、エージングと呼ばれるピュアディオ推奨のCDを再生してスピーカーの音を整えるという3種類です。

ピュアコンの設置については『コイルの値が適正か』という部分と、『コイルの張り付きが十分か』という二つのポイントがあります。
何故かコイルがぐらついていると解像度が落ちます。

そしてコイルの値が適正かという部分とエージングは密接に関係していて、スピーカーのエッジの硬いスピーカーは新品の時と数十時間鳴らした後では音のイメージが変わってきます。(ちなみにエッジの硬いスピーカーとはJBLの560GtIとか508GtI、そしてピュアディオのZSP・MIDなどが代表です)

以前は「ピー!」とか「ザー!」いう感じのテスト信号2種類を組み合わせてエージング用音源としていましたが、昨年から秋川雅史さんの『威風堂々』を『スピーカーの音が良くなるCD』として使っています。

不思議なもので人工的に作った音の刺激で音を良くしても、本当にいい音源を入れたものにはかないませんでした。

やはり秋川雅史さんの『威風堂々』はエネルギー感が他のCDとは全く違います!


逆に新しいアルバムの『千の風になって 一期一会』は全曲日本語の歌詞で聴きやすいアルバムになっています。

サウンドピュアディオプレゼンツのラジオ番組『秋川雅史 一期一会』ではこのニューアルバムについて秋川さんが語っています。

コンサートのMCや他のラジオ番組で喋っていない話が聞けると思います。
【2008/06/21 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
札幌に着いて
12時35分宇部空港発の飛行機で出発する予定が、使用機の到着遅れのために15分以上以上出発が遅れました。

出発しても天候のせいで飛行機が揺れるの何の!
『ドカン!』と1メートルぐらい落ちる感じで配られたお茶はあちこちでこぼれていました。

こんなに揺れたのは初めてです!

でも機内アナウンスは「当機の運行上問題ありません・・」って、喋っている途中でいきなり下がれば機長もビビっていたでしょう?

そして羽田に着いてから千歳行きに乗り継ぎしようと思うとこちらも『使用機到着遅れで・・」という状態でした。

結局千歳に着いたのは20分遅れで、さらにJRが混んでいたので一便遅らせてさらに15分おくれで『6時ぐらいに札幌店に着く』というのは無理でした。

これなら一度函館で下りて航空会社を変えれば1時間以上早く着いたという事が可能だったかも?

でも函館で一泊して、観光してから次の日丘珠行きというのが理想です。(そんな時間と余裕がどこにある?)

あー、一度でいいから函館の夜景を見たい!


PS  そういえば機内誌で北海道の地図を見ていて『岩内』という所を見つけました。
DEENのボーカルの池森さんの育った所です。

自分が育った美祢市みたいな所だろうか?(田舎という意味ではありません。素朴ないい所という意味です。)
車で行くと2時間以上かかるのだろうか?(夜中に行く気なのか?)
【2008/06/20 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
秋川雅史・公式サイトを見てみると
昨日の夜に秋川雅史さんの公式サイトを見てビックリしました!

なんとそこには『SOUND PUREDIO』の文字が!

昨夜は携帯電話でサイトを見たので、今朝あらためてパソコンで見てみたら『そこにー♪私はいません♪』みたいに無かったらどうしよう?と思ったのですが、やっぱりありました。

『SOUND PUREDIO』の文字があるのは秋川雅史さんの所属事務所の公式サイトで、インフォメーションの所をクリックして、さらに『Redio』の所をクリックすれば上から2つの番組は『SOUND PUREDIO presents』となっています。(20日の9時現在の話ですが)

今まではアーティストさんの番組の提供についても会社名が出る事はほとんど無かったのですが、先月の矢野沙織さんぐらいから会社名というかブランド名が出るようになりました。
うれしい限りです。


PS  今日は12時35分に山口宇部空港を出発する飛行機で一度羽田に着いてから札幌便に乗り継ぎます。
札幌店には18時ぐらいに到着予定です。

山口は大雨で憂鬱なので、札幌が晴れている事を祈ります。


【2008/06/20 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
ガソリンの減らない車?
昨日は朝は宇部店にいて昼前に山口市のFM山口のスタジオに行って収録を行い、それから福岡店に行きました。

FM山口で収録したのは今度放送される『サウンドピュアディオ・プレゼンツ スペシャルプログラム 秋川雅史 一期一会』の中の自分が喋っている部分を録るためで、ZSPの紹介の部分です。
そして収録は一発録りで終わってそのまま小郡インターから高速道路に乗って福岡店に向かいました。

福岡店では一度じっくり乗ってみたかった三菱のEKスポーツが運良く代車に出ていなくて、ここぞとばかりに借りて福岡市内を走りました。

まずは新宮町を出て香椎方面に向かって都市高速に乗って福岡空港に行って、7月29日に札幌店の野田君が福岡に来る為の飛行機のチケットを買いました。

何故野田君が福岡に来るか? それはその日は福岡にDEENのメンバーがやってきてラジオの生放送に出演される為で、野田君に「火曜日だからDEENに会いに来る?」と誘ったら「行きます!」という返事だったのでチケットを用意しました。

