PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
偽物のアイと本物のSLとは?
今日は10時からモーターフェスティバルがありましたが、朝ブログを書いていたら朝食を取る時間が無くなりました。

会場で出展者用のお弁当を頼んでいて、それが休憩室に届くのが11時と聞いていたのでそれまで我慢しようと思っていました。

しかし何故か9時55分に届いたために休憩室でこっそり『早弁』をしていました。

すると10時の開場になって、なんだかどばっと人が入っているみたいなので途中で弁当を食べるのをやめて会場に入りました。

すると人・人・人で、しかもうちのブースの三菱アイに人がたかっています。

「なんでこんな平凡なアイに人気が?」と思ったら、会場内でエンジンをかけてデモが出来ないために100Vのコードを引っ張ってアイの下で12Vに変換してオーディオを鳴らしているのを電気自動車の『アイ・ミーブ』に間違えられての人だかりで、中にはラゲッジの蓋を開けて「なんだ、偽物じゃないか!」という人も出る始末で、100Vのコードが引いてあるだけで電気自動車扱いで人だかりはありがたいのか迷惑なのか微妙です・・

明日は『この車は電気自動車ではありません。』と張り紙をしようと思っています。

そして今回の会場は入り口を入って直ぐがサウンドピュアディオとネッツ山口で、注目はネッツ山口の白いベルファイアとサウンドピュアディオの黒いベンツSL550です。

先ほどは偽物疑惑でしたが今度は通る人が口々に「こっちのSLは本物だ!」と言いながら通っていました?

「なぜ?」と思ったら、「あっちにあるのはSLKで、こっちが本物のSLだ。」と人が言っていて、ヤナセのブースにあるのがCクラスベースの小さいオープンなので、今度はこちらが本物という意味でした。

そしてその本物のSLの中でかかっていたのが4月28日に発売されたハウンドドックのボーカル大友康平さんの70年代の昭和歌謡やフォークソングのカバーをしたアルバム『J-STANDARD 70s』で、聴いた人からは『オーディオの音がいいという前にこのCDがいい!』と数多く言われました。

皆さんもぜひ一度聴いてみて下さい。


PS そういえば会場から帰る途中の車の中でFM山口の『サウンドピュアディオ・プレゼンツ 矢野沙織 Little Tiny』を聴きました。
ちょうどモーターフェスティバルでサウンドピュアディオのデモカーを聴いて、帰りにラジオをつけたらやっていたという方も多かったのではないでしょうか。

放送終了から30分後にはホームページのカウントが100件も上がっていました!(ビックリ!)

PS 会場でプジョーに乗っているM君が朝のブログを読んでいたらしくやってきて、「一週間試乗車を借りていて知らない顔はあまりよくないのでは・・」と言われたので、プジョーのブースに「いまだにプジョーを買っていませんが・・」と挨拶に行きました。
店に帰ったら一足先にM君が着いていてその事を話したら、専務が「まるで私が悪者みたいじゃない。」と言われました。
悪者ではありません。
わがままです。
【2008/05/31 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今日からモーターフェスティバル
今日・明日は山口県阿知須で『きららドーム モーターフェスティバル』が行われます。

今から会場に行きますが、会場に行くのが怖いんです・・

何故か?
それは隣のブースがネッツ店で、うちのブースが入り口から一番端で、三菱アイ・トヨタエスティマ・ベンツSLと並んでいるのですが、SLの隣がネッツ店のベルファイアです!

この前まで、「お客さんがベルファイアを買ったからもう買わない!」と思ったのに、隣にあるから目の毒です。

しかもネッツ店は2系列あって、うちの隣のネッツは代車のボクシィーを買っている系列の方だからさらにまずいです。

そしてもっと怖いのは3つぐらい向こうの某輸入車ディーラーで、以前うちの専務があるオープンカーが欲しいと言って、試乗車を一週間も借りていながら結局買わなかったというディーラーがあります。

専務は会場に行かないからいいものの、自分はそこは避けて通りたいです。

宇部店のお客さんの間では有名な話ですが、『最初は見た目がお洒落だから欲しかったが、乗ったらパワーが無いから買わなかった。』そうです。

そんなのカタログを見たらどのぐらいのパワーか分かるでしょう?

さらに「馬力のあるグレードはミッション車しかなかったから・・」と言っていますが、最初からカタログをよく読めば書いてあります。

今はそこのディーラーの人と目が合わない事を祈るばかりです。


しかし逆に少し安心しているのはポルシェディーラーが一番奥で、自分のブースから最も離れていて、見に行きにくいという事です。

2000年ぐらいはピュアディオのPとポルシェのPを重ねて『ピュアディオのデモカー=ポルシェ』みたいな状態が5年ぐらいあったので「もう一度ポルシェを・・」と言われていて、多少気持ちがぐらっと来ているので危ないです・・

ブースが離れているのがせめてもの救いです。

あと安心なのがメルセデスベンツのブースは自分の興味のある車種が展示していないので安心しています。

うちの専務からは「こちらが販売するための会場なので、こちらが買ってしまったという事が無いように。」と釘を刺されています。

会場で興味があるのがアルファードかベルファイア、そしてレクサス、最後にポルシェでしょうか。

何の理性も働かなかったら3台買ってしまいそうな勢いです!

特にアルファードとベルファイアはベンチシートとキャプテンシートをちょっと歩けば両方すわり比べられますから・・


最後に今回のピュアディオブースの3台はなかなかいい選択でした。

まず三菱のブースにアイが無かったのでラッキーで、メルセデス・ベンツのブースにはSLKはあるもののSLはありません。
エスティマは珍しくありませんが、うちのはレーダークルーズ付きで顔が少し違うので『あれっ?』という感じです。

おっと!時間が無いので出かけます。
【2008/05/31 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
土曜の夕方はFM山口で
5月31日の18時からFM山口で『SOUNDPUREDIO PRESENTS 矢野沙織 Little Tiny』が放送されます。

25日にFM福岡で放送されたものとほぼ同じですが、前回聴けなかった方は是非聴いてください。

「えーっ! 矢野沙織ってこんな感じの女の子なんだ!」という新しい発見があります!

井川もほんの少しだけ喋っています・・
【2008/05/30 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今日から会場に
明日から山口県では『きららドーム モーターフェスティバル』が開催されますが、展示車両は今日から搬入です。

一般の人が入る入場口の反対側から車両を入れるのですが、サウンドピュアディオが一番最初に車を入れる順番になっているので、「やっぱりうちが一番入り口なのかな?」と思っています。

3台展示するので4人できららドームに行って、3台を置いて1台で帰ります。

店から3日も3台車が減ると結構寂しいのでは・・

それはいいとして、モーターフェスティバルの間は自分は会場にいるのでその間商品が作れないために昨日は作り溜めをしていました。

まずはこのブログで以前に紹介したこの最近の人気商品の『ハイローコンバーター』を2台作って、その後は新型のJBLスピーカーP560用のピュアコンを3セット作り、さらにベーシックパッケージを3セット作りました。

作ったと言っていますが、ハイローコンバーター以外は坂口君と二人で作っていて、坂口君が上の周波数用で自分が下の周波数用を担当しています。

その途中で印刷会社の方がみえられて新ピュアディオカタログの原稿の詰めをやっていました。

今のピュアディオカタログは3年前に印刷されていて、デモカーなどの内容が古くなってきています。
3年前になんと10000部も作ってしまい、それでもすでに8000部が配り終えていて、残りの2000部をこの二日で配りきってしまおうという計画です。

今のカタログをする時に最初は5000部にしようかな?と思ったのですが、5000部と10000部のコスト差でトータルの支払いが30%も変らなかった様なので、勢いで「10000万部刷ろうか!」みたいになりました。

おそらく次のカタログは5000部の印刷でしょう。

PS 4月19日の山口市民会館での押尾コータローさんのコンサートの時に1000部配っているので、その前は3000部余っていたという事か・・
【2008/05/30 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
次の札幌行きは
昨日札幌行きの飛行機のチケットを入手しました。

とはいっても携帯電話のIモードで予約するために手元にチケットがあるわけではなくて、さらに仕事中に長い時間携帯電話でメールをしている様にも見えて、社員が「社長が何かお水のお姉さんとメールをしている。」と思われても仕方ない状態です。

しかし土日に札幌にいようと思うとどうしても飛行機が常に満席に近い状態で、早く予約しないと行くに行けなくなります。

また祭りなどのイベント事を避けて行かないと泊まるホテルが無かったりもします。

そして来月の札幌行きは6月20日の金曜日の夕方に着いて、21日の土曜日と22日の日曜日に店頭に出ています。

23日の月曜日も札幌にいますが、おそらくレガシィで市内をうろちょろしています。

そして24日の火曜日の定休日の日に飛行機で山口に戻ります。


その前の週は14日の土曜日の夜に名古屋のブルーノートで上妻宏光さんのツアーの初日があるために、そちらに名古屋店の園田君と行きます。

それとウエスト兵庫店でギャラン・フォルティスのベーシックパッケージのデーターを出さないといけないので、金曜か土曜の午前にお客さんの車をお預かり出来れば兵庫で仕事をしてから名古屋に向かいます。

名古屋の帰りに兵庫で一仕事というのが理想ですが、15日の日曜日は山口県防府市で秋川雅史さんのコンサートがあって、そちらに行くようになっていますので名古屋からそのまま山口に帰らないといけません。

何故か今日はこのブログは段々日にちが手前の方に戻ってきていますが、6月8日の日曜日は東京でDEENさんのデビュー15周年の節目の武道館ライブが行われます。

当然チケットは発売当日に売り切れですが、なんと今回所属事務所とレコード会社のご好意によってレコード会社の関係者枠で入場出来る事になりました。

専務に「6月8日に武道館に誘われているんだけど・・」とそーっと聞いたら、「是非行かれたらいいじゃないですか。せっかくの機会だから。」と言われたものの、「次の土日が上妻さんと秋川さんのコンサートがあって・・」と答えたらあきれられました。

ただ6月はDEEN、上妻宏光、秋川雅史と3アーティストを聴いた後に札幌に出張となりますので、札幌の方はぜひ期待してくださいね!(何を期待?)


