PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『ねたバレ』ハイローコンバーター
よくアーティストのコンサートツアーに行った人が、まだツアーが終わる前にどんな曲順で演奏したかをBBSなどに書き込む事を『ねたバレ』と言いますが、ピュアディオのねたバレはちょっと違います。

ある日の事、オーディオテクニカの営業の人がやってきて、「ピュアディオさんでうちのハイローコンバーターを沢山売っていただいていますが、音に不満とかはありませんか?」という問いに自分は「別にありません・・」(ここで腕を組んで別にといえばエリカ様になるところですが)と答えました。

さらにオーディオテクニカの営業マンは「ここをこうして欲しいという要望があれば技術に伝えますが。」と聞かれましたが、自分は「今のままで充分です!」と答えながらもその日も大量のハイローコンバーターを注文しました。

しかしどう考えてもピュアディオ仕様のハイローコンバーターがあるとブログで書いていながらテクニカに大量注文して、しかも改良の必要が無いというのは誰が考えても怪しいです。

あまりに不自然な会話のやり取りになってしまったので遂に「実はテクニカさんの商品を自分の所で分解して組み替えているんです。」と白状しました。

最初は全て自社でケースから基盤まで組み立てる方法を考えていましたが、その方法だと時間とコストがかかるために3万円ぐらいの販売価格になってしまいます。

でもハイローコンバーターを買われるお客さんは初心者か中級者の方ですから、販売価格は極力メーカー品(1万円以下)に近い価格の税込で1万円台に抑えないといけないので、苦肉の策でオーディオテクニカの製品をベースに作っています。

実際には中からトランスを取出して、さらにプリント基板の銅箔をナイフで刻んで信号の流れを整えたり、部品も直結してロスを少なくしたりとベースモデルとは全く別の音になっています。

この事に気が付いたオーディオテクニカさんがスペシャルモデルを作らない事を祈ります。
2008.5.22 001

2008.5.22 002

上の写真は取外したトランスの数々で、隣はノーマルのオーディオテクニカのコンバーター(7500円税抜き)です。
ピュアディオが手を入れたモデルは写真ではちょっと見せられません。(中身だけでなくて外見もかなり手がかかっているので)
見たい方はぜひ店頭で!
Pモデルは17500円(税抜き)です。

下の写真はプリント基板を切り刻んでいる自分の手です。

ピュアディオチューンのハイローコンバーターで純正デッキも大幅に音質アップします!

よく考えたらピュアディオのハイローコンバーターは楽ナビ2DINやストラーダFクラス、そして富士通テンの075・076のシリーズとの相性もバッチリです。

PS  後で読み返したらテクニカのケースや基盤を使っていながら『ピュアディオのハイローコンバーター』と言っている所が自分で自分のあつかましさを感じます。
ところであのはずされたトランスはどこに行くのでしょうか? 写真で見ると、どこか物悲しそうな・・・
【2008/05/23 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。