福岡空港の駐車場では日の当たらない涼しい所に止めようと思ったら、柱がある止めにくい所しか空いていませんでしたが、そこはEKスポーツですから何の問題なくスパッと止められました。

福岡空港を出て次に天神方向に向かいました。

その時点で5時を過ぎていたので道路は渋滞気味で、車線変更もままならない状態でしたが、そこはサイズが小さくてパワーのあるEKスポーツは車と車の間をスルスルと通り抜け意外と目的地に早く着きました。

天神での用事が終わってから次には福岡市の隣の春日市に行きました。
しかしその時点でEKスポーツの燃料計は全く減っていませんでした。

元々EKスポーツは代車なので次にお客さんに貸し出す時にガソリンを満タンにしないといけないのですが、減っていないと注せないので春日市からは都市高速を使って多少アクセルをベタ踏みしました。

ちなみに福岡店のEKスポーツはRというグレードでターボ付きで、メーカーオプションのレカロシート付です。

『走り良し!』『座り心地良し!』『燃費良し!』の3拍子揃った車で、お客さんからの人気も高く代車に出ている事が多くて、なかなか乗れる機会がありませんでした。

結局、昨日は10個のドットが付いている燃料系は一番上のままでした。

今朝香椎から新宮まで走る途中でやっと一目盛下がりました。

このEKスポーツの代車はオプションでフォグランプを付けていて、普通EKスポーツだとフォグのリングはブラックを使いますが、そこをあえてシルバーを選びました。

『ミニ・デリカD5』風を目指してリングをシルバーにしたのですが、人によっては漫画の『マキバオー』に見えるそうです。


PS  宇部店には三菱のアイの代車があって、三菱のリコール隠しが発覚した後に作られた車とあって『必死さが伝わる』いい車です。

うちの会社ではリコール隠し発覚後に2台の三菱車を買いましたが『これで悪い物を作ったら後が無い!』という意気込みを感じます。

やはり機械には作り手の心が宿るのでしょうか?
2008.6.18 012

【2008/06/19 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ZSPシリーズが発売7周年
2001年6月に発売されたサウンドピュアディオのオリジナルスピーカー『ZSPシリーズ』が、遂に発売7周年を迎えました。

発売した時はZSP・MIDとZSP・TWの2種類のラインナップで、同じZSPを名乗りながら基本的に互換が無いという当時の市場動向からすると考えられない様な変ったポジションの商品でした。

何を隠そう開発当初はMIDとTWはセット販売で開発していて、予定価格がMIDが8万円でTWが4万円のセットで12万円というADSの3シリーズやボストンプロを意識した商品になる予定でした。

ところがMIDの方が予定よりずいぶん凝った造りになってしまい、「やれる所までやってみようか!」みたいなノリで予定のコストを大幅に上回りました。

MIDのテストではJBLのツイーターやB&Wのツイーターを組み合わせてかなりの成果を上げたのですが、ブルーのアルミドームのツイーターはどうしてもJBLやB&Wほどの深みが出なかった反面、能率の高さでは2社より良かったために『純正スピーカーと合わせるチューンナップツイーター』という風に位置づけを変えて、その分コストダウンに力を入れました。

そして本来セット物で開発していたスピーカーが究極のミッドレンジと究極のコストパフォーマンスのツイーターという全く別の道を歩むという結果になりました。

「ZSP・MIDは5年か10年したらモデルチェンジする。」と自分は言っていましたが、すでに5年は過ぎていて、5年目に『ユニコーンMID』というコーンの真ん中に角がある試作品を作りましたが、あの山口県の名産品の夏みかんの表面の様なデコボコしたセンターキャップの現ZSP・MIDの方が見た目に反比例して音がいいんです。

これは世に言う『天は二物を与えず』ということわざみたいなものなのでしょうか?

そんなわけでZSP・MIDとベーシックパッケージ用のツイータとして人気のZSP・TWは7年経ってもまだまだ現役人気商品として続きます。
【2008/06/18 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
7月6日の福岡は
7月6日の日曜日は福岡県うきは市で上妻宏光さんの『TRIO』のライブが行われます。

サウンドピュアディオ福岡店のお客さん数人と一緒に車で会場に向かおうと思っていて、希望人数が多くなれば数台で連ねて行こうと思っています。(宇部店のお客さんでもかまいません)

現在参加者を募集していて、チケットは自治体が主催者なので他の会場よりも安い4000円で、開場時間は18時30分からで、開演は19時からとなっています。

当日は自由席のためにみんなで早くから行っていて良い席に座ろうと計画しています。

集合場所はピュアディオ福岡店で、15時ぐらいには出発しようかと考えています。

うきは市は実は福岡県でも大分県境に近いので片道1時間ぐらいはかかるのではと思いますが、自分の車で単独で行きたいといわれる方にはチケットのみお分けいたします。

おそらく21時までには終了すると思いますので、次の日の仕事にさしつかえない方は是非参加して下さい。

なお、今回の『TRIO』のツアーは北海道での公演が予定されていなくて、代わりといっては何ですが、後半の『プレイ・スタンダード』のツアーは今のところ11月6日(木曜日)のゼップ札幌が初日になる予定です。