ここまで読まれた方でサウンドピュアディオの事をよく知らない人は『なんて遊んでばかりいる社長だ!』と思われているかも知れませんが、昨日調整をしていて過去のデーターを出してみたら、1998年に2時間かかっても出来なかったレベルの音調整が、今だと10分で出来てしまいます。

結局『このCDはこの音で録音されている』とか『この人の声は本来こういう音』みたいなイメージが明確になっていなかったので、今思い起こせば『あれもいいけどこれもいい』みたいになって、昔懐かしいブルースリーの映画の最後の方のシーンみたいに『鏡が沢山ある部屋でどれが本物か分からない状態』でさまよっていたのではないかと思います。

短時間で最高の音が表現出来るための勉強であちこち歩かさせて頂いているので、何とぞご理解下さい。


最後にイベントのお知らせです。
5月31日と6月1日は山口県のきららドームで『モーターフェスティバル』が行われます。
サウンドピュアディオは入り口に一番近い所のブースみたいです。

まだユーザー様用の招待券がありますので是非宇部店でお受け取りください。
【2008/05/29 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
DEENのボーカル池森さんと その2
一昨日は福岡市内でDEENのボーカル池森さんと食事をしました。

その時のメンバーは池森さんとDJトギーさんと池森さんの事務所のマネージャーの方、そしてBMGレコードの方1名とクロスFMのスタッフの方3名と自分を含めて総勢8人での食事会でした。

行った所は福岡市内某所の水炊きのお店で、4人がけのテーブルが2つで、自分は池森さんと同じテーブルの方で向かい合わせで座りました。

7時半から始まった食事会は2時間で終わるところが気が付いたら10時半前で、約3時間も車の話をメインにカーオーディオの話などもしていました。

池森さんから「なぜピュアディオの音は純正や市販のスピーカーの音と違うんですか?」という質問をされて、具体的に何ヘルツがどうとかみたいな話をしていて、「6万円のパッケージでも音が良くなるんですか?」という質問には「たとえ6万円のパッケージでも手作業で巻き換えたコイルを4個使っています。」と自分は答えました。

よく考えてみたらベーシックパッケージの黒い箱の中のコイル2個は坂口君が巻いていて、外付けの灰色のテープが巻いてあるコイル2個は自分が巻いています。

確かによく考えてみたら6万ぐらいのパッケージで二人が手作業で手間をかけているから音が良くなっているのかも?とあらためて感じました。

車やオーディオ以外の話では、「押尾コータローさんのマネージャーさんはいい人ですよね。」とか「矢野沙織ちゃんの事務所の社長さんはいい人ですよね。」という話が皆さんから出ていて、「自分はいい人脈に恵まれて仕事が出来ているんだな。」と思いました。

あと矢野沙織ちゃんの前のマネージャーだった人がすごい美人だという話をしていて、「もう担当が代わったから会えないんですよね。」と自分が言ったら、どうもDEENさんのDVDの中に矢野沙織ちゃんが映っているシーンがあって、そこの部分にチラッと映っているという話なので、今日仕事が終わったら家で見てみます。

そんなこんなで3時間ぐらい話していたのですが、池森さんの正面でずっと生声を聞いていたので、完全に声の声紋みたいなものを頭に焼き付ける事が出来て、その分今日からは仕事に励みます。

最後にDEENのニューアルバムのPRをちょっとしたいと思います。
昨年に『ベスト クラッシックス』というデビューから現在までの曲を集めて、過去の曲はアコースティク調にアレンジを変えたりしたアルバムを発売しましたが、デビュー当時の曲は新しく録音しなおしていたので、ファンから『当時のそのままの音源で聴きたい!』という要望が多かったそうです。

そこで6月4日に『PERFECT SINGLES+』というデビューから2006年までのシングル曲を集めてリマスターした2枚組のアルバムが発売されます。

興味のある方は是非買って聴いてみてください。

PS ちなみに自分はすでにサンプルCDで聴かせていただきました。
リマスターされた音源もいい感じです!
【2008/05/28 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
昨夜はDEENのボーカル池森さんと
もうスタッフブログの方で書き込まれているので皆さんご存知と思いますが、昨夜はDEENのボーカル池森さんと夜福岡で食事に行きました。

昨日の午後4時過ぎにいつものようにクロスFMの『カテゴリーTT』という番組を聴いていたらナビゲーターのトギィーさんが「今日のゲストはDEENです・・」と言っていたので、慌ててクロスFMのホームページを見たら確かに『今日のゲストDEEN』と書いてありました。

慌てて専務に「福岡にDEENが来てるから今から直ぐに出かける!」と勝手に専務のベンツSL550に乗って福岡に向かいました。

自分のEクラスに比べたら専務の黒いSLの方が前の車がどいてくれやすいのと、なんといっても自分のEクラスはディーゼルのためにいまひとつ加速が悪いために車を替えて行きました。

天神にはインタビュー開始と同時に着いて、駐車場から約5分走って天神のサテライトスタジオに着きました。

着いた時には汗だらだらで、さらに3月にクロスFMとのスポンサー契約を更新しなかったために現在では『ただの人』状態で、スタジオに入れてくれとは言えない状態でした。

そして自分は一般ギャラリーに混じって背伸びをしながら一生懸命に手を振っていたら池森さんとトギーさんが自分に気づいてくれました。

放送の中で「あっ!社長がいる!』といわれたのを専務が宇部で聞いていました。

そして放送が終わった後に番組プロデューサーの人が中に入れてくれて池森さんがこれから出てくるという時に札幌の野田君から電話がかかってきました。

一度電話を切ってから池森さんと少し話してから、レコード会社と所属事務所のはからいで一緒に食事に行く事になりました。

その2に続く。
【2008/05/27 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
現代の紙芝居屋さん
昨夜は19時からFM福岡で『サウンドピュアディオ プレゼンツ 矢野沙織 リトル・タイニー』が放送されました。(何故か今日はカタカナで)

自分はコイル巻きの仕事をしながら聴いていました。
なんといってもJBLが新シリーズになったために、いままでのピュアコン用のコイルが全く使えないために一日中ひたすらコイルと格闘しています。

P550とP560でコイルの巻き数が53周ぐらい違うので全く別な物を作ってストックして置かないといけません。
しかもP550の方が53周巻き数が多いので『今までの物をほどいて巻きかえる』事も出来ません。
 
大変な作業をしながらも耳はFMチューナーから流れる矢野沙織ちゃんとこはまもとこさんのトークにいっていました。

ジャズミュージックをBGMに放送が始まると『この番組はハイクオリティーカーオーディオのサウンドピュアディオの提供でお送りします・・』と今年からカーオーディオの前にハイクオリティーを付けるという会社の方針で、たった一言付け加えるだけで「何か違うな・・」と思わせる感じです。

昨日の放送を聴かれた方は「あれっ?」と思われたかも知れませんが、矢野沙織ちゃんは21歳の普通の女の子で、ジャケットの写真や演奏は大人っぽくってもトークは普通の21歳という感じで、それでもってけっこう天然キャラです。

同じ部屋で聴いていた坂口君は「イメージと違う・・」と言っていましたが、そんなアーティストの素顔をお届けするのがサウンドピュアディオ・プレゼンツのFM番組です!

