PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
本田雅人 with 矢野沙織
本田雅人さんと矢野沙織ちゃんのライブに2日続けて行きました。

1日目は福岡の『ビルボードライブ福岡』で、本田雅人見たさに専務がわざわざ宇部から車でやってきました。

方向音痴の専務と待ち合わせたのは天神の『アニメイト』の前で、うちのアニメおたくの息子が度々行っていて、その近くに比較的いつも空車がある駐車場があるので、そこに止めて時間に余裕が無かったので早歩きで行きました。

そして演奏が始まったら『本田雅人with矢野沙織』のツインサックスは『切れの鋭い本田雅人』と『包み込む様な矢野沙織』の二つの音色が楽しめました。

1日目は何故同じサックスなのに音色が違うのか理解出来ませんでしたが、昨日も下関市の『BILLIE』というライブハウスに行って、さすがに2日連続で見たら音色の差の秘密が分かりました。

本田さんは肺から一気にサックスに息を吹き込むので頬が膨らみません。
一方の沙織ちゃんは一度頬に空気を溜めてから息を吹き込むので包み込む様な音色になるのでは?と自分は思っています。

それと2月のゲイツ7での矢野沙織ちゃんのライブは満席だったので、福岡でのライブは心配していなかったのですが、自分のホームベースの山口県でのライブで「お客の入りが悪かったらどうしよう?」と心配していました。

自称『モンドラナミュージックのアーティストの支援団体』を名乗るサウンドピュアディオの本社のある山口県で『ガラガラ』もしくは『空席がちらほら』ではちょっと・・・ と心配していたら昨日の下関BILLIEは満員御礼状態で、専務とお客さんは普通の席に座っていたのですが、自分は左端の柱の影で聴いていました。

柱の影といっても背中に柱があるので音楽を聴くのにはまるっきり問題ない所で、昨夜は斜めから手の動きをしっかり見れて良かったです。

柱の影にいたせいでライブ終了後にモンドラナミュージックの木村社長から「あれっ!井川さん来られていたんですか?」と聞かれました。
自分は「山口県は自分のホームベースですから来ない訳無いじゃありませんか。」と答えて、柱の影にいた事を伝えました。

そしてその後、控え室に入る階段の途中で本田雅人さんと沙織ちゃんと自分の3人で記念撮影をしました。

ここで解説。
本田雅人さんは高知県出身のサックスプレイヤーで、1991年から1998年まで『T-SQUARE』に在籍していたそうです。

年齢は45歳で、矢野沙織ちゃんのお父さんと同じ歳だそうです。
という事は自分は沙織ちゃんのお父さんと二つ違い?(しかも上に!)
画像.1 004
【2008/05/18 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。