こちらもピュアディオユーザーの方の参加を募ります。


PS  上妻さんの今年の前半のツアーのタイトルは『TRIO』ですが、自分は昔ラジオで時報の時に流れていた『ステレオ♪トリオー♪』という台詞を思い出しました。(分かる人は40代後半以上限定かな?)
トリオとはケンウッドの前の名前です。



【2008/06/17 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
20日の夕方から札幌
今週は20日の金曜日の18時ぐらいに札幌店に着きます。

到着するのが閉店時間に近いので実質的には21日の土曜日から活動するという感じですが、今月の井川は違います!

何が違うと言うと今月になってからは8日のDEENさんの武道館での15周年ライブに行って、さらにそこで打ち上げでボーカルの池森さんの生声を聞いて、14日にはブルーノート名古屋で上妻宏光さんの『TRIO』のツアーの初日に行って生演奏&ボーカルを聴いて、その後で楽屋で上妻さんとお話出来て生声を聞く事が出来て、15日には秋川雅史さんのコンサートに行ってコンサートの歌声を聴いたのはもちろんの事、ラジオ番組の収録に立ち会えて秋川さんの素の声を聞く事が出来ました。

そんな一週間を過ごした後の札幌行きですから『今のシステムではこれが限界』というぐらいの生音になる調整と思ってください!(ただし機器の能力以上の音は出ません)


そして札幌店のある北海道でサウンドピュアディオプレゼンツの上妻宏光さんのラジオ番組を9月にオンエアーする計画をしています。

札幌店のユーザーの方は片道3時間とか4時間かけて来られる方が多いのですが、9月からのサウンドピュアディオプレゼンツの番組は全道に流れますので、なんと自宅にいてお楽しみいただけます。

実は『9月からの』と書いている所がミソです。
シリーズ化する可能性があるという事です。

少しだけですが井川も出演いたします。
【2008/06/17 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
サウンドピュアディオ・プレゼンツ 『秋川雅史 一期一会』 放送決定
6月15日は山口県防府市に『千の風になって』で皆さんご存知の『秋川雅史』さんのコンサートを聴きに行っていました。

10日ぐらい前には「15日には秋川雅史さんのコンサートに行く。」と書いていたのに、一週間前からはこの事には触れなくなっていました。

実は山口県に来られた時にサウンドピュアディオ・プレゼンツのラジオ番組に出演して頂きたいという事をお願いをしていて、秋川さんの所属事務所とテイチクレコードさんに出演を了承して頂いたのですが、収録は場所や時間などは極秘の内に行われるので、収録前には秋川さんの情報は出さない様にしていました。

秋川さんには今年の2月に下関市民会館の楽屋で一度お会いいして、今回は防府市公会堂の控え室で2回目の対面となりました。
今回で自分の事は完全に覚えて頂いたのではないかと思います。

当初は番組のスポンサーの社長という事でお会い出来るけれども収録現場には立ち会えないという事でしたが、関係者の方のご配慮で収録現場に居る事が出来ました。

マイクを通さない生の秋川さんの話し声を約20分ほど聞く事が出来ました。

また秋川さんは前日に茨城県神栖市でコンサートをされていて、当日山口県入りをされたという大変な過密スケージュールにもかかわらず、こころよくサウンドピュアディオ提供の番組に出演して頂いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

収録は無事終わって、後はコマーシャルなどを編集して放送日を待つばかりです。

今回はFM山口制作でFM福岡でも放送されます。

タイトルは
 『SOUNDPUREDIO Presents 秋川雅史 一期一会』 です。

なお、放送日時は
        FM山口 6月28日(土) 18時~18時30分
   
        FM福岡 7月13日(日) 20時~20時30分  となっています。 
【2008/06/16 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
上妻宏光『TRIO』初日
一昨日は宇部店を出てから厚狭駅に行き、そこから新幹線に乗って姫路駅で降りて泊まる予定が、一度福岡店に行って仕事をして筑前新宮駅から博多駅に行って、そこから新幹線に乗って姫路に行きました。

昨日は朝からウエスト兵庫店で三菱のギャラン・フォルティスのベーシックパッケージのデーターを取って、その結果を宇部店の阪口君に報告してから姫路市を後にしました。

そして3時ぐらいに名古屋駅に着いてから園田君に迎えに来てもらって、一度名古屋店に寄ってから19時15分に再び名古屋店を出ました。

久しぶりに名古屋で地下鉄に乗って、向かうのは『ブルーノート名古屋』です。

昨日は三味線プレイヤー上妻宏光さんの『TRIO』という三味線とピアノとウッドベースの3人で行うジャズテイストたっぷりのツアーの初日で、ブルーノート名古屋では6時からと8時45分からの2ステージとなっていました。