今日のタイトルに『現代の紙芝居屋さん』と書いたのは、このサウンドピュアディオ・プレゼンツの番組は現代の紙芝居屋さんみたいなものだという事が伝えたかったのです。

自分が子供の頃は紙芝居屋さんはもういなくて、昭和の初期ぐらいに自転車の後ろに紙芝居の道具を積んで公園などで子供を集めて月光仮面の紙芝居などをするというのをドラマとかで見た様な気がします。

この紙芝居屋さんは紙芝居を見せる事で収入を得るのでは無くて、紙芝居が始まる前にお菓子を売って、その利益から収入を得ていたそうです。

サウンドピュアディオ・プレゼンツの番組はサウンドピュアディオが制作費やオンエアーにかかる費用などを負担して放送しています。

つまり放送してもそれ自体では何の利益も生まれません。
その番組を聞いてお店にお客さんが足を運んで買い物をして初めて利益が出ます。

こんな事を書くと経理の人が怒るかも知れませんが、放送を流したからといって『いくら売らないと!』という気持ちはありません。

アーティストの素顔を知ることによってみんなが楽しんでくれればいい、という風にしか思っていません。
紙芝居屋さんも子供たちに夢を与えていたと思います。

そんなきれい事を言っていてもどこかで利益を上げないと会社は成り立ちませんし、結局紙芝居屋さんは無くなってしまっているので、ピュアディオはどうやって成り立っているのでしょうか?

ピュアディオではアーティストのスポンサーになって音楽活動を支援すると色々なレコーディングの裏話や楽器の音の出し方、ライブ会場での音のセッティングなどの情報が少しづつ耳に入ってきます。

例えば「今度のアルバムと前作のアルバムの録音方法はこう違う!」とか「このアルバムの時は機械が故障して、代わりにこういう昔風の録音をした。」などという普通では聞く事の出来ない話を聞く事が出来ます。

その話を元に「このアルバムとこのアルバムはこういう所が違うから・・」と、アルバムとアルバムの録音の違いがはっきりと出せるシステムにセッティングすれば結局それはお客さんから喜ばれるシステムになります。

スポンサー活動は直接はほぼ利益を出しませんが、長い目でみると他には替えられないメリットがあります。

『目指したのはアーティスト本来の音!』というコマーシャルの台詞が大げさではないという事は、ユーザーさんならすでに実感していただいていると思いますが?

【2008/05/26 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
予想屋かずちゃん その2
以前に『予想屋かずちゃん』という事を書いた事がありますが、人気商品のベーシックパッケージのどの車種が今月は何個ぐらい売れて、何個ぐらい作り置きをしておかないといけないという予想をたてているから予想屋なんです。

レガシィのマッキントッシュ仕様は他でパーツが出ていないのでベーシックパッケージの独占状態ですが、なんとマイナーチェンジでオーディオの特性が変ってしまい、マイナー後とマイナー前の二種類のパッケージを用意していて、『どちらがどのぐらい出るか?』という予測も立てないといけません。

しかしごくまれにとんでもないまぐれというか、全く違うメーカーの全く違う車が同じ特性という場合もあります。

例えば20系プリウスの標準オーディオとマツダのベーリーサが全く同じ回路が使えます。

他にはホンダのフィットは現行型と前のモデルは全く回路が違って、現行の他のホンダ車と全く互換がありません。

同じ様にトヨタのラクティスは専用設計で他のトヨタ車と全く互換が効きませんが、なんとこの同じメーカーで互換の効かない2車種が何故か同じ回路が使えます。
これは完全なまぐれです。

逆にダイハツの軽自動車は同じスピーカーを共通部品として使っていますが、札幌店にあるミラ・カスタムはドアの下の方にスピーカーが付いていて、福岡店にあるムーブ・カスタムはドアの上の方にスピーカーが付いているために回路が全く違います。

なんとコイルの巻き数を調べたら70周ぐらいの差があります。
使っているスピーカーは同じです。

そして福岡店のムーブ・カスタムよりも名古屋店のタント・カスタムの方が何センチか下にスピーカーが付いていますが、コイルの巻き数にして半周、すなわち1マイクロ・ヘンリー下のコイルを使用して専用設計としています。

同じメーカーの車で同じスピーカーを使ってもドアの取り付け位置が数センチ変ったら同じ回路が使えない(本当は使えない事は無いがピンポイントのクロス位置ではない)のに、違うメーカーの車で同じ回路が使えるのは奇跡に近いです。
(なおボクシーとノア、パッソとブーンなどは同一車種として扱っています。)

そのベーシックパッケージが『何用が今月何個ぐらい売れそう』という予測が外れると『同じ車種用が大量に余る』方はまだいいのですが、『気が付くとある車種用が全く無い!』というのは困ります。

相変わらず人気はレガシィ・ハリアー・ムーブの御三家で、現行ムーブに関しては他のトレードインスピーカーでは取り付け位置の関係で特性がおかしくなるという事で、専用設計のベーシックが圧倒的な人気を誇っていますが、何故か前のムーブ用のパッケージも人気が出てきています。

「前のモデルだからあまり在庫を持たなくていいだろう。」と予測していたらあっという間に無くなっていました。

おそらくムーブはピュアディオが音がいいという評判が口コミで広がってきて、前のモデルのユーザーまで普及してきているのでしょう。


【2008/05/25 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
明日のFM福岡は
いよいよ明日、5月25日はFM福岡で19時から『SOUNDPUREDIO presents 矢野沙織 Little Tiny』が放送されます。

サウンドピュアディオが初めて矢野沙織さん(ちゃん)のスポンサーに付く番組です。

福岡店の柳井君のブログによると「サウンドピュアディオ・プレゼンツ・・」で始まる番組宣伝をやっているらしいんですが、自分はまだ聞いていません。

車ではCDを聴いたり、クロスFM聴いたり、FM福岡を聴いたりと浮気症なので・・

ちなみに今車の中で聴いているCDは、映画音楽を集めた『MOVIE HITS 2』(ユニバーサル UICZ-1055/6)というCDで、この前の日曜日に日産自動車の提供のラジオ番組『あっ!安倍礼二』の中でBGMとしてかかっていた『ビバリーヒルズ・コップ』の中の『アクセルF』がなぜか急にフルコーラスで聴きたくなりました。

福岡のタワーレコードのサウンドトラックのところでビバリーヒルズ・コップのサウンドトラックを探していたらそこには『ビバリーヒルズ高校白書』しかなくて、「何かオムニバスに入っていないかな?」と探していたら『MOVIE HITS 2』の中に入っていました。

最初は『アクセルF』ばかりをリピートしていたのですが直ぐ飽きてしまって、アルバム自体を通しで聴いていたらなかなかいい選曲ではありませんか!

昔懐かしいママス&パパスの『夢のカリフォルニア』なんかは今のベンツEワゴンのシステムで聴いてみると、昔は聴こえなかった音がしっかりと聴こえるではありませんか!

ジョー山中の『人間の証明』が流行っていた時はろくなオーディオシステムを持っていなかったので、「こんな音で録音されていたんだ!」という驚きがありました。

そういえばこの中に入っているライオネル・リッチーの『セイ・ユー・セイ・ミー』は昔ディスコのチークタイムでよくかかっていて、当時自分はチークで踊る相手がいませんでした。

このセイ・ユー・セイ・ミーは全体的にスローテンポなのですが、途中でほんの一瞬アップテンポになりカップルが足がからまって困ります。

それを見て相手のいない自分は笑っていました。
今考えたらなんて人間が小さいんでしょうか・・


矢野沙織ちゃんから完全に『MOVIE HITS 2』に話題がそれてしまいましたが、話は再び戻ります。

25日の放送はFM福岡のスタジオで収録現場を見ていましたが、放送時間が30分にもかかわらずトークの収録時間は30分をわずかに超えていました。

とにかくフリースタイルでしゃべってもらって、後から編集して『尺に収める』という感じで、オンエアー当日までどんな感じなのかは分かりません。
今から楽しみにしています。

昨日の夜に所属事務所の『矢野沙織オフィシャルホームページ』を見たら、メディア情報のラジオの所に『カーオーディオ専門店サウンドピュアディオ提供の特別番組』と掲載されていました。

今までに特別番組を作っても会社名が出た事は無いのでビックリしました。

みなさんも是非見て下さい。(コロンビアレコードの方ではなくてモンドラナミュージックの方のオフィシャルホームページです)
【2008/05/24 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
『ねたバレ』ハイローコンバーター
よくアーティストのコンサートツアーに行った人が、まだツアーが終わる前にどんな曲順で演奏したかをBBSなどに書き込む事を『ねたバレ』と言いますが、ピュアディオのねたバレはちょっと違います。

ある日の事、オーディオテクニカの営業の人がやってきて、「ピュアディオさんでうちのハイローコンバーターを沢山売っていただいていますが、音に不満とかはありませんか?」という問いに自分は「別にありません・・」(ここで腕を組んで別にといえばエリカ様になるところですが)と答えました。

さらにオーディオテクニカの営業マンは「ここをこうして欲しいという要望があれば技術に伝えますが。」と聞かれましたが、自分は「今のままで充分です!」と答えながらもその日も大量のハイローコンバーターを注文しました。

