PROFILE

igawaBLOG
  • igawaBLOG
  • FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--)】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ハイローコンバーターで音は変る?
この最近の傾向として入庫する前からナビ付きオーディオが付いている車が多いのですが、スピーカーアウトしか出ていない機種にはハイローコンバーターという機械を付けないと外部アンプを取り付ける事が出来ません。

うちではほとんどアルパインのKCEー431Rという商品を使っているのですが、オーディオテクニカからAT-HLC21とAT-HLC41という商品が発売されたので、「どちらが音がいいか試してみようか?」という事になって商品を取り替えながら試聴をしました。

聴いてみてビックリ!
ハイローコンバーターはどこのメーカーでも一緒と思っていた考えは吹っ飛んでしまい、明らかにアルパインとオーディオテクニカでは音色が違います。

しかしどちらがいいというレベルではなくて、ここの部分はアルパインが良くて、別な部分ではオーディオテクニカがいいという事になって甲乙付けられません!

そこで両方の商品を分解して良く見てみたら訳が分かりました。

アルパイの方が回路的にストレートなのですが、オーディオテクニカの方がアンプとの相性に悩まされない・・・「あれ?それなら両方の良い所を合わせればいいんじゃないの?」と遂にサウンドピュアディオチューンのハイローコンバーターのの登場です!

早速昨日は宇部店でお客さんに聴いてもらって選んでもらったら、当然ピュアディオチューンの方を選ばれました。(自分は現場にはいなかったのですが)

昨日は福岡店にいたのですが、専務の方から「明日の納車の車にも使いたいから、帰って作って欲しい!」という事になって早速昨夜帰って、今朝から作って今日の納車に間に合わせました。

よく考えてみたら今日福岡店で納車の車はノーマルのハイローコンバーターが付いているので、次に点検の時にピュアディオチューンの品を試してみてはいかがでしょうか?

当然手作業でチューンしているのと、材料も量産品よりはややいい物を使っています。

ややいい物としたのは、コストをかけすぎると価格が高くなりすぎるので、量産品の倍ぐらいの価格に設定して、それでもって音がいいという1万から1万5千円の買いやすい価格に設定しています。(現在カスタムオーダーで、仕様によって価格が微妙に異なります)

なんだか恐ろしくヒット商品になるような予感がします。


PS  結果的にオーディオテクニカ製のコンバーターの改造は本体込みの17500円プラス税に決定しました。
4チャンネルのケースを使っていますが、部品の配列の都合で2チャンネルでしか使えません。
その分音はいいです!
改造途中の写真は井川ブログの『ネタばれ』の所に写っています。
【2008/04/27 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
高速道路で犬と目が合って
このタイトルを見て「なーんだ、高速道路で隣に並んだ車に犬が乗っていて、それと目が合ったのか。」と思われた方も多いでしょう。
でも違います!

昨夜福岡から九州自動車道を使って山口へ帰っている途中、若宮インターを過ぎてトヨタの工場の少し手前で、反対車線の方から中央分離帯のガードレールの下をくぐって犬が出て来ました!

自分は追い越し車線をベンツEワゴンでクルーズコントロールを使いながらアクセルを踏まずに走っていたので、急にブレーキが踏めずにハンドルを左に切って犬を避けました。
一瞬犬と目が合いました。(向こうはヘッドライトしか見えていないとおもいますが)

左直ぐ後ろには大型トラックがいたので、直ぐに右にハンドルを切って体制を立て直したですが、メーターパネルの真ん中に赤い警告灯が付いて、更に一瞬バンパーのクリアランスソナーのLEDが付いて警告音が鳴りました!

何故かブレーキを踏んでいないのにクルーズは解除になっていました。

急ハンドルを切ったから? それともソナーに反応があったから?

結局は犬がくるっと向きを変えて反対車線に行ったので当たりはしなかったのですが、反対車線で引かれていないかと心配でした。


それから再び気を取り直してまたクルーズコントロールを使って追い越し車線をずっと走っていたら後ろから一台の車がせっついてきました。

「丸4灯ライトだからクライスラーか?」と思ってほっておいたらあまりにせっつくので、左によけて先に行かせたらなんとベントレーのコンチネンタルGT(約2千万円)で、「なんかやばそうな人。」と一瞬思ったものの、その車は前の車を次々にどけて走っていたので、「この後を付いて行けば早く着ける!」と虎の衣を借る状態で付いて行きました。

しかしベントレーの早いのなんの!
W12気筒ツインターボエンジンは確か自分のベンツの3倍ぐらいの馬力があって、「とてもディーゼルじゃ付いて行けない。」とあきらめました。

それからは普通に走って帰ったら、なんと燃費計は12・5キロをさしていました。
軽油を使っているのでハイオク換算でコスト計算するとリッター15キロ以上走ったのと同じです。

「遅くてもコストがかからないからいいか。」と自分で自分を納得させていました。

【2008/04/27 (Sun)】 未分類
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005    All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。