本当は6時からの演奏が本当の第一回目の演奏になるのですが、2ステージ目の8時45分からの方が終わった後で楽屋に入れるのでは?という下心ありありで後の公演にしました。

名古屋店の園田君もギリギリの時間まで仕事をしていて、一緒に地下鉄で行きました。

名古屋のブルーノートは思ったよりも広くて、400人ぐらい収容出来る大きさで、造りも後ろの方の席が段々高くなって普通のライブハウスとコンサート会場の中間みたいな感じでけっこう気に入りました。

自分たちはスピーカーとスピーカーの中間に位置する所で、ややせり上がった所に座ったのでなかなかいい感じの音で聴けました。

園田君が何回か来ていて「あそこがいいです!」と案内してくれたので助かりました。

そして予定の8時45分に遅れること7分で演奏は始まりました。


スタートしてビックリ! 今までもコンサートの中でジャズテイストの曲は聴いた事があるので、「今までの曲を集めただけだろう?」と思っていたらそれは間違いで、今までに聴いた事のある曲も微妙にアレンジが違うというか、曲によっては全くアレンジが違って『三味線と洋楽の融合の限界!』みたいな事にチャレンジしているな!という感想を持ちました。

そして後半でスティングの曲を2曲演奏したのですが、三味線でスティングという意外な組み合わせに感動しました。

あまり書いてしまうとこれからツアーに行く人にネタばれになってしまうのでこれぐらいにしますが、今まで演奏した洋楽の曲だけを集めたツアーではないという事をお知らせします。

そしてライブが終了した後は楽屋に入れてもらう事が出来ました。

上妻さんとお話出来たのはもちろんのことですが、ピアノの秋田慎冶さんに「ハイエンド・カーオーディオという雑誌に出られていましたね?」と声をかけてお話する事が出来ました。

ハイエンド・カーオーディオという雑誌には秋田さんはスピーカーは純正のままでいじっていないと書いてありましたが、本当に純正のままだそうです。

理由は? ここではちょっと書けないので、店頭で会った方にはその時にという事で・・

下の写真は右から上妻さん、自分、ピアノの秋田さん、ウッドベースの佐藤さんです。
画像 012



PS  今夜7時からNHKのBSハイビジョンで『人類滅亡を回避せよ』という番組が放送されます。
CO2排出による地球温暖化の問題を取り上げた番組です。
興味のある方はぜひご覧下さい。

【2008/06/15 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
札幌のバッテリーチャージャーが!
昨日、宇部から札幌に高性能タイプのバッテリーチャージャーが届きました。

今まで札幌店で使っていたチャージャーは旧店舗から持ってきた物2台ですが、今回札幌店でボッシュのバッテリーを購入した方のコンディションを上げるために『本店規格』のバッテリーチャージャー2台を札幌店に送りました。

届いてから野田君が宇部店のスタッフに使い方を聞いてお客さんの車に当てたらしいのですが、昼過ぎに野田君から焦って電話がかかってきました。

「社長!11月に新品を付けたばかりのバッテリーが5アンペアも吸い込むんです!」と驚いた様子で、今までのチャージャーだと考えられなくて、ひょっとしたら過充電になるのではと心配しての電話でした。

今までのチャージャーだと完全に充電していたと思っていたレベルに『もう一押し出来る』という感じで、「無理やり押しているのでは?」と心配していた野田君にメーターやスイッチの使い方を説明して、完璧な充電と過充電の違いを説明しました。

「やはり高性能の物は違いますね!」と野田君も安心していました。
【2008/06/13 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
明日はギャラン・フォルティスの
今日は仕事が終わったら厚狭駅から新幹線に乗って姫路に向かいます。

明日ウエスト兵庫店でギャラン・フォルティスのベーシックパッケージの開発を行うためで、昨日宇部店からテストで使うための部品を運送便でどっさりと送ってあります。

以前、福岡店にランサーエボリューションⅩのオーディオレス車が入庫した事があるのですが、なんとデッキだけでなくスピーカーも付いていなかったのでベーシックの開発が出来ませんでした。
おそらくモータースポーツで使う事を考えて『スピーカー分軽量』という事なんでしょう。(そのお客さんはJBLのミッドスピーカーを買われました)

基本的にギャラン・フォルティスとランサー・エボリューションⅩはベースの車体が同じなので『一車種のデーターを取れば二車種OK』という事になります。


そういえば昨日ベーシックパッケージの在庫の数を確認していたら、ある事に気が付きました。

それは先月までのベーシックのトレンドというか売れ筋が『レガシィ』『ハリアー』『ムーブ・カスタム』の御三家が必ず占めていたのですが、昨日の在庫調査では『新型フィット』と『新型ストリーム』の棚がごっそり減っていました!

おそらく、この最近ホームページの『ユーザーカー』のコーナーでこの2車種がちらほら増えてきたので『ホームページを見て購入を決めた』という事なのでしょう。


それと昨日は来月発売されるベストカーの原稿を作っていて、ベーシックパッケージの適合表に新車種を追加していたのですが、ある事に気が付きました。

それはインピーダンスが『4Ω以外の車にも対応しています』と書いてあるものの『高音質』とどこにも書いてないのです!