しかしどう考えてもピュアディオ仕様のハイローコンバーターがあるとブログで書いていながらテクニカに大量注文して、しかも改良の必要が無いというのは誰が考えても怪しいです。

あまりに不自然な会話のやり取りになってしまったので遂に「実はテクニカさんの商品を自分の所で分解して組み替えているんです。」と白状しました。

最初は全て自社でケースから基盤まで組み立てる方法を考えていましたが、その方法だと時間とコストがかかるために3万円ぐらいの販売価格になってしまいます。

でもハイローコンバーターを買われるお客さんは初心者か中級者の方ですから、販売価格は極力メーカー品(1万円以下)に近い価格の税込で1万円台に抑えないといけないので、苦肉の策でオーディオテクニカの製品をベースに作っています。

実際には中からトランスを取出して、さらにプリント基板の銅箔をナイフで刻んで信号の流れを整えたり、部品も直結してロスを少なくしたりとベースモデルとは全く別の音になっています。

この事に気が付いたオーディオテクニカさんがスペシャルモデルを作らない事を祈ります。
2008.5.22 001

2008.5.22 002

上の写真は取外したトランスの数々で、隣はノーマルのオーディオテクニカのコンバーター(7500円税抜き)です。
ピュアディオが手を入れたモデルは写真ではちょっと見せられません。(中身だけでなくて外見もかなり手がかかっているので)
見たい方はぜひ店頭で!
Pモデルは17500円(税抜き)です。

下の写真はプリント基板を切り刻んでいる自分の手です。

ピュアディオチューンのハイローコンバーターで純正デッキも大幅に音質アップします!

よく考えたらピュアディオのハイローコンバーターは楽ナビ2DINやストラーダFクラス、そして富士通テンの075・076のシリーズとの相性もバッチリです。

PS  後で読み返したらテクニカのケースや基盤を使っていながら『ピュアディオのハイローコンバーター』と言っている所が自分で自分のあつかましさを感じます。
ところであのはずされたトランスはどこに行くのでしょうか? 写真で見ると、どこか物悲しそうな・・・
【2008/05/23 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
新型ストラーダの発表会
今日はパナソニックのナビゲーション『ストラーダ』の新製品の発表会が山口市でありました。

午前と午後の部があって、自分は「午後は人が多そうだから。」と思って朝礼に出ずに会場に向かいました。

何かで交通渋滞が起こってはいけないと30分以上余裕を持った時間で行って、着いてからは時間つぶしにグッズプレスという本を買っていたので読んでいました。
するとそこにはタイヤについて色々書いてありました。

ちょうど代車のフィットとボクシィーがタイヤの交換時期に来ていて、ボクシィーはタイヤを静かな銘柄に替える予定なので一度今のタイヤでノイズレベルの測定をして、それからタイヤの履き替えを行います。

しかしフィットは何も考えずに前から履いていた同じエコタイヤに替えたのですが、グッズプレスに東洋ゴムという所から『テオ・プラス』という燃費が良くて騒音も少ないタイヤが発売されている事を知りました!

「しまった!」と思ってもあとの祭りで、さらに本を読んでいると横浜ゴムからはオレンジオイルを配合した『DNA・アースワン』というモデルが出ていて、こちらは転がり抵抗が少ないのにプラスしてグリップ力があると書いてありました。
たしか別の自動車雑誌では『オレンジオイルがノイズを吸収する』みたいな事が書いてあったような・・

転がり抵抗が少なくて燃費が良くて、しかもグリップ力があってさらに静かだと一番ベストなタイヤですが、これからはピュアディオの代車のタイヤ交換の時には同じ銘柄の物を履き替えるのではなくて、色々な銘柄を変えていってピュアコラムで使用レポートを発表したらお客さんの役に立つのでは?と思いました。

話はストラーダからタイヤの話にそれてしまいましたが、先週行ったカロッツェリアのサイバーナビの発表会の時もそうだったのですが、今までのナビはどこかメーカーのイメージアップのための機能が多くて、本当に必要な機能が置き去りにされている感じがありました。

しかし今年のモデルはパナ・カロどちらも『実際の走行で使いやすい』をテーマにしています。

そしてストラーダの方は今回『DJ機能』なるものが搭載されていて、女性DJのLILYさんと、なんとクロスFMでおなじみの『DJ、TOGGY』さんの声がHDDの音声にプラスされてドライブミュージックを盛り上げます。

昭和60年代にメーカーの発表会で『どんな商品が欲しいですか?』というアンケートに『CDチェンジャーを2台以上連結して、フェードイン・フェードアウトをしながらノンストップで音楽を流す機械』という事を書いた事がありますが、まさか20年たって「こんな物出来る訳無いだろう?」と思って書いた事がHDDを使って現実になるとは思いませんでした。

ましてや20年前はHDDを車になんて話は全くありませんでしたから・・
画像 004

写真はストラーダの男性DJの声を担当しているトギーさんと自分。(クロスFM天神スタジオにて)

ちなみにトギーさんの愛車にはZSP・MIDとBTXユニットが付いています。
【2008/05/22 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
アルファードかベルファイアか?
昨日は午前中宇部にいて、昼から福岡へ行きました。

専務のベンツSLがパッソにぶつけられて修理に入っていて、それをメルセデスディーラーに取りに行くためです。

ちなみに専務のSLはちょっとした小キズで、ぶつけた相手のパッソはかなりへこんでいたそうです。

メルセデスディーラーで待っている間に自動車雑誌を読んでいたら気になる記事が二つありました。

一つはジャガーのXFで、B&Wのスピーカーが付いているモデルがあって、「これに手を加えたらいい音がするのでは?」と良からぬ事を考えていました。

そして二つ目はボルボの新型V70で、こちらはS80ベースにしたモデルチェンジで、少し豪華になってさらにカメラとレーダーを駆使したオートクルーズコントロールが付いていて、しかもレポートによるとそれがなかなかの優れものと書いてあるではありませんか!

そんなメルセデスディーラーにいながらも他社の車に興味深々という邪な事を考えていたら「お車が出来ました。」とディーラーの方が来られたので、早速キーを受け取ってディーラーを出ました。

そしてそのまま福岡都市高速に乗って・・と言いたいところですが、新幹線に乗ってやってきたためにETCカードを福岡店に置いているので一度福岡店に行く事にしました。

ベンツSLで福岡店に向かっていると国道沿いにトヨペット店があって、そこには新型アルファードが展示してあるではありませんか!

そこでトヨペット店に入ってショールームに飾ってあるアルファードを見ました。

展示車はオーディオレス車のセカンドシートがベンチタイプの8人乗りの物で、「へえー、最初からオーディオレス車を展示しているんだ!」と少し感動しました。

その店でカタログが欲しいと言ったところ、「土日の展示会で全て無くなってしまいました。後でお届けします。」ということだったので福岡のマンションの住所を告げて帰りました。

そして福岡店でETCカードを受け取ってボルボディーラーとジャガーディーラーに行こうと思ったのですが、福岡店から2番目に近いネッツ店にベルファイアが展示してあったので、今度はそこに見に行きました。

そこに展示してあった車もオーディオレス車で、今度はセカンドシートはセパレートで足が伸ばせる状態で展示してありました。

今持っているエスティマに比べると車格が上なだけにゆったり感があります。

そろそろ帰ろうかな?と思っていたらセールスマンが「試乗車がご用意出来ましたので・・」というので早速試乗する事にしました。

こちらの車はディーラーオプションのナビ付きで、音も聴く事が出来ました。

音質はそれなりだったので「これはビジネスチャンス!」と思っています。

試乗車の3・5のエンジンは自分のエスティマと同じですが、なんとなく滑らかな感じがしました。

シフトチェンジのタイミングが車重に合わせて変えてあるのかも?
思わず「欲しい!」と思いました。

結局昨日はアルファードとベルファイを見るために時間を使ったために、ジャガーディーラーとボルボディーラーには行けませんでした。
【2008/05/21 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
火曜日の岩崎さんは
今日は火曜日で宇部店は定休日ですが、自分はブログを書き込むために店に出てきています。

すると見知らぬ若い女性が店の戸を開けようとしていました・・

「今日は定休日なんですけど・・」と言おうとしたらそれはいつもよりお水っぽい・・いや失礼!魅力的な岩崎さんでした!

いつもは地味にパソコンの前に座っている岩崎さんも火曜日は別人です!

年に2回ぐらい火曜日に品質マネジメントの勉強会をしているので、その時には地味でない岩崎さんに会う事が出来ます。

本当は写真でお見せしたいのですが、本人が嫌がるといけないので文章だけのイメージでお楽しみ下さい。

そういえば4月19日のイベントでは普通の岩崎さんではありませんでしたが、あの時は黒っぽい服で魅力的でしたが、今日の色はパステルカラーで更に魅力的です。

しつこい様ですが、お見せ出来ないのが残念です!