自分が作った広告なのに「間抜けだ!」と思いました。

確かに隅々まで読めば自分のプロフィールの所でそれらしい事が書いてあるのですが、オーディオの広告で『高音質』をうたわないというのは・・・

ダチョウ倶楽部で言うところの『つかみはOK』のつかみを忘れていました。

常に新型車種の開発ばかりに目が行っていてキャッチコピーが無いとは・・

でも考え方によっては、キャッチコピー無しで今までぐらい売れているという事は『次にはもっと売れる』という事ではないでしょうか?

【2008/06/13 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
欲しくないのについ買ってしまい
自分はいつもコンビニでの買い物はセブンイレブンよりもローソンを利用します。
何故ならローソンはクレジットカードが使えるので、財布の中身が少ない時でも気にせずに買い物が出来るからです。

昨夜もローソンに買い物に行きました。

そしてそのローソンで変な食べ物というか、明らかに不良品というか出来そこないのパンを発見しました。

そのパンというか洋菓子は山崎製パンの『三色豆のスティックケーキ』という135円のめちゃめちゃ甘い菓子パンとケーキの中間ぐらいの物で、白あん入りの生地に三種類の甘納豆を入れた物です。

パンのコーナーに新製品と書いてあって6個ぐらい並んでいたのですが、その中の1個が異常に甘納豆が入っているのです。

他の物よりも倍以上は入っていて、一番少ない物の4倍は入っていました。

ちなみに一番少ないのと二つ手に取って比べたら明らかに多い方はずっしりしていました。

別に甘納豆が好きなわけでもなく、出来ればダイエットして痩せたいのになぜかその『三色豆のスティックケーキ』を買ってしまいました。

先ほど残業食代わりに食べてみたら激甘で、「買うんじゃなかった。」と後悔しましたが、おそらく製造工程の機械の不具合で甘納豆が異常に多いものとそうでない物が出来たのでしょうが、ローソンで『自分はこんなに甘納豆たっぷりよ!買って!』と訴えていた様に感じました。

これってただのケチでしょうか?
画像 011


【2008/06/12 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
テレビを見ていると
昨日テレビを見ていたら問責決議を出された福田首相のふてくされた顔を見て子供が「あの人のらクロみたい。」と言っていた。
どこでのらクロを知ったのだろうか?

おそらくテレビで昔のアニメの特集か何かをやっていて、それで知ったのでしょう。

昔の特集と言えばたまに『あの人は今!』みたいな、20年も30年も前の歌手の映像を流している番組がありますが、この前『チェッカーズ』のデビュー当時の映像が流れていて、それを見た子供が高杢さんを見て「世界のナベアツが歌を歌っている!」と言っていました。

確かにデビュー当時はナベアツみたいにやたら張り切ってというか、やたら力んで歌っていたからそういう風にも見えない事は無いのだが・・

そういえばよく小学生が学校帰りに世界のナベアツのまねをしながら「いち!に!さん!」とか言って歩いている。
あれはもう何ヶ月続くのだろう?

数年前は「フォーッ!」とか言って両手を広げて歩いていた小学生も、今は中学生になっていて、そんな事をしていたのも忘れているのだろう。

そんな『お笑い芸人に簡単に影響される』という事を書きたい自分の文章を見返してみたら、完全に『だいたひかる』風になっていた。
【2008/06/12 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ボクシィーを福岡店に返しに行って
昨日は火曜日で福岡店・宇部店・札幌店は定休日でしたが、タイヤテストで福岡店から借りていたボクシィーを返しに行きました。

タイヤテストが終わったといいながらも付いているタイヤはダンロップのビューロVE302のままで、普通に考えれば代車用の履き替えタイヤだとちょっと贅沢な感じです。

昨日は行きは専務がボクシィーを運転していて「高いだけでそんなに変らないんじゃないの?」と最初は疑いを持っていたものの、小野田インターから高速道路に乗ったら聞えてくるのはエンジン音と風切り音だけで、タイヤからのノイズはほとんど聞えてきません。

「本当に静かで、車内で普通に話が出来る。」と感心していました。

帰りはベンツEクラスで帰ったのですが、車自体はボクシィーより静かなものの、標準装着のC社のタイヤはロードノイズを発生しています。

疑い深い専務も「これも静かなタイヤに変えたら?」というぐらいですから、吸音スポンジ入りタイヤの効果は絶大です。

ちなみにこの前のブログで発表したデーターはビューロの301と302の比較データーですから、ノイズレベルが高かった301もおそらくボクシィーの標準装着のタイヤに比べたら随分静かなタイヤです。

自分が使っているベンツEクラスは新車をおろしてからわずか1年ちょっとで3万キロ以上を走っていて、もう5千キロぐらい走ったらタイヤ交換の時期です。

今まで乗っていた輸入車は標準装着のタイヤが、ヨーロッパのC社かP社のタイヤが付いていて、履き替えでは必ず銘柄を変えて、ミシュランのパイロットスポーツに変えていました。

最初にパイロットスポーツを自分に勧めたのは熊本店の木下さんで、「オーディオ用ならミシュランでしょう。」と言われたものの、以前プジョー405に乗っている時にミシュランのそんなに高くない物が標準装着で、『ミシュランはグリップが弱い』というイメージを持っていました。

半信半疑でミシュランのパイロットスポーツを2000年にベンツS320に装着しましたが、乗り心地や静粛性、そしてグリップ力と全てにおいてバランスは良かったです。

しかしそれでも完全にミシュランを信用していなくて、どこかで疑っていました。

それはベンツS320が224馬力とひ弱だったためで、「ハイパワーの車だとグリップ力が足らないのでは?」という疑いを常に持っていました。

しかしその疑いは2001年にBMWアルピナB10・V8を購入した時に消えました。

この車は355馬力というハイパワー(今ではあまりハイパワーとは言えなくなったが)で、スタートから100キロまでわずか数秒で到達する車でありながら乗り心地と静粛性を備えていました。

そうです、その車にはミシュランのパイロットスポーツが標準装着されていたのです。


それから自分はミシュランのファンになって、ポルシェのC社の標準装着のタイヤは履き替えでミシュランのパイロットスポーツに履き替えました。
確かに静かになってグリップ力も上がりました。

月曜日のスタッフブログで岩根君が「静かでグリップ力のあるタイヤがありませんかね?」という書き込みがあったので、「その両方を手に入れるならパイロットスポーツしかないでしょう。」と言いたいです。


もう5000千キロでベンツEクラスのタイヤの履き替え時期が来ますが、今からパイロットスポーツにするかダンロップのビューロVE302にするか悩み中です。

でも今のところはVE302が有力かな?
【2008/06/11 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
DEEN 15th Anniversary Live in 武道館
6月8日の日曜日に『DEEN 15th Anniversary Live in 武道館~15年分のありがとう~』に行ってきました。

座った場所は1階席の真ん中辺りの2列目で、『S・B・34番』という所でした。

開場にはステージの横に大きな画面が左右にあって、まずはデビューから今までのCDシングルのジャケット写真が順番に写し出されました。

そこで思ったのが、1993年3月のデビューシングル『このまま君だけを奪い去りたい』から1999年11月の『MY LOVE』までのシングルのジャケットが縦長のいわいる『8センチシングル』で、2000年4月発売の『Power of Love』からが『12センチのフルサイズシングル』になっている事です。

ちょうどDEENがデビューした頃はCDが爆発的に伸びて、CDシングルからMDに編集して好きなシングルを集めて聴くという時代の始まりぐらいだったのではないかと思います。

そんな思いをめぐらせながらシングルのジャケットの紹介が終わったら薄いベールの後ろから演奏が聞こえてきてメンバーが薄らとライトに照らされてきました。

そこでベールが開くのかと思いきや、いきなり『バン!』という音と共に火花が散って、ベールが上から落ちてきました。(あー、ビックリした!)

そして会場からの割れんばかりの声援の中1曲目の『瞳そらさないで』が始まりました。

1曲目からアリーナ席と2階席は完全に総立ち状態で、3曲目の前にボーカルの池森さんから「これからバラードですから皆さん落ち着いて、まー座りましょう。」という言葉があって一度全員着座しました。

そして10曲のバラードメドレーの後は弦楽四重奏を交えての『アコースティク パフォーマンス』が3曲ありました。

そしてその後はロック・メドレーが10曲あって一気に会場はまた総立ち状態で(自分たちのいたプレス席はそうではなかったが)盛り上がり、そして長いMCの後に『Memories』『一人じゃない』『夢であるように』で終わりました。

しかしあの曲が無い!

そうです、デビュー曲の『このまま君だけを奪い去りたい』を歌っていないのです。

当然アンコールがあって、その1曲目は昨年の夏に発売された『Smile blue』で、アンコール2曲目は日本武道館後援のために書き下ろされた新曲『歌になろう』で、「これでこのまま終わるのか?」とハラハラ・ドキドキしていたら、坂井泉水さんがコーラスに参加されていて70万枚売れた名曲『翼を広げて』でアンコールは締めくくられました。

「あー、これで全て終わりか。」と一瞬は思ったのですが、何かが足りません?

そうです、デビュー曲にして150万枚をセールスした『このまま君だけを奪い去りたい』を歌っていないんです!