そういえば岩崎さんのブログはこの最近ちょっと疲れ気味です。

四月に入った新人が「日曜日が休みが無いから。」という理由でやめてしまったので、再び一人でパソコン操作&電話受け付け嬢状態です!

その忙しい中、定休日まで勉強会で大変ご苦労様です。

PS 岩崎さんが到着した後に他の男性社員も全員やってきました。
皆さん、ご苦労様です。
こういう勉強会の積み重ねで少しでも仕事の質を上げようと努力しています。

今日の講師の方は東大阪市から来られています。
今回からはテレビ会議システムで、福岡と札幌をつないで3店で行います。
【2008/05/20 (Tue)】 未分類
このページの先頭へ
ゼロクラウンの次は何クラウン?
今日の宇部店のピットには新型クラウンが入庫しています。

22年間も付き合っていただいているお客様の車で、さすがに22年間ちょこちょこと付けていると完全なハイエンドのシステムです。

新型クラウンはまだベーシックパッケージの回路が出来ていないのでお客さんに了解を頂いてベーシックパッケージの開発を行って、それからフルシステムの取り付けに入ります。

開発途中にどうしても「ゼロクラウンの・・」と言ってしまい、「あれっ!もうゼロクラウンじゃないんだ。」と思いながらも「じゃあ何クラウン?」と思ったら何も浮かびません。
それだけ『ゼロから開発したゼロクラウン』というイメージが強いのでしょう。

しかし今のキャッチコピーはなんだったんでしょうか?
ゼロの次だから1クラウン?


その新型クラウンは基本的にゼロクラウンのオーディオシステムと似ていますが、微妙に細部で違います。(標準仕様の話です)

ダッシュ上のツイータがワイドレンジになっているのでゼロクラウンの時のベーシックはフロント2WAYのツイーターをはずして交換していた所が、フロントのツイーターをスコーカー化してフロント3WAY化しています。

そういえばこの方式はランドクルーザー200と同じで、センタースピーカーの感じはゼロクラウンの時と同じだったので、『ランクル200+ゼロクラウン』のシステムが新型クラウンのシステムという感じです。

ランクル200とゼロクラウンは自分の所で実車を買って時間をかけて実験をしたので、それと方式が似ているの新型クラウンはそれほど開発に時間がかかりませんでした。

逆にランクル200やゼロクラウンの時は雲をつかむ様な感じでした。

それでも基本概念が分かっているから早いという意味で、回路は新型クラウン用に完全に別設計です。

そして今回出来た新型クラウン標準オーディオ用のベーシックパッケージはフロントドアスピーカー2個+フロントダッシュスピーカー2個+センタースピーカー1個の車両側5個のスピーカーの周波数をコントロールをした回路となりました。

そかもフロントドアスピーカーはハイパス+ローパスの両方の周波数をコントロールしているので、ここまでやると部品点数がかなり多いので、今までのゼロクラウン用にプラスして1万円ぐらいの価格になると思います。


今日は現行マツダ・ロードスターのBOSE仕様の問い合わせがあって、こちらもアフターパーツは発売されていませんからベーシックパッケージの対応になるでしょう。

でもまだ開発されていないので、入庫すればその時点でデーター取り&回路起こしとなります。


そういえばレガシィのマッキントッシュ仕様やハリアーのJBL仕様もアフターパーツが出ていないですから当グループに入庫する事が多い車種です。
【2008/05/19 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
本田雅人 with 矢野沙織
本田雅人さんと矢野沙織ちゃんのライブに2日続けて行きました。

1日目は福岡の『ビルボードライブ福岡』で、本田雅人見たさに専務がわざわざ宇部から車でやってきました。

方向音痴の専務と待ち合わせたのは天神の『アニメイト』の前で、うちのアニメおたくの息子が度々行っていて、その近くに比較的いつも空車がある駐車場があるので、そこに止めて時間に余裕が無かったので早歩きで行きました。

そして演奏が始まったら『本田雅人with矢野沙織』のツインサックスは『切れの鋭い本田雅人』と『包み込む様な矢野沙織』の二つの音色が楽しめました。

1日目は何故同じサックスなのに音色が違うのか理解出来ませんでしたが、昨日も下関市の『BILLIE』というライブハウスに行って、さすがに2日連続で見たら音色の差の秘密が分かりました。

本田さんは肺から一気にサックスに息を吹き込むので頬が膨らみません。
一方の沙織ちゃんは一度頬に空気を溜めてから息を吹き込むので包み込む様な音色になるのでは?と自分は思っています。

それと2月のゲイツ7での矢野沙織ちゃんのライブは満席だったので、福岡でのライブは心配していなかったのですが、自分のホームベースの山口県でのライブで「お客の入りが悪かったらどうしよう?」と心配していました。

自称『モンドラナミュージックのアーティストの支援団体』を名乗るサウンドピュアディオの本社のある山口県で『ガラガラ』もしくは『空席がちらほら』ではちょっと・・・ と心配していたら昨日の下関BILLIEは満員御礼状態で、専務とお客さんは普通の席に座っていたのですが、自分は左端の柱の影で聴いていました。

柱の影といっても背中に柱があるので音楽を聴くのにはまるっきり問題ない所で、昨夜は斜めから手の動きをしっかり見れて良かったです。

柱の影にいたせいでライブ終了後にモンドラナミュージックの木村社長から「あれっ!井川さん来られていたんですか?」と聞かれました。
自分は「山口県は自分のホームベースですから来ない訳無いじゃありませんか。」と答えて、柱の影にいた事を伝えました。

そしてその後、控え室に入る階段の途中で本田雅人さんと沙織ちゃんと自分の3人で記念撮影をしました。

ここで解説。
本田雅人さんは高知県出身のサックスプレイヤーで、1991年から1998年まで『T-SQUARE』に在籍していたそうです。

年齢は45歳で、矢野沙織ちゃんのお父さんと同じ歳だそうです。
という事は自分は沙織ちゃんのお父さんと二つ違い?(しかも上に!)
画像.1 004
【2008/05/18 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
見た目が同じバッテリーでも
今日某メーカーのバッテリーのテストを行いました。

見た目はほぼ一緒で、重量を測っても一緒でした。

外装の違いは型番が違うぐらいで、デザイン上は同じ物といっても分かりません。

ただ片方は安売り用で、中に入っている銀の配合量を少なくしているみたいで、高い方のバッテリーはうちのEKワゴンですでに約1ヶ月使用した46B19Lで、静止時の電圧が12・56Vで負荷をかけて10・22Vでした。

一方の安い方はまるっきりの新品の同じサイズの46B19Lで、静止時の電圧が12・58Vと1ヶ月使ったバッテリーよりも0・02V上でした。

しかし安い方のバッテリーに同じ負荷(同じアンペアの電流を流す)をかけると10・12Vになりました!

なんと両方の差は0・1Vあって、新品の安い方のバッテリーは元が0・02V上でしたから落差は0・12Vです。

EKワゴンに付いているナカミチのアンプ内蔵のCDプレイヤーでバッテリーを交換しながら石井竜也さんのアルバム『SUNDAIL』のCDを使って音の差を確かめました。

ちなみに石井竜也さんとは昨年12月にFM福岡の局内で本人にお会いしてお話した事がありますので、生声というか独特のトーンを頭の中に焼き付けていますから、ボーカル帯の音の確認ではこの『SUNDAIL』のCDを使う事が多くあります。

そして内蔵アンプのシステムでも0・12Vの電圧変動差ははっきりと音に現われました。

高い方のバッテリーでは石井さんのあの歌詞の最後の方の独特の歌い回しがはっきりと現われていて、安い方のバッテリーでは少し語尾の方がゴチャゴチャっとして聴こえました。

『自分だから判別出来るレベルの差』ではまずいので、普通の人の代表として坂口君を呼んで、バッテリーを交換しながら聴いてもらったら、やはり彼もはっきりと差が分かったそうです。

ピュアディオの店内のPOPの文句ではありませんが、『本当に安いだけのバッテリーでいいんですか?』と皆さんにお伝えしたいです。

また時間に余裕のある時にはお客さんにも音を確認してもらおうと思っています。


PS  石井竜也さんのアルバム『SUNDAIL』の2枚組みのDVD付きを買うと、特典映像の中にイギリスのアビーロードスタジオのシーンがあります。
その中を良く見るとB&Wのスピーカーが映っています。
【2008/05/17 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
福岡店に赤いカーテンが
昨日は朝福岡店に顔を出して店のレイアウトの変更の指示をした後に、カロッツェリアのサイバーナビの新製品の発表会に行くためにシーホークホテルという所に行きました。

店内のレイアウトは今までノーチラス801があった所にゴルフの店内デモカーを移動して、ゴルフの前に赤というかエビ色というか、そんな感じのカーテンを引いて見えない様にして今までと同じ量の商品を多く見せるという手法で、今までは店内が広すぎるために初めて来店されたお客さんからは『これしか商品がないんですか?』と言われる事が多々ありました。

しかしカーテンで一部を仕切ると「この店ってこんなに商品があったんだ?」という感じに変るから驚きです!