自分は「何かの理由があってこの曲を永遠に封印したいのか?」とか、「それとも森進一の『おふくろさん』みたいに何かの理由があって歌えないのか?」と思いました。

アンコールの3曲が終わってメンバー3人はステージから消えてしまいました。

そして「何かこのままじゃ帰れない・・」と思っていたら、アンコールのアンコールで再びメンバー3人がステージに登場して『このまま君だけを奪い去りたい』を熱唱してステージは幕を閉じました。

本当に最後の最後までハラハラ・ドキドキさせられたステージでした。


なお、この武道館ライブはDEEN初のライブアルバムとして発売が決定していて、発売予定日は9月3日となっています。(ライブDVDではありません、CDの方です)

10数年前はライブアルバムは色々なアーティストの方が発売されていましたが、この最近はあまり発売されていません。

その理由として、スタジオ録音と音質に差があって、コアなファン以外からはあまり欲しがられないからではないかと自分は思います。

ここ1・2年でDEENさんのCDの録音は素晴らしく良くなってきています。

エンジニアの方たちも相当努力をされているので、9月3日発売のライブアルバムも今までの『ライブのCDはこんなものだろう・・』という常識を覆す物である事が予想されます。

皆さん、是非発売されたら買って見てください。

おそらく自分は発売前に入手出来るはずですから、またレポートします。
【2008/06/10 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
専務のブログに間違いが
先ほど東京から帰ってきました。

東京は秋葉原の通り魔事件で大変でした。

昨日は2時に羽田空港に着いて、5時半が武道館の開場だったので「暇つぶしに秋葉原でも行こうか?」と思ったのですが、いまひとつ武道館と秋葉原の位置関係が良く分からなかったので3時過ぎには武道館近くのホテルにチェックインしました。

そしてテレビを付けたら秋葉原の通り魔事件を報道していました。

後で考えたら秋葉原と武道館は意外と近くで、今朝タクシーで秋葉原に行ったら1160円で着きました。

ホテルから武道館までは歩いて5分ぐらいで、歩いて行っている途中に紺色のハイエースやマイクロバスの警察車両が何台も走って行っていました。


ここでタイトルの『専務のブログに間違いが』に触れますが、専務のブログに織田哲郎さんと大黒麻季さんが何列か前に座っていたとありますが、ここの部分が間違いです!

自分は今回DEENのボーカル池森さんの招待でレコード会社の関係者枠で入場したのですが、まず座った場所はアリーナ席のそのまた上の一階席の中央ぐらいで、1列目に各地のFM局の番組プロデューサーの人が座って、2列目に雑誌のライターの人が座って、3列目4列目ぐらいにDEENのメンバーの家族・親戚・友人が座るという感じでした。

そして自分が座ったのは2列目の雑誌のライターさんが座っている席で、いわいるプレス席という場所です。
両隣の方は曲の合間にすばやくメモを取られていて、特にMCなどの内容は詳細に書かれていました。

コンサートが始まる数分前に自分が座っている席の左後ろの方から、「織田哲郎と大黒摩季が見に来てる。」という声がしたので、そちらの方を見てみたのですがそれらしき人は見当たりませんでした。

コンサートが始まって廻りが暗くなって皆がペンライトを振っているのですが、自分が座っている場所の周りは誰もペンライトを持っていなくて真っ暗です。

グッズ売り場でペンライトを買おうかな?と思ったのですが、関係者席では誰も持っていなかったので、買わないで正解と思いました。

そして曲と曲の間のMCでは客席が少し明るくなって、自分の周りのライターさんは一斉にメモを取り始めるのですが、その明るくなった数分の間に織田哲郎さんと大黒摩季さんらしき人を発見しました。

3列目の親族・友人席の自分の右斜め後ろでした。

というわけで、自分は専務に電話で『自分の近くの席に織田哲郎さんと大黒摩季さんがいた!』と言っていて、だれも『何列か前にいた』とは言っていないので、完全に専務の思い込みです。


そしてコンサートの後に関係者受付で渡された封筒を開けてみたら打ち上げの案内の紙が入っていたので、武道館の地下の打ち上げ開場に行きました。

するとそこには4月19日のコンサートでお世話になった押尾コータローさんとマネージャーさんがおられました。


そういえば入り口にいろんな方からお花が届いていましたが、その中に矢野沙織ちゃんからのものもありました。

しかし開場には沙織ちゃんの姿は見えませんでした。

おっと! そろそろコンサートの内容に触れようと思ったのですが、あまりにここまでで文面が長くなったので、また明日書き込みたいと思います。
画像 010
画像 009

【2008/06/09 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
ミシュランのガイドブックではないけれど Ⅱ
数日前にミシュランのガイドブックについて書きましたが、美味しいレストランを紹介する事によって自動車で旅行をする人が増えればタイヤの売り上げがあがるだろうという気の長くなる話です。

その中で紹介されているレストランの基準が

1つ星  行く価値のあるお店

2つ星  遠くても行く価値のあるお店

3つ星  どんなに遠くても行く価値のあるお店  だそうです。

昨日は宇部店では2つ星か3星ぐらいに値するくらいの所からお客さんがおみえになりました。

広島県からなのですが、広島でも島根県と鳥取県との県境に面する所から来られれていて、以前広島県内で取り付けしたけど満足出来なくて今回新しく車を替えたのを機会にサウンドピュアディオに来店されたそうです。

おそらく片道3時間以上はかかったのでしょうか?
本当に遠くからのご来店を感謝しています。


そういえば自分はミシュランのガイドブックみたいに、直ぐには商売にはつながりませんが静かなタイヤをテストしてお客さんに良い音を楽しんで頂きたいという試みを始めました。

昨日は札幌でレガシィーに乗ってみたいと言われるお客さんがおられたので、「ノイズレベルの低いタイヤを体感したいのかな?」と自分は想像しました。

現在宇部店にあるボクシィーのそのうち福岡店に返しますが、静かなタイヤを体感したいという方がありましたらレガシィとボクシィーのいずれかで体感してください。

ボクシィーを福岡店に返してしまうと宇部店で吸音スポンジ付きタイヤの体験が出来なくなるので、あっさり『オレンジオイル入りタイヤ』のテストはやめて、すでにノイズレベルが大幅に下がる実績のある吸音スポンジ付きタイヤ付き車を増やそうかな?と思っています。


実はこの最近「カーオーディオの音が悪くなった。」と言われる方がおみえになりました。

バッテリーのコンディションやイコライジングなどに特に不具合は無かったのですが?

するとタイヤを見てみると標準装着の物からホイルと一緒に交換されていて、その銘柄はグリップ力の強いある銘柄でした。

おそらく音質が下がったのではなくてノイズレベルが上がってしまって、相対的に音質が落ちた様に聴こえたのではないかと思われます。

今朝のミーティングではお客さんとのコミニュケーションを図って、少しでもいい状態でカーオーディオを楽しんでいただくために積極的に吸音スポンジ入りタイヤを体験してもらう様に申し合わせをしました。

タイヤがちびてきてそろそろ換えようかな?とお考えの方は是非ピュアディオの車で体感走行をしてみて下さい。


PS  今日はこれから飛行機で東京に行って、DEENさんの武道館ライブを聴いてきます。
帰りは明日の夕方になりますので、それまでブログを書き込む事が出来ません。
あらかじめご了承下さい。
【2008/06/08 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
昨夜は杉山清貴さんのライブに
昨夜は福岡市のビルボードライブ福岡に杉山清貴さんのライブを聴きに行きました。

7時ぐらいに宇部店を出たら9時前には福岡市天神に着いて、演奏開始が9時30分からでしたから十分間に合いました。

自分のベンツEワゴンはボクシィーに乗って帰っているために福岡店に置いたままにしているために専務のベンツSLで行きました。

この土日は福岡店にEワゴンは置いてあるので音を聴いてみたい方は是非聴いてください。

デッキはCD700Kに替わっていて、更におろしたばかりの新品なのにPチューニングがしてあります。


話は杉山清貴さんのライブの話に戻りますが、昨年は杉山さんのライブに2回行きました。
今年はすでに一度福岡に来られているのですが、どうしてもスケジュールが合わなくて行く事が出来ませんでした。

今回のライブはバラード中心で、杉山さん自身がエレキギターを弾きながらボーカルを取って、他にバンドメンバー3人を含めて4人構成で行われました。

杉山さんは今年でデビュー25周年で、『杉山清貴とオメガトライブ』は最初の2年半ぐらいだそうです。

年齢は自分の1歳上とほぼ同じなので、年代感というか価値観が似たようなものを感じます。

杉山さんがテレビ番組『ザ・ベストテン』に頻繁に出演されている頃はまだカーオーディオはレコードからカセットテープに録音して聴くというのが主流でした。

カセットテープからCDに徐々に切り替わってきたのは1987年ぐらいからでしょうか?
ちょうど杉山さんがソロになってから数年経ったぐらいで、そのころの夏のCDといえば『サザンオールスターズ』『チューブ』『杉山清貴』の3点セットだった様な気がします。

そういえばデビューした頃の山下達郎さんは夏の歌というイメージがありましたが、名曲『クリスマスイブ』のヒットによって『冬が旬』みたいになってしまいましたね!

ちょっと話がそれてしまいましたが、杉山さんのライブを聴いていて、『この頃はカセットだった』『この頃はカセットとCDが混じっていた』『この頃は完全にCDになっていた』と過去を振り返る事が出来ました。


最後に、自分は20代の頃から杉山清貴さんの曲を聴いていましたが、40代後半になっての歌声の方が20代の時よりも深みがあるというか、渋さが出て来たというか、いい感じです。

杉山清貴さんのアルバムの中では昨年の夏に発売された『FEN』という70年代・80年代の洋楽の名曲をカバーしたアルバムがありますが、これが一番好きです。

それと今年杉山さんは25周年のベストアルバムを発売するそうです。

途中でレコード会社を移籍したために2社が曲の権利を持っているために完全なベストアルバムが出せなかったそうです。

そういえば以前ベストを買った時に「何故これが入っていないの?」と思った事がありました。

今回は2社から出ている全てのシングルが入ったベストアルバムが出るそうです。

これは是非買わないと!


最後に杉山清貴さんは7月の末ごろにもう一度福岡に来られます。

昨年行われたクロスFMの福間海岸からの生放送に出演されるためですが、おそらくサウンドピュアディオもスポンサーとして参加します。

まだ正式には局の方から案内が来ていないのですが、口頭では『参加します』と局の方に伝えているので。

当然DEENさんも参加されます。
【2008/06/07 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。