しかも豪華なカーテンの後ろにデモカーがあるというのが、同じデモカーでも音が良さそうに見えるから不思議なものです。
2008.5.17 011


後から考えたら手でカーテンを開けるのではなくて電動カーテンにすればもっとかっこよかったのに、と少し後悔しています。

【2008/05/17 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は矢野沙織ちゃんと
昨日のブログで『FM福岡で番組の打ち合わせがある』と書きましたが、実はライブ前日からサックスプレイヤー矢野沙織さん(いや、ちゃんかな?)が福岡入りしていて、『SOUNDPUREDIO presents 矢野沙織 Little Tiny』の収録を行いないました。

前もって収録をすると書き込んでしまうとアーティストの移動情報を漏らしてしまう事になるので、少し話をぼかしていました。

番組は4時半から打ち合わせで5時からの収録でしたが、局に着いたら矢野沙織ちゃんらしき人は見当たりませんせんでした。
代わりに見たことの無い新人アーティストみたいな人がいました・・

しかしよく見たら矢野沙織ちゃんではありませんか?

前は黒髪のロングだったのが、途中で黒髪のショートになって「あれっ?」て思っていたら昨日はショートの金髪になっていて、CDのジャケット写真とは全く別人です。

下の写真は昨日のFM福岡のスタジオでの写真で、そのまた下は今年初めの佐賀県でのコンサートの後のショットです。
2008.5.15 002

2008.5.15 001

なお『SOUNDPUREDIO presents 矢野沙織 Littli Tiny』の放送日は
FM福岡 5月25日(日) 19:00から19:30
FM山口 5月31日(土) 18:00から18:30 です。


PS  矢野沙織ちゃんは三味線プレイヤー上妻宏光と同じモンドラナミュージック所属のアーティストです。
昨年のピュアディオニューイヤコンサートの直ぐ後にモンドラナミュージックに移籍してきたそうです。
【2008/05/16 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
今日はJBLの
今日はJBLの輸入元ハーマンインターナショナルの方が来社する日です。

新シリーズのP560にどう取り組むかの話をするのですが、今日の16時30分からはFM福岡で番組の打ち合わせもあって、16時ぐらいにはFM福岡の近くまで行っていたいので、そうとうスケジュール的には厳しい状態です。

そこでハーマンの方と一度宇部店で会ってから車で移動しながら打ち合わせをするという方法を取ろうかな?と思っています。

そしてそのまま今日は福岡に泊まって、明日はシーホークホテルにカロッツェリアの新製品発表会に行って、そして夜は本田雅人&矢野沙織のライブに行ってきます。

そして土曜日も下関で行われる本田雅人&矢野沙織のライブに行くので2日連続で聴く事になります。

当然その間に普通に仕事もしないといけないわけですから時間の使い方は大事です。

特に自分は一瞬の集中力を必要とする仕事が多いので、どこかでリラックスしないといけません。

昨日はCD700kのチューニング2台と、ハイローコンバーター3台を作りました。

「すごい仕事をしたなー。」と自分で自分を褒めたいのですが、CD700k1台のチューニングは自分のためです。

あれだけ「自分はCD700kは使わない!CD700ⅡでCD700kを抜く!」と言っていたのですが、自分のCD700ⅡPバージョンはノーマルのCD700kには出せない音の表現が出来るものの、専務のCD700kPバージョン(自分が作った)には敵う事が出来ずに、このままではストレスがたまるので遂に自分もCD700kPバージョンを付けました。

そして遂にここで話題になっているCD700シリーズも今月をもって生産終了となります。

ただし日本向けのモデルのみの話で海外モデルは継続発売です。
それだけ日本では当グループ以外では売れていないという事でしょう・・

なぜ日本のモデルだけ無くなるかというと、海外モデルと日本向けではラジオの周波数が違って、日本向けのラジオの部品が無くなって、それを新たに作っても元が取れないからだそうです。

『無くなるのなら今のうちに買っておく!』というお客さんも多くて、現在CD700シリーズは品薄状態になっています。

また、「ラジオは聴けなくていいから海外モデルを入れてきて欲しい!」という声もあります。

CD500の方はまだ在庫があるので、こちらのPバージョンを開発して、『CD700の少し下』ぐらいまでアップできたらいいなと思っています。


それとJBLの単品ツイーターの08GTIも現在は日本に入ってきていない状態ですから、今の在庫が切れてしまうとどうなるのでしょうか?

そこは今日のハーマンさんとの話し合いでどうにかなるのではと思っていますが、『いい物ばかり無くなって、無くてもいい物が残る』という気がするのは自分だけなのでしょうか?

まあ、うちのグループは世間一般のカーオーディオショップとはちょっと価値観が違いますからオーディオ雑誌で取り上げられている『流行り物』が売れない店です。(そこが一番の魅力なんですけど)



【2008/05/15 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
帰って来ました
昨日は書き込みをお休みしましたが、今日10時10分に宇部店に帰ってきて書き込んでいます。

昨日は午前中に名古屋駅を出て姫路駅に着いて、そこからレンタカーを借りて移動しました。

普通はタクシーでウエスト兵庫店に行くのですが、昨日は姫路市内を市場調査するためにレンタカーに乗りました。

レンタカーだと日頃乗らない車に乗れるのではないかと期待したのですが、予約を入れていないと新しい車には乗れなくて、一軒目は4ナンバーのプロボックスしか無くて、二軒目では最終型のサニーしか借りれなくて、もう歩いてレンタカー屋を探すのが面倒だったのでサニーのセダンを借りる事にしました。

10万キロちょっと走っていたサニーはキーレスエントリーは利かないし、オーディオはカセットで仕方なくFMを聴いたらスピーカーはビビッているし最悪でした。

走り出して1分以内で次のレンタカー屋が見つかって、こちらは新車の軽自動車が沢山ありました、というか古い車は一台もありませんでした。

「あー!失敗した!」と思いながらももう借りてしまったので後の祭りで、「これなら新しい軽の方が良かった!」と思いました。


新しい軽自動車といえばこの最近ピュアディオの代車は軽自動車のちょっとグレードのいい物を新たに買っていますが、これには訳があります。

ここ1年ぐらいで軽自動車のお客さんがとても増えてきて、「代車は慣れている軽自動車がいいです。」と言われる事が多くなりました。

しかし普通車と軽自動車の両方の代車を持っていてもローテーションでは普通車のお客さんに必ず普通車が当たるとは限りません。

そこで『普通車に乗っておられる方が借りても不満が出ない程度の豪華装備の軽自動車を増やす。』という風にしました。

ちなみにここ1ヶ月に購入した2台の金額を合わせたら300万円ですから、5年前の軽の代車の購入金額からすると3台分、そして普通車の1300ccクラスの代車2台の購入金額と変りません。

ちなみに宇部店もすでに代車が足らなくなってきて、スズキのパレットかセルボSRが候補に上がっています。

しかし、スバルが軽自動車の生産をやめてダイハツのOEM車を販売するらしいので、『最後の本当のスバルの軽自動車』という意味でステラのDOHC&スパーチャージの車を購入するのか検討中です。

宇部店のお客さんはスバルファンが多いからステラ・カスタムかな?
でもパレットの方が売れているからデモカーとしては美味いし・・
さすがに2台は買えないし・・
さらに10月になったらワゴンRとライフもフルモデルチェンジだし・・ 

そんな事を悩んでいたら胃が痛くなりました。
【2008/05/14 (Wed)】 未分類
このページの先頭へ
札幌も最終日で
4泊で訪れた札幌出張も今日で最後です。

13時50分札幌丘珠空港発の飛行機で函館を経由して名古屋へ向かいます。

今回の札幌行きの一番の目的はお客さんの車の点検調整でしたが、その次に大事だったのが代車兼デモカーのミラカスタムのベーシックパッケージのデーター取りでした。

しかし実際にはお客さんの車の調整の次に時間を割いたのは『ピットの工具の整理』でした。

前の店から持ってきた工具を大きな工具箱に入れていて、そこから時間をかけて探していたので今回『井川式』の工具の置き方に変えました。

この井川式というのは、まず工具を毎日使うもの、1週間に1回程度使うもの、1ヶ月に1回程度使うもの、半年に1度程度使うものに分類して別々に置いて、そして毎日使うものは数ヶ所に散らして置いて、工具を探さなくても手を動かせばすぐそこに工具がある、という状態にします。

例えば1台車が入れば右のドア側の工具、左のドア側の工具、ボンネット用の工具、トランク用の工具の4種類で、しかも毎日使うレベルの物のみをあらかじめ用意していたら工具を探す時間がほぼゼロになります。(ドア側の工具はインパネ周り用も含む)

めったに使わないレベルの工具は1週間、1ヶ月、半年という頻度で分類すると恐ろしいほど効率が上がります。

ただし井川式をやろうと思うと2台入るピットだと毎日用工具だけで8ヶ所置く様になります。

仕事が頻繁に入らない所でやるとコストばかりかかりますが、一定以上仕事が混んでくると『工具の数で時間を買う』という感じになります。

意外と工具を探す時間は1ヶ月で考えるとかなりの時間になっているはずです。

何年か前のアフラックのCMではありませんが、『よーく考えよー♪ 時間は大事だよー♪』という感じでしょうか。

今回で札幌は7割ぐらい井川式になっているので、次回来た時に完璧にして帰ります。


話はデモカー兼代車のミラカスタムになりますが、2日目にベーシックの取り付けをして3日目にドア防振の作業をしました。

昨日札幌市内を少し走ったのですが、『えっ!』っていうぐらい快適になりました。

初日はベーシックも付いていないノーマルスピーカーで、2日目にベーシックパッケージ、3日目にドア防振と順を追ってレベルアップして行って、BGMで聴いていた『矢野沙織ベスト ジャズ回帰』の中の13曲目『Open Mind』も「こんなに良くなったんだ!」という感じです。

こんな事を書いてしまうと商売にならないのですが、「自分がもし素人だったらこれで満足するかな。」というレベルです。


昨日は新しく入った社員の岩根君の平成18年式のインプレッサのベーシックパッケージのデーター取りというか開発を行いました。

最初に岩根君の車を見た時に「君は美味しそうな車に乗っているね!」と言いました。

自分のいう『美味しい車』とは、まだベーシックのデーターが取れていなくて、それでいて車をさわる人がよく乗っている車の事で、時にはうちの会社と取引のある会社の車を借りてデーターを取った事もあります。

そういえば昔、市販のレカロシートのベースフレームの型を起こすのに、日本の総代理店がレンタカーを借りてきてサイズを測っていたという話も聞いた事もありますが・・

とにかく車種別で開発するのは大変な事です。


PS この後名古屋・兵庫と出張をして、2日ぐらいブログを書き込めない環境になるので、次回は水曜日の昼過ぎになる予定です。


【2008/05/12 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
看板に誘われて
今日の昼間にちょっと用事があって札幌市内を車で走ったのですが、その時に『ぎょうざカレー』という看板を見かけました。

「ふーん、ぎょうざカレーね。」と通り過ぎたものの、「ぎょうざとカレー?」と意外な組み合わせに妙に引かれて、Uターンして『みよしの』という店に入りました。

『ぎょうざカレー』なる食べ物はカレーの上にぎょうざが3切れ乗っている物で、そんなにビックリするような見た目ではありませんが、たしかココ一番のカレーのトッピングには無かったような? ありましたっけ?(あっても油濃そうで頼みませんが・・)

カレーもぎょうざもどちらも油っ濃いですから普通考えない組み合わせですから、自分みたいに珍しさでつい入る客もいるのでしょう。

今日の昼は油っ濃かったのですが、昨日の昼はピュアディオの近くの丘珠町86-2にある『ラーメン山家』というところでかなりさっぱりしたラーメンを食べました。

滝川市という所にある山家の支店で、名前が札幌市内にある『山岡屋』に似ていますが、全くの別物です。

山家にはけっこうなラーメンの種類があるのですが、一番さっぱりしている醤油ラーメンを選びました。

お客さんに乗せてもらっていったのですが、駐車場が狭くて、お客さんのマーチでけっこう出入りに困ったぐらいなので、ピーク時からかなり離れた時間に行くのをお勧めします。


タイトルは看板に誘われてとなっていますが、昨日はコンビニで看板文句に誘われてある物を買いました。

それはジレットという会社の5枚刃の髭剃りなんですが、自分はいままでシックというメーカーの3枚刃の物をずっと使用していました。

「ただ刃が多いだけじゃないの?」と半分疑いましたが、ダメでもともとという感じで気分転換で銘柄を変えました。

そして今朝使ってみたら・・ すごい剃れるじゃないですか!
驚きました!
まるでプロの散髪屋さんになったみたいです。

しかし、「自分は今までシックに執着していて、何故ジレットやKAIの物を買わなかったんだろうか?」とふと思い起こしてみたら、1980年前後にシックというグループの『おしゃれフリーク』という曲が流行っていて、自分はその曲を何度も繰り返して聴いていて、その影響でシックばかりを使っていたのかな?と思いました。

確かシックはおしゃれフリーク以外にヒットが無かったような・・
【2008/05/11 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
今朝の札幌は9度
旧札幌店の時は札幌滞在時は中島公園の近くに泊まっていて、行きは藤原君の車で帰りは地下鉄というパターンで通勤していました。

新店舗になってからは地下鉄新道東駅の近くに泊まっているので、そこまではレガシィで行き来しています。
歩いて通勤出来ない事もないのでしょうが、30分ぐらいかかりそうです。

そういえば旧店舗の時に新しい店舗を探している時に『東区北36条東1』から『東区北37条東22』までは歩いてすぐそこだと思っていました。

藤原君にインターネットで見つけた資料を見て、「今から歩いて見に行って来るから。」と言ったら、「とても無理です。」と言われました。
無理ではありませんが、軽く1時間以上はかかるでしょう。

36条と37条だから隣と思ったら大間違いでした!

話は変わって、今朝は出る時にジャケットを部屋に忘れてそのままカッターシャツ一枚で出てきました。
札幌の空気はヒンヤリしていて、山口・福岡のつもりだったら風邪をひきます。

しかし部屋に戻るのが面倒だったので、そのままレガシィに乗り込むと温度計は9度で、「だから寒いんだ。」と納得しました。

通勤途中で見かけた人はマフラーをして自転車に乗っていました。

もしジャケットが必要になったら途中でホテルに取りに帰ります。
【2008/05/11 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
昨日は雹が降って
昨日レガシィで出かけようとしたら窓ガラスがカチカチ音を立てていました。

良く見たら白い粒がガラスに当たっていて、「この時期に雹(ひょう)が!」と驚きました!

ドコモの天気予報が曇りだったのに、雨そして雹となんだか変な天候です。

今日北見市から来られたお客さんは「昨日は道北では雪が降っていた。」と言われていました。

そういえば昨日のラジオで何年か後の北海道の降雨量は現在に比べると124%になるという報道をしていましたが、今何かをしないと不便な未来を招く事になるのでしょう。

自分は地球温暖化防止の一環としてCO2の排出量の少ないクリーンディーゼル車を購入しましたが、自分が買った一年前はちょうど日本で1000人目ぐらいでした。

それまで乗っていたV8のハイオクガソリン車がリッター6キロぐらいしか走りませんでしたから、それが軽油で10キロぐらい走ると、仕事で頻繁に車を使う自分は燃料代が年間なんと25万円も浮いていました。

これが4年続くと100万円の燃料代が浮く計算になって、まさに『地球にも財布にもやさしい車』という事になります。

そういえば昨夜初めて札幌店のミラカスタムに乗りました。

メータパネルの真ん中には今リッター何キロで走っているか分かるメータが付いていますが、自分が普通に走って15キロぐらいでしたでしょうか?

4WD車なので雨の日もすべり難くて、ハロゲンフォグもヘッドライトの見にくい所を照らしていい感じです。

一番気に入っている所は、軽なのにアームレストが大きいというか、厚くてさわり心地がいいんです。

福岡店にあるEKスポーツの純正レカロシートとは微妙にべクトルが違いますが、どちらも甲乙付け難いです。

今日は札幌店でミラカスタムの純正10センチスピーカーと16センチスピーカーを付け替えながらベーシックパッケージの開発を行います。

テストが終わったダイハツ純正10センチスピーカーは名古屋店に送られて、そこでタントカスタムのテストで使われます。

うちのグループで買ったダイハツ車が全て16センチスピーカー付き車なので、10センチスピーカーは各店でテスト用に使いまわしています。
【2008/05/10 (Sat)】 未分類
このページの先頭へ
今月は矢野沙織
現在の出張から帰ると16日には福岡で、そして17日には下関で矢野沙織さんが出演されるライブが行なわれます。

今回はメインではなくて『本田雅人・ウイズ矢野沙織』という形ですが、自分は随分前から福岡のチケットを入手していました。

そして今回は忙しいスケジュールの中FM福岡のスタジオでサウンドピュアディオ・プレゼンツのの特別番組を収録します。

同じ事務所の上妻宏光さんとは3回ほど特別番組のスポンサーに付いていますが、矢野さんとは初めてです。

現在自分は札幌にいて、打ち合わせなどは電話で行なっているのでほぼ間違いないであろう放送予定のスケジュールをお知らせしますと、FM福岡が5月25日の日曜日の19時からで、FM山口は5月31日の土曜日の18時からとなっています。(おそらく)

聴ける地域におられる方は是非お聴き下さい。

そしてライブに行ける方は是非ライブ会場に足を運んで下さい!


PS  7月16日の水曜日に函館芸術ホールで18時45分から矢野沙織さんのコンサートが行われます。
自分は函館に一泊して、次の日の丘珠空港行きで札幌店に行けば聴きに行けるなぁー、と考えています。
【2008/05/09 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
札幌は曇り?
朝起きてドコモの携帯電話を見ると『札幌曇り・・』と情報が流れていました。

いつもは札幌から始まる天気予報は「早く後に行かないかな。」といらいらしますが、今日は札幌にいるから重宝します・・ と言いたいところですが、出かけようと思ったら雨が降っていて、どう考えてもレガシィを置いている駐車場まで傘無しではいけません。

あの天気予報は一体何なんでしょうか?

確かに昼間は曇りっぽいですが、今日の昼食を食べに店の近くの『福和屋』というそば屋に歩いて行っていたら小雨が降り出しました。

多少雨には濡れたものの札幌店の近くのそば屋さんで食べた日替り定食はそばとカレー丼と天ぷらと小鉢と漬物で840円でとてもリーズナブルでした。

そばの味は美味しくて、カレー丼・天ぷら・小鉢とも野菜が多くてとても満足しました。

けっこう年配の方がされているので野菜が多いのかもしれません。


話は変わって、現在札幌店に置いているレガシィはナビが使えなくなっています。

今まではちょっとナビが間違った案内をしたら『馬鹿ナビが!』と書き込んでいましたが、全く使えないととても不便です。

もうナビの悪口は書き込みません。(おそらく)
お願いですから動いて下さい。
【2008/05/09 (Fri)】 未分類
このページの先頭へ
デューク東郷ではなくて
今日は山口宇部空港から羽田空港に一度行き、そこから千歳行きの飛行機に乗り継いで札幌に着きました。

羽田からスーパーシート・・ いやこの春から名前が変わったプレミアムクラスで千歳に向かいました。

札幌行きの飛行機の中はしばしの戦略会議室となるために、泊まるのは安いビジネスホテルにして節約しても、飛行機のシートはいつも上のクラスにしています。

今回道中で読んだ本は林文子さん著のもので、林さんの著書はほぼ全て読んでいるといってもいいぐらいです。
昨年末に発売された『不思議なほど仕事がうまくいく・・』という本をタイトルの文字に引かれて読みました。

そしてあと少しで読み終わるところで千歳空港に着きました。

ANAはプレミアムクラスが優先して降りられるので、出口に向かうと・・ そこにはデューク東郷ではなくてディーク更家さんがおられました。

本を読むのに気が集中していてすぐ近くに座っておられるのに気が付きませんでした。

そして更家さんは手荷物だけでターンテーブルの方に行かずにそのまま空港を出られて、自分はターンテーブルでカバンを受け取ってJRに乗りました。

プレミアムクラスは飛行機からも早く出れますが、荷物も最初に出てくるので普通シートに比べたら15分早い列車に乗る事が可能です。

そしてJRのエアポートも指定席で札幌駅に向かったら・・ ここでもデューク更家さんがおられました。

人ごみを避けて、最短時間で着こうと思うと同じ行動パターンになるのでしょう。

そして札幌駅からはタクシーで一度ホテルに行って、そこでチェックインをして着替えの荷物を置いてから札幌店に行きました。

着いてまず思ったのが、自分の店ながら『カッコいい室内』と自己満足に浸りましたが、どこかカッコよくない部分が??

表のBGMがイケてません。

そこでホームセンターなどを回って色々材料を買ってきて・・ あれこれやって・・
そして今の音はイケています!
デザインはちょっとロボット的ですが、なかなかです。(完全な自己陶酔?)

札幌のお客さんはこの週末に是非ご覧下さい。


PS  今日札幌市内のオートバックスに行ったら店員から「サウンドピュアディオの井川社長ですね。」と声をかけられました。
雑誌に自分の顔が出まくっているから下手に他店をチョロチョロ出来ません。


【2008/05/08 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
ハイエースではなくてレジアスエースで
昨日は200系ハイエースのベーシックパッケージの製作をしたと書き込みましたが、後でエンブレムを見たらレジアスエースでした。

結局は双子車ですからどちらも同じ部品を使っていますからリストに『ハイエース』』レジアスエース』と2車種を加える事が出来ます。

そして昨日の夜は現行型の『カローラフィルダー』のベーシックパッケージの製作をしました。

こちらはかなり売れている車なのですが、今までに入った車が全てフルシステムだったためにベーシックのデーターが取れないままでした。

この手の販売台数が多い車がリストに載っていないというのはかなりの痛手です。

今日は昼の飛行機で札幌に行くので、時間に余裕が無くてそれなりの物になってはいけないので、昨夜じっくり時間をかけて作りました。

こちらも共通部品のために『カローラフィルダー』と『カローラアクシオ』の二つの車種に対応しています。

ということは昨日は一日で4車種ゲットの大漁となりました!

今日の12時半の飛行機で札幌に向かって、明日からミラカスタムのベーシックパッケージのデーター取りを行いますが、こちらは事前にダイハツ純正10センチスピーカーを送ってあって、オーディオレス車の16センチスピーカーと標準オーディオ付き車の10センチスピーカーの両方を取り替えてデーターを取りを行って、最終的にそれぞれ聴感で部品の値を決めています。

つまりミラカスタム用だけで2種類のベーシックパッケージの回路が存在しているのです。(当然ムーブカスタムも2種類あります)

先ほどは1つの回路で2車種オッケーという話でしたが、今度は1つの車種で2つの回路が必要となります。

そこまできちんとやっているからこそベーシックパッケージは『えーっ!純正スピーカーでこんな音が出るの!』という驚きがあるんです。


【2008/05/08 (Thu)】 未分類
このページの先頭へ
何で付いてくるのかな?
今日は車が汚れているので福岡店の近くの某カー用品店にボディーシャンプーを買いに行きました。

まず店内に入ってビックリ!
入って左側にあるカーAVのコーナーの品数が減っているではありませんか!

デッキやスピーカーはげっそり減って、ナビゲーションもポータブルタイプのミニゴリラやストラーダポケットがメインで「これも時代か!」と思いました。

自分が用事があるのは入って左側にある洗車グッズを置いているコーナーなのですが、福岡店にある洗車スポンジが痛んでいたので新しい物買おうとあれこれ物色していたら洗車スポンジの後ろにはカーシャンプーが沢山置いてあって、その種類の多いの何の・・

裏に廻って「うーん、どれにしようか?」と迷っていたら、いつも使う必要のない洗車スポンジ(枝が付いていない安物)が付いてきて、毎回捨てるに捨てられずにどんどん溜まってくるので、「今日はスポンジの付いていない物買う!」という強い意志を持って選んだものの、それでもスポンジの付いていない物は298円から598円の安物しかなくて、仕方なく今回も使わないスポンジ付の物を買うことにしました。

だいたい800円から1000円ぐらいの間で「どれがいいかな?」と選ぼうと後ろの説明書きを読もうとしたら・・・ おまけのスポンジが邪魔で説明書きが読めません!

結局一番高い『カービューティーPRO』の商品を選びましたが、『コーティングを落とさないタイプ』と書いてあったので、高速道路でこびりついた虫の死骸を洗い流す自分には本当にこれが良かったのか微妙です?

このカーシャンプーに付いているおまけのスポンジは本当に必要なんでしょうか?

RV車で「どっこいしょ!」と手を伸ばさないといけない人には絶対に必要無い物だと思うのですが?


ピュアディオ的にいうと、このスポンジの様な物が『スピーカーに付いてくる付属のネットワーク』です。(という事はピュアコンは枝の付いたスポンジ?)

連休が明けたらJBLの普及価格帯のスピーカー『P560』が発売されますが、ゴールデンウイーク前に製品を既に入手していて、ピュアコンと付属のネットワークの性能比較も終わっています。

いつもの事ながら今回も付属のネットワーク無しのユニット単品販売を行います。

現在P560は福岡店の店内デモカーのゴルフに取り付けてありますが、今日も「発売されたら欲しい!」というお客さんが来られました。

今までのP550に比べると低音が少し減って中高域がスッキリしたという感じですから、二つを比べて一長一短あるので、どちらを買っても損をしたという事は無いと思います。

また単品ユニットの価格は5月17日ぐらいに発表したいと思っています。

札幌店の野田君から「P550が無くなったらどうするんですか?」と凄い勢いで電話がかかった事があるのですが、何とかP550が在庫ゼロになる前にP560が入って来るはずなんですが・・(おそらく)

PS  同じ560という数字が使われながらも560GTIとP560は価格が8・3倍違います。
専務に「560付けて下さい。」と頼んだらどちらが付くのでしょうか?
【2008/05/05 (Mon)】 未分